« 太陽電池の進化 ソーラーフロンティアとシャープの変換効率の話題 | トップページ | 集光型太陽光発電と熱利用システムで、総合効率80%のソーラー »

2013/06/24

太陽光発電は、その結果を知り、計測して”なんぼ”の時代がやってくる

Index_ph01_2

日立アドバンストデジタル、産総研の電力線通信技術を利用した個別太陽電池監視システムを開発-----ソフトエネルギー、2013/06/24

 日立アドバンスデジタルの最新型の太陽電池監視システムは、これまでの複数のグループ毎に発電状況をモニターする方式から、一枚一枚の太陽電池の状態を知ることができるシステムに進化したということです。しかも、配線たる直流電力線を利用することで、モニターに必要な別に必要だった通信用ケーブルを不要にできる技術が使われています。

 これからの太陽光発電では、発電状態と万が一の故障などの不具合への対応力も大事ですから、期待の技術ですね。

[ カテゴリー : おすすめエントリー ]





ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。



greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« 太陽電池の進化 ソーラーフロンティアとシャープの変換効率の話題 | トップページ | 集光型太陽光発電と熱利用システムで、総合効率80%のソーラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/57657109

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光発電は、その結果を知り、計測して”なんぼ”の時代がやってくる:

« 太陽電池の進化 ソーラーフロンティアとシャープの変換効率の話題 | トップページ | 集光型太陽光発電と熱利用システムで、総合効率80%のソーラー »