« [再生可能エネルギーニュース] 週刊GreenPost 47号2012/11/5-9日版 発行! | トップページ | ホンダ Honda、超小型EV「マイクロコミュータープロトタイプ」の実証実験を来年より開始 »

2012/11/09

JR東日本、蓄電池駆動電車「NE Train スマート電池くん」を栃木県烏山線非電化区でデビュー

 JR東日本は、蓄電池駆動電車「NE Train スマート電池くん」を2008年より開発してきました。そして、2012年2月の烏山線と東北本線における実証実験を経て、今回、2014年春頃からの営業運転の開始を発表しました。デビューは、栃木県の烏山線の宝積寺駅から烏山駅まで、20.4kmで全線非電化区です。
 蓄電池駆動電車「NE Train スマート電池くん」は、リチウムイオン蓄電池 9 ユニットを室内に搭載(2009年実証車 600V、163kWh)し、パンタグラフも装備し電化区間では通常の電車と同様に架線からの電力により走行します。この時、同時に蓄電池を充電することができます。そして、非電化区間では、蓄電池の電力で走行することが可能です。

 JR東日本では、ディーゼルハイブリッド車両(キハE200 系)を開発し、2007 年から小海線で営業運転中ですが、新たな電化区間の環境負荷の低減方策として「蓄電池駆動電車システム」の開発を進めてきました。試験車両「NE Train スマート電池くん」での実証実験などを行い、今回の正式採用の発表となりました。「NE Train スマート電池くん」は、ブレーキ時の回生エネルギーも利用できるしくみを備えています。エネルギーの効率的な運用にも大きな期待がかかります。
 JR東日本は、まずは先行車2両1編成を烏山線に導入します。そして、最終的には、烏山線の気動
車全数を新型車両に置き換える予定だということです。


プレスリリース / 東日本旅客鉄道(JR東日本)、2012年11月6日
プレスリリース / 「スマート電池くん」を実用化し、烏山線に導入します [PDF/108KB]

Jreastev_ecotrain0
-----image : 同リリース「別紙 1、2」より-----
Jreastev_ecotrain1

" JR東日本では、非電化区間の新たな環境負荷の低減方策として「蓄電池駆動電車システム」の開発を進め、「NE Train スマート電池くん」を使用して走行試験等により、性能評価や技術的検証を重ねてきました。  このたび、実用性の確認を終了したことから、「蓄電池駆動電車システム」を採用した新型車両の先行車2両1編成を烏山線に導入することとしました。最終的には、烏山線の気動車全数を新型車両に置き換える予定です。

1 車両の概要(別紙1)(別紙2)
 蓄電池駆動電車システムは車両に大容量の蓄電池を搭載して非電化区間の走行を可能にするもので、気動車のエンジンから発生する排気ガスの解消や、二酸化炭素・騒音の低減を実現します。
 この電車は、電化区間では通常の電車と同様に架線からの電力により走行すると同時に蓄電池を充電します。非電化区間では蓄電池の電力で走行し、烏山駅に設置する専用の充電設備において走行に必要な充電を行います。
 また、室内照明については、すべて LED 化し消費電力の低減を図ります。
〇車両形式:EV-E301 系(Energy storage Vehicle)

2 運転開始時期
 2014 年春頃、営業運転を開始する予定です。

3 運用区間
烏山線(宝積寺~烏山)、東北本線(宇都宮~宝積寺)

*先行投入区間としてCO2 削減(対気動車約60%削減)等の環境負荷低減効果が期待でき、線区長さも蓄電池搭載容量に適しており、かつ直流電化区間との直通運転を行えるメリットのある烏山線を選定しました。

Jreastev_ecotrain2
-----image(”別紙2”) : 同リリースより
.......... "

関連
JR東日本 プレスリリース 2009 / 2009年10月6日 定例社長会見(2009年10月) 「蓄電池駆動電車システム」の開発を進めています[PDF/82KB]

三菱電機、鉄道の減速時の回生エネルギーを活用できる鉄道事業者向け電力貯蔵システムとシミュレーション技術を開発-----しなやかな技術研究会、2009/11/17
Jrhigashinetrain1
-----image : 上下とも、JR東日本プレスリリース / 2009年10月6日「蓄電池駆動電車システム」の開発を進めています [PDF/82KB]より(上のしな研の記事参照)-----
Jrhigashinetrain2

JR東日本 プレスリリース 2011 / 2012年2月7日 定例社長会見(2012年2月)「スマート電池くん」の実用性を確認する試験を実施します [PDF/404KB]

・Wikipedia : 烏山線


参考エントリー
東芝は、高効率のモーターと回生ブレーキシステム、そして新開発のインバーターを阪急電鉄 8000系車両に搭載し、従来比約50%の省エネを実証-----しなやかな技術研究会、2012/10/25

川崎重工、JR東日本と鉄道システム用地上蓄電設備 ギガセル の実証試験を開始-----しなやかな技術研究会、2012/08/01

[ カテゴリー : エコトレイン ]


おすすめエントリー
週刊GreenPost 47号 - しなやかな技術研究会 2012/11/5-9日版


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« [再生可能エネルギーニュース] 週刊GreenPost 47号2012/11/5-9日版 発行! | トップページ | ホンダ Honda、超小型EV「マイクロコミュータープロトタイプ」の実証実験を来年より開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/56067745

この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本、蓄電池駆動電車「NE Train スマート電池くん」を栃木県烏山線非電化区でデビュー:

« [再生可能エネルギーニュース] 週刊GreenPost 47号2012/11/5-9日版 発行! | トップページ | ホンダ Honda、超小型EV「マイクロコミュータープロトタイプ」の実証実験を来年より開始 »