« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012/11/30

[再生可能エネルギーニュース]週刊GreenPost50号2012/11/26-30日版発行!

 週刊GreenPost 50号 - しなやかな技術研究会 2012/11/26-30日版を発行しました。

- p1 ■今週のGreenPostの記事 ■おすすめエントリー(GreenPostの過去の記事から)
- p2 ■ニュース&トピックス
- p3 ●気になる話題
- p4
- p5
- p6 ●気になるツィート
- p7 ■気になるまとめ ●Twilog

主な掲載記事
・スフェラーパワーと福井県工業技術センターら、球状太陽電池を織り込んだ世界初の太陽電池テキスタイルを開発

 スフェラーパワーと福井県工業技術センターは、スフェラーパワーの直径1.2ミリ球状太陽電池を利用し、それを電気抵抗が低い糸二本で挟み、数珠状につないだ糸を開発し、太陽電池を直接織り込んだ織物「太陽電池テキスタイル」を開発したと発表

・太陽電池のPID 電圧誘起出力低下問題 再生可能エネルギー豆知識 - NAVER まとめ

 太陽電池のPID 電圧誘起出力低下問題。情報収集用のまとめを作りました。

・COP18 第18回 気候変動枠組条約締約国会議 再生可能エネルギー関連まとめ - NAVER まとめ

 今週、中東のカタールではじまったCOP18(第18回 気候変動枠組条約締約国会議)
- 選挙もあり、将来が決まらない日本は、ひたすら少ないアピールポイントを強調することぐらいしかできなさそうです。とはいえ、世界の人がエネルギーと環境という視点から一同に会することができる機会としては、貴重で、実際影響力は大きなものがあります。だからこそ、難航する合意形成ということだと思います。
 あまり事前に情報チェックしていませんでしたが、始まってみればやはり気になります。情報集めてます。

・電源開発と川崎重工、長崎県西海市で一般廃棄物等を加工し炭化燃料を製造する事業を開始

 電源開発と川崎重工は、長崎県西海市で一般廃棄物等を加工し炭化燃料を製造する事業を開始すると発表。一般廃棄物の減容と燃料化を同時に行えるこの”グリーンコール”製造事業の有効性がどこまで評価されていくのか大いに注目されるところです。

・三菱重工、英国で海洋再エネ率の高い電力ネットワークで蓄電システムを実証試験

 三菱重工は、スコットランドのオークニー諸島で進められている風力、そして波力および潮流発電などの再生可能エネルギーの比率が高い電力ネットワークで蓄電システムの実証試験に取り組むと発表しました。リチウムイオン二次電池を搭載した最大出力2MW、蓄電容量約800kWhのコンテナ型大容量蓄電システムを導入、ケーブルの送電容量超過分を蓄電し、ケーブル容量に余裕のあるときに送電する計画です。

・昭和シェルとソーラーフロンティア、宮崎県国富工場に+2MWpのメガソーラーを計画。これにより国富町内のメガソーラーは計7.3MWp

 昭和シェル石油は、グループ会社の太陽電池メーカーであるソーラーフロンティアの宮崎県国富工場の屋根に新たに2MWpの大規模太陽光発電所 メガソーラーを取り付け、生み出された電力は全て九州電力に売却する事業を”屋根借り”という形で実施すると発表しました。これにより、太陽電池を製造する工場が、太陽光発電所となる! というユニークなメガソーラー施設が誕生します。

・ソフトバンクのSBエナジー、モンゴルに自然エネルギー発電の探査会社を設立

 ソフトバンクグループのSB エナジーは、モンゴルの投資会社ニューコムと共同して、モンゴルにおける自然エネルギー発電の探査会社を設立したと発表しました。
 まずは、ゴビ砂漠において、風況や日照量を調査し、風力や太陽光などの自然エネルギー発電所の建設に向けた計画の可能性調査事業を行うとのことです。
 この計画が、アジア諸国の送電網を海底ケーブルでつなぎ電力を融通し合う「アジアスーパーグリッド」構想を実現するための重要な第一歩だとも記されています。

 以上が、今週の週刊GreenPost 50号 - しなやかな技術研究会 2012/11/26-30日版の主な内容です。

続きを読む "[再生可能エネルギーニュース]週刊GreenPost50号2012/11/26-30日版発行!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/29

COP18 第18回 気候変動枠組条約締約国会議についてのまとめ、作ってみました

 COP18に関しては、始まってから情報を集めはじめました。日本の政府の前向きな取り組みがまったく期待できない状況の中で、正直興味を失いそうでした、、、、
 しかし、やはり世界の国とNGOが一同に会し、気候変動というテーマで、暮らし、産業、安全保障についての情報を交換する場所としては、得がたい場であることを再認識しました。

 ということで、情報を下にまとめ始めています。よろしかったらご覧ください。

COP18 第18回 気候変動枠組条約締約国会議 再生可能エネルギー関連まとめ
Cop18title

参考動画
地球温暖化対策を話し合う国際会議「COP18」が始まりました。(12/11/27)

(FNNnewsCH ,2012/11/26)

COP 18 -Qatar Climate Conference, Pollution and Effects on Poor Countries

(RealClimateNews,2012/11/25)


おすすめエントリー
週刊GreenPost 50号 - しなやかな技術研究会 2012/11/26-30日版

続きを読む "COP18 第18回 気候変動枠組条約締約国会議についてのまとめ、作ってみました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/21

[再生可能エネルギーニュース]週刊GreenPost49号2012/11/12-16日版発行!

 週刊GreenPost 49号 - しなやかな技術研究会 2012/11/19-23日版発行しました。


週刊GreenPost 49号 - しなやかな技術研究会 2012/11/12-16日版

- p2
- p3 ●気になる話題
- p4 ●気になるツィート
- p5 ■気になるまとめ●Twilog

主な掲載記事

 世界風力エネルギー協会(GWEC)は、Global Wind Energy Outlookの2012版を発行しました。2011年に、風力発電の世界の累積設備容量は237,669MWに達し、583TWh/yearの電力を生み出しました。現状のままの政治状況でも2020年には倍の586,729MWに達します。別のシナリオなら、、、

 新日鉄住金エンジニアリングと鹿島建設は、大型洋上風力建設工事の共同施工体制の検討を開始すると発表しました。  将来的には、大型建設用作業船(SEP:Self-Elevating Platform)の共同保有についても2社を中心に検討を進めていき、両社で100MW/年クラスの洋上風力発電所を施工し、5年間で合計500MWの建設工事を目指したいということです。
 エネルギー白書 2012が公開されました。日本のエネルギーの現状を知ろう!

 など

 グリーンポストは最新の再生可能エネルギーの情報を収集しています。今後ともよろしくお願いいたします。


[ 週刊 GreenPost バックナンバーリスト ]

続きを読む "[再生可能エネルギーニュース]週刊GreenPost49号2012/11/12-16日版発行!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/15

[再生可能エネルギーニュース]週刊GreenPost48号2012/11/12-16日版発行!

 週刊GreenPost 48号 - しなやかな技術研究会 2012/11/12-16日版発行しました。


週刊GreenPost 48号 - しなやかな技術研究会 2012/11/12-16日版

- p2 ■ニュース&トピックス
- p3
- p4 ●気になる話題
- p5 ●気になるツィート
- p6
- p7 ■気になるまとめ ●Twilog


主な掲載記事

 ホンダ Hondaは、超小型EV「マイクロコミュータープロトタイプ」モデルを公開するとともに、実証実験を来年より開始すると発表しました。国交省が新しいEVミニカーの規格を作るということで、各社の動きが実用車の開発に向けて加速しそうです

 南太平洋に浮かぶニュージーランド領の小さな環礁の島々からなるトケラウ Tokelau が、1MWpの太陽電池と蓄電池を導入し、世界で初めて、エネルギーの自立を達成する島となりました。人口1400人あまりの、この小さな島のニュースは、世界に大きな関心をもって迎えられました。
 三井化学、三井物産、シーテック、東亞合成、東芝、東レ及び三井造船の7社は、愛知県田原市で三井化学の社有地において、50MWpの大規模太陽光発電所、メガソーラーと 、2MWの風力発電機3基からなる、合計6MWの風力発電事業の工事を開始したと発表

 など

 グリーンポストは最新の再生可能エネルギーの情報を収集しています。今後ともよろしくお願いいたします。


[ 週刊 GreenPost バックナンバーリスト ]

続きを読む "[再生可能エネルギーニュース]週刊GreenPost48号2012/11/12-16日版発行!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/14

ホンダ Honda、超小型EV「マイクロコミュータープロトタイプ」の実証実験を来年より開始

 ホンダ Hondaは、超小型EV「マイクロコミュータープロトタイプ」モデルを公開するとともに、実証実験を来年より開始すると発表しました。国交省が新しいEVミニカーの規格を作るということで、各社の動きが実用車の開発に向けて加速しそうですね。

 昨年11月の東京モーターショーで公開された、Honda : MICRO COMMUTER CONCEPTから1年。今回公開されたプロトタイプモデルの超小型EV「マイクロコミュータープロトタイプ」は、大人1人+子供2人、あるいは大人前後に一人づつで2名乗車が選べるなど、だいぶ現実の用途を意識した作りになっているのが印象的です。
 最高速度は、80km/h(最高出力 15kW)。最大航続走行距離は、60km程度で、近場の送り迎えや買い物用には便利そうです。


プレスリリース / Honda,2012年11月13日
超小型EV「マイクロコミュータープロトタイプ」を公開 ~2013年より「Variable Design Platform」を採用した車両で実証実験を開始~

Honda_micro_commuter2012
-----image : 同リリースより

"Hondaは、国土交通省主導で検討されている超小型モビリティーの車両区分および欧州L7カテゴリー※1を視野に入れた近距離移動用の超小型EV(電気自動車)「マイクロコミュータープロトタイプ」を公開しました。このプロトタイプの設計コンセプトである「Variable Design Platform」を採用した車両で、2013年から日本での実証実験を開始します。
実証実験では、子育て層や高齢者層の近距離圏内の日常的な移動支援のほか、宅配や通勤、カーシェアリングといったさまざまな用途での可能性を検証していきます。

このプロトタイプは、2011年の東京モーターショーで初公開したコンセプトモデルを進化させ、超小型ボディでありながら、ドライバーと子ども2名の乗車※2を実現しました。
バッテリー、モーター、コントローラーなどを床下およびリアスペースに配置し、動力機能をコンパクトに完結させたプラットフォームであるVariable Design Platformを採用することで、さまざまな用途や顧客の要望に合ったボディや内装を、既存の自動車より比較的容易に開発・生産することを可能にしています。その他の特徴として、個人所有のタブレット端末をそのまま使用して、メーター類の表示やナビゲーション、オーディオ、バックモニターなどの機能に応用したり、ルーフに設けた太陽電池でタブレットのバッテリーを充電することが可能です。さらに、この太陽電池は将来的に、太陽エネルギーによる走行補助を目指して研究を継続していきます。
また、先行してさいたま市で実証実験を開始しているHSHS(Honda Smart Home System)との連携により、単にEVということではなく家庭用蓄電池としても機能させ、日常生活におけるエネルギーマネジメントの最適化でCO2削減効果や顧客価値を検証していく予定です。

Hondaは今後も、環境への負荷を最小限にしたうえで、移動する喜びや楽しさを拡大する次世代のモビリティーの提案を目指して、積極的に研究開発に取り組んでいきます。

※1 欧州の二輪カテゴリーのひとつで、EVの場合はバッテリーを除き、重量400kg以下、出力15kW以下
※2 リアシートを交換することで大人2名の乗車も可能
..........
プロトタイプ主要諸元
サイズ(全長×全幅×全高) 2,500×1,250×1,445(mm)
最高速度 80km/h
最大航続走行距離 60km程度
充電時間 3時間未満
バッテリー リチウムイオン
最高出力 15kW
※ ただし、諸元については、各法規に準拠する予定です
.......... "

関連
ホンダの超小型EV マイクロコミューター試作車 概要説明

(responsejp, 2012/11/12)

参考
Honda : MICRO COMMUTER CONCEPT
Honda_micro_commuter_concept
-----image : 上記サイトより

ホンダが提案する未来都市型マイクロコミューターコンセプト #DigInfo

(diginfonewsjapan,2011/12/07)


おすすめエントリー
週刊GreenPost 48号 - しなやかな技術研究会 2012/11/12-16日版

続きを読む "ホンダ Honda、超小型EV「マイクロコミュータープロトタイプ」の実証実験を来年より開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/09

JR東日本、蓄電池駆動電車「NE Train スマート電池くん」を栃木県烏山線非電化区でデビュー

 JR東日本は、蓄電池駆動電車「NE Train スマート電池くん」を2008年より開発してきました。そして、2012年2月の烏山線と東北本線における実証実験を経て、今回、2014年春頃からの営業運転の開始を発表しました。デビューは、栃木県の烏山線の宝積寺駅から烏山駅まで、20.4kmで全線非電化区です。
 蓄電池駆動電車「NE Train スマート電池くん」は、リチウムイオン蓄電池 9 ユニットを室内に搭載(2009年実証車 600V、163kWh)し、パンタグラフも装備し電化区間では通常の電車と同様に架線からの電力により走行します。この時、同時に蓄電池を充電することができます。そして、非電化区間では、蓄電池の電力で走行することが可能です。

 JR東日本では、ディーゼルハイブリッド車両(キハE200 系)を開発し、2007 年から小海線で営業運転中ですが、新たな電化区間の環境負荷の低減方策として「蓄電池駆動電車システム」の開発を進めてきました。試験車両「NE Train スマート電池くん」での実証実験などを行い、今回の正式採用の発表となりました。「NE Train スマート電池くん」は、ブレーキ時の回生エネルギーも利用できるしくみを備えています。エネルギーの効率的な運用にも大きな期待がかかります。
 JR東日本は、まずは先行車2両1編成を烏山線に導入します。そして、最終的には、烏山線の気動
車全数を新型車両に置き換える予定だということです。


プレスリリース / 東日本旅客鉄道(JR東日本)、2012年11月6日
プレスリリース / 「スマート電池くん」を実用化し、烏山線に導入します [PDF/108KB]

Jreastev_ecotrain0
-----image : 同リリース「別紙 1、2」より-----
Jreastev_ecotrain1

" JR東日本では、非電化区間の新たな環境負荷の低減方策として「蓄電池駆動電車システム」の開発を進め、「NE Train スマート電池くん」を使用して走行試験等により、性能評価や技術的検証を重ねてきました。  このたび、実用性の確認を終了したことから、「蓄電池駆動電車システム」を採用した新型車両の先行車2両1編成を烏山線に導入することとしました。最終的には、烏山線の気動車全数を新型車両に置き換える予定です。

1 車両の概要(別紙1)(別紙2)
 蓄電池駆動電車システムは車両に大容量の蓄電池を搭載して非電化区間の走行を可能にするもので、気動車のエンジンから発生する排気ガスの解消や、二酸化炭素・騒音の低減を実現します。
 この電車は、電化区間では通常の電車と同様に架線からの電力により走行すると同時に蓄電池を充電します。非電化区間では蓄電池の電力で走行し、烏山駅に設置する専用の充電設備において走行に必要な充電を行います。
 また、室内照明については、すべて LED 化し消費電力の低減を図ります。
〇車両形式:EV-E301 系(Energy storage Vehicle)

2 運転開始時期
 2014 年春頃、営業運転を開始する予定です。

3 運用区間
烏山線(宝積寺~烏山)、東北本線(宇都宮~宝積寺)

*先行投入区間としてCO2 削減(対気動車約60%削減)等の環境負荷低減効果が期待でき、線区長さも蓄電池搭載容量に適しており、かつ直流電化区間との直通運転を行えるメリットのある烏山線を選定しました。

Jreastev_ecotrain2
-----image(”別紙2”) : 同リリースより
.......... "

関連
JR東日本 プレスリリース 2009 / 2009年10月6日 定例社長会見(2009年10月) 「蓄電池駆動電車システム」の開発を進めています[PDF/82KB]

三菱電機、鉄道の減速時の回生エネルギーを活用できる鉄道事業者向け電力貯蔵システムとシミュレーション技術を開発-----しなやかな技術研究会、2009/11/17
Jrhigashinetrain1
-----image : 上下とも、JR東日本プレスリリース / 2009年10月6日「蓄電池駆動電車システム」の開発を進めています [PDF/82KB]より(上のしな研の記事参照)-----
Jrhigashinetrain2

JR東日本 プレスリリース 2011 / 2012年2月7日 定例社長会見(2012年2月)「スマート電池くん」の実用性を確認する試験を実施します [PDF/404KB]

・Wikipedia : 烏山線


参考エントリー
東芝は、高効率のモーターと回生ブレーキシステム、そして新開発のインバーターを阪急電鉄 8000系車両に搭載し、従来比約50%の省エネを実証-----しなやかな技術研究会、2012/10/25

川崎重工、JR東日本と鉄道システム用地上蓄電設備 ギガセル の実証試験を開始-----しなやかな技術研究会、2012/08/01

[ カテゴリー : エコトレイン ]


おすすめエントリー
週刊GreenPost 47号 - しなやかな技術研究会 2012/11/5-9日版

続きを読む "JR東日本、蓄電池駆動電車「NE Train スマート電池くん」を栃木県烏山線非電化区でデビュー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/06

[再生可能エネルギーニュース] 週刊GreenPost 47号2012/11/5-9日版 発行!

 週刊GreenPost 47号 - しなやかな技術研究会 2012/11/5-9日版日版発行しました。

週刊GreenPost 47号 - しなやかな技術研究会 2012/11/5-9日版

- p2 ■ニュース&トピックス
- p3 ●気になる話題
- p4 ●気になるツィート
- p5 ■気になるまとめ ●Twilog


 主な掲載記事

・住友商事は、インドネシアにおける地熱発電所プロジェクト、ウルブル地熱発電所 Ulubelu Geothermal Power Station (55 メガワット2基)をスムーズに完工したと発表しました。住友商事はインドネシアにおける参画プロジェクト8件の合計、地熱発電設備納入容量は約640メガワットへと増加し、同国の稼働中地熱発電所全設備容量(約1,340メガワット)の50 パーセント程度のシェアになったということです。

・さあ注目のアメリカ大統領選挙。いよいよ11月6日は一般有権者による投票及び開票日。日本時間では7日中にその大勢が判明します。
・630MWの世界最大の洋上風力発電所 ロンドンアレイ洋上風力発電所 London Array Offshore Wind Farm が発電を開始しました。シーメンスの3.6MW風力発電機を175基、合計630MWと2つの巨大な洋上変電所(Offshore Substation)から構成されるOffshore Wind Farmです。
Gp47londonarray -----image : GreenPost 47号より

続きを読む "[再生可能エネルギーニュース] 週刊GreenPost 47号2012/11/5-9日版 発行!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/01

週刊GreenPost 46号 2012/10/29-11/2日版 再生可能エネルギーニュース発行!

 週刊GreenPost 46号 - しなやかな技術研究会 2012/10/29-11/2日版発行しました。

週刊GreenPost 46号 - しなやかな技術研究会 2012/10/29-11/2日版

- p2 ■ニュース&トピックス
- p3 ●気になる話題
- p4
- p5 ■気になるツィート ■気になるまとめ
- p6 ●Twilog

 主な掲載記事
Greenpost46_p1001

Greenpost46_p1002


続きを読む "週刊GreenPost 46号 2012/10/29-11/2日版 再生可能エネルギーニュース発行!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »