« GreenPost 2012/5/24-27日版 | トップページ | GreenPost(2012/5/28-31) »

2012/05/25

東京モノレール、川重の鉄道システム用地上蓄電設備新型ニッケル水素電池(ギガセルR)を導入

 東京モノレールは、川重の鉄道システム用地上蓄電設備新型ニッケル水素電池(ギガセルR)を導入すると発表しました。
 これにより、停電が発生した場合でもバッテリーに蓄えられた電力により、駅間に停車した列車を最寄り駅まで走行させることが可能となるということです。運河エリアでの停電による途中停止は解消され、非常時の乗客の救済が安全かつ迅速に行えるようになることが期待できるとのことです。
 また、車両がブレーキをかける際に発生する電力を貯蔵する機能も併せ持っており、回生エネルギーの有効利用という効果も期待できるということです。今後、これに対応した省エネ車両を増備することで、回生電力を他の列車の運転用電力に使用することも可能になることで、電力が有効活用され、省エネルギー化も期待されます。

 なお、川崎重工のギガセル(R)は、低床電池駆動LRV SWIMO様々な移動体、そして今回の鉄道システム用 地上蓄電設備(BPS:バッテリーパワーシステム)などに利用されています。
 さらには、風力発電太陽光発電など、マイクログリッド中小規模のビルや工場に適用可能な負荷平準化といった用途での利用が期待されています。

プレスリリース / 東京モノレール、2012年5月15日
ホームページ / 屋地上大容量蓄電設備(ギガセル®)を導入します ~停電時でも最寄り駅までの走行が可能となります~[PDF/130KB]

" 東京モノレール株式会社では、この度、地上大容量蓄電設備(バッテリー)を導入することを決定しました。
この設備の導入により、停電が発生した場合でもバッテリーに蓄えられた電力により、駅間に停車した列車を最寄り駅まで走行させることが可能となり、ご乗車されているお客さまの救済が安全かつ迅速に行えるようになります。
今年度は、品川変電所への設置を予定しておりますが、これにより運河エリアでの停電による途中停止は解消され、さらに来年度、多摩川変電所に設置することにより、全区間の停電に対応することが可能となります。
今回導入するバッテリーは、川崎重工業株式会社が自社で開発した高速充放電が可能な新型ニッケル水素電池(ギガセルR)であり、2011年4月に共同で実証試験を実施し性能を確認したところ、良好な結果が得られたことから導入を決定しました。
また、このバッテリーは、省エネ車がブレーキをかける際に発生する電力を貯蔵する機能も併せ持っており、今後省エネ車両を増備するにあたり、この電力を他の列車の運転用電力に使用することで電力が有効活用され、省エネルギー化も期待されます。
当社では、お客さまに安心してご利用いただけるよう、今後も新技術の導入や設備の改良、並びに省エネルギー化や環境負荷の低減に積極的に取組んでまいります。

導入時期及び導入箇所
2013年3月品川変電所
2014年3月多摩川変電所
.......... "

関連
川崎重工業 : ギガセル / 鉄道システム用 地上蓄電設備(BPS:バッテリーパワーシステム)

Bps_il006
-----image : 上記サイトより

川崎重工業 研究開発 : ギガセル

川重のニッケル水素電池 売上高を大幅引き上げ-----神戸新聞、2012/05/18

".....川崎重工業(神戸市中央区)は、自社開発の大容量ニッケル水素電池「ギガセル」の売上高について、2015年度をめどに現在の約10倍の50億円程度に引き上げる方針を示した。....."


追加情報
東京モノレール向け鉄道システム用地上蓄電設備を受注-----川崎重工、2012年11月19日

"川崎重工は、東京モノレール株式会社(以下「東京モノレール」)から世界で初めて非常時走行を目的とした鉄道システム用地上蓄電設備(Battery Power System、以下「BPS」)を受注しました。
今回受注したBPSは、当社が開発した大容量ニッケル水素電池「ギガセル」※40モジュールで構成される2並列のシステムで、2013年3月に品川変電所に設置されます。本件に引き続き、2013年度には多摩川変電所へ設置される予定で、この2変電所へのBPS設置により、停電等で電車が駅間に停車しても最寄り駅へスムーズに移動させることが可能になり、乗客を安全に退避させることができます。
.......... "


関連エントリー
関西電力、堺市の合計10MWの大規模太陽光発電所を営業運転開始。100kW蓄電池(ギガセル)の本格実証運転も開始-----ソフトエネルギー、2011/09/12

川崎重工、名古屋第一工場と明石工場に太陽光発電設備を導入。風力とギガセルを組みあわせたシステムも計画-----ソフトエネルギー、2011/04/08

「ギガセル」によるピークカット機能を備えた太陽光発電システムを初受注 / プレスリリース 川崎重工-----ソフトエネルギー、2005/11/18


おすすめエントリー
ソーラーインパルス Solar Impulse、アフリカへ! 初の大陸間飛行に出発-----再生可能エネルギー GreenPost、2012/5/25

大阪府立大学ら研究グループ、全固体ナトリウム蓄電池の室温作動に世界で初めて成功-----ソフトエネルギー、2012/05/25

巨大な太陽光発電所の作り方 91MWpを8週間で完成させる”技”とは?-----再生可能エネルギー GreenPost、2012/5/24

富山県に全国初の市民出資による小水力発電所「小早月発電所」-----再生可能エネルギー GreenPost、2012/5/23

GreenPost - しなやかな技術研究会 2012/5/24-25日版(Naverまとめ利用)




2012 5月のクリッピング

クリッピング 2012


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« GreenPost 2012/5/24-27日版 | トップページ | GreenPost(2012/5/28-31) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/54730494

この記事へのトラックバック一覧です: 東京モノレール、川重の鉄道システム用地上蓄電設備新型ニッケル水素電池(ギガセルR)を導入:

« GreenPost 2012/5/24-27日版 | トップページ | GreenPost(2012/5/28-31) »