« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012/01/17

ウィキペディア、米著作権保護法案に抗議するため18日24時間サイトを停止。アナウンスメントを表示と発表

 ウィキペディアを運営するWikimedia Foundationは、米著作権保護法案に抗議するため18日の24時間、サイトを停止し、抗議のためのアナウンスメントを表示と発表しました。米東部時間18日午前0時は、日本時間同日午後2時にあたります。

 この法案の日本への影響自体は、勉強不足でよくわかりませんが、著作権とネットでの自由という相克は、人間の知る権利、議論する根拠となる基本的な情報を開示する自由を束縛しかねませんので、注意してながめるつもりです。下のハッシュタグにより動向はある程度つかめそうです。
 
 ・Twitter : #wikipediablackout

プレスリリース / Wikimedia Foundation,January 16, 2012
English Wikipedia to go dark

" English Wikipedia to go dark January 18 in opposition to SOPA/PIPA

On January 18, 2012, in an unprecedented decision, the Wikipedia community has chosen to blackout the English version of Wikipedia for 24 hours, in protest against proposed legislation in the United States — the Stop Online Piracy Act (SOPA) in the U.S. House of Representatives, and PROTECTIP (PIPA) in the U.S. Senate. If passed, this legislation will harm the free and open Internet and bring about new tools for censorship of international websites inside the United States.
.......... "

関連
ウィキペディア英語版が24時間停止へ、著作権保護法案に抗議-----ロイター、2012年 01月 17日

".....
ウィキペディアは米東部時間18日午前0時(日本時間同日午後2時)から24時間にわたり英語ページを停止する。この時間内に同ページにアクセスすると、下院と上院でそれぞれ審議されている「オンライン海賊行為防止法案(Stop Online Piracy Act、SOPA)」と、「知的財産保護法案(Protect Intellectual Property Act、PIPA)」についての情報が表示されるという。
.......... "

米連邦政府、新著作権保護法案SOPAの不支持を表明-----IT media ニュース、2012年01月16日

追加情報
オンライン海賊行為防止法改革:成立による悪影響は?‎-----WIRED.jp,2012年1月31日

11万5000のサイトが抗議! SOPA法案を巡るネット騒動の本質-----日経トレンディネット、2012年01月25日

米議会、著作権保護法案SOPA/PIPAの採決を延期-----IT media ニュース、2012年01月23日

続きを読む "ウィキペディア、米著作権保護法案に抗議するため18日24時間サイトを停止。アナウンスメントを表示と発表"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012 - 1月のクリッピング をはじめました

2012 - 1月のクリッピング-----自然エネルギー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/01/13

脱原発世界会議 テレビ / Ustreamで放映

・Twitter DATSUGENPATSUtw : 【拡散お願いします!】脱原発世界会議では、メインフロアに設置された特別スタジオから脱原発世界会議テレビとして会議の全容をUSTREAMで配信します!ご来場頂けない方でもネットを介して会議に参加することができます!http://t.co/YC9mQyEc

関連
脱原発世界会議 テレビ-----英語版

" ..2012年1月14・15日にパシフィコで開催される脱原発世界会議の様子をインターネット(USTREAM)を通じ多チャンネルで..

........
脱原発世界会議のメインフロアに設置された特別スタジオからお伝えする「脱原発世界会議テレビ」!
100以上にものぼる企画の全容を紹介しながら、まる2日間、ゲストトークを展開します。
司会白石草(OurPlanetTV)/松元千枝(ジャーナリスト) リポーター小野寺愛(ピースボート)/ 松村真澄(ピースボート) ゲスト肥田舜太郎さん(医師)/金平茂紀さん(TBSニュースキャスター)/野中ともよさん(ガイアイニシアティブ/西片嘉代子さん(キッズボイス) ほか多数
.......... "

脱原発世界会議

イベント 1/14-15 脱原発世界会議 2012 YOKOHAMA-----しなやかな技術研究会、2011/12/14

続きを読む "脱原発世界会議 テレビ / Ustreamで放映"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/06

経済産業省、電力行政のありかたを見直すための研究会「電力システム改革タスクフォース」の論点整理を公開

 経済産業省は、わが国の電力行政のありかたを見直すための研究会「電力システム改革タスクフォース」を昨年11月10日から都合6回開催し、このほど昨年末の12月27日に、「論点整理」を発表しました。これまで、電力市場の諸類型、国内外の電力市場の現状などを有識者に問い、今後の電力をめぐる環境を整備するための指針としたい考え。
 今回、言葉としては、電力自由化、発送配電分離など、福島第一原子力発電所事故後に急速に高まった私たちの関心にも重要な見直しとなります。また、報道では、政府は、電力会社の送電と配電事業を一括運営するアメリカの独立系統運用機関(ISO)のような公的機関の設立を検討しているとのことです。

送配電、公的機関で一括運営検討…発電参入促す-----YOMIURI ONLINE,2012年1月4日

 問題は、この重大な”見直し”が非常に早いスピードで、あまり表にでない形で、どこかで確実に進められている点です。果たして、ユーザーサイド、原子力発電の電力に締める量と位置に関して重大な関心を国民がもっているという現状において、公正な見直しが行われていくのか? 注視していく必要があります。

電力システム改革タスクフォース「論点整理」-----経済産業省、平成23年12月27日

" ..........
◇「電力システム改革に関するタスクフォース」においては、以上のような状況、問題点を踏まえ、白紙から、我が国の電力供給システムを果断に見直すため、主に以下のテーマを中心に、精力的な意見交換を行った。
(1) 電力市場のあり方 ~ピーク需要の抑制ができる電力システム、需要家の選択と公平で透明な事業参入の確保など~
(2) 欧米における電気事業制度改革と論点
(3) 電力小売事業(PPS等)の実態と課題
(4) 電力系統システムの現状と今後の可能性(スマート化等)
..........
II.タスクフォースの議論を通じて得られた示唆

1.電力市場のあり方
..........
2.欧米の電力供給システム
..........
3.我が国の電力市場と電力技術の現状と課題
..........
III.我が国の今後の制度設計に当たっての視座と論点
1.我が国が目指すべき電力システム改革の理念

 震災により明らかになった、我が国電力供給システムの問題点を踏まえ、以下の4つの基本的視座の下、「低廉で安定的な電力供給」を実現する「より競争的で開かれた電力市場」を構築することを基本理念とし、改革に早急に着手すべきではないか。

(1) 需給逼迫時に需要抑制や供給促進のインセンティブが働く電力市場の形成
(2) 企業や消費者の自由な選択、創意工夫を最大限活用する電力市場の形成
(3) 需要サイドによる需給管理が可能な次世代スマート社会の構築
(4) このような電力市場を支える公正で透明な競争環境の整備
..........
2.「競争的で開かれた電力市場」を構築するための論点整理
.......... "

関連
経済産業省 : 電力システム改革タスクフォース

続きを読む "経済産業省、電力行政のありかたを見直すための研究会「電力システム改革タスクフォース」の論点整理を公開"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/05

2012 本年もよろしくお願いいたします

 旧年中は、大変お世話になりました。
 2012年 新春


120101

 今年の正月は、近場でのんびりと過ごしました。いい充電ができたと思います。
  本年もよろしくお願いいたします。

 グリーン・ポスト 恒任東士

続きを読む "2012 本年もよろしくお願いいたします"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »