« ゼネラルモーターズ GM 、天津エコシティをはじめ、世界の都市でEN-Vコンセプトによるプロジェクト推進へ | トップページ | パナソニックとテスラモーターズがEV用リチウムイオン電池の供給契約を締結 »

2011/10/17

三菱電機、走行時に発生する回生電力を蓄電・再利用し、約25%節電するエレベーターシステムを開発

 三菱電機は、エレベーター走行時の回生電力を蓄電し、走行時に再利用することによりエレベーターの更なる省エネを実現する回生電力蓄電システム「エレチャージ」を発売すると発表しました。業界初、電気二重層キャパシタを採用し、エレベーターの消費電力量約25%削減することに成功したということです。
 
プレスリリース / 三菱電機、2011年10月13日
エレベーター走行時に発生する回生電力を蓄電・再利用し、約25%節電 回生電力蓄電システム「エレチャージ」発売のお知らせ

1013-----image : 同リリースより

" 三菱電機株式会社は、エレベーター走行時の回生電力を蓄電し、走行時に再利用することによりエレベーターの更なる省エネを実現する回生電力蓄電システム「エレチャージ」を10月17日に発売します。
 「エレチャージ」は、標準形エレベーター「AXIEZ(アクシーズ)」シリーズのオプション製品です。
..........
新製品の特長
1. 業界初、電気二重層キャパシタを採用し、エレベーターの消費電力量約25%削減
・ 標準形エレベーターの蓄電デバイスに業界で初めて電気二重層キャパシタを採用し、消費電力量を約25%※1削減
・ 充放電効率を約20%※1改善し、省エネ性能を向上
・ 従来の二次電池に比べ長寿命で、環境負荷の少ない素材を使用して環境負荷を低減

※1: 定格積載1000kg、速度105m/min当社基本仕様との比較結果です。省エネ効果はエレベーターの仕様や使用条件などにより変わります。

2. 建物電気設備への影響がなく、ビルの規模を選ばず設置可能
・ 蓄電した回生電力をすべてエレベーターで利用するため、建物内の電源系統への影響を考慮不要
・ 使用電力量が少ない小規模ビル等でもエレベーター単独での省エネに有効

発売の概要

製品名 エレチャージ
販売価格(税込み) 180万円~※2
発売日 10月17日
販売目標台数 年間300台
適用シリーズ 標準形エレベーター AXIEZ

※2: 販売価格は個別見積によります。
.......... "

関連
三菱電機 : 三菱エレベーター・エスカレーター

コメント続き

 7月には、エレベーターにおける回生電力の利用は、富士電機が回生エネルギーを蓄電することで、停電時にも最寄階に安全に停止させるシステムを開発しています。

回生エネルギーを利用した「アシスト機能付エレベーター専用UPS」の発売について-----富士電機、2011年7月25日

 今回の三菱は、、電気二重層キャパシタを利用し、高い節電効果をあげることができるということです。これからもいろいろなところで回生エネルギーが注目されそうです。(2t)


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。



・東北関東大震災、福島原子力発電所事故対応サイト : crisis311 #disaster_kit311

greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2

[PR]

|

« ゼネラルモーターズ GM 、天津エコシティをはじめ、世界の都市でEN-Vコンセプトによるプロジェクト推進へ | トップページ | パナソニックとテスラモーターズがEV用リチウムイオン電池の供給契約を締結 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/53010535

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱電機、走行時に発生する回生電力を蓄電・再利用し、約25%節電するエレベーターシステムを開発:

« ゼネラルモーターズ GM 、天津エコシティをはじめ、世界の都市でEN-Vコンセプトによるプロジェクト推進へ | トップページ | パナソニックとテスラモーターズがEV用リチウムイオン電池の供給契約を締結 »