« 大阪大学、森田靖らの研究グループは、石油から作り出した有機物質を利用し、2倍の放電容量のリチウムイオン電池を開発 | トップページ | イベント10/22 13:00-18:15 みんなのエネルギー・環境会議 札幌 (Ustream、ニコ生中継予定。明日土曜日) »

2011/10/20

伊藤忠商事ら、北関東などに約140店舗展開のカスミの配送用トラックでEV化技術の開発・実証に着手

伊藤忠商事、東京アールアンドデー、エネルギー総合工学研究所は、北関東などに約140店舗のスーパーを展開するカスミの配送用トラックでEV化技術の開発・実証に着手すると発表しました。
 ベース車両としては、いすゞ・エルフ ワイドロングを利用。ディーゼルエンジン110kWを最高出力100kWのモーターに換装した移動スーパー車両を新たに製作し、2012年初頭より約1年間をかけて、実証事業を行うということです。

 リリースよると、一充電走行距離の計画値は100kmで、48kWhのリチウムイオン電池を搭載しているということです。目的は、EV化技術の開発並びに早期普及に加え、過疎化や超高齢化社会、買い物弱者など日本が抱える課題に対し、移動販売形態による小売事業サービスの可能性と非常用電源用途といった電動車輌としての特徴の活用についても合わせた内容を検討するためということです。

 リリースに書かれた、0.4kWの太陽光発電の設置形態や役割が見えないのですが。買い物弱者に関するコンビニやガソリンや充電スタンド、そして送迎バスなどが”自然のエネルギーに恵まれた寒村”の位置づけを”自然の恵みとエネルギーの産地である理想郷”に変えると言った知り合いのプランナーの言葉を想起すると、今回の内容のような試みは、結構重要な内容を含んでいます。
 同じようなことが、国や大企業の実験を待たずに村や町、コミュニティ単位で始められるといいのですが、、、、。この分野に興味あります。

プレスリリース / 伊藤忠商事、2011年10月17日
配送用トラックのEV化開発事業への協力について

News_111017_01
News_111017_02
-----image[”移動販売車のイメージ図(いすゞエルフ)”] : 同リリースより

" 伊藤忠商事株式会社(略)は、株式会社東京アールアンドデー(略)が財団法人エネルギー総合工学研究所(略)と共同にて取組む配送用トラックのEV化開発事業(以下「本事業」)に対し、リチウムイオン電池と太陽光発電システムを供給すると共に本事業の円滑な実施に協力して参ります。
 本事業は環境省「平成23年度地球温暖化対策技術開発等事業(委託事業)」にて配送用トラックのEV化技術の開発並びに早期普及を目的として取組むものですが、本事業を通じて、過疎化や超高齢化社会、買い物弱者など日本が抱える課題に対し、移動販売形態による小売事業サービスの可能性と非常用電源用途といった電動車輌としての特徴の活用についても合わせて検討を行います。
 具体的には北関東中心にスーパーマーケット約140店舗を展開する株式会社カスミ(略)の協力の下、つくば環境スタイル「実験低炭素タウン」を掲げて低炭素社会の実証が進められている茨城県つくば市を中心に、移動販売車として活用し、2012年初頭より約1年間の実証事業を行います。
 当社は、同市において、昨年5月よりEVで使用された電池の二次利用事業モデルの構築を目指した「Green Crossover Project」(クリーンエネルギーを活用した低炭素交通社会システムの実証プロジェクト)を開始したのを皮切りに、来春よりエネルギーマネージメント事業の取組みの一環として、国内初の先端技術を活用した街路照明のスマート化実証事業にも着手致します。
...........
移動販売車の仕様(計画)ベース車両(計画値)いすゞ・エルフ ワイドロング 2WD
寸法(全長x全幅x全高)6,165mm x 2,180mm x 3,030mm
乗車定員 3人
空車重量(計画値) 4,965kg
モータ最高出力 100kW(ディーゼルエンジン110kW、375N・m)
変速機 M/T
駆動用電池形式・容量 リチウムイオン電池・EnerDel社製48kWh
一充電走行距離(計画値) 100km
荷室(店舗側)消費電力 2.5kW
太陽光発電出力 0.4kW
.......... "

関連
カスミ / 2011.10.17「移動スーパー」実験のお知らせ(PDF)

" ......スケジュール
平成 24 年 1 月 18 日~20 日 「第3回EV・HEV駆動システム技術展」
(東京ビッグサイト)にて移動販売車を展示
平成 24 年初頭月(予定) 移動スーパー実験開始
◆販売地域 つくば市域(つくば市の協力により選定いたし
ます)
..... "

国内初*1移動販売車のEV化事業の取組み-----東京アールアンドデー、2011.10.17

エネルギー総合工学研究所


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。



・東北関東大震災、福島原子力発電所事故対応サイト : crisis311 #disaster_kit311

greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2

[PR]

|

« 大阪大学、森田靖らの研究グループは、石油から作り出した有機物質を利用し、2倍の放電容量のリチウムイオン電池を開発 | トップページ | イベント10/22 13:00-18:15 みんなのエネルギー・環境会議 札幌 (Ustream、ニコ生中継予定。明日土曜日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/53037400

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤忠商事ら、北関東などに約140店舗展開のカスミの配送用トラックでEV化技術の開発・実証に着手:

« 大阪大学、森田靖らの研究グループは、石油から作り出した有機物質を利用し、2倍の放電容量のリチウムイオン電池を開発 | トップページ | イベント10/22 13:00-18:15 みんなのエネルギー・環境会議 札幌 (Ustream、ニコ生中継予定。明日土曜日) »