« トヨタ自動車、ワイトリシティ・コーポレーションと車両向け”共鳴式”非接触充電で技術提携 | トップページ | 東芝ライテック、東急ハンズ新宿店に直管形LEDベースライト1,024台を納入 »

2011/07/15

商船三井、三洋電機の太陽電池などを使い停泊中ゼロエミッションを目指したハイブリッド自動車船を三菱重工神戸造船所にて来年6月竣工

 商船三井は、三菱重工業と三洋電機との共同開発による、停泊中ゼロエミッションを目指したハイブリッド自動車船を来年6月に竣工すると発表しました。約160kWの世界最大規模の船舶搭載の太陽光発電システムと約2.2MWhのリチウムイオン電池を組み合わせたハイブリッド電力給電システムにより、航行中に発電し蓄電、港内停泊中はディーゼル発電機を完全停止し、自然エネルギーだけで船内の電力を全て賄うことが可能ということです。完成時には、船体にSOLAR HYBRIDと記し、そのハイブリッド自動車船としての特徴を表すということです。

プレスリリース / 商船三井、2011年7月13日
ハイブリッド自動車船、来年6月竣工

Jpr_1144_1
-----image(”上-外観デザイン、下-航行イメージ”) : 同リリースより-----
Jpr_1144_2

" 停泊中ゼロエミッションを目指すハイブリッド自動車船、デザイン決定  2009年に国土交通省の「船舶からのCO2削減技術開発支援事業」に選定された当社の「停泊中ゼロエミッションを目指したハイブリッド自動車船」は、外観デザインと基本設計が決定しました。世界初の新造ハイブリッド自動車船として2012年6月に三菱重工神戸造船所で竣工の予定です。

 本船は、共同研究者である三菱重工業株式会社、三洋電機株式会社と共に当社が開発 した太陽光発電システムとリチウムイオン電池を組み合わせたハイブリッド電力給電 システムを搭載します。
太陽光発電システムは、甲板上に可能な限り広面積の太陽光パネルを搭載することで、船舶では従来の同様のシステム搭載例とは桁の違う規模である約160kW、世界最大規模の容量を確保します。
リチウムイオン電池は、実力値で約2.2MWhの電力量をもち、大洋航海中に太陽光発電システムで発電した電力を蓄え、港内では蓄えた電力で船内の電力を全て賄います。これによりディーゼル発電機を完全停止し、港内停泊中ゼロエミッションを可能とします。なお、重量物であるリチウムイオン電池は船底に搭載し、固定バラスト(※) とすることで載貨台数に影響を与えることが無い設計としています。

本船の船尾付近には、自然エネルギーを利用したハイブリッドシステムを象徴する言葉として「SOLAR HYBRID」と記載する予定です。

【本船要目】
載貨台数:6,400台(基準小型車換算)
全長:199.00m
全幅:32.26m

Jpr_1144_3
-----image(”システム概念図”) : 同リリースより

 本研究開発は国土交通省の「船舶からのCO2削減技術開発支援事業」の補助対象事業として選定を受け、また一般財団法人日本海事協会の「国際海運における温室効果ガス削減技術に関する研究開発」の共同研究テーマとして支援を受けています。

 本給電システムは、当社が2009年9月に発表した次世代船シリーズ「ISHIN-I」自動車船の未来像の実現に向けたひとつのステップです。当社は引き続き、船舶の環境負荷低減に向けた技術開発に積極的に取り組んでまいります。

※船体の安定を保つために船底やタンクに積むおもり。通常、商船では海水を用いる。
.......... "

関連
船舶のCO2削減に貢献! 「太陽電池」「リチウムイオン電池」で研究開発に参加する-----三洋電機(Panasonic)、2011年07月13日
" 甲板上の太陽電池での発電、蓄電池システムにより、CO2排出量を削減 "

三菱重工 : 神戸造船所

三洋電機、商船三井 三菱重工業と共同で“自然エネルギーを利用したハイブリッド自動車船”の研究開発に 「太陽電池」「リチウムイオン電池」で参加-----しなやかな技術研究会、2010/01/18


追加情報
太陽光発電搭載の自動車運搬船公開 商船三井と三菱重工-----日本経済新聞、2012/6/25

".....「エメラルドエース」を公開した。船舶に搭載する太陽光発電装置としては世界最大の出力約160キロワットで、2200キロワット時の蓄電能力のリチウムイオン電池を搭載.....発電時の排ガスを従来より4%程度削減.....25日の公開試験では約360キロワットの電力消費のうち約130キロワットを太陽光発電で、約230キロワットを蓄電池で賄った。....."

神戸造船所で最終建造商船の命名・進水式 商船三井向け自動車運搬船「エメラルドエース」-----三菱重工、2012年3月9日


コメント続き

 さすがに、大型貨物船の太陽電池での走行は無理としても、160kWpの太陽電池の搭載によりかなりの電力を作ることができます。一般家庭を4kWpとすれば、40軒分です。災害時などに利用することもできる輸送船として、病院船としても利用できそうです。完成したら、是非その姿を拝見したいものです。(2t)

[ カテゴリー : エコ船 ]


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。



・東北関東大震災、福島原子力発電所事故対応サイト : crisis311 #disaster_kit311

greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2

[PR]

|

« トヨタ自動車、ワイトリシティ・コーポレーションと車両向け”共鳴式”非接触充電で技術提携 | トップページ | 東芝ライテック、東急ハンズ新宿店に直管形LEDベースライト1,024台を納入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/52210033

この記事へのトラックバック一覧です: 商船三井、三洋電機の太陽電池などを使い停泊中ゼロエミッションを目指したハイブリッド自動車船を三菱重工神戸造船所にて来年6月竣工:

« トヨタ自動車、ワイトリシティ・コーポレーションと車両向け”共鳴式”非接触充電で技術提携 | トップページ | 東芝ライテック、東急ハンズ新宿店に直管形LEDベースライト1,024台を納入 »