« マツダ、新型 デミオ 13-SKYACTIVの新型エンジンとアイドリングストップで、 30.0km/L(10・15モード燃費)、25.0km/L(JC08モード燃費)を実現 | トップページ | 脱原発ポスター展 現在427作品!/ おすすめサイト »

2011/06/17

東北電力、H24年1月に能代火力発電所構内に2千kW*40台 合計8万kWの大容量「NAS電池」を設置する計画発表

 東北電力は、東日本大震災により、太平洋側にある火力発電所が甚大な設備被害を受けたことに対処するために、能代火力発電所構内に2千kW*40台、合計8万kWの大容量「NAS電池」を設置する計画を発表しました。完成予定は、来年(H24年)1月。
 NAS電池とは、日本ガイシが開発したナトリウム・硫黄電池のことで、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーと組みあわせることで、電力の需給調整に威力を発揮するといわれてきました。今回は、国内最大規模のNAS電池システムが、火力発電所に導入され、需要の高い時間帯に放電することで冬場の電力需給の調整に利用されることになります。

プレスリリース / 東北電力、平成23年 6月17日
大容量「NAS電池」の設置について - 今冬の供給力対策として国内最大規模のNAS電池を設置 -

A
-----image(”2.構内配置図”) : 同リリースより

" .....平成23年3月11日に発生した東日本大震災により、太平洋側にある火力発電所が甚大な設備被害を受け、当面、供給力として見込むことができないことなどから、可能な限りの供給力を確保するため、全力を挙げて取り組んでおります。

 このたび、今冬の供給力対策として、能代火力発電所構内に大容量のNAS電池(ナトリウム・硫黄電池)を設置することといたしました。
 設置を予定しているNAS電池の出力は合計で8万kW(2千kW×40台)を予定しており、国内最大規模となります。

 設置する大容量NAS電池については、電気の需要の低い深夜などに蓄電を行い、需要の高い時間帯に放電するという運用を行ってまいります。
 今後、今年7月より本格的な設置工事を開始し、平成24年1月に運用開始する予定です。なお、計画の概要は以下のとおりです。

<NAS電池設置計画の概要>
1.設備概要
所 在 地 : 秋田県能代市字大森山1-6
電池出力 : 8万kW
工事開始 : 平成23年7月
運転開始 : 平成24年1月(予定)
.......... "

関連
日本ガイシ : NAS電池

Img_nas_02

-----image : 上記サイトより

"
2010年02月09日 英国でのNAS電池を用いた共同プロジェクトに基本合意
2009年12月10日 NAS電池が「eco japan cup 2009」で「環境ビジネスアワード」を受賞
2009年08月26日 UAEアブダビでNAS電池システム300MWを受注
2009年05月08日 仏電力会社とNAS電池納入について基本合意
2009年02月04日 米ニューヨーク市交通局のバスステーションにNAS電池を納入
2009年01月05日 UAEアブダビでNAS電池50MWを受注
.......... "

東北電力 : 当社管内の電気の使用状況

コメント続き
  世界的に大規模蓄電池システムが注目される中で、NAS電池-ナトリウム・硫黄電池も注目されてきました。

 日本では、沖縄電力の宮古島マイクログリッドシステムにおける4000kWのNAS電池に注目してきました。それが、今回の東北電力の能代火力発電所では、80000kWの国内最大規模の電力需給調整用大型蓄電池システムの設置により、その実力が試されることになりました。(2t)

沖縄電力、宮古島マイクログリッドシステムの設置工事を完了。既設の多良間島、与那国島、北大東と合わせて実証実験を開始-----自然エネルギー、2010/10/20

" 宮古島に新設されたのは、4MWpの太陽電池と4000kWのNAS電池と200kWhのリチウムイオンキャパシターです。宮古島の最大電力需要は、約 50,000 kWということすから、太陽電池のピークパワーで計算すると8%程度に達します。 "

関連エントリー
日本ガイシのNAS電池が「eco japan cup 2009」で「環境ビジネスアワード」を受賞-----しなやかな技術研究会、2009/12/11

経産省、大型蓄電池開発を後押し。大型NAS、リチウムイオンの開発が進む-----自然エネルギー、2009/06/02

日本ガイシ、メガソーラーと風力発電用NAS電池を仏で約150MWの大型受注 300億-400億円-----自然エネルギー、2009/05/08

欧州のメガソーラーにNAS電池を初納入 / プレスリリース 日本ガイシ-----しなやかな技術研究会、2008/12/15

NAS電池を年産150MWに増強 / プレスリリース 日本ガイシ-----ソフトエネルギー、2008/08/05


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。



・東北関東大震災、福島原子力発電所事故対応サイト : crisis311 #disaster_kit311

greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2

[PR]

|

« マツダ、新型 デミオ 13-SKYACTIVの新型エンジンとアイドリングストップで、 30.0km/L(10・15モード燃費)、25.0km/L(JC08モード燃費)を実現 | トップページ | 脱原発ポスター展 現在427作品!/ おすすめサイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/51969122

この記事へのトラックバック一覧です: 東北電力、H24年1月に能代火力発電所構内に2千kW*40台 合計8万kWの大容量「NAS電池」を設置する計画発表:

« マツダ、新型 デミオ 13-SKYACTIVの新型エンジンとアイドリングストップで、 30.0km/L(10・15モード燃費)、25.0km/L(JC08モード燃費)を実現 | トップページ | 脱原発ポスター展 現在427作品!/ おすすめサイト »