« イベント 8/7-8/17 バイオガスプラント建設ワークショップ(小・中規模-家庭用~数十世帯用) | トップページ | NTT西日本とオムロン、一般家庭の消費電力や太陽光発電システムの発電電力を「見える化」し省エネを支援サービスを提供する合弁会社を設立 »

2011/05/12

トヨタ自動車、カリフォルニアで燃料電池車用のパイプライン直結の水素ステーションを開設

トヨタ自動車の現地法人Toyota Motor Salesは、カリフォルニア州の自社施設内に燃料電池車 Fuel Cell Hybrid Vehicle 向けの水素ステーションを開設し公開しました。水素は、シェル石油の水素を供給するパイプラインから直接供給を受けるアメリカでも初めてとなる供給形態のものです。燃料電池車 Fuel Cell Hybrid Vehicleは、水素を電気に変換し、モーターにより駆動します。156リットルの水素貯蔵タンクを搭載し、1回の水素の補給で760kmの航続走行距離を走る能力を備えます。今回の水素補給ステーションの完成により、今後の開発プログラムはより本格化し、2013年までに100台による実証実験を行う予定です。

 トヨタは、2015年までに燃料電池車の量産車を完成させる計画を発表しているということです。水素を車社会アメリカのオルターナティブの一つとして選択しようとしてきたカリフォルニア州がその実際の姿をより具体化することができるのかに注目が集まりそうです。

プレスリリース / Toyota Motor Sales,May 10, 2011
Toyota Announces Opening of First Pipeline-Fed Hydrogen Station in the United States-----Toyota Announces Opening of First Pipeline-Fed Hydrogen Station in the United States(News)

Hydrogen_station_ceremony_4
---image : 同リリースより---Hydrogen_station_ceremony_7

" Shell Demonstration Station Supports Ongoing Toyota Fuel Cell Hybrid Vehicle Demo Program Hydrogen Pipeline Will Also Fuel Stationary Fuel Cell on Toyota Campus

Toyota Motor Sales, U.S.A., Inc. (TMS) today celebrated the opening of the first hydrogen fueling station in the U.S. fed directly from an active industrial hydrogen pipeline. The station is a collaborative effort between Toyota, Air Products, Shell, South Coast Air Quality Management District (SCAQMD) and the Department of Energy (DOE). The facility will provide hydrogen for the Toyota fuel cell hybrid demonstration program vehicles as well as other manufacturers’ fuel cell vehicle fleets in the Los Angeles area.
..........
Toyota’s fuel cell hybrid vehicle fleet has logged several million miles since hitting the road in 2002, with significant technological improvements along the way. The first generation fuel cell hybrid vehicles (FCHV) estimated range was 130 miles. In 2009, the latest generation vehicle, Fuel Cell Hybrid Vehicle - Advanced (FCHV-adv), achieved an estimated range of 431 miles on a single fill of hydrogen. In addition to fuel cell stack efficiency and range improvements, durability and cold temperature operation have greatly improved along with significant reductions in manufacturing and materials costs. Toyota’s current FCHV-adv nationwide demonstration program is placing more than 100 vehicles with demonstration partners by 2013, providing one of the largest fleets of active fuel cell vehicles in the country. The primary goal of the demonstration program is to spur infrastructure development prior to fuel cell vehicle market introduction in 2015. Successful infrastructure development will require collaborative efforts between manufacturers, government regulators, and business, similar to the partnerships formed to open the Torrance Shell hydrogen demo station.

“Vehicle demonstration programs and demonstration stations like the Torrance station are a critical next step in preparing the market for advanced technology vehicles and future fuels,” said Hostetter. “These innovative programs allow us educate, inform and prepare our customers for the future.”
.......... "

関連
Toyota Highlander FCHV

(ToyotaUSA,2009/08/06)

Toyota Fuel Cell Vehicle Demonstration Program Expands-----Toyota Motor Sales,January 11, 2010

Toyota ESQ Communications / Fuel Cell Hybrid Vehicle / Spec

" FCHV Specs Overall Length / Width / Height (mm) 4,735 / 1,815 / 1,685 Weight (kg) 1,880 Seating Capacity 5 Maximum Cruising range (km)* 10-15 test cycle / JC08 test cycle Approx. 830 / Approx. 760 Maximum Speed (km/h) 155 Fuel Cell Name Toyota FC Stack Type Polymer Electrolyte Output (kW) 90 Motor Type Permanent Magnet Maximum Output in kW (ps) 90 (122) Maximum Torque in N-m (kg-m) 260 (26.5) Additional Specs Fuel Hydrogen Storage System High-pressure storage tanks Maximum Storage Pressure (MPa) 70 Tank Capacity (L) 156 Battery Nickel-metal hydride "

Shell Opens New Demonstration Hydrogen Station-----Shell,05/10/2011

California Hydrogen Highway

America’s First Pipeline-Fed, Hydrogen Fueling Station Now Open In Los Angeles -----Green Tech,2011/05/11

燃料電池自動車の国内市場導入と水素供給インフラ整備に関する共同声明-----トヨタ自動車、2011年01月13日

" トヨタ自動車株式会社(略)、日産自動車株式会社(略)、本田技研工業株式会社(略)、JX日鉱日石エネルギー株式会社(略)、 出光興産株式会社(略)、岩谷産業株式会社(略)、大阪ガス株式会社(略)、コスモ石油株式会社(略)、西部ガス株式会社(略)、昭和シェル石油株式会社 (略)、大陽日酸株式会社(略)、東京ガス株式会社(略)、東邦ガス株式会社 (略)の13社は、次世代自動車の1つである燃料電池自動車(FCV)の2015年国内市場導入と水素供給インフラ整備に向けて、以下の声明を共同で発出する。

1.自動車メーカーは、技術開発の進展により燃料電池システムの大幅なコストダウンを進めつつあり、FCV量産車を2015年に4大都市圏を中心とした国内市場への導入と一般ユーザーへの販売開始を目指し、開発を進めている。導入以降、エネルギー・環境問題に対応するため、更なる普及拡大を目指す。

2.水素供給事業者は、FCV量産車の初期市場創出のため、2015年までにFCV量産車の販売台数の見通しに応じて100箇所程度の水素供給インフラの先行整備を目指す。

3.自動車メーカーと水素供給事業者は、運輸部門の大幅なCO2排出量削減に資するため、全国的なFCVの導入拡大と水素供給インフラ網の整備に共同で取組む。これら実現に向け、普及支援策や社会受容性向上策等を含む普及戦略(注)について官民共同で構築することを、政府に対して要望する。


注 民間13社では、4大都市圏(首都圏、中京、関西、福岡)を対象に、当面の具体的取り組みとして、FCV量産車の初期需要創出とこれを可能とする水素供給インフラの最適配置を含む普及戦略について、地方自治体を始めとする幅広い関係者と議論を開始してまいります。
.......... "

参考エントリー
水素・燃料電池実証プロジェクト、東京から福岡までトヨタのFCHV-adv、日産のX-TRAIL FCV、そしてホンダのFCX Clarity 三台による1100kmの長距離実証走行運転を実施-----しなやかな技術研究会、2009/11/12

トヨタ自動車、新型燃料電池ハイブリッド車「トヨタFCHV-adv」のリース販売を開始 / プレスリリース-----しなやかな技術研究会、2008/09/03

[ カテゴリー : エコカー ]

東京ガスら13社、大都市圏に数十カ所の燃料電池車普及向け水素スタンドの設置へ-----自然エネルギー、2009/08/06

[  自然エネルギー カテゴリー : エネルギー/水素 ]


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。



・東北関東大震災、福島原子力発電所事故対応サイト : crisis311 #disaster_kit311

greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2

[PR]

|

« イベント 8/7-8/17 バイオガスプラント建設ワークショップ(小・中規模-家庭用~数十世帯用) | トップページ | NTT西日本とオムロン、一般家庭の消費電力や太陽光発電システムの発電電力を「見える化」し省エネを支援サービスを提供する合弁会社を設立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/51649226

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ自動車、カリフォルニアで燃料電池車用のパイプライン直結の水素ステーションを開設:

« イベント 8/7-8/17 バイオガスプラント建設ワークショップ(小・中規模-家庭用~数十世帯用) | トップページ | NTT西日本とオムロン、一般家庭の消費電力や太陽光発電システムの発電電力を「見える化」し省エネを支援サービスを提供する合弁会社を設立 »