« シムドライブ SIM-Drive、次世代電気自動車の先行開発車 SIM-LEI を公開。一充電航続距離333km達成 | トップページ | 三菱化学とパイオニア、塗布型有機ELで世界最高レベルの発光効率 52 lm/W と輝度半減寿命 2万時間を達成 »

2011/05/25

さいたま市とホンダ Honda、E-KIZUNA Project協定を締結。ツイッターでの情報発信も開始

 電気自動車 EV に積極的に取り組むE-KIZUNA Projectを進める、さいたま市は、5月23日にホンダ Hondato
との間で E-KIZUNA Project協定を締結したと発表しました。E-KIZUNA Projectは、EVを安心して、快適に使用できる持続可能な低炭素社会の構築を目指し、さまざまなプロジェクトを推進しているということです。
 これまでに、さいたま市は、E-KIZUNA Project協定を日産自動車(2011年 1月 24日)、富士重工業(2010年 12月 7日)、三菱自動車工業(2010年 12月 7日)との間で締結済みです。

 さらに、さいたま市では、ツイッターでの情報発信も開始し、電気自動車(EV)関連情報に加え、EVやプロジェクトに関する豆知識、イベントの実況中継など、幅広くつぶやくことで、E-KIZUNA Projectにおける情報の受発信にも取り組むということです。2011年05月23日のつぶやきをTwilog でみると、きめの細かいリリース情報となりえそうです。

プレスリリース / さいたま市、 2011年 5月 20日
E-KIZUNA Project関連プレスリリース一覧 / E-KIZUNA Project ツイッターでの情報発信(実証実験)スタート!


・Twitter : ekizunapjより---Twilog : 2011年05月23日のつぶやきより

  • たった今、本田技研工業とさいたま市との「E-KIZUNA project協定」締結式が開会しました。伊東社長と清水市長が協定書に署名します。 #ev #saitama posted at 14:17:38
  • 現在、清水市長が挨拶をしています。E-KIZUNA projectのこれまでの実績とホンダとの連携について。「EVや電動2輪車の活用に関する実証実験を実施」 #ev #saitama posted at 14:28:57
  • 続いて、ホンダの伊東社長が挨拶をしています。「Honda独自の電動化モビリティに加え、家庭単位でエネルギーを総合的にマネジメントするスマートホームシステムを活用」 #ev #saitama posted at 14:33:01
  • 伊東社長と清水市長の挨拶に続いて、お二人で協定書にサインをしています。2通の協定書に互いに署名をし、交換します。 http://ow.ly/i/bWdV #ev #saitama posted at 14:37:41
  • さいたま市のE-KIZUNA projectの公式アカウントから、本田技研工業とさいたま市の「E-KIZUNA project協定」締結式のもようをつぶやいてます #ev #saitama posted at 14:46:01
  • 市役所本庁舎の駐車場でホンダの伊東社長と清水市長のフォトセッション。報道の方達の後方からパチリ http://ow.ly/i/bWeB #ev #saitama posted at 14:52:13
  • ホンダの伊東社長から清水市長に「Honda Smart Home System」やEV、プラグインハイブリッドについて説明中です。EVはフィット、プラグインハイブリッドはインスパイアの形状をしています。 http://ow.ly/i/bWfy #ev #saitama posted at 15:06:03
  • ホンダ・さいたま市の「E-KIZUNA project協定」締結式。ホンダのフィットの形をしたEVが市役所駐車場に展示されています。 http://ow.ly/i/bWjv #ev #saitama posted at 16:03:19
  • さいたま市と本田技研工業との「E-KIZUNA project協定」締結式は無事に終了しました。ホンダから発表された「Honda Smart Home System」の展示物の写真。 http://ow.ly/i/bWoc #ev #saitama posted at 17:03:45

 ホンダ Honda のプレスリリースによると、さいたま市内にHondaが独自開発したガスエンジンコージェネレーションユニットや太陽光発電システムなどを組み合わせたHondaスマートホームシステムを導入した家を、来年の春を目標に建設、電力や熱エネルギーを家庭内や電動化モビリティーを含め効率よくマネジメントする”Hondaスマートコミュニティ”の実証実験を行うということです。電気自動車にとどまらない、スマートホームという、総合的な暮らしの場での提案を具体化する取り組みを開始するということです。さらに、災害時においても家庭単位で自立した電力供給が可能な総合的なエネルギーマネジメントの検証も内容に含まれているということです。

関連
さいたま市と「E-KIZUNA Project協定」を締結-----HONDA, 2011年5月23日

4110523w640
-----image(”Hondaスマートコミュニティ イメージイラスト”) : 上記リリースより

" 家庭生活でのCO2低減を目指したHondaスマートホームシステムの実証実験概要を公表
 Hondaは、さいたま市が進める「E-KIZUNA Project(イー・キズナ・プロジェクト)」※を共同で推進していくことに合意し、本日協定書を交わしました。

このプロジェクトでは、実際の都市環境下において、電気自動車やプラグインハイブリッド車、電動二輪車の実用性の検証に加え、Hondaのエネルギー創出技術を組み合わせた実証実験を行います。
具体的には、さいたま市内にHondaが独自開発したガスエンジンコージェネレーションユニットや太陽光発電システムなどを組み合わせたHondaスマートホームシステムを導入した家を、来年の春を目標に建設します。
この家では、外部供給電力に加えて、同システムで作られた電力や熱エネルギーを家庭内や電動化モビリティーを含め効率よくマネジメントすることで日常生活でのCO2低減を目指します。また、災害時においても家庭単位で自立した電力供給が可能な総合的なエネルギーマネジメントの検証を行います。
..........
Hondaとさいたま市は本合意に基づき、今後以下の項目について検討・協業していきます。
1.重点連携項目
様々なエネルギー供給環境と多様な電動車両による、災害に強い環境未来都市の提案
・多様な電動車両の確保と新しいビジネスモデルの検討
・地産・地消を目指した自立可能なホーム・コミュニティの検討
・災害時にも対応できる暮らしのエネルギー供給システムの検討

2.連携項目
(1) 充電セーフティネットの構築
・さいたま市の特性に応じた充電インフラのあり方の検討
・開発される多様な電動車両と既存充電インフラ共用化の検討
・太陽電池や燃料電池技術を用いたエネルギー供給の検討
(2) 需要創出とインセンティブの付与
・電動車両を活用した共同利用推進の検討(二輪・四輪)
・営業車両へ電動二輪車の導入促進
・市民などのニーズに応じた多様な電動車両の開発検討
(3) 地域密着型の啓発活動
・電動二輪車を使った安全運転講習会の開催
・シニア向け電動カート教室の開催
.......... "

さいたま市 : E-KIZUNA Project快走中!!ようこそ情報発信基地(E-KIZUNA net)

Honda、埼玉県庁にソーラー水素ステーション」を設置し、燃料電池車 FCXクラリティの10kW以上の外部出力電源機能などの実証実験を実施-----しなやかな技術研究会、2011/04/22

[ カテゴリー : 水素/燃料電池など ]

[ カテゴリー : 電気自動車 ]

本日のおすすめエントリー

富士電機、山形市浄化センター向け、燃料電池による下水消化ガス発電で寒冷地冬季屋外運転実証に成功-----ソフトエネルギー、2011/05/25

ハマーフェストストーム Hammerfest Strom(ノルウェー)のHS1000潮流発電機 / YouTubeから-----自然エネルギー、2011/05/25


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。



・東北関東大震災、福島原子力発電所事故対応サイト : crisis311 #disaster_kit311

greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2

[PR]

|

« シムドライブ SIM-Drive、次世代電気自動車の先行開発車 SIM-LEI を公開。一充電航続距離333km達成 | トップページ | 三菱化学とパイオニア、塗布型有機ELで世界最高レベルの発光効率 52 lm/W と輝度半減寿命 2万時間を達成 »

コメント

マウイ島や藤沢市での取組みだけメモを残し、新型薄膜太陽電池で結果をだしつつあるホンダの存在は、ニュースを聞いて、とうとう来たか!と話していたものの、メモをし忘れていました。気にしていたのに…

思い出させてくださり、ありがとうございます。

それにしても今回程、何故、蓄電池開発がこんなにも遅れているのか、という事に疑問に持った事はありません。

漫画の世界だから描けた暗部だったのかも、と、何故か今も記憶に残っているゴルゴ13の作品で、水素エンジン車の発表走行中、そのエンジンを狙撃した(多分石油メジャーの依頼)、というのがありましたっけ。

大人の世界の仕組みって、想像しているよりも怖かったりして…bearing

投稿: saipan-sky | 2011/05/29 15:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/51763371

この記事へのトラックバック一覧です: さいたま市とホンダ Honda、E-KIZUNA Project協定を締結。ツイッターでの情報発信も開始:

« シムドライブ SIM-Drive、次世代電気自動車の先行開発車 SIM-LEI を公開。一充電航続距離333km達成 | トップページ | 三菱化学とパイオニア、塗布型有機ELで世界最高レベルの発光効率 52 lm/W と輝度半減寿命 2万時間を達成 »