« イベント 4/26 緊急院内集会「福島原発震災」後の日本の原子力政策を考える-石橋克彦 | トップページ | 本日 4/24 エネルギーシフトパレード 13:00@代々木公園イベント広場集合! »

2011/04/22

Honda、埼玉県庁にソーラー水素ステーション」を設置し、燃料電池車 FCXクラリティの10kW以上の外部出力電源機能などの実証実験を実施

 Hondaは、埼玉県庁にソーラー水素ステーション」を設置し、FCXクラリティの10kW以上の外部出力電源機能などの実証実験を実施する計画を発表しました。燃料電池車FCXクラリティが一般家庭およそ2世帯分に相当する10kW以上の外部出力電源機能をもっているということは、今回の震災により、同車が新しい機能を担う可能性が注目をあつめそうです。

 これは、Hondaが埼玉県と共同で行う次世代パーソナルモビリティー実証実験の一環として行うもので、すでにアメリカで同様の実験を行っています。
 
プレスリリース / Honda, 2011年4月20日
埼玉県庁敷地内へのソーラー水素ステーション設置計画を公表

4110420
----image[”ソーラー水素ステーション(イメージ図)”] : 同リリースより

" ~実証実験で使用するFCXクラリティに外部出力電源機能を装備~
Hondaは本日、埼玉県と共同で取り組んでいる次世代パーソナルモビリティー実証実験の一環として、埼玉県庁敷地内に「ソーラー水素ステーション」を設置する計画を公表しました。
また、今回の実証実験で使用する燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」に、新たに一般家庭およそ2世帯分の使用電力※に相当する10kW以上の外部出力が可能な電源機能を装備します。これにより、水素と酸素を化学反応させて発生する電気を動力源とするFCXクラリティは、CO2を一切排出しない移動可能な発電設備としても活用することができます。
なお、このソーラー水素ステーションの埼玉県庁敷地内への設置と、実証実験に使用するFCXクラリティの外部出力電源機能の装備は、本年度中を目指します。

Hondaと埼玉県は、2009年3月に締結した「環境分野における協力に関する協定」に基づき、2010年12月より電動化技術や情報通信技術などを活用し、将来の低炭素モビリティー社会実現に向けた実証実験を行っています。
今回、この実証実験の一環として将来の水素社会実現に向け、埼玉県庁敷地内への「ソーラー水素ステーション」の設置と、「大容量の発電機能を持つ燃料電池電気自動車」を活用し、ステーションの技術的課題や実際の都市環境下での運用など、様々な検証を行っていきます。

Hondaはかねてより、化石燃料の代替、排出ガスの削減、地球温暖化への影響の低減という観点から、燃料電池を将来の究極のクリーンパワーととらえ、積極的に開発を行っています。将来の水素社会の実現に向け、走行中にCO2を一切排出しない究極のクリーン性能を持つクルマとして、FCXクラリティを2008年7月より米国で、同年11月より日本でリース販売を行っています。また、水素の製造から、貯蔵、供給までのプロセスにおいてもCO2を排出しないことが重要ととらえ、2010年1月からHondaのアメリカの研究施設において、小型・低騒音・低コスト化を実現した家庭用の次世代ソーラー水素ステーションを設置し、実証実験を行っています。

※一般家庭1世帯で使用する電力を5kWと想定
.......... "

関連
埼玉県 : 次世代パーソナルモビリティの実証実験を年内に開始 埼玉県とHondaが協力して実施-----県政ニュース、平成22年7月20日

ホンダが埼玉県との次世代パーソナルモビリティーによる実証実験計画を公表-----Car@nifty,2010/12/20

追加情報
ホンダ Honda、埼玉県と共同でソーラー水素ステーションと燃料電池車 FCXクラリティの実証を開始-----ソフトエネルギー、2012/04/05

参考
New 2012 Honda FCX Clarity


(TheWorldnewCars,2011/03/18)

ホンダ Hondaの太陽光発電と水素製造装置による燃料電池車への水素充填システム-----自然エネルギー、2010/07/27

ホンダ Honda、2012年に電気自動車とプラグインハイブリッド車を市場に投入と発表-----しなやかな技術研究会、2010/07/26

ホンダ HONDA 、米で家庭用次世代ソーラー水素ステーションの実証実験開始-----しなやかな技術研究会、2010/02/03

新型燃料電池車「FCXクラリティ」の生産を開始 / プレスリリース Honda-----しなやかな技術研究会、2008/06/18

[ カテゴリー : 水素 燃料電池 ]
[ カテゴリー : エコカー ]


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。



・東北関東大震災、福島原子力発電所事故対応サイト : crisis311 #disaster_kit311

greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2

[PR]

|

« イベント 4/26 緊急院内集会「福島原発震災」後の日本の原子力政策を考える-石橋克彦 | トップページ | 本日 4/24 エネルギーシフトパレード 13:00@代々木公園イベント広場集合! »

コメント

水素自動車、実現すれば非常にクリーンな車かもしれませんが、事故をした時の爆発が怖いですね。

投稿: ビッグモーター 評判 | 2011/04/22 21:55

ビッグモーター 評判さん

 書き込みありがとうございます。
 水素の燃料としての危険性。この場合は水素タンクが事故にあったときにどうなるか?
 私も気になったので調べてみました。
 Hondaさんのサイトでは調べられませんでした。こんな記事をみつけました。

・【水素自動車】水素自動車って危なくないの?追突して燃料が漏れたらどうなるの?-----自動車用語解説.Auto C One
http://autoc-one.jp/word/407230/

 また調べてみます。

 しな研 t_t

追伸:ご商売サイトへの誘導リンクと判断させていたあき、リンクは削除させていただきました。

投稿: t_t | 2011/04/23 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/51457115

この記事へのトラックバック一覧です: Honda、埼玉県庁にソーラー水素ステーション」を設置し、燃料電池車 FCXクラリティの10kW以上の外部出力電源機能などの実証実験を実施:

« イベント 4/26 緊急院内集会「福島原発震災」後の日本の原子力政策を考える-石橋克彦 | トップページ | 本日 4/24 エネルギーシフトパレード 13:00@代々木公園イベント広場集合! »