« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011/02/28

イベント 3/26 アースアワー Earth Hour - WWFJapan

-----イベント案内のサイトより-----
Eh_logo200

Earth Hour(アースアワー)

(WWFJapan,2011/02/07)

-アースアワーの参加方法(個人)より

" 「Earth Hour(アースアワー)」は、世界中の人々が、同じ日・同じ時刻に電気を消すなどのアクションを通じて、地球温暖化を止めたい!という思いを示す、国際的なイベントです。2011年は、3月26日の午後8時30分から9時30分まで、さまざまな国の人たちが参加して行なわれます。ぜひご参加ください!

つながる気持ちが 世界を変える

WWFのアースアワーは、世界中の人が地球温暖化防止への想いを共有し、形に示すことを目的とした国際的なイベントです。

アースアワーの参加方法は簡単!
このサイトで参加登録していただき、3月26日(土)の午後8時30分~9時30分までの60分間、明かりを消して過ごしてください。

消灯+αのチャレンジも大歓迎!
電気を消す以外のアクションも大歓迎です!

使っていない家電のコンセントを抜く
エコタップやLED電球を取り入れる
冷蔵庫の設定温度を少し上げる
車で出かける予定を、電車やバスなど公共交通に切り替える
さまざまなアイデアをお待ちしています。
アースアワー をきっかけに、健やかな地球の未来をつくる行動を始めましょう。
.......... "

関連
WWFの活動 : アースアワー2011 最新参加情報

Earth Hour - Earth Hour Global Site

コメント続き

続きを読む "イベント 3/26 アースアワー Earth Hour - WWFJapan"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/25

海洋研究開発機構など、世界の気候変動研究を先導する成果を発表。IPCCの第5次報告書にも貢献

 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第5次報告書の原案の作成が進んでいる中で、東京大学大気海洋研究所、気象庁気象研究所は、世界の気候変動研究を先導する成果を発表しました。

「地球環境予測では、将来の二酸化炭素などの濃度シナリオを用いた実験を行い、それを実現させるために要求される化石燃料起源の二酸化炭素排出量を求めたところ、温度上昇を2度以下に抑えることを意識したシナリオの場合、今世紀後半には化石燃料起源の二酸化炭素排出量をゼロ以下(人為的回収)にしなければならないことが分かりました。」

 今世紀後半といっても、採用するシナリオしだいでは、産業革命以後の世界の平均気温上昇を2度以下に抑えるためには、2040年代には化石燃料起源の二酸化炭素(CO2)排出量をほぼゼロに抑えなければならないという試算となるそうです。

 これらの計算には、地球シミュレータの地球システム統合モデルが利用され、将来の気候変動予測研究に新しい知見を加えることができるとのことです。
 具体的な応用としては、極端現象予測において、台風やハリケーンの変化、梅雨の変化などの予測を行い、台風に関しては、台風の活動最盛期である7月から10月の期間に台風の存在頻度が減少すること、台風経路は東へ偏ること、東南アジア沿岸域への接近数が減少すること、最大風速で見た台風の強度は増加することが分かったそうです。
 台風の頻度の低下と強度の増加。最近の天候を考えると被害の拡大が懸念される地域もでてきそうで気になるところです。

プレスリリース / 海洋研究開発機構、東京大学大気海洋研究所、気象庁気象研究所、2011年 2月 23日
IPCCに向けた主要な数値実験の終了とその成果

Image01Image02
-----image(左-図1:実験に用いた4つのCO2濃度シナリオと、RCP8.5の排出量シナリオを元に新ESMで予測したCO2濃度の時間変化。右-図2:図1の4つの濃度シナリオを用い、新ESMを用いた実験から計算された化石燃料起源CO2排出量。) : 同リリースより

" 世界の気候変動研究を先導
【ポイント】
・IPCC AR5に向けて、世界に先駆けた気候変動予測研究の新たな知見を創出
・IPCC 新シナリオを実現するための今世紀の化石燃料起源CO2排出量を算出
・近未来気候予測実験に成功
・温暖化による台風の接近数は減るが強度が増す可能性を予測

..........文部科学省「21世紀気候変動予測革新プログラム」(以下、「革新プログラム」。2007年度~2011年度)に参画し、地球環境予測、近未来予測、極端現象予測等、世界に先駆けた気候変動予測研究を進めております。その中で、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書(AR5)*1に向けた気候変動予測の主要な数値実験がほぼ終わり、その計算結果の解析から新たな知見が出始めました。
地球環境予測では、将来の二酸化炭素などの濃度シナリオを用いた実験を行い、それを実現させるために要求される化石燃料起源の二酸化炭素排出量を求めたところ、温度上昇を2℃以下に抑えることを意識したシナリオの場合、今世紀後半には化石燃料起源の二酸化炭素排出量をゼロ以下(人為的回収)にしなければならないことが分かりました。
近未来予測では、観測データを取り入れた新しい手法により、人為要因による温暖化と自然の気候変動の両方を予測できる可能性が示されました。とくに、過去10年全球温度上昇が鈍ったかにも見えましたが、これからの10年は温暖化が本格化することが予想されました。
極端現象予測では、台風の活動最盛期である7月から10月の期間に台風の存在頻度が減少すること、台風経路は東へ偏ること、東南アジア沿岸域への接近数が減少すること、最大風速で見た台風の強度は増加することが分かりました。
今後、必要な追加実験を実施し、詳細な解析を行うことで、気候変動に関する新たな知見が蓄積され、IPCC AR5に大きく貢献することが期待されます。
..........
2. 研究内容と成果
地球環境予測では、森林などの生態系や二酸化炭素の循環を取り扱った地球システム統合モデルを使用して、西暦2300年までの地球温暖化予測実験を行い、長期的な地球環境の変化を予測しております。将来の二酸化炭素などの濃度シナリオを用いた実験を行い、それを実現させるために要求される化石燃料起源の二酸化炭素排出量を求めたところ、温度上昇を2℃以下に抑えることを意識したシナリオの場合、今世紀後半には化石燃料起源の二酸化炭素排出量をゼロ以下(人為的回収)にしなければならないことが分かりました。(詳細は参考資料1)
近未来予測では、高解像度の大気海洋結合気候モデルを構築し、人為要因による2030年程度までの近未来の気候変化の予測実験を行っております。観測データを取り入れた新しい手法により、人為要因による温暖化と自然の気候変動の両方を予測できる可能性が示されました。とくに、過去10年全球温度上昇が鈍ったかにも見えましたが、これからの10年は温暖化が本格化することが予想されました。(詳細は参考資料2)
極端現象予測では、水平方向に細かい格子を持つ大気モデルを使用した、極端な気象現象の正確な予測を行い、台風やハリケーンの変化、梅雨の変化などの予測を行っております。特に台風に関しては、台風の活動最盛期である7月から10月の期間に台風の存在頻度が減少すること、台風経路は東へ偏ること、東南アジア沿岸域への接近数が減少すること、最大風速で見た台風の強度は増加することが分かりました。(詳細は参考資料3)

3. 今後の期待
今後、最新のデータに基づく追加実験や、自然災害等の気候変動の影響評価を継続し、気候変動に関する知見を蓄積することで、IPCC AR5の策定に大きく貢献するとともに、気候変動に対応するための基礎的な情報として利用されることが期待されます。
..........
参考資料1

地球環境予測:チーム代表 時岡達志
(海洋研究開発機構, IPCC貢献地球環境予測プロジェクトリーダー)
新しい地球システム統合モデルによるシナリオ予測実験の大半を終了
..........RCP2.6(CO2濃度410ppm、メタン等を加え450ppm相当で安定化)を実現させようとしますと、2040年代には化石燃料起源のCO2排出量をほぼゼロにしなければなりません。.......... "

関連
東京大学大気海洋研究所

気象庁気象研究所

IPCC - Intergovernmental Panel on Climate Change / IPCC Fifth Assessment Report (AR5)
/ IPCC Fourth Assessment Report (AR4)

参考エントリー
気候の安定化に向けて直ちに行動を!―科学者からの国民への緊急メッセージ― / 環境-----しなやかな技術研究会、2007/02/05

続きを読む "海洋研究開発機構など、世界の気候変動研究を先導する成果を発表。IPCCの第5次報告書にも貢献"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/24

東京ガス、パナソニック、家庭用燃料電池エネファームの新型を開発

 東京ガス、パナソニック、家庭用燃料電池エネファームの新型を開発。今回開発されたモデルの最大の特長は価格の低減と設置に必要な面積が大幅に縮小されたことです。エネファームは、都市ガスから取り出した水素を空気中の酸素と化学反応させて発電し、発電した電気は家庭内で利用します。さらに熱も給湯や暖房に利用できるすぐれたシステムです。
 普及には低価格化が不可欠です。世界的に燃料電池の開発のスピードは上がり始めています。家庭用燃料電池には大きな期待がかかっています。

プレスリリース / パナソニック、平成23年2月9日
家庭用燃料電池「エネファーム」の新製品発売について

2011020901_01
-----image(”本製品の外観”) : 同リリースより

" .....家庭用燃料電池「エネファーム」(以下、「エネファーム」)の新製品を共同で開発しました。新製品は、パナソニックが製造し、東京ガスは、本年4月1日(金)から発売します。
「エネファーム」は、都市ガスから取り出した水素を空気中の酸素と化学反応させて発電し、発電した電気は家庭内で利用します。その際に出る熱も給湯や暖房に利用します。電気をつくる場所と使う場所が同じであるため、送電ロスがなく、また発電時に出る熱を無駄なく活用できる、環境に大変やさしいシステムです。火力発電所からの電気と、都市ガス給湯暖房機からの給湯・暖房を行なう方式※2と比べ、定格発電時にCO2排出量を
約48%削減、一次エネルギー消費量を約35%削減できます※3。また、年間の光熱費を約5~6万円節約、年間のCO2排出量を約1.5トン削減できます※4。
新製品は、定格発電効率40%(LHV)※5を実現し、世界最高の定格発電効率37%以上(LHV)を有した現行品よりも、さらに発電効率を向上させました。また、発電を行なう「燃料電池ユニット」のシステム構成の大幅な簡素化を図るとともに、発電を行なう「スタック」などの基幹部品を小型化することなどにより、現行品よりも約70万円低価格の、希望小売価格2,761,500円(税込、設置工事費別)を実現しました。
「エネファーム」は、2009年5月に世界で初めて一般販売を開始し、2011年1月末までに、パナソニックが全国で累計約5,000台を出荷、内東京ガスが累計約4,000台の販売を行なっています。2011年度は、パナソニックが2010年度見通しの2倍となる年間6,000台以上※6の生産体制を構築し、東京ガスが2010年度目標である2,500台の2倍となる販売台数5,000台を目指します。
両社は、「エネファーム」の普及を通じて、お客さまの快適な暮らしと地球環境の保全に貢献してまいります。

主な特長
1.世界最高※1の環境性能と大幅な価格の低減
..........

2.業界最小※1となる設置スペース
設置に必要な面積を現行品と比べ、最大で約1/2※7に削減し、業界最小の約2m2となりました。これは、「燃料電池ユニット」の形状を縦長に変更し、お湯をためておく「貯湯ユニット」と連結して一体設置できるようにすることなどにより実現しました。これにより、設置スペースに制約の多い首都圏の戸建住宅などに、より導入いただきやすくなります。

※7:設置条件によって異なります。
3.リモコン表示を大型化
..........
現行品との違い
..........
2011020901_04
-----image(”設置スペース ~設置スペースが最大で約1/2に~”) : 同リリースより
.......... "

関連
家庭用燃料電池「エネファーム」の新製品発売について-----パナソニック、2011年2月9日

コメント続き

続きを読む "東京ガス、パナソニック、家庭用燃料電池エネファームの新型を開発"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/23

満月tvを見よう。上関原発建設予定地からのUstream放送を見て思う。私たちは原子力を”いつ選択”したの?

 昨日、中国電力の上関原発建設予定地からのライブ映像が昨日からスゴイ。なにがすごいって、マスメディアがほとんど取り上げない、現地のナマの映像と声をつたえている。視聴者は最大で1800-2000名、しな研でキャプチャーした夕方終了間際でも1000名を超えています。

 賛成、不賛成にかかわらず時間があれば視聴してください。本日も8時半ころからライブ映像が配信されています。
 現場は、緊迫し、今後さらに混乱する可能性がありますが、貴重な配信を是非ご覧ください。
 
 コメントを聞いたかぎりでは、太陽電池で充電したバッテリーで駆動するサムソン電子のギャラクシーSを利用しての実況のようです。10:34現在、577名が視聴中!

 太陽電池は40Wぐらいですが、バッテリーが車載用10-20AH程度のものと、インバーターを持ち歩いての取材のようです。経過はわかりませんが、寄せ集めの機材で、よくもまぁ。これだけ立派な現地リポートを成立させているのかと関心しています。

 現地では、バッテリーが度々切れています。取材する人に対する支援も必要ですね。

満月tv on USTREAM

Tvusttop2
-----image : キャプチャー画像(一部ぼかしてます。昨日はUstのホームページのトップを飾ってました!)

" 上関原発の建設予定地からライブ中継します。 詳しい情報は↓をご覧下さい。 ・虹のカヤック隊
満月tv
合計視聴数: 30,207 上関原発の建設予定地からライブ中継します。
詳しい情報は↓をご覧下さい。
・虹のカヤック隊
http://profile.ameba.jp/nijinokayaker/
・UrauraNews
http://iwaijima.jugem.jp/
・祝島島民の会blog
http://blog.shimabito.net/
.......... "

関連
・(kaminoseki umi on USTREAM

ニコストリーム : 満月tv

USTWRAP | "満月tv"&"上関-海"(陸-田ノ浦、海の二元中継)

中国電力が大動員をかけ、埋め立て工事を強行してきました(2月21日の状況報告)-----祝島島民の会blog、2011.02.23

コメント続き

続きを読む "満月tvを見よう。上関原発建設予定地からのUstream放送を見て思う。私たちは原子力を”いつ選択”したの?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/02/22

パナソニック電工、美術館・博物館向け個別調光機能内蔵LEDスポットライト2タイプ24品番を発売

 各社からLED照明の新製品の情報が次々と出てくるなかで、特に気になったのがこの製品。

 パナソニック電工は、美術館・博物館向け個別調光機能内蔵LEDスポットライト2タイプ24品番を3月1日より発売すると発表しました。LEDは省エネ・長寿命でさらに、紫外線や赤外線などの有害光線が少なく、展示品の損傷を抑えられるということです。
 消費電力は、13.3Wと25.5Wの二種類、それぞれハロゲンのスポットライト46WCDM-T35形器具90W-JR12V50形器具に相当するということです。調光幅は、JR12V50形器具相当タイプが約 5~100%、CDM-T35形器具相当タイプが約10~100%。今回発売されるLEDスポットライトは、作品ごとに調光可能ということで、照明によるさまざまな演出の希望に応えられるということです。

プレスリリース / パナソニック電工、2011年2月17日
EVERLEDS(エバーレッズ) 「美術館・博物館向け 個別調光機能内蔵LEDスポットライト」 新発売

11027a0
-----image : 同リリースより

" 今春オールLED化予定の「パナソニック電工 汐留ミュージアム」にも導入
 パナソニック電工株式会社は、EVERLEDS(エバーレッズ) 「美術館・博物館向け 個別調光機能内蔵LEDスポットライト」2タイプ24品番を2011年3月1日より発売します。器具本体に調光機能がついているため、美術館や博物館での各々の展示に合った最適な照明演出が可能になります。高い演色性(平均演色性評価指数:Ra92)で、展示物の色を忠実に再現します。なお、今春(4月末)にオールLEDに改装予定のパナソニック電工 汐留ミュージアム(所在地:東京都港区東新橋 パナソニック電工 東京本社内)に同新製品を約150台導入します。
 LEDは省エネ・長寿命という特長に加え、紫外線や赤外線などの有害光線が少なく、展示品の損傷を抑えられるため、美術館や博物館などで主照明としての採用増加が期待されています。当社は、作品ごとに調光可能な本製品を中心に、美術館・博物館などへのLED照明導入への提案活動をさらに強化していきます。

製品名 EVERLEDS(エバーレッズ) 美術館・博物館向け 個別調光機能内蔵LEDスポットライト
明るさタイプ JR12V50形器具相当 CDM-T35形器具相当
品番     12品番       12品番
消費電力   13.3 W       25.5 W
灯具色    クールホワイトつや消し仕上 ・ ブラックつや消し仕上
色温度     3500K(温白色)・2700K(電球色)
配光角度 狭角(10度)・中角(15度)・広角(30度)/狭角(10度)・中角(15度)・広角(35度)
光源寿命 40,000時間
希望小売価格(税込) 32,550円 47,250円
...........
(2)ミニハロゲン電球用器具と比べて消費電力約85%削減。 (※1)
年間ランニングコストを大幅に削減。
ランプメンテナンスも不要になります。
11027c0
-----image : 同リリースより
..........
11027e
-----image(”その他、展示に応じて選べるオプション(別売)も品揃え”) : 同リリースより
..........
パナソニック電工 汐留ミュージアムのオールLED化について
.....「美術館・博物館向け 個別調光機能内蔵LEDスポットライト」の発売を機に、4月末にミュージアム全体をLED化することになりました。
.......... "

関連
イベント 2011年4月23日(土)~2011年7月3日(日)
パナソニック電工 汐留ミュージアム ルオーと風景 -パリ、自然、詩情のヴィジョン-
" 本展覧会より、パナソニック電工 汐留ミュージアムの照明はオールLEDに生まれ変わります "

コメント続き

続きを読む "パナソニック電工、美術館・博物館向け個別調光機能内蔵LEDスポットライト2タイプ24品番を発売"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/21

ホンダ 天然ガス車-シビックGX、米エコカーランキングでまたしてもNo.1に。二位日産 リーフ、三位メルセデス・ベンツ smart fortwo。ACEEE's "Greenest Vehicles of 2011 "

 アメリカのNPO American Council for an Energy-Efficient Economy(ACEEE)が毎年発表している、もっともグリーンな車 Greenest Vehicles of 2011 ランキングが発表になりました。発売されたばかりの日産の電気自動車がニ位と高い評価を受けるも、第一位の座はホンダの天然ガス車 シビックGXが獲得しました。三位メルセデス・ベンツのワンリッターカー smart fortwoで四位にトヨタのプリウスという順でした。
 ことなる燃料の駆動の車の評価を総合的に行うことで定評があるこの賞により、ACEEE's Green Book(R)に天然ガス車 シビックGXの名が刻まれるのは、これで二度目です。

 一方、ACEEEはワーストランキングも発表しています。Meanest Vehicles for the Environment in 2011では、5リットル以上の大型車の名前がならび、ワーストには、BUGATTI VEYRON 8.0L 16, auto stk Awd [P]がリストされています。こりゃスーパーカー的な車ですね。
 さらに、比較的いいスコアのガソリン車も一般が実際に車を買う参考にできるように発表されました。このGreener Choices 2011では、一位トヨタプリウス、二位ホンダシビックハイブリッド、三位ホンダCR-Z、四位トヨタYARISと日本車が上位を独占しています。ちなみに四位は、AUDI A3。

 しかし、Hondaのシビック GXは、国内では2005年8月に販売が終了している車です。アメリカでは2011年モデルも発売され、政府関連組織などで1000台程度が運用されているようです。しかし、販売台数はそれほど多いとは思えません。

プレスリリース / Honda,February 17 2011
Honda Earns #1 Ranking on ACEEE's "Greenest Vehicles of 2011" List for the Eleventh Year in a Row

Chart_aceee
-----image : 同リリースより

" Honda Civic GX natural gas vehicle earns top spot
Five Honda vehicles earned recognition from the American Council for an Energy-Efficient Economy (ACEEE) as being among the "greenest vehicles of 2011" with the natural gas-powered Civic GX earning the title of America's greenest vehicle for the eighth time. In the annual ACEEE's "Green BookR Online" ranking of environmentally responsible vehicles (available at www.greenercars.org), the near-zero emissions natural gas-powered Civic GX ranked first with the Civic Hybrid and Insight also included of the list of ACEEE's 12 most environmentally responsible vehicles available to the public. The CR-Z Sport Hybrid coupe and Odyssey minivan were also named as the "greenest vehicles" within their respective classes. This is the 11th year in a row that a Honda vehicle has received the number one ranking and the 13th straight year that multiple Honda vehicles have been named in the top 12.
..........
[CNG] denotes compressed natural gas fuel.
[P] denotes premium gasoline
a A listing with two emission standards (e.g., Tier 2 bin 2 / PZEV) denotes a single vehicle carrying both a federal and a California emission certification. Green Scores for such listings reflect the cleaner of the two certifications.
b Compressed natural gas (CNG) vehicle fuel economy is given in gasoline-equivalent miles per gallon.
c Electric vehicle fuel economy is given in miles per kilowatt-hour
d The Smart Fortwo Electric Drive scores 60, but is not eligible for the Greenest list due to low sales volume. Only 250 units of the 2011 Smart Fortwo EV will be available on a trial basis in the U.S.
.......... "

関連
greenercars.org
/ ACEEE's Green Book(R)
 -Greenest Vehicles of 2011
-Meanest Vehicles for the Environment in 2011
-Greener Choices
/ News / Latest Technologies Place but Don't Win in this Year's Greenest List (PDF,February 15th, 2011)

2011 Honda Civic GX Overview
Hondacivicgxsite
-----image : 上記サイト

American Council for an Energy-Efficient Economy(ACEEE)

Honda : シビック GX(2005年8月終了モデル)-HONDA CLEAN AIR VEHICLE:Natural Gas Vehicle 天然ガス車

コメント続き

続きを読む "ホンダ 天然ガス車-シビックGX、米エコカーランキングでまたしてもNo.1に。二位日産 リーフ、三位メルセデス・ベンツ smart fortwo。ACEEE's "Greenest Vehicles of 2011 ""

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/18

オバマ大統領の政策「2015年までに電気自動車を100万台普及させる計画」は達成可能とするDOEのリポートが公開されました

 アメリカエネルギー省は、オバマ大統領の「2015年までに電気自動車を100万台普及させる計画」は達成可能とするリポートを公開しました。100万台といえば、新車台数は、つい先日、"米中逆転、世界一の自動車王国が転落"と報じたれた時の数字が2010年度1040万台あまりとのことでしたから、10%程度に相当します。[アメリカの普通自動車保有台数は、日本自動車工業会によれば2007年末で約2億4千7百万台(2007-統計局)ですから、0.4%。]
 あと5年でこの目標はかなり意欲的です。達成のためには、現在の補助金や開発計画では間に合わないという指摘がある中で、またそもそも車としての電気自動車は、アメリカの車としてふさわしいのかという疑問が指摘されている中での発表でした。
 ただ、アメリカエネルギー省の分析でもその実現のためには、気合だけでなく、資金も開発の速度、そして電気自動車の車としての認知度の向上などが必要とされています。同省は、補助金、駆動系ならびに蓄電の技術への開発支援、そして最大30あまりのコミュニィを選び集中的にインフラの整備を行う必要があるとしています。
 
 日本のペースを考えると2015年で多くて、数万台というところでしょうか。その時点でアメリカが100万台保有することができれば、それはそれでアメリカにとっては大きな力となりそうです。

プレスリリース / DOE Releases,February 8, 2011
New Analysis Showing Significant Advances in Electric Vehicle Deployment

One_million_electric_vehicles_by_20
-----image : 「One Million Electric Vehicles by 2015 - February 2011 Status Report」(pdf)より

" The U.S. Department of Energy today released One Million Electric Vehicles by 2015 (pdf - 220 kb), an analysis of advances in electric vehicle deployment and progress to date in meeting President Obama's goal of putting one million electric vehicles on the road by 2015. The analysis shows that while the goal is ambitious, it is also achievable based on steps already taken as part of the Recovery Act and additional policy initiatives proposed by President Obama -- including improvements to existing consumer tax credits, programs to help cities prepare for the growing demand for electric vehicles, and strong support for research and development to continue reducing the cost of electric vehicles.
"President Obama's goal of putting one million electric vehicles on the road by 2015 represents a key component of our strategy to dramatically reduce America's dependence on foreign oil and ensure that the U.S. leads the world in the growing electric vehicle manufacturing industry," said DOE Assistant Secretary for Policy and International Affairs David Sandalow. "This is a race America can win -- if we answer the President's call to out-innovate, out-build, and out-compete the rest of the world."
.......... "

関連
U.S. DOE : Vehicle Technologies Program

参考
Indiana University Bloomington - School of Public and Environmental Affairs(SPEA) / Expert panel: Obama's goal for electric vehicles requires 'bold action' February 2, 2011
Plugin_electric_vehiclescover-----image:「Plug-in Electric Vehicles: A Practical Plan for Progress」(PDF/SPEA,February2011,p.82)[ www.indiana.edu/~spea/pubs/TEP_combined.pdf ]カバー

US may miss Obama’s one million EV target for 2015-----IBTimes,08 February 2011

コメント続き

続きを読む "オバマ大統領の政策「2015年までに電気自動車を100万台普及させる計画」は達成可能とするDOEのリポートが公開されました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/17

世界資源研究所 WRI、世界の海のデッドゾーン-富栄養化・貧酸素海域マップを公開

 世界資源研究所 WRI と海洋科学バージニア研究所 Virginia Institute of Marine Science(VIMS)の研究グループは、世界の海のデッドゾーン-富栄養化・貧酸素海域マップを公開しました。世界の海では、富栄養化・貧酸素海域が広がっているとされていますが、個々の国のデーターはあっても、世界規模で閲覧、情報を収集できるサイトはありませんでした。今回、貧酸素の「デッドゾーン」海域530ヶ所以上と富栄養化海域228ヶ所に関する情報をインタラクティブマップで確認しながら、情報を集め、研究者であれば、情報をアップすることもできるようになりました。
 世界規模で広がる、海のデッドゾーンに関する情報の共有化が期待されます。

プレスリリース / World Resources Institute,January 20, 2011
New Web-Based Map Tracks Marine “Dead Zones” Worldwide

" Research Identifies 530 Coastal “Dead Zones” and 228 Marine Eutrophic Sites
New research by the World Resources Institute (WRI) and the Virginia Institute of Marine Science (VIMS) identifies more than 530 low-oxygen “dead zones” and an additional 228 sites worldwide exhibiting signs of marine “eutrophication.” Eutrophication occurs when water bodies are over-fertilized by nutrients that are washed into surface waters from farms and urban areas.

Analysts at WRI and VIMS have compiled the information into a web-based “one-stop shop” that provides a global database and interactive map of affected areas, as well as links to articles, photos, and other resources. The website-“Eutrophication and Hypoxia: Nutrient Pollution in Coastal Waters”- is at www.wri.org/eutrophication.
.......... "

関連
WRI : Eutrophication and Hypoxia | World Resources Institute / Interactive Map of Eutrophication & Hypoxia
Wrieutrophication_n_hypoxia
-----image : 上記サイト

New web-based map tracks marine “dead zones” worldwide-----Virginia Institute of Marine Science,January 20, 2011

参考エントリー
さらに拡大する海のデッドゾーン-----しなやかな技術研究会、2008/08/20

Scientists Predict Bigger Gulf 'Dead Zone' This Year(海に広がるデッドゾーン)/ クリッピング Live Science-----しなやかな技術研究会、2006/07/27

メキシコ湾で酸欠海域「デッドゾーン」が拡大/クリッピング ワイアード・ニュース・レポート-----しなやかな技術研究会、2004/08/18

コメント続き

続きを読む "世界資源研究所 WRI、世界の海のデッドゾーン-富栄養化・貧酸素海域マップを公開"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/16

JR東日本、四ツ谷駅がエコステになる。省エネ、太陽光発電、自然換気、環境整備など

 JR東日本の四ツ谷駅が「エコステ」モデル駅として生まれ変わるそうです。LEDなどの照明や空調による省エネ、四ツ谷駅赤坂口の駅舎の屋上などに太陽光発電 50kWを設置、さらに自然換気システムなどエコを実感いただける取組みや周囲の環境整備などが行われ、2011年内完成を目指すということです。

 エコステーション。災害対応なども合わせて整備されると、かなり実のある展開になりそうです。JRのエコステを目にし、利用するのが楽しみです。

プレスリリース / JR東日本:東日本旅客鉄道、2月8日
HOME / エキは、エコへ。~「エコステ」モデル駅の工事着手について~ [PDF/304KB]

Ejrecostayotsuya
-----image : 同リリースより

" エキは、エコへ。
-「エコステ」モデル駅の工事着手について-
JR東日本では、
・「グループ経営ビジョン2020―挑む―」に示した、省エネルギー・再生可能エネルギーなど様々な環境保全技術(エコメニュー)を導入する取組み「エコステ」を開始します。
・そのモデル駅第一弾として、中央線四ツ谷駅の改良工事に2011年春より着手することとなりましたのでお知らせします。(2011年度内の完成を目指します。)

1.「エコステ」の取り組み
「エコステ」では、4つの柱で環境に配慮した取組みを進めてまいります。
①一歩進んだ省エネルギー化の推進【省エネ】
 高効率照明・高効率空調機など消費エネルギー削減に直接寄与する取組み
②再生可能なエネルギーの積極的な導入【創エネ】
 太陽光発電など化石燃料に頼らないエネルギーを創出する取組み
③お客さまが「エコ」を実感できる施設の整備【エコ実感】
 自然換気システムなどエコを実感いただける取組み
④人と環境の調和により活気を創出【環境調和】
 駅舎屋上等の緑化により、自然や地域との関わりを重視した取組み

2.第一弾モデル駅(四ツ谷駅)での実施内容
○当社の「エコステ」モデル駅の第一弾として、緑豊かな江戸城外堀跡に位置している四ツ谷駅の周辺環境を活かし、幅広く「エコステ」の取組みを感じていただける駅を目指します。
○省エネ設備を導入するとともに、駅社員が積極的に省エネに取り組むことで、四ツ谷駅ではCO2排出量40%削減(2008年度比)を目指します。(年間△189t)
.......... "

[ カテゴリー : エコトレイン ]

コメント続き

続きを読む "JR東日本、四ツ谷駅がエコステになる。省エネ、太陽光発電、自然換気、環境整備など"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/15

日産自動車、3月開催のジュネーブモーターショーにエスフロー ESFLOW、電気自動車のコンセプト・スポーツカーを出展

 日産自動車は、3月開催のジュネーブモーターショーにエスフロー ESFLOW という、電気自動車のコンセプト・スポーツカーを発表するとのことです。
 電気自動車リーフの発売で、この分野に打って出た日産自動車の勢いを感じさせる車に仕上がっているのでしょうか。
 エスフロー ESFLOWは、EVならではの高トルクを生かして、5秒以下で時速100キロまで到達する加速性能を持ち、一回の充電で240km以上航続可能というスポーツ仕様の電気自動車です。発売の見込みなどはアナウンスされていませんが、電気自動車の多様化は必須です。今後の展開が注目されます。

プレスリリース / 日産自動車、2011年2月10日
日産自動車、2011年ジュネーブモーターショー出展車両 「ESFLOW(エスフロー)」を公開

1102100101

-----image: 同リリースより

" 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)は欧州現地時間9日、2011年ジュネーブモーターショー(プレスデー:3月1日~2日、一般公開日:3月3日~13日)の開幕に先駆け、同モーターショーへの出展車両の1つであるコンセプトカー「ESFLOW(エスフロー)」の情報を公開した。

「ESFLOW」は、電気自動車のスポーツカーをコンセプトとしており、走る喜びと、ゼロ・エミッションモビリティの両立を表現した。

低く伸びやかなシルエット、重心付近に収まるコンパクトなキャビンなど、一目でそれとわかるスポーツカーのスタイルを持った同コンセプトカーは、日産スポーツカーの伝統を継承しつつも、電気自動車としてゼロから企画・設計されたため、既存車の内燃機関を電気自動車ユニットに置き換えたものとは異なり、日産の先進技術が随所に最適活用されている。

たとえば、同コンセプトカーでは、日産リーフに採用されているリチウムイオン電池を、ボディ内に分割配置することにより、最適な重量配分が実現し、車両の回転中心がドライバーの腰付近にくることで、スポーツカーならではの安定した走りを実現する。また、日産リーフに搭載されている高性能モーターを2基、ミッドシップに搭載し、左右後輪を独立駆動制御することにより、優れた旋回性能とエネルギー回生性能が得られる。

さらに、EVならではの高トルクを生かして、5秒以下で時速100キロまで到達する加速性能を持ち、一回の充電で240km以上航続可能である。

ドライビングポジションを調整する際は、座席ではなく、ハンドル、ペダル類が動くことで、シートフレームなどが不要になり、車体の軽量化に貢献している。これはバイワイヤ技術の活用によって可能となったものである。

ジュネーブモーターショーではこの他にも、昨年のパリモーターショーで初披露したコンセプトカー「TOWNPOD (タウンポッド)」や、欧州カーオブザイヤーを受賞した「日産リーフ」などのゼロエミッション車の他、エンジン進化型エコカー「PURE DRIVE」の「マイクラ(日本名マーチ)」、「キャシュカイ(日本名デュアリス)」など、幅広いラインアップを展示する。

<関連URL>
ESFLOW(エスフロー)コンセプトムービー
http://www.nissan-global.com/JP/NISSANCHANNEL/motor_shows.html
.......... "


-----( E )
" At a glance
ESFLOW - a pure EV sports car concept
Rear-wheel drive two-seater
Two electric motors, each driving a rear wheel
Laminated lithium-ion batteries mounted low for best weight distribution
Dramatic styling with wraparound windscreen for unobstructed visibility
0-100km/h in under 5 seconds
Over 240kms on one charge  "

関連
ALL NEW NISSAN ESFLOW ELECTRIC SPORTS CAR

(autotuningnews,2011年02月09日 )

81st International Motor Show, Palexpo-Geneva, 3rd to 13th March 2011

追加情報(動画)

続きを読む "日産自動車、3月開催のジュネーブモーターショーにエスフロー ESFLOW、電気自動車のコンセプト・スポーツカーを出展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/14

環境省の こども環境白書2011(平成22年版)Web版の公開が始まっています

 昨年11月に発行された環境省・こども環境白書2011(平成22年版)Web版の公開が始まっています。
 思ったより軽い内容ですが、全体を概観するにはいい資料として使える機会もありそうです。趣味的には、目玉おやじが解説というのが、、、ちょっと違和感を感じるところですが。
 とはいえ、せっかく税金で作られた資料です。活用できるなら、したいところです。

こども環境白書 / 平成22年版(発行 平成22年11月)

Kodomokankyouwhitep_covers-----image : 上-カバー、下-サンプルページ「広がる持続可能なまちづくり34・35ページ」-----
Kodomokankyouwhitepsample

" 表紙 [PDF 1,233KB] 巻頭 私のエコ日記1ページ [PDF 567KB] この本の使いかた、もくじ2・3ページ [PDF 325KB] STEP 1 地球のみらいのため みんなでチャレンジ 身近なことからはじめよう 3R4・5ページ [PDF 518KB] チャレンジ256・7ページ [PDF 433KB] エコドライブ8・9ページ [PDF 263KB] STEP 2 どうなる地球 データでみる環境問題 なかまにせまる危機 妖怪ポストに届いた手紙10・11ページ [PDF 1,930KB] 地球のできごと 世界が注目した環境ニュース12・13ページ [PDF 700KB] どうなる地球環境 世界に目を向けよう14・15ページ [PDF 518KB] どうなる地球温暖化16~19ページ [PDF 1,442KB] どうなる生物多様性20~23ページ [PDF 2,395KB] どうなる水問題24・25ページ [PDF 520KB] どうなる生活と環境26~29ページ [PDF 1,455KB] STEP 3 地球の危機に立ち向かう 全員参加でとりくもう 広がる環境にやさしい知恵30~33ページ [PDF 1,356KB] 広がる持続可能なまちづくり34・35ページ [PDF 882KB] .......... 全体版 [PDF 15.2MB] "

関連
「こども環境白書2011(平成22年版)」の発行について-----環境省、平成22年11月26日

" 環境省ではこの度、「こども環境白書2011(平成22年版)」を作成しましたので、お知らせします。こども環境白書は、平成22年版環境白書の内容を易しく解説したものです。
 今年の特徴は、環境と暮らしの関わり方について、「ゲゲゲの鬼太郎」のなかまたちと易しく学習できるようになっています。
 環境教育教材として、全国の小中学校等で参考にしていただけるよう、主に教育委員会に配布します。なお、こども環境白書は実費で購入できますので、是非御活用ください。
.......... "

本日のおすすめエントリー

続きを読む "環境省の こども環境白書2011(平成22年版)Web版の公開が始まっています"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/10

日本ユニシスと兼松、電気自動車用”おおさか充電インフラネットワーク” 広域連携システム構築へ

大阪府が進める大阪EVアクションプログラムの一環としても、日本ユニシスと兼松が、電気自動車用”おおさか充電インフラネットワーク” 広域連携システムの構築を行うと発表しました。
兼松は京都のEV用充電インフラ事業において、充電器の利用にかかる認証・課金システム、携帯端末を利用した充電器位置情報の配信や充電器の予約制御等を可能にするシステムを開発。日本ユニシスは、EV・プラグイン ハイブリッド車(PHV)向け充電インフラシステムサービス「smart oasisR(スマートオアシス)」を開発。今回の大阪府をはじめとした自治体やガソリンスタンドなど国内各地への展開を行うということです。

 大阪府は、同アクションプログラムでH23 年度までに電気自動車 1,000 台の導入を画策していて、それにかかわるインフラ整備が具体化したということです。

 各地で電気自動車の導入のための環境整備が行われています。プラニングがうまくいきそうなところと、だめなところがでてくるのでしょうか? それとも、2020年ぐらいまでに1割電気自動車というような状況を生み出すのでしょうか? 先日のマツダデミオのEVでは、知人の間でも期待が高まり、デミオなら電動自動車にのってみたいかもという話で盛り上がりました。選択肢が増えれば、買い替え需要に合わせて一定の規模では普及しそうです。あとは、この流れが今後どう評価され、私たちユーザーも実際に乗ってみて評価していくかとういことです。

 なんにせよ、しな研では、小型軽量で安全で安いEVというぜいたくな車を世界のプランにさがしていこうと思います。

プレスリリース / 日本ユニシス、2011年1月27日
兼松と日本ユニシス電気自動車向け充電インフラシステムサービスにおける相互連携で合意

Unisiskanematsuevcharge2
-----image(”日本ユニシスと兼松のシステム利用に関する連携概念図”) : 同リリースより

" 「おおさか充電インフラネットワーク」でシステム連携、広域連携へ!
 ..........大阪府の協力のもと、電気自動車(EV)向け充電インフラシステムサービスにつき相互に連携を図ることで合意いたしました。
兼松は、EV用充電インフラ事業の立ち上げに取り組むプロジェクトチーム「VOLTA(ヴォルタ)」を組成し、充電器の利用にかかる認証・課金システム、携帯端末を利用した充電器位置情報の配信や充電器の予約制御等を可能にするシステムを開発し、京都府をはじめ各地で実証実験を行っております。
日本ユニシスは、EV・プラグイン ハイブリッド車(PHV)向け充電インフラシステムサービス「smart oasisR(スマートオアシス)」を開発し、昨年度より、大阪府をはじめとした自治体やガソリンスタンドなど国内各地の社会実証実験への提供を行い、他社に先駆けてサービス展開しています。
兼松は、平成22年12月に大阪府の「緊急雇用創出基金事業・電気自動車(EV)タクシー普及啓発事業」(以下、EVタクシー普及啓発事業)を共同企業体で受託しました。「おおさか充電インフラネットワーク」(注)の充電システムに連携し、EVタクシー普及啓発事業では実際にタクシー事業者32社がEVタクシー50台で充電器を利用した効率的な運行稼動の実証を行います。これを契機に、兼松と日本ユニシスが有するEV向け充電インフラシステムの資産やノウハウを共有し有効活用すべく、相互に連携を図ることにいたしました。
本合意では、兼松が運営する充電器も相互に利用可能とするため、ユーザー認証機能のシステム的な連携について平成22年度内を目処に実現させる予定です。また、今後は相互システムの予約機能の連携、満空ステータスに関する情報の連携、利用履歴に関する情報のシステム的な連携等、両システム連携の高度化を図っていくこととしています(連携概念図参照)。
今後も両社および大阪府は、EV・充電インフラを活用した更なるビジネスモデルの構築を狙うと同時に、より広域への展開を図りつつ、EVの普及を様々な角度からサポートし、地球温暖化対策の一助となるプロジェクトを推し進めて参ります。
以上
..........
注:おおさか充電インフラネットワーク
EVドライバーが安心して走行できるよう、ITを活用して、メーカーや機能の異なる充電器の充電サービスの管理や情報提供を共通化することで、携帯電話を用いた充電サービスの予約・認証を可能とするシステムです。現在、大阪府内の19基の充電器(急速充電器17基、200V充電器2基)で運用しています。
(本ネットワークは日本ユニシスが運営している「smart oasis」の機能で運用しています。)
.......... "

関連
〔商工労働部〕EVユーザーに朗報! 世界初の「おおさか充電インフラネットワーク」がさらにさらに広がる! 日本ユニシス株式会社、兼松株式会社、大阪府がEV充電予約・認証システムの連携を合意!-----大阪府、2011年1月27日
-大阪EVアクションプログラム

兼松 / 2011年01月27日 兼松と日本ユニシス、電気自動車向け充電インフラシステムサービスにおける相互連携で合意

充電インフラシステム smart oasis
Smartoasisunisis
-----image : 上記サイト

「EVリーディング都市大阪」を目指す取組み第二弾!電気自動車(EV)のエコドライブシステムの開発・実証がスタート!-----大阪府、2011年1月25日

コメント続き

続きを読む "日本ユニシスと兼松、電気自動車用”おおさか充電インフラネットワーク” 広域連携システム構築へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/09

U.N. FAO、Food Price Indexを更新。世界は危機的な食料価格の高騰を今経験している

 つい先日も、オーストラリア産の農作物の値上がりや、アメリカの穀物地帯でも発生している洪水、そしてアメリカやヨーロッパの寒波の影響による、世界的な食糧不足、値あがり懸念がある会合で話題になりました。
 しかし、2月3日にFAO 国際連合食糧農業機関が発表した最新の食料価格指標 Food Price Index によれば、世界はまさに歴史的な食料価格の高騰を経験している。日本などの豊かな国ではその影響は隠されているが、貧困な国や地域においては、昨年を通して食料は上がり続け、8月以降は深刻な影響がではじめていたようです。そこに、冒頭のように先進国、新興国、途上国、貧しい地域の別け隔てなく、厳しい気候変動の影響が現れています。この統計が現在の形になった1990年以降では最悪とのことですが、新たな要因として石油の価格も上がってきています。消費の増加、気候変動の影響、投機的な動き、そして石油価格などのエネルギーコストの上昇を考えると心配な時節です。

プレスリリース / 国際連合食糧農業機関、2011年2月3日
トップページ / 世界の食料価格は史上最高値を更新 1 月に3.4%の上昇-FAOが食料価格指数を更新(PDF)より-----World food prices reach new historic peak

" 世界の食料価格の月ごとの変化を定期的に監視しているFAOの食料価格指数の最新版によれば、世界の食料価格は 7 ヶ月間連続で上昇し、1 月には史上最高値に達した。

指数は 1 月に平均して 231 ポイントとなり、2010 年 12 月から3.4%上昇した。これはFAOが食料価格の測定を開始した 1990 年以降(実質および名目で)最高水準である。変化のなかった食肉を除いて監視をしているすべての食品グループで大幅な価格上昇を記録した。

アブドルレザ・アバシアンFAOエコノミスト・穀物専門家は、「新しい数値は、世界の食料価格に対する上昇圧力が収まる気配がないことを明らかに示している」と述べ、「この高価格は今後何ヶ月も続くだろう。特に価格の上昇は食料輸入代金のやりくりの問題に直面する低所得食料不足国や、食料へ所得の多くを費やす貧しい世帯にとって重大な懸念となるであろう。」と続けた。

「今までのところ、唯一勇気付けられる要素は、豊作により世界価格に比して主食の国内価格が低い諸国が多く存在するということである」とアバシアンは加えて述べた。

食料価格指数は、主として、食肉価格指数が調整されたことを反映して改定されたとFAOは強調した。この改訂は、遡及的に適用され、すべての指数が改められたが、1990 年からの全体の傾向には変更はない。

FAO穀物価格指数は、12 月より3%上昇し 1 月には 2008 年 7 月以降最高の平均245ポイントとなったが、2008 年 4 月の最高値に比べると依然11%低い。1 月の上昇は主に供給が逼迫する中で小麦とトウモロコシの国際価格が継続的に上昇していることを反映しており、他方、コメの価格は主要輸出国の主要作物の収穫時期と重なるため若干下落している。

油脂価格指数は、油料種子等の全体的な需給がますます逼迫してきていることを反映し5.6%上昇して 278 ポイントとなり、2008 年 6 月の水準に近づいている。

乳製品価格指数は、12 月より6.2%上昇し 1 月には平均221ポイントとなっているが、依然 2007 年 11 月の最高値より17%低い。乳製品に対する世界的に安定した需要があるところに南半球における(通常の)季節的生産減という背景が加わり乳製品価格を下支えし続けている。

砂糖価格指数は、12 月より5.4%上昇し、1 月には平均 420 ポイントとなっている。国際的な砂糖の価格は世界的な供給が逼迫しているため依然高止まりである。

一方、FAO食肉価格指数は、飼料汚染事件を受けた消費者の信頼低下に起因する欧州での食肉価格の下落がみられる一方、ブラジルと米国の輸出価格の若干の増加に相殺され、安定して約166ポイントであった。
.......... "

関連
FAO Food Price Index
Home_graph_1Home_graph_2_2
-----image : 上記サイトより

参考
トップページ
 / 1月26日:食料価格上昇によって大きな打撃を受ける諸国のための政策指針(PDF)
 / 1月31日:水産物消費が史上最高に達す世界の漁業資源水準に改善はない-FAO報告書が最新データと傾向を分析(PDF)-----国際連合食糧農業機関、2011年2月3日

コメント続き

続きを読む "U.N. FAO、Food Price Indexを更新。世界は危機的な食料価格の高騰を今経験している"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/08

ホンダ Honda、バイラント社と共同開発した家庭用小型コージェネレーションシステムをドイツで発売

ホンダ Honda、ドイツの給湯・暖房機器メーカーのバイラント社と共同開発した家庭用小型コージェネレーションシステムを現地で販売すると発表しました。現地での製品名は、エコパワー1.0 Vaillant ecoPOWER 1.0。社は、すでに複数世帯住宅用や商業施設などに適した、3.4kWおよび4.7kWのものを販売しているそうです。今回のものは、1kWの電力と2.5kWの熱を供給。よりコンパクトなパッケージとなっています。

プレスリリース / Honda,2011年2月4日
Hondaと独バイラント社が共同開発した家庭用小型コージェネレーション(熱電併給)システムをドイツで発売

" Hondaの英国現地法人、ホンダモーターヨーロッパ・リミテッド(本社:バークシャー州スラウ 社長:高木 滋)は、2011年2月3日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>
Hondaは、ドイツの暖房・給湯機器専門メーカーであるバイラント社(本社:レムシャイド市)と共同開発した家庭用小型コージェネレーションシステム「エコパワー1.0」を、2011年中ごろにドイツ市場に投入します。販売はバイラント社が担当し、主に一般の戸建て住宅向けとしての普及を目指します。

「エコパワー1.0」は、Hondaの家庭用小型コージェネレーションユニットを、バイラント社の暖房・給湯ユニットと組み合わせたシステムです。Hondaのコージェネレーションユニットは、新開発の天然ガスエンジンと正弦波インバーターを組み合わせ、家庭用に適した小型・軽量・高効率を実現しました。静粛性に優れ、1kWの電力と2.5kWの熱を創出します。CO2排出量は最大約50%の低減効果※1が期待できます。

ドイツ政府は、2009年1月に施行した新CHP※2(コージェネレーション)法を背景に、コージェネレーションシステムの普及を推進しており、お客様は購入後の電気税の免除や、エネルギー会社による電力買い取り支援などの補助を受けることができます。現在のドイツにおける小型コージェネレーションシステムは、レストランやホテルなどの小規模商業施設向けが主体となっています。今後は、一般家庭向けに1kWクラス以下の小型システムの普及が期待されており、「エコパワー1.0」の投入により市場を開拓していきます。

Hondaの家庭用小型コージェネレーションユニットは、日本では2003年の発売以来、各ガス会社を通じて累計10万世帯以上のお客様にご利用いただいています。また、2007年からは米国においても、ECR社を通じて販売をしています。
..........

【バイラント社の概要】
1.設 立 1874年
2.CEO カールステン・フォイグトレンダー
3.本 社 ドイツ レムシャイド市
4.売上高 22億ユーロ(2009年)
5.事業内容 暖房・給湯機器専門メーカー。個人住宅用の商品・システム・サービスを提供。コージェネレーションシステムについては、すでに複数(3~4)世帯住宅や商業施設などに適した、3.4kWおよび4.7kWの比較的小型なシステムを開発・販売している。
6.従業員数 約1万2,000人(2009年)
.......... "

関連
Vaillant und Honda prasentieren Mikro-Heizkraftwerk fur Einfamilienhauser(ヴァイヨンとホンダは、家庭用マイクロパワーステーションを発表)-----Honda(www.honda.de),03-02-2011
Hondacogenegermany
-----image : 上記リリースより

Honda : 家庭用小型コージェネレーションユニット / 主要諸元

" 使用燃料 都市ガス(13A、12A)、LPガス
エンジン形式 4ストローク水冷単気筒OHV
排気量 163cm3
発電形式 多極式正弦波インバーター発電
発電出力 1.0kW(AC100/200V)
熱出力 2.8kW
質 量 82kg(運転時冷却水含み 83kg)
奥 行 380mm(突起部分除く)
全 幅 580mm(突起部分除く)
全 高 880mm(突起部分除く) "

参考(Vaillant社は以前から独自開発していたようです。前の製品情報を見ることができます。独語なので内容はよくわかりません。現地の雰囲気はわかります。)
Vaillant / ecoPOWER Blockheizkraftwerk

Vaillant BHKW ecoPOWER Einsatzmoglichkeiten und Montage(独語)

(Vaillant1874,2009年012月17日)

コメント続き

続きを読む "ホンダ Honda、バイラント社と共同開発した家庭用小型コージェネレーションシステムをドイツで発売"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/07

パナソニック電工、電気・ガス・水の見える化を可能する計測ユニット ECOマネシステムの販売開始

 一般家庭の総合エコマネージメントを可能にするユニットが販売されます。パナソニック電工は、電気・ガス・水の見える化を可能する計測ユニット ECOマネシステムの販売を開始すると発表しました。電気の見える化を可能にする製品はありますが、電気だけでなくガスと水道の消費量の管理を1ユニットで可能にできる一般家庭向きの製品とは! 画期的ですね。
 
 2007年から発売されている家庭内の電気使用量・太陽光発電システムの発電量を把握できるECOマネシステムに新たにガス、水道計測タイプが追加され、公共サービスを利用している家庭の総合的なマネージメントが可能になりました。
 
プレスリリース / パナソニック電工、2011年2月2日
「電気・ガス・水」家庭内のエネルギーをまるごと「見える化」する「ECOマネシステム(電気・ガス・水 計測タイプ)」新発売

11022k
-----image(” 「ECOマネシステム(電気・ガス・水道計測タイプ)」の概要”) : 同リリースより

" 「エネルギーモニター用ユニット」3機種の発売開始

11022a
-----image: 同リリースより

 パナソニック電工株式会社は、エネルギー計測器「エネルギーモニター用ユニット」3機種を2011年2月21日に発売します。これにより、 「ECOマネシステム(電気・ガス・水 計測タイプ)」を通じて、電気、ガスおよび水の使用量を計測し、家庭でのエネルギー使用状況の「見える化」を実現します。
 当社では、2007年12月より、家庭内の電気使用量・太陽光発電システムの発電量を把握できる「ECOマネシステム(電気計測タイプ)」を販売し、ご好評いただいています。
 近年、省エネニーズの高まりに伴い、家庭内においても、トータルなエネルギー使用量の把握が求められています。こうした要請を受け、 「ECOマネシステム(電気・ガス・水 計測タイプ)」では、電気に加え、ガスおよび水の使用量、また、太陽光発電システムや燃料電池(またはガス発電)の発電状況も表示し、家庭内のエネルギーをまるごと「見える化」し、家庭内での省エネ意識づけや省エネ行動を支援します。
..........
商品名 「ECOマネシステム(電気・ガス・水 計測タイプ)」
発売日 2011年2月21日
希望小売価格(税込・工事費別) 194,985円(※1)~
販売目標 10,000システム/年(2011年度)
40,000システム/年(2013年度)
※1 「エネルギーモニター用ユニット」、「コントロールパネル」、「ECOマネシステム対応分電盤(20回路)」の合算価格

主な特長
(1)家庭内のエネルギー使用量(電気・ガス・水)をまるごと「見える化」
(2)わかりやすいアニメーションによる表示で、家族みんなで楽しみながら省エネライフ
(3)パソコンやテレビでも表示でき、家庭内のさまざまな場所で「見える化」
.......... "

関連
パナソニック電工 : ECOマネシステム(電気・ガス・水 計測タイプ) / ECOマネシステム(電気・ガス・水 計測タイプ) > プラン例
Plan_01
-----image(”Aプラン(電気・太陽光発電システムの場合)”) : 上記サイトより

Plan_03-----image(”Bプラン(電気・ガス・水の場合)”) : 上記サイトより

コメント続き

続きを読む "パナソニック電工、電気・ガス・水の見える化を可能する計測ユニット ECOマネシステムの販売開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/04

2011年持続可能な交通賞 2011 Sustainable Transport Award を発表。中国・広州市が受賞

2011年の持続可能な交通賞 2011 Sustainable Transport Award は、中国・広州市が受賞したということです。歩行者、バス、自転車(パークアンドライドを可能にする駐輪場とシェアシステム)、そして既存の車と地下鉄との融合。ビデオクリップをみてその見事さに驚きました。交通開発政策研究所 Institute for Transportation and Development Policyが毎年行なっている同賞には、メキシコ、ペルー、フランス、イランの高速バス運行システムなどがノミネートされたということです。

Guangzhou wins 2011 Sustainable Transport Award -- video

(itdp1,2011年01月28日)

 中国・広州市が今回の賞で評価されたのは、他の交通手段と見事に融合し統合されたソリューションを見せたバス道路および運用システムです。Bus Rapid Transit (BRT) システムと呼ばれ、バスの動きは見事です。

 自転車専用レーン、駐輪場、そしてレンタル自転車。小気味良ささえ感じました。そして、導入コストの安さもアピールされています。まずは上のビデオクリップ、要チェックです!

プレスリリース / World Resources Institute,January 24, 2011
2011 Sustainable Transport Award Winner: Guangzhou, China

2011stalogo-----image : 同リリースより

" Cities in Asia, Middle East, Europe and Latin America focus on integrating transport systems

The city of Guangzhou, China, today won the 2011 Sustainable Transport Award for its new world-class bus rapid transit (BRT) system that integrates with bike lanes, bike share and metro stations. The annual award, created by the Institute for Transportation and Development Policy, goes to a city that made the most progress over the year to increase mobility, while reducing transportation greenhouse and air pollution emissions, and improving safety and access for cyclists and pedestrians.

Following is a statement by Dario Hidalgo, EMBARQ’s Director of Research and Practice:

“China has come a long way in delivering low-cost, highly effective bus transit systems. The Guangzhou BRT is the most important addition to this remarkable growth. The city integrated the new system with its Metro and bike-sharing programs, providing a complete package of sustainable transport worth studying and adapting in other rapidly growing cities. It also re-introduces the concept of direct services: buses come in and out of the busway, reducing the need for transfers and providing passengers with the convenience of ‘one-seat’ service.”

Hildago also recognized the city of Leon, Mexico, one of the nominees, home to Mexico’s first bus rapid transit system. Leon was celebrated for its unsurpassed level of integration, with 69 out of 100 public bus routes physically integrated with the city’s Optibus BRT system.
.......... "

関連
Institute for Transportation and Development Policy(ITDP) : Sustainable Transport Award
/ Guangzhou wins 2011 Sustainable Transport Award?video

Mexico : Optibus BRT

おすすめエントリー

続きを読む "2011年持続可能な交通賞 2011 Sustainable Transport Award を発表。中国・広州市が受賞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/03

環境省、黄砂飛来情報のホームページを開設

 黄砂はどこからやってくるの?
 
 最近は子どもでも知っている。中国だよと答える子供が多い。中国、特に内蒙古などを中心とした東アジア内陸部から飛来する黄砂は、時には東京の空も黄色く染める。Wikipediaではタクラマカン・ゴビ・黄土高原の名があがる。確かに地図でみるだけで、広大な地域が黄色い。被害はいろいろあるが、健康への影響が懸念されている人たちにとっては、大変な脅威だ。単なる細かい砂による被害だけなく、付着するさまざまな化学物質や汚染物質がさまざまな健康被害を引き起こしてる可能性があるし、実際黄色い砂により、目やのど、呼吸器のトラブル、他の敏感症との併発などの問題が身近でも引き起こされている。

 黄色い砂は、季節の風物誌から、警戒の報への記載の対象へと変わってしまった。今年から環境省が、黄砂飛来情報のホームページを開設し、その動きを知らせてくれることになりました。黄砂の観測日数が増加していることがこうしたサイトの開設につながったということです。観測は、ライダー装と呼ばれるレーザー光を用いて黄砂等粒子状物質の垂直分布をリアルタイムに観測できる黄砂観測機器を各所に設置して行われるということです。測点は、国内12ヶ所に加え、韓国1ヶ所、モンゴル3ヶ所の合計16ヶ所。国際的な観測網の成果である情報を一般と共有するという試みです。

プレスリリース / 環境省、平成23年2月1日
環境省黄砂飛来情報ホームページの運用開始について

" 近年、黄砂が観測されることが多くなっていることから、平成20年2月より、北東アジアの黄砂飛来情報をホームページ上で提供しております。今年は、本日より運用を開始することとしました。また、今年より通年での運用を開始するとともに、新たに携帯電話向けサイトを開設いたします。
 本ホームページ上では、国立環境研究所等の協力を得て、国内外16か所のライダー観測地点の観測データを提供します。
1.経緯及び目的
..........
2.黄砂飛来情報ホームページの概要
(1)情報提供期間(予定)
平成23年2月1日(火)より通年での情報提供(本年より通年での情報提供)

(2)ホームページアドレス
http://soramame.taiki.go.jp/dss/kosa/

(3)主な提供情報
[1]ライダー観測データ(観測地点毎に表示し、1時間毎に最新値へ自動更新。)
地上付近(地上から上空1kmまで)での黄砂の平均濃度を地図上に円柱で表示。
地上から上空6kmまで(曇天時は雲底高度まで)の黄砂の高度分布図を表示。
[2]黄砂濃度の日・時間変化図
観測地点毎に、過去12時間分及び7日分の平均濃度の変化をグラフで表示。
[3]浮遊粒子状物質(SPM)観測データを利用した付加情報
ライダー観測データ及び一般環境大気測定局で観測されたSPMデータを用い、地上付近の黄砂が多く、SPM※濃度が環境基準(1時間値 0.2mg/m3)を超過した際、該当地点上にキャラクターを表示。
[4]黄砂予想分布図
モデル計算による北東アジア地域の黄砂の濃度分布を表示(国立環境研究所と九州大学が共同研究の一環として提供(CFORS))。
[5]その他
今年より携帯電話向けサイトを追加。
 http://soramame.taiki.go.jp/dss/kosa/k/

※SPM:
大気中に浮遊している微小な粒子状物質(粒径が10μm以下)のことであり、自動車の排ガスや工場からのばい煙に加え、微小な黄砂粒子なども含まれます。
(4)観測地点(観測地点の詳細は別添参照)
国立環境研究所を中心にライダー設置試験研究機関の協力を得て、北東アジア地域16か所(日本12か所、韓国1か所、モンゴル3か所)の観測データを提供します。

【参考】
ライダー装置について
 黄砂観測機器であるライダー装置(LIDAR:Light Detection And Ranging)は、レーザー光を用いて黄砂等粒子状物質の垂直分布をリアルタイムで観測するものです。ライダーの特徴として、地上付近だけではなく、上空の黄砂飛来状況が把握できるため、黄砂飛来予測に重要な情報を提供できること、見た目では区別できない粒子状の大気汚染物質と黄砂を区別して観測できること等が挙げられます。

13771378

-----image(”左-ライダー装置、右-ライダー装置による観測”) : 同リリースより
.......... "

関連
黄砂~環境省黄砂飛来情報(ライダー黄砂観測データ提供ページ)
Kosasite
-----上記サイト

国立環境研究所 / ライダーネットワークによる黄砂の3次元構造と輸送状態の把握

・Wikipedia : 黄砂

参考
環境省大気汚染物質広域監視システム そらまめ君

関連エントリー

続きを読む "環境省、黄砂飛来情報のホームページを開設"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/02

フォルクスワーゲン、燃費0.9リットル/100kmのコンセプトHVカー Volkswagen XL1を発表

フォルクスワーゲン Volkswagenは、カタール モーターショー(1月26日~29日)で燃費0.9リットル/100kmのコンセプトHVカー ニューXL1を世界初公開しました。もちろんハイブリッドカーの燃費としては、非常に高いものですが、なによりも未来の車に求められる、小型軽量で十分な安全性と走行性能を備えるという目標において、将来市場に投入される生産モデルにかなり近づいたものとなっています。
 カーボンファイバー製のモノコックおよびボディパーツにより車体重量は、35kmを電気自動車として走行できるバッテリーを搭載してもたったの795kgです。さらに、低い空気抵抗や毎日の走行にも使いやすいボディレイアウトデザインなど、魅力のある内容になっています。

プレスリリース / フォルクスワーゲン,1月26日発信
夢のような構想が現実に:フォルクスワーゲンの「フォーミュラXL1」

" フォルクスワーゲンXL1コンセプトカーの燃費はわずか0.9リットル/100km!
カタール モーターショー(1月26日~29日)で世界初公開
生産モデルに近い仕上がりを見せる2人乗り「1リッターカー」

 ..........このXL1は、カタール モーターショー(1月26日~29日)で世界初公開されます。

XL1は、そのコンセプトにおいて、フォルクスワーゲンの1リッターカー戦略の第3ステージに相当します。21世紀の初頭に、現フォルクスワーゲンAGの監査役会会長を務めるDr. フェルディナンド ピエヒ(当時フォルクスワーゲン グループ会長)が、日常的に使えて、かつ100km走行あたり1リットルの燃料しか消費しないクルマを、生産モデルとして市場投入するという構想を打ち出しました。新しいXL1においてフォルクスワーゲンは、その実現が近い将来に迫っていることを明らかにしています。

フォルクスワーゲンが新しく発表したXL1は、1km走行あたり24gというCO2排出量を達成しています。これは、(1)軽量設計(カーボンファイバー製のモノコックおよびボディパーツ)、(2)きわめて低い空気抵抗(Cd=0.186)、そして(3)35kW/48PSを発生する2気筒TDI(直噴ターボディーゼル)エンジン、電気モーター、7速DSGおよびリチウムイオンバッテリーから成るプラグイン ハイブリッド システムの組み合わせにより実現したものです。結果として、100km走行あたりわずか0.9リットルの燃料消費量と、24g/kmのCO2排出量を達成しました。プラグイン ハイブリッド車であるXL1はまた、最長35kmの距離を純粋なEVモードで走行でき、その場合のエミッションはゼロになります。バッテリーは、一般的な家庭用電源からも充電可能で、当然のことながら、減速時にはできる限りエネルギーを回収して、再利用するためにバッテリーを充電します。その際、電気モーターは発電機として機能します。
.......... "

関連
Volkswagen unveils the XL1 Super Efficient Vehicle in Qatar-----Volkswagen UK

Da60d4cb9db762a6314229ba6ec7a8702a3Ebe63df11c87fd646d3b610c2988fff4315
-----image : 上記サイト

" ..........
In both its styling and packaging the XL1 draws on lessons learned from the 1-Litre car (2002) and the L1 concept (2009). The XL1 has evolved to feature staggered seating with the driver and passenger placed next to each other in a body structure made from advanced new materials providing immense strength yet weighing just 230 kg.
To make such weight savings possible, and yet viable for series production, Volkswagen developed and patented a new system for the manufacture of the Carbon Fibre Reinforced Polymer (CFRP) parts on the car called the Resin Transfer Moulding (RTM) process.
In total the XL1 weighs 795 kg.
.......... "

Volkswagen Formula XL1

(worldcarfans,2011年01月26日)

Ein-Liter-Auto: Volkswagen stellt neue Studie XL1 in Katarvor-----spiegel.de,26.01.2011(動画)

VWの超低燃費車、市販か…フォーミュラXL1-----Response.jp,2011年1月31日

Volkswagen brings XL1 Concept a step closer to reality----- World Auto News & Reviews26 Jan,2011

・Twitter inhabitat: Volkswagon is set to unveil a car this week that gets an astounding 235 miles per gallon! http://bit.ly/gLtjLk

コメント続き

続きを読む "フォルクスワーゲン、燃費0.9リットル/100kmのコンセプトHVカー Volkswagen XL1を発表"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/02/01

神戸製鋼所と東電、中電、関電の四社、世界初の軸流式水冷媒冷凍機を開発。冷媒が水!

 神戸製鋼所、東京電力、中部電力、そして関西電力の4社は、世界初の軸流式水冷媒冷凍機を開発したと発表しました。

 冷媒が水!

 一般の冷凍機には、例外としてフロンや代替フロンが利用されてきました。今回、上記4社がDanish Technological Instituteなどの海外の研究機関などの協力も得ながら開発した「軸流式水冷媒冷凍機」の試作機は、冷房・冷却性能(COP)は約5.4(間接熱交換器タイプで約4.8)を実現、フロン冷媒冷凍機並みの高性能化に成功したということです。
 デンマークLEGOのオモチャ工場にへの導入例がある遠心式圧縮機採用の水冷媒冷凍機にくらべ大幅なコンパクト化を達成しているということです。それでも、目標冷却能力が約1,600kWの間接熱交換器タイプで長さ7.0m×幅3.9m×高さ4.2m。約1,800kWの直接熱交換器タイプで長さ6.6m×幅2.8m×高さ3.5mのサイズがあるそうです。量産機では更なるコンパクト化を目指すとのことです。実証運転を経て、早期の販売を目指すとのことです。

 まあ、図をみてただ納得する以外の知識のない門外漢ですが、水を冷媒という発想が素晴らしいと思います。しかもこの性能です。世界的に再生可能エネルギーの利用が進む中で、電力を温度の形で”蓄える”夜氷や夜水システムも注目されています。国際協力が生んだ注目の技術です。

プレスリリース / 神戸製鋼所、2011年1月19日
世界初の「軸流式水冷媒冷凍機」の開発について

6_16_2
-----image[”左-外観-写真1 軸流式水冷媒冷凍機(間接熱交換器タイプ)、右-図1 システム概略図(間接熱交換器タイプ)-冷媒としての「水」は、『蒸発器~軸流圧縮機~凝縮器~蒸発器』を循環している(この部分がフロン冷媒から水に代わった)。”]: 同リリースより

" 株式会社神戸製鋼所と東京電力株式会社、中部電力株式会社、および関西電力株式会社の4社(以下、「4社」という)は、このたび、Danish Energy Agency*1の支援と、財団法人電力中央研究所、Danish Technological Institute*2、およびJohnson Controls Denmark ApS*3の技術協力を得て、ビルや工場の空調や冷却プロセスなどに使用される冷凍機として、自然冷媒である「水」を採用した「軸流式水冷媒冷凍機」の試作機を世界で初めて完成させ、実用化に向け大きく前進いたしました。

地球温暖化問題を背景に、近年開発された空調用冷凍機や冷蔵庫の冷媒には、主に「フロン系冷媒の中では環境に優しいHFC冷媒*4」や自然冷媒である「二酸化炭素」、「アンモニア」、「イソブタン」等が採用されておりますが、本試作機では、より高い環境性を有する自然冷媒である「水」を冷媒として採用いたしました。
また、「水」を冷媒とした冷凍機は、これまでも遠心式圧縮機*5を搭載した冷凍機がありましたが、大容量機においては圧縮機の構造上、装置全体の小型化が困難という課題を有しておりました。このたび、4社が完成させた試作機は、専用の軸流式圧縮機*6を新たに開発し、遠心式圧縮機採用の水冷媒冷凍機*7に比べ、現時点において、直接熱交換器タイプ*8で設置面積は約3分の1(間接熱交換器タイプ*9は約2分の1)のコンパクト化を達成しております。また、冷房・冷却性能(COP*10)はフロン冷媒冷凍機と同等の約5.4(間接熱交換器タイプは約4.8)を達成見込みで、今後、性能試験で確認してまいります。
..........
「軸流式水冷媒冷凍機」の主な特長は、以下のとおりです。
1冷媒として究極の自然冷媒「水」を採用
..........
2大幅なコンパクト化
..........
3フロン冷媒冷凍機並みの高性能化
目標冷房・冷却性能(COP)は、約5.4(間接熱交換器タイプで約4.8)。インバータ制御で部分負荷性能を向上。

4多様なニーズに対応可能
他の冷凍機と併用できる「間接熱交換器タイプ」と単独運転用の「直接熱交換器タイプ」の両タイプの開発により、多様なニーズに対応可能。

*1 Danish Energy Agency デンマークエネルギー庁。
..........
*7 遠心式圧縮機採用の水冷媒冷凍機
デンマークのLEGO社のオモチャ工場に設置されている同容量の冷凍機。外形寸法は、長さ12.2m、幅5.2m、高さ10.9m。
..........
*10 COP:Coefficient of Performance([成績係数]=(冷房・冷却能力/消費電力))
値が大きいほど省エネルギー性が高いことを示す。
なお、COP値は、日本工業規格JIS B 8621に準拠した「冷水入口/出口水温12℃/7℃、冷却水入口/出口水温32℃/37℃」の条件における値で、COPが5.4とは、エネルギー投入量(消費電力)に対し5.4倍の熱エネルギーが取り出せることを意味する。
..........
実用化開発期間
平成15年10月~平成25年3月(予定)
..........
6_36_4
-----image [”左-外観-写真2 軸流式水冷媒冷凍機(直接熱交換器タイプ)、右-図2 システム概略図(直接熱交換器タイプ)-冷媒としての「水」は、『 蒸発器~軸流圧縮機~凝縮器~蒸発器 』 を循環しているが、冷水・冷却水と混合されながら循環される。”] : 同リリースより
.......... "

関連
世界初の「軸流式水冷媒冷凍機」の開発について-----東京電力、平成23年1月19日

世界初の「軸流式水冷媒冷凍機」の開発について- 究極の自然冷媒「水」を用いた冷凍機の本格実用化に大きく前進-----中部電力、2011年1月19日

世界初の「軸流式水冷媒冷凍機」の開発について-----関西電力、2011年1月19日

Danish Technological Institute

コメント続き

続きを読む "神戸製鋼所と東電、中電、関電の四社、世界初の軸流式水冷媒冷凍機を開発。冷媒が水!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »