« 神戸製鋼所と東電、中電、関電の四社、世界初の軸流式水冷媒冷凍機を開発。冷媒が水! | トップページ | 環境省、黄砂飛来情報のホームページを開設 »

2011/02/02

フォルクスワーゲン、燃費0.9リットル/100kmのコンセプトHVカー Volkswagen XL1を発表

フォルクスワーゲン Volkswagenは、カタール モーターショー(1月26日~29日)で燃費0.9リットル/100kmのコンセプトHVカー ニューXL1を世界初公開しました。もちろんハイブリッドカーの燃費としては、非常に高いものですが、なによりも未来の車に求められる、小型軽量で十分な安全性と走行性能を備えるという目標において、将来市場に投入される生産モデルにかなり近づいたものとなっています。
 カーボンファイバー製のモノコックおよびボディパーツにより車体重量は、35kmを電気自動車として走行できるバッテリーを搭載してもたったの795kgです。さらに、低い空気抵抗や毎日の走行にも使いやすいボディレイアウトデザインなど、魅力のある内容になっています。

プレスリリース / フォルクスワーゲン,1月26日発信
夢のような構想が現実に:フォルクスワーゲンの「フォーミュラXL1」

" フォルクスワーゲンXL1コンセプトカーの燃費はわずか0.9リットル/100km!
カタール モーターショー(1月26日~29日)で世界初公開
生産モデルに近い仕上がりを見せる2人乗り「1リッターカー」

 ..........このXL1は、カタール モーターショー(1月26日~29日)で世界初公開されます。

XL1は、そのコンセプトにおいて、フォルクスワーゲンの1リッターカー戦略の第3ステージに相当します。21世紀の初頭に、現フォルクスワーゲンAGの監査役会会長を務めるDr. フェルディナンド ピエヒ(当時フォルクスワーゲン グループ会長)が、日常的に使えて、かつ100km走行あたり1リットルの燃料しか消費しないクルマを、生産モデルとして市場投入するという構想を打ち出しました。新しいXL1においてフォルクスワーゲンは、その実現が近い将来に迫っていることを明らかにしています。

フォルクスワーゲンが新しく発表したXL1は、1km走行あたり24gというCO2排出量を達成しています。これは、(1)軽量設計(カーボンファイバー製のモノコックおよびボディパーツ)、(2)きわめて低い空気抵抗(Cd=0.186)、そして(3)35kW/48PSを発生する2気筒TDI(直噴ターボディーゼル)エンジン、電気モーター、7速DSGおよびリチウムイオンバッテリーから成るプラグイン ハイブリッド システムの組み合わせにより実現したものです。結果として、100km走行あたりわずか0.9リットルの燃料消費量と、24g/kmのCO2排出量を達成しました。プラグイン ハイブリッド車であるXL1はまた、最長35kmの距離を純粋なEVモードで走行でき、その場合のエミッションはゼロになります。バッテリーは、一般的な家庭用電源からも充電可能で、当然のことながら、減速時にはできる限りエネルギーを回収して、再利用するためにバッテリーを充電します。その際、電気モーターは発電機として機能します。
.......... "

関連
Volkswagen unveils the XL1 Super Efficient Vehicle in Qatar-----Volkswagen UK

Da60d4cb9db762a6314229ba6ec7a8702a3Ebe63df11c87fd646d3b610c2988fff4315
-----image : 上記サイト

" ..........
In both its styling and packaging the XL1 draws on lessons learned from the 1-Litre car (2002) and the L1 concept (2009). The XL1 has evolved to feature staggered seating with the driver and passenger placed next to each other in a body structure made from advanced new materials providing immense strength yet weighing just 230 kg.
To make such weight savings possible, and yet viable for series production, Volkswagen developed and patented a new system for the manufacture of the Carbon Fibre Reinforced Polymer (CFRP) parts on the car called the Resin Transfer Moulding (RTM) process.
In total the XL1 weighs 795 kg.
.......... "

Volkswagen Formula XL1

(worldcarfans,2011年01月26日)

Ein-Liter-Auto: Volkswagen stellt neue Studie XL1 in Katarvor-----spiegel.de,26.01.2011(動画)

VWの超低燃費車、市販か…フォーミュラXL1-----Response.jp,2011年1月31日

Volkswagen brings XL1 Concept a step closer to reality----- World Auto News & Reviews26 Jan,2011

・Twitter inhabitat: Volkswagon is set to unveil a car this week that gets an astounding 235 miles per gallon! http://bit.ly/gLtjLk

コメント続き

 十五年前くらい、まだ電気自動車がいろいろなパーツをよせ集めて作られていた時代。電気自動車やハイブリッドカーは、巡航走行距離を伸ばそうとするとバッテリーの量が増えて重くなる。一方で電気自動車はガソリン車とくらべて駆動部分の部品点数や重さが、少なく、軽くなるので軽量化が見込めるという意見などいろいろありました。
 そして、十年たってみてようやく未来の小型で軽量で安全で快適という車の姿が少しづつ見えてきました。さらに十年後、おそらく私たちは、希望の車を順調ならば手に入れているでしょう。

 一方で、エネルギーに関する危機の進み具合が早すぎて、現在の車の進化の速度では対応しきれないという、正当な指摘もあります。そのために、公共交通網などの整備と個が移動する車の存在意義素ものものの見直しや規制も考えなければならないかもしれません。いずれにしろ、車という移動手段の価値がますます問われる10年になりそうです。(t_t)

The Volkswagen XL1 in the Streets of Doha Qatar

(AutoMotoTVgerman,2011年01月31日)


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2---掲示板

[PR]

|

« 神戸製鋼所と東電、中電、関電の四社、世界初の軸流式水冷媒冷凍機を開発。冷媒が水! | トップページ | 環境省、黄砂飛来情報のホームページを開設 »

コメント

ネットサーフィンで立ち寄りました^^コンセプトと言わずに量産して欲しいですね^^

投稿: フォルクスワーゲン | 2011/02/26 09:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/50752381

この記事へのトラックバック一覧です: フォルクスワーゲン、燃費0.9リットル/100kmのコンセプトHVカー Volkswagen XL1を発表:

« 神戸製鋼所と東電、中電、関電の四社、世界初の軸流式水冷媒冷凍機を開発。冷媒が水! | トップページ | 環境省、黄砂飛来情報のホームページを開設 »