« エリーパワー、釘を刺しても発煙・発火・破裂しない世界最高レベルの安全性を確保した電力貯蔵用大型リチウムイオン電池の開発に成功 | トップページ | 大和リース、コンテナ型緊急災害救援ユニット「EDV-01」を公開 »

2011/01/12

TOYOTA、北米国際自動車ショーにミニバン Prius v とコンセプト・シティHV Prius c Concept を出展

 トヨタ自動車は、デトロイトで開催中の2011年北米国際自動車ショーにミニバン Prius v とコンセプト・シティHV Prius c Concept などを出展。プリウスvの"v"は、Versatility 多様性の頭文字。広いラッケージスペースとゆとりのある車内、そして、搭載の1.8Lハイブリッドシステムの燃費は、40mpg(comb. -ターゲット)と公表されました。約16.93km/リットルです。

 さらにトヨタはコンセプト・シティHV Prius c Conceptを発表。こちらは、Cityの"c"を冠され、コンパクトなHVシティカーとして、コンセプトカーながら2012年に米国で市販されることが発表されています。細かい仕様は不明ですが、街乗り若者ターゲットのハイブリッドのコンパクトな車体ということで、注目されます。

プレスリリース / TOYOTA,2011/01/11
TOYOTA、2011年北米国際自動車ショーに新型車「Prius v」を出展

Nt11_001
-----image[”Prius v(北米仕様)”] : 同リリースより

" TOYOTAは、1月10日(月)から1月23日(日)まで、米国デトロイトで開催される2011年 北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー) *1に新型車「Prius v*2」を出展した。

Prius vは、プリウスの資質である「圧倒的な燃費・環境性能」や「新技術がもたらす先進性」を継承しつつ、CD値0.29と空力性能にも優れたスタイリッシュなフォルムの中に、ゆとりある室内空間と広く使い勝手の良いラゲージスペースを備えた、お客さまの多様なライフスタイルに応えるミッドサイズのハイブリッド専用モデルである。

Prius vの車両概要は以下の通り。
全長4,615mm、全幅1,775mm、全高1,575mmのボディサイズに、ゆとりある足元スペース、充分な ヘッドクリアランス、広く使い勝手の良いラゲージスペースを実現
3代目プリウスに採用された1.8Lハイブリッドシステムを搭載。優れた空力性能や軽量化との相乗効果 によって、優れた燃費性能40mpg(comb)*3を実現
...........
なお、本モーターショーのTOYOTAブースでは、新型車Prius v以外にも、コンパクトサイズのハイブリッドコンセプト「Prius c*7Concept」をはじめ、3代目プリウス、プリウスPHVなどを出展した。

Prius v(北米仕様)主要諸元
全長(in[mm]) 181.7[4,615]
全幅(in[mm]) 69.9[1,775]
全高(in[mm]) 62.0[1,575]
ホイールベース(in[mm]) 109.4[2,780]
定員(名) 5
..........
バッテリー ニッケル水素
燃費(mpg)comb. 40(ターゲット)
排ガス性能(社内測定値) SULEVレベル
.......... "

関連
Toyota Prius Family

Toyota Prius Projects

North American International Auto Show 2011

2012 Toyota Prius Family - Studio shot
(Prius v)

(YouCarPress,2011年01月10日)

Toyota Prius C Concept - Detroit 2011

(YouCarPress,2011年01月10日)

・YouTube:Toyota Prius c Concept-----worldcarfans,2011年01月10日-(ロングバージョン)

【デトロイトモーターショー11】プリウス のミニバンが姿を現す…プリウスv-----Response.jp,2011年1月11日-----(後部収納スペース!)

【デトロイトモーターショー11】もうひとつの プリウス…HVシティカーの提案-----Response.jp,2011年1月11日

Toyota unveils family of Prius hybrids-----physorg.com,January 10, 2011

コメント続き

 プリウスへの不満に狭さを上げる知人がいました。子供のいる家族乗りとしては、使えないということでした。今回のPrius vは、そんな不満を解消するプリウスファミリーの一台になりそうです。

 さらに、注目のプリウスのプラグイン・ハイブリッドもあります。今後数年間のうちに、プリウスファミリーの展開はなかなか興味深いですね。昨年十周年を迎えたプリウス、選択肢が増えてきました。さらに、ローコストモデルを満たすラインナップがあれば、世界市場でもさらに人気がでそうです。(t_t)

参考
Toyota Prius Plug-in Hybrid Vehicle (Prius PHV)

Happy 10th birthday Prius

(drivesusmedia、2010年10月12日)

追加情報
ニュー プリウスファミリー! v と c そしてPHVも気になる。そして、プリウスの複数形は?-----自然エネルギー、2011/01/12


おすすめエントリー環境省、Google Earthを使って閲覧できる再生可能エネルギーの導入ポテンシャルマップのデーターを公開-----ソフトエネルギー、2011/01/12
ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2---掲示板

[PR]

|

« エリーパワー、釘を刺しても発煙・発火・破裂しない世界最高レベルの安全性を確保した電力貯蔵用大型リチウムイオン電池の開発に成功 | トップページ | 大和リース、コンテナ型緊急災害救援ユニット「EDV-01」を公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/50561009

この記事へのトラックバック一覧です: TOYOTA、北米国際自動車ショーにミニバン Prius v とコンセプト・シティHV Prius c Concept を出展:

« エリーパワー、釘を刺しても発煙・発火・破裂しない世界最高レベルの安全性を確保した電力貯蔵用大型リチウムイオン電池の開発に成功 | トップページ | 大和リース、コンテナ型緊急災害救援ユニット「EDV-01」を公開 »