« WiFi家庭用電力量計 パワーコストモニター Power Cost Monitor、Google PowerMeter(TM)とMicrosoft Hohm(R)に対応 | トップページ | 国立環境研究所、海水温の上昇により14km/年でサンゴ分布が北へと拡大していると発表 »

2011/01/25

旭硝子、電気を使わず結露をさせない冷凍ショーケース用ドアを開発。セブン-イレブンで標準採用決定

 旭硝子(AGC)は、無通電省エネ冷凍ショーケース用ガラスドアを日本で初めて販売する。このドアは電気を使わずに結露発生を防止できる。今後オープンするセブン-イレブンに標準採用されることが決定したようです。

 断熱ガラスドアということですから、新機軸の複層ガラスなのでしょうか? 断熱性能を高めた”秘訣”はどこにも書かれていませんが、、、。

 話は変わりますが、一般住宅の手軽な省エネ化は、開口部の窓や扉の断熱性能の向上だということです。今手元に資料がありませんが、驚くほどの効果が期待できるようです。扉や窓の研究もはじめましょうか!

プレスリリース / 旭硝子、01月19日
ニュースリリース / 電気を使わず結露を防止する、環境配慮型冷凍ショーケース用ドアを発売開始 ~国内では初の販売。セブン-イレブン新規店で標準採用決定~(PDF)

Agcwindoor-----image : 同リリースより

" .....冷凍冷蔵ショーケース用ガラスドア「ウインドアRE シリーズ」の冷凍用無通電タイプを日本で初めて販売します。このドアは電気を使わずに結露発生を防止できるため、省エネに貢献することが評価され、今後オープンするセブン-イレブン新規店舗で標準採用されることになりました。なお、このドアは従来の通電タイプドアに比べ、1店舗あたり年間約 1 トン、仮にセブン-イレブン全店舗で採用された場合には年間 1.3 万トンのCO2排出削減(注)になります。

コンビニエンスストアやスーパーマーケットで使われるショーケースには、飲料などを陳列する冷蔵用と、アイスクリームや冷凍食品を陳列する冷凍用の2種類があります。冷蔵用には既に無通電タイプのドアが広く採用されていますが、冷凍用は設定温度が更に低いため、ドア表面の結露を防止するためには通電し、ガラス表面を暖める必要がありました。

近年、地球温暖化防止への取組みが本格化していることに加え、昨年4月に省エネ法一定規模以上の事業者は企業全体としてのエネルギーの使用量や使用効率が改正され、改善目標の提出を義務付けられたことから、商業施設においても省エネに対する関心が急速に高まっています。とりわけ営業時間の長いコンビニエンスストアでは、電気使用量を低減するため、省エネ型設備導入が急速に進んでいます。

このような環境の中、コンビニエンスストア各社から「更なる電気使用量削減のために、ドア自体の断熱性能を高め、無通電の冷凍ショーケース用ドアを開発できないか」との要望を受けていました。当社はこれに応えるべくガラス部分の断熱性能向上に取り組み、断熱性能の高い特殊ガラスを使うことで、無通電タイプのドアの開発に日本で初めて成功しました。2011年1月21日より販売を開始し、2015年には、年間売上5億円を目指します。
.......... "


関連
旭硝子のGlass Plaza : エコガラス
- 高遮熱断熱Low-Eペヤグラス「サンバランス

AGCファブリテック : 冷凍・冷蔵ショーケース用ガラス

コメント続き

 資料を探していたら、いいものがありました。高遮熱断熱Low-Eペヤグラスの解説もありました。
 ”「E」はEmissivity(放射)の頭文字でLow-Eとは"低放射"という意味”ということです。ペアガラスといってもさまざまなタイプがあります。用途に合わせて適切なものを選ぶ必要がありそうです。(t_t)

NEDO:窓・ドアなど開口部の断熱性と気密性 - ガイドブック

" 新省エネルギー基準(平成4年省エネルギー基準)で建てた住宅の場合、夏は日射も含めた全流入(出)熱のうちの71%が開口部から室内に入り、冬は48%が室内から逃げて行くと算出されています(※)。そんなに?と驚かれるかもしれませんね。開口部の断熱性........... "

参考
旭硝子のGlass Plaza : ペヤプラス(戸建住宅用、ビル・マンション用)(断熱・省エネ[リフォーム向けのガラス])

旭硝子 ニュースリリース / 2010年12月08日
旭硝子とトステムが「窓」事業に関する合弁会社を3社設立 ~温暖化問題解決に貢献する高性能・高品質の「窓」の普及を目指して~(174KB)

" .....ガラスとサッシを一体化した新しい高性能・高品質の『窓』の開発・製造・販売に関する合弁事業を立ち上げることで、今年 4 月に基本合意し協議を進めてきましたが、両社による合弁会社1社を本年10月に設立し、また2社を来年2月目標に設立することを決定しましたのでお知らせします。..... "


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2---掲示板

[PR]

|

« WiFi家庭用電力量計 パワーコストモニター Power Cost Monitor、Google PowerMeter(TM)とMicrosoft Hohm(R)に対応 | トップページ | 国立環境研究所、海水温の上昇により14km/年でサンゴ分布が北へと拡大していると発表 »

コメント

これって関係あるかしら?

『光は通すが熱は通さない透明な断熱フィルムを名古屋工業大の藤正督(まさよし)教授(工学)らのグループが岐阜県関市のベンチャー企業「グランデックス」と共同で開発し、新年度から製品として販売する。』

透明断熱塗料を以前から調べていました。原理については名工大ラジオのインタビューがありました。ナノサイズの中空粒子では内部空気の対流がおこらないということ。真空を使わずに対流による熱移動を制御できるようです。
http://radio3.nitech.ac.jp/?p=1441

投稿: 島田敏 | 2011/01/25 21:28

島田敏さん

 お久しぶり、おそろしくお応えがおそくなってしまいました。断熱フィルムには、関心がありますが、実物に関してはリサーチできていません。面白い情報などありましたら、また教えてください。


 輸入ものに手をだして、翻訳だの、連絡に時間をとられててんてこまいでした。なんとかのりきれそうです。本年もよろしくお願いいたします。

 しな研 恒任とうじ
 

投稿: t_t | 2011/02/06 16:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/50680459

この記事へのトラックバック一覧です: 旭硝子、電気を使わず結露をさせない冷凍ショーケース用ドアを開発。セブン-イレブンで標準採用決定:

« WiFi家庭用電力量計 パワーコストモニター Power Cost Monitor、Google PowerMeter(TM)とMicrosoft Hohm(R)に対応 | トップページ | 国立環境研究所、海水温の上昇により14km/年でサンゴ分布が北へと拡大していると発表 »