« パソコンゲーム Fate of the World、気候変動との世界規模の戦いに望む究極の”戦略ゲーム”登場 | トップページ | COP16 メキシコ、カンクンへの道 / おすすめサイト »

2010/11/19

トヨタ自動車、テスラと共同開発の RAV4 EVを発表。一回充電で160kmを目指し、2012年アメリカでの市販化をめざす

 トヨタ自動車は、LAオートショーでテスラと共同開発の電気自動車 RAV4 EVを発表しました。ユーティリティー性の高いRAV4の車体に、電気自動車ベンチャーのテスラモーターの技術を詰め込み、一回充電で160kmを目指し開発を続ける。2012年アメリカでの市販化をめざす。
 このほかトヨタは、2012年までに新型HVを11モデル投入し、PHVは300万円程度で市販開始するなど今後の環境車の投入予定を発表しました。

プレスリリース / トヨタ自動車、2010/11/18
トヨタ自動車、2010年LAオートショーでテスラと共同開発の電気自動車コンセプトモデル「RAV4 EV」を発表

Nt10_1105
-----image : 同リリースより

" EV航続距離は、実走行環境で100マイル程度を目指す
 トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、11月17日(水)から28日(日)まで米国ロサンゼルスで開催される2010年LAオートショーに、テスラモーターズ(以下、テスラ)と共同開発を進めている電気自動車のコンセプトモデル「RAV4 EV」を出展した。

「RAV4 EV」は、ユーティリティー性の高いRAV4のボディをベースに、テスラのEVシステムを搭載し、実走行環境で100マイル(約160km)程度のEV航続距離を目指したコンセプトモデルである。今後は、2012年米国での市販化に向けて、米国が中心となって車両の開発をさらに加速させていく。

テスラとトヨタは本年5月、電気自動車とその部品の開発、生産システム、及び生産技術に関する業務提携を行うことで基本合意。トヨタはベンチャー企業であるテスラから、電気自動車の技術やチャレンジ精神、意思決定のスピード、柔軟性を学ぶことを狙いとしている。
またテスラはトヨタのもつ車両の開発・生産に関するノウハウを学ぶことを狙いとしている。
.......... "

関連
Tesla Motors : Go Electric

Toyota RAV4 EV

(zemotoring ,2010年11月17日)

トヨタ自動車、今後の環境技術への取り組み計画を公表-----トヨタ自動車、2010/11/18

" ..........
1.HV
・ 2012年末までに、新車名のHVとモデルチェンジをあわせて、乗用車系11モデルの投入を予定。
・ 11モデルの内、燃費40km/L以上(10・15モード走行)のコンパクトクラスのHVを投入。

2.PHV
・ 2012年の初めまでに、日米欧を中心にプリウスベースのPHVの市販を開始し、年間5万台以上の販売を目指す。
・ 日本での車両価格は、300万円程度を予定。

3.EV
・ 2012年に、米国市場に加え、日本・欧州にもiQベースのEVを導入し、当面は、年間数千台規模の販売を目指す。
・ 日米欧で、2011年から市場導入に向けた走行実験を実施予定。
・ 中国への導入についても検討を進めるとともに、2011年には、走行実験を開始予定。

4.FCV
・ セダンタイプの燃料電池ハイブリッド車(FCHV)の開発を進め、2015年頃から、日米欧の水素供給インフラが整備される見込みの地域へ投入。
・ 日本での車両価格は、現時点で1,000万円を切るレベルの目処がついており、市場導入に向け、お客様に納得していただける価格の実現を目指し、今後さらなるコスト低減に取り組む。

5.次世代二次電池
・ 全固体電池では、粒子間抵抗の低減に成功し、小型パッケージングが期待できる電池の全固体化に向けて一歩前進。
・ 金属空気電池では、リチウム空気電池の反応機構を解明し、充電可能な二次電池としての研究指針を明確化。
・ 2010年1月にプロセス研究の専門部署を設置し、延べ100人規模の研究体制で研究を加速。
.......... "

トヨタ、高級電気自動車ベンチャーのテスラ・モータース Tesla Motors に総額5000万ドルを出資-----しなやかな技術研究会、2010/05/24

コメント続き

 RAV4 EVもきれいな車でいいけど、やはり興味は2012年に300万円程度の価格で投入されるとプラグインハイブリッド PHVが一番気になる。こんな記事を見つけました。プリウスとPHVの試作車のサーキットでの燃費レースです。結果はかなり興味深いです。動画も公開される予定ということなので、楽しみです。(t_t)

「プリウス プラグインハイブリッド(PHV)」 VS 「プリウス」! プリウスカップ 特別レポート-----GAZOO.com

".....総合の燃費成績は、「PHVチーム」が28.77km/リッター。「プリウスチーム」は19.75km/リッター...... "


[PR GreenPostの自然エネルギー関連機器情報-GreenPost Blog & GreenPostのホームページ PR]


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク----------掲示板

|

« パソコンゲーム Fate of the World、気候変動との世界規模の戦いに望む究極の”戦略ゲーム”登場 | トップページ | COP16 メキシコ、カンクンへの道 / おすすめサイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/50065432

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ自動車、テスラと共同開発の RAV4 EVを発表。一回充電で160kmを目指し、2012年アメリカでの市販化をめざす:

« パソコンゲーム Fate of the World、気候変動との世界規模の戦いに望む究極の”戦略ゲーム”登場 | トップページ | COP16 メキシコ、カンクンへの道 / おすすめサイト »