« パナソニック電工、新規格L形口金付直管形LEDランプシステム対応のEVERLEDS エバーレッズ 直管形LEDランプ搭載ベースライト発売 | トップページ | 京セラと京セラコミュニケーションシステムは、ソーラーサイクルステーションの販売を開始する »

2010/11/16

大いなる転換点(脱炭素社会へ) / クリッピング Our World 2.0

 昨日は、立て続けにピークオイルに関するつぶやきを連発しました。それも、この記事を紹介するために情報を一巡するためでした。

 

”21世紀を定義する言葉があるとすれば、「石油の終焉」だろう。
If there is one thing that defines the 21st century, it is the end of oil. ”

 石油の終焉が意味しているものは、需要>供給ということだけでなく。”利用可能”な量がピークを打ったということだ。安く便利な石油に依存し、多くを得た、または得つつある人類にとって、これは本当に大きな転換点です。

大いなる転換点(脱炭素社会へ)-----Our World 2.0,2010年10月20日-----( E )

Ourworld20site
-----image : 上記サイト

 Our World 2.0は、国際連合大学提供のウェッブマガジンで質の高い内容を伝えてくれます。今回の石油、石炭、天然ガス、原子力すらも埋め合わせを行うことはできないという見方を完全に化石燃料に依存して生きている私たちは、どのように受け止めるべきか?

 これは、問いで始まり。生涯、問い続ける必要のある大きなテーマに私たちが直面したということなのです。この記事、必読です。

 そして、私は、私たちは石油の終焉後の世界へと、その問いかけのエネルギーを向けなおす時を迎えたのです。

参考
“石油ピーク”は2006年に過ぎた?-----ナショナルジオグラフィック ニュース,November 10, 2010

・Twilog : greenpost(@greenpost)/「#peakoil」の検索結果

Wikipedia : 石油ピーク

広島大学 地球資源論研究室 : ピーク・オイル

コメント続き

 当分読めそうにないなのだが、、、。これだけ話題をさらってるIEAのリポート、いつか目を通してみたいですね。

World Energy Outlook 2010
Weo2010-----image : "World Energy Outlook 2010"カバー

プレスリリース / IEA,09 November 2010 London
Recent policy moves a start, but much stronger action is needed to accelerate the transformation of the global energy system, says the IEA's latest World Energy Outlook

" ..........
“Renewable energy can play a central role in reducing carbon-dioxide emissions and diversifying energy supplies, but only if strong and sustained support is made available”, Mr. Tanaka said. In the New Policies Scenario, government intervention in support of renewables (electricity from renewables and biofuels) increases from $57 billion in 2009 to $205 billion (in 2009 dollars) by 2035. The share of modern renewable energy sources, including sustainable hydro, wind, solar, geothermal, modern biomass and marine energy, in global primary energy use triples between 2008 and 2035 and their combined share in total primary energy demand increases from 7% to 14%.
.......... "

 
参考
“石油ピーク”は2006年に過ぎた?-----ナショナルジオグラフィック、November 10, 2010-----( E )

米ソラジン社 Solazyme、2015年までにコロンビアでセルロースを材料に、緑藻で作るバイオ燃料の量産化計画をスタート-----ソフトエネルギー、2010/11/03
" それにしてもアメリカ海軍がこんな戦闘ボートを緑藻で作ったバイオ燃料で走らせるという派手はパフォーマンスをする原因はなんでしょうか? "

世界は、ピークオイルを向かえた-----ソフトエネルギー、2008/06/09


[PR GreenPostの自然エネルギー関連機器情報-GreenPost Blog & GreenPostのホームページ PR]


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク----------掲示板

|

« パナソニック電工、新規格L形口金付直管形LEDランプシステム対応のEVERLEDS エバーレッズ 直管形LEDランプ搭載ベースライト発売 | トップページ | 京セラと京セラコミュニケーションシステムは、ソーラーサイクルステーションの販売を開始する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/50043912

この記事へのトラックバック一覧です: 大いなる転換点(脱炭素社会へ) / クリッピング Our World 2.0:

« パナソニック電工、新規格L形口金付直管形LEDランプシステム対応のEVERLEDS エバーレッズ 直管形LEDランプ搭載ベースライト発売 | トップページ | 京セラと京セラコミュニケーションシステムは、ソーラーサイクルステーションの販売を開始する »