« 富士経済、「発電・蓄電・給電・変換の先端技術」の世界市場を予測。太陽熱発電、波力発電、蓄電などの将来市場規模 | トップページ | エコ・リーグ(全国青年環境連盟)、第2回エコ大学ランキング発表。国立大、総合一位は三重大、私立大一位は日本工業大学 »

2010/11/05

GM、上海GM、シボレー・ニュー・セイル(中国名:雪佛蘭新賽欧)の電気自動車版の生産に着手

 GM、上海GMが、1300cc前後のラインナップのファミリーカー、シボレー・ニュー・セイル(中国名:雪佛蘭新賽欧)の電気自動車の生産に着手するようです。ロイターが伝えました。

米GMが中国で電気自動車の生産開始、年内に試作品発表-----ロイター、2010年11月4日

 この関連の情報を見ていて今回は、GMは本気です。以前の取り組みからの突然の撤退(コメント続きをご覧ください)は、語り草ですが、中国での好評な小型車の販売、そして、中国を拠点にした世界への輸出の流れにのって、EVの開発競争で先乗りに合流することができるのでしょうか? 今後は、電気自動車の価格も重要なファクターになってきます。果たしていくらぐらいで登場するのでしょうか? ”EV版 雪佛蘭 新賽欧 シボレー セイル”

関連
GM First Global Automaker to Sell 2 Million Vehicles in China Benefits from Record October Sales-----General Motors,2010-11-04

New_sail_2
-----image(”New_Sail.jpg”) : 同リリースより

" General Motors today became the first global automaker to sell 2 million vehicles in China in a single year.

“This is another important milestone for General Motors in China,” said Kevin Wale, President and Managing Director of the GM China Group. “It was only three years ago that GM became the first global automaker to reach the 1 million annual sales mark in China.”
..........
"

Chevrolet Sail

(autocosmoscl,2010年10月25日)-----ガソリン車情報

GM Media - China - New Sail / GM Media - China - New Sail
0111damimgrefattribimagerefw_276
-----image : 上記サイトより

雪佛蘭新賽欧(雪佛蘭新賽欧 Chevrolet.cn New Sail)
/ Chevrolet : 雪佛蘭来自上海通用汽* (諸元)

"排量(cc) 1206 1399"

Chevrolet : 雪佛蘭来自上海通用汽*(上海シボレー雪佛蘭)

GM、世界規模でEVの実証実験開始へ-----Response.jp,2010年7月29日

General Motors to establish global BEV test fleet, build New Sail EV prototype-----autogreenmag.com,2010/07/27

Chevrolet New Sail plots course to Chile; exports to Africa, Middle East to follow-----Autoblog Green,Oct 25th 2010

netcarshow.com : Chevrolet Sail (2011) with pictures and wallpapers

GM India and Reva announce electric vehicle partnership-----Autoblog Green1,Sep 24th 2009

コメント続き

以前の取り組みからの突然の撤退とは、GMが1996年に発売し、突然リコールし、全車を回収し廃番にしてしまったというEV1についての顛末です。この物語は、ドキュメタリーフィルム「who killed the electric car ?」にまとめられています。

映画「who killed the electric car ?」(ドキュメンタリー、2006)-----しなやかな技術研究会、2006/08/01

「時は、1996年、なかなかかっこいいデザインの電気自動車がアメリカで製造されました。
EV Charger News : EV1 Specifications
" Motor Type: Three-phase, alternating current (AC) induction, electric
Power Rating: 102 kilowatts (137 horsepower) @ 7,000 rpm
Motor Torque: 150 Nm (110 lb-ft) @ 0-7,000 rpm
..........
Battery Packs:
Standard: 26 valve-regulated high-capacity lead-acid modules
Optional: 26 valve-regulated nickel-metal hydride modules
1 underhood accessory module
Rated Maximum Battery Pack Storage Capacity:
Standard: High-capacity lead-acid battery pack - 18.7 kW hours/60 amp hours (312 volts)
Optional: Nickel-metal hydride battery pack - 26.4 kW hours/77 amp hours (343 volts)
Battery Pack Weight:
Standard: High-capacity lead-acid battery pack - 1310 pounds
Optional: Nickel-metal hydride battery pack - 1147 pounds
Chargers and Charge Port: Listed by Underwriters Laboratories Inc.
Battery Pack, Charging System and Vehicle: Classified by Underwriters Laboratories for indoor charging (see complete marking on product) "

 本格的な仕様です。価格は”The M.S.R.P. for the EV1 ranged from $33,995 to $43,995, depending on the model year and the battery pack. The monthly lease payment ranged from $349 to $574. ”ということですから、決してコンシューマーカーではありません。しかし、一部の人には熱狂的に受け入れられ、カリフォルニアとアリゾナの限定販売で1200台販売されました。しかし、やがて、製造元のGM自身の手で、リコールされ、事実上公道を走ることができなくなりました。2003年の事件でした。はたして、だれが引導を与えたのか? 原因は、性能、安全性、価格、、、、。しかし、理由はそれだけではなかったのです。」

-----上記エントリーより

 この時期の電気自動車の最大の問題は、バッテリーだったようで、十分な性能と安全性を確保できなかったというのが撤退の真相のようです。今回は、リチウムイオン蓄電池などのバッテリーでの新たな電気自動車の登場となります。どんな展開になりますか。(t_t)

参考
"Who Killed the Electric Car?" TRAILER edited in part by me.

(ConfluxMedia,2006年09月16日)

Wikipedia : 誰が電気自動車を殺したか?

Wikipedia : 電気自動車


[PR GreenPostの自然エネルギー関連機器情報-GreenPost Blog & GreenPostのホームページ PR]


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク----------掲示板

|

« 富士経済、「発電・蓄電・給電・変換の先端技術」の世界市場を予測。太陽熱発電、波力発電、蓄電などの将来市場規模 | トップページ | エコ・リーグ(全国青年環境連盟)、第2回エコ大学ランキング発表。国立大、総合一位は三重大、私立大一位は日本工業大学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/49935437

この記事へのトラックバック一覧です: GM、上海GM、シボレー・ニュー・セイル(中国名:雪佛蘭新賽欧)の電気自動車版の生産に着手:

« 富士経済、「発電・蓄電・給電・変換の先端技術」の世界市場を予測。太陽熱発電、波力発電、蓄電などの将来市場規模 | トップページ | エコ・リーグ(全国青年環境連盟)、第2回エコ大学ランキング発表。国立大、総合一位は三重大、私立大一位は日本工業大学 »