« 三菱自動車、電気自動車i-MiEVの欧州仕様(プジョー・ブランド iOn、シトロエン・ブランド C-ZEROなど )車5000台の生産を開始 | トップページ | ソーラー電動アシスト自転車でユーラシア大陸横断。仏サイクリストのフロリアン・バイリーさん東京に到着 »

2010/10/13

世界資源研究所 WRI 、インドの貧しい地域において再生可能エネルギー関連技術の普及に関するリポート「Power to the People」を公開

 世界資源研究所 World Resources Institute は、The Centre for Development Finance(CDF-IMFR)と共同でインドの貧しい地域におけるクリーンエネルギー関連技術の普及に関するリポート「Power to the People」を公開。" Investing in Clean Energy for the Base of the Pyramid in India "という副題の通り、社会の底辺の貧しい人々に、健康被害の少ないクッキングストーブや太陽電池ランタンなどのクリーンエネルギーに関する技術が普及している様、今後こうした市場はますます、未電化地域における重要な産業として拡大するということを報告しています。
 
BoP(= Base of the Pyramid )層の人々を対象としたクリーンエネルギーに関する市場規模は、年間20億USドル以上の成長も見込め、インドにおける対象人口はインドの総人口の60%にものぼる巨大な市場を形成しつつあるとうことです。 

プレスリリース / World Resources Institute,September 27, 2010
The Clean Energy Market Expands to India’s Rural Poor

"The market for clean energy products and services is increasing among India’s rural poor, and according to a new analysis, could potentially grow to more than USD 2 billion per year.

Demand for clean energy products is rising among India’s rural communities, according to the Power to the People analysis released today by Centre for Development Finance at the Institute for Financial Management and Research (CDF-IFMR) and the World Resources Institute(WRI). The study focuses on the energy needs of India’s rural poor, or those living at the Base of the Pyramid (BoP) in rural areas, which make up more than 114 million households and nearly 60 percent of India’s total population. The analysis finds that companies supplying clean energy products?including solar lanterns and energy efficient cooking stoves?to the rural BoP market, have seen annual gross revenue grow by an average of 36 percent per year since 2004.

“Clean energy firms in India can capture the market that serves the BoP by providing environmentally and user-friendly energy solutions that will reduce health problems through lower air pollution, and lower fuel costs, while generating additional public benefits, such as lower greenhouse gas emissions,” said Kirsty Jenkinson, director of the Markets and Enterprise Program at WRI. “This report will help investors recognize the tremendous market opportunities in this nascent, but fast-growing sector.”

To estimate the current state of India’s clean energy market and potential for growth, CDF-IFMR and WRI conducted field research among rural BoP consumers in 26 small towns and villages in India and across four other countries. The teams also collected financial data from 15 Indian companies across four sectors?small decentralized renewable electricity producers, home-scale solar electricity providers, solar-powered lantern manufacturers, and energy-efficient cooking stove producers.
.......... "

関連
World Resources Institute : Power to the People: Investing in Clean Energy for the Base of the Pyramid in India
Power_to_the_people
-----image : リポート「Power to the People」表紙

The Centre for Development Finance

クリーンエネルギー市場がインド農村貧困層で拡大、と世界資源研究所らが分析-----EIC Net News,2010.09.27


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク----------掲示板

[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 三菱自動車、電気自動車i-MiEVの欧州仕様(プジョー・ブランド iOn、シトロエン・ブランド C-ZEROなど )車5000台の生産を開始 | トップページ | ソーラー電動アシスト自転車でユーラシア大陸横断。仏サイクリストのフロリアン・バイリーさん東京に到着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/49726985

この記事へのトラックバック一覧です: 世界資源研究所 WRI 、インドの貧しい地域において再生可能エネルギー関連技術の普及に関するリポート「Power to the People」を公開:

« 三菱自動車、電気自動車i-MiEVの欧州仕様(プジョー・ブランド iOn、シトロエン・ブランド C-ZEROなど )車5000台の生産を開始 | トップページ | ソーラー電動アシスト自転車でユーラシア大陸横断。仏サイクリストのフロリアン・バイリーさん東京に到着 »