« 三菱化学、アイ・シー・エルら、太陽光発電を利用したトラック用アイドリングストップクーラーシステム i-Cool ソーラーを開発 | トップページ | ホンダ Honda は、ハイブリッド車を加えたホンダフィットの新ラインナップを発表 »

2010/10/29

東北電力、新型電子メーターによる遠隔検針の実証試験を開始

 東北電力が、新型電子メーターによる遠隔検針の実証試験を開始したと発表しました。
現在、ほとんどの電力会社でテストが開始されている遠隔検針。検針だけでなく、双方向の通信機能、遠隔操作による開閉機能(電気の入・切)、停電検知機能などを合わせ持つ。
 いわゆる省エネは、電力の契約や省エネに役立つ情報端末にもなりうると”期待される”スマートメーターとの違いは、ユーザーにとってどんなメリットがあるかわからない点だ。遠隔検針は、電力会社にとって大きな省力化につながるだろうが、海外ではじまっているスマートメーターの運用実験の中のうまく機能してそうな実証実験では、リアルタイムで電力消費量を把握し、より有効な形で把握するためののツールとなっていることです。そして、複数の電力会社や契約内容を選ぶことができる機能も日本では、現状では意味がない。といいつつも、東京電力では、東京小平市で大規模な実証実験を開始するなど、電力各社は動き始めている。

 日本での自動検針(遠隔検針)の動きについての記事を読むと、スマートメーターの売りは非常に控えめだが、世界で広がる電力革命になりうる動きを意識してはいると思います。

「お客さまの効率的なエネルギー利用支援など低炭素社会実現に寄与する活用方法について検討」-----東北電力の以下のリリースより

 今後、例えばGoogleのパワーメーターが日本に電力会社と提携するような時代が来るとしたら、なかなか現実には想像できないのだが、そうした段階にどこまで日本の電力会社とユーザーが近づくことができるかが、電力革命に日本がどこまで乗る可能性があるのかを推し量る指標にはなりそうです。


グーグル、パワーメーター 計り管理することで、電力の消エネが達成できる! Google、米、印、加の電力8社と提携を発表-----しなやかな技術研究会、2009/05/29


プレスリリース / 東北電力、平成22年10月27日
新型電子メーターによる遠隔検針の実証試験の開始について

Tohokuepcoswhmeter
-----image : (添付資料)「新型電子メーターによる遠隔検針の実証試験」の概要および実施規模等について(PDFファイル/126KB)より

" .....業務の効率化およびお客さまサービスの向上などに向けて、遠隔検針に関する技術や業務ノウハウの獲得とその蓄積を図ることを目的として、新型電子メーターを利用した遠隔検針の実証試験を平成22年度下期から平成24年度末にかけて実施することとしております。今回の実証試験は、当社管内の約2,000戸のお客さまに新型電子メーターを設置し、最適な検針データの収集方法等について検証を行うもので、山間部や都市部など検針環境の違いにより3つのパターン(別紙参照)に分けて順次実施していくこととしております。

(平成22年3月31日お知らせ済み)

 このほど、山間部で冬季間積雪等により検針が困難な箇所を対象とした実証試験(パターン1)について、試験の実施を予定していた10事業所(別紙参照)において、新型電子メーターの設置を開始するとともに、メーターからのデータの収集を開始いたしました。

 パターン1の実証試験では、合計800戸を対象に新型電子メーターを設置することとしており、来年春頃までに完了する予定です。

 なお、市街地でメーターが高い位置にあるなど検針がしにくい箇所等(パターン2)や、都市部の住宅密集地およびマンション等(パターン3)を対象とした実証試験については、平成23年度下期以降、順次開始することとしております。

 当社は、実証試験の結果を踏まえ、検針困難箇所など業務効率化の効果が期待できる箇所を対象に、新型電子メーターの本格導入を検討してまいります。さらに、中長期的には、通信インフラや情報セキュリティ等を考慮しつつ、お客さまの効率的なエネルギー利用支援など低炭素社会実現に寄与する活用方法について検討してまいります。
.......... "

参考
北陸電力 / 2010年10月27日 新型電子式メーターによる実証試験の実施について

新型電子式メータの実証試験の開始およびこれに伴う電気供給約款等の変更について-----東京電力、平成22年9月29日

" .....『2020 ビジョン』において、電力ネットワークをさらにスマート化することを掲げておりますが、その一環として、お客さまの多様なニーズへの対応や低炭素社会における効率的なエネルギー利用の実現を目的に、新たな機能を有する計量器(新型電子式メータ)を、段階的にご家庭に設置する実証試験を行うことと
しております。
 これまで試験開始に向けた準備を進めてまいりましたが、第1段階として、本年10月より、東京都小平市の約4千軒のご家庭のメータを新型電子式メータに取り替え、通信機能などの実証試験を開始いたします。..... "

新型電力量計による遠隔検針の実地試験について-----中部電力、2010年5月28日

電力、ガス共同遠隔検針システムのフィールドテストの実施について-----関西電力、2000年4月24日

四国計測工業 : 遠隔検針装置

グーグル Google PowerMater パワーメーターがほしい!-----しなやかな技術研究会、2010/03/08

コメント続き

 インテリジェント電力計を使って企業向けにエネルギーマネージメントを行っていたり、インターネットプロバイダーにもなれるサービスが実際に検討されていたことあありますが、現実に機能している例があるのでしょうか? 四国電力あたりでありそうなのですが、、、ご存知の方がおられたら教えてください。

 イギリスは、2020年までに全戸に電力用スマートメーターの導入を進めるということです。下のエントリーでダウンロード先を紹介した、Developing a UK Smart Gridはなかなかよくできた資料です。

イギリス、2020年までに全戸に電力用スマートメーター導入を完了する大規模なスマートグリッド化計画を発表-----しなやかな技術研究会、2009/12/04

 日本でも、インターネット上で時間帯別の使用状況を知らせ、ユーザーにに最適な電気契約内容や電気機器の賢い使い方をアドバイスできる機能が盛り込まれるという話です。さて、どうなりますか。(t_t)




[PR GreenPostの自然エネルギー関連機器情報-GreenPost Blog & GreenPostのホームページ PR]




ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
--- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク----------掲示板

|

« 三菱化学、アイ・シー・エルら、太陽光発電を利用したトラック用アイドリングストップクーラーシステム i-Cool ソーラーを開発 | トップページ | ホンダ Honda は、ハイブリッド車を加えたホンダフィットの新ラインナップを発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/49872823

この記事へのトラックバック一覧です: 東北電力、新型電子メーターによる遠隔検針の実証試験を開始:

« 三菱化学、アイ・シー・エルら、太陽光発電を利用したトラック用アイドリングストップクーラーシステム i-Cool ソーラーを開発 | トップページ | ホンダ Honda は、ハイブリッド車を加えたホンダフィットの新ラインナップを発表 »