« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/29

東北電力、新型電子メーターによる遠隔検針の実証試験を開始

 東北電力が、新型電子メーターによる遠隔検針の実証試験を開始したと発表しました。
現在、ほとんどの電力会社でテストが開始されている遠隔検針。検針だけでなく、双方向の通信機能、遠隔操作による開閉機能(電気の入・切)、停電検知機能などを合わせ持つ。
 いわゆる省エネは、電力の契約や省エネに役立つ情報端末にもなりうると”期待される”スマートメーターとの違いは、ユーザーにとってどんなメリットがあるかわからない点だ。遠隔検針は、電力会社にとって大きな省力化につながるだろうが、海外ではじまっているスマートメーターの運用実験の中のうまく機能してそうな実証実験では、リアルタイムで電力消費量を把握し、より有効な形で把握するためののツールとなっていることです。そして、複数の電力会社や契約内容を選ぶことができる機能も日本では、現状では意味がない。といいつつも、東京電力では、東京小平市で大規模な実証実験を開始するなど、電力各社は動き始めている。

 日本での自動検針(遠隔検針)の動きについての記事を読むと、スマートメーターの売りは非常に控えめだが、世界で広がる電力革命になりうる動きを意識してはいると思います。

「お客さまの効率的なエネルギー利用支援など低炭素社会実現に寄与する活用方法について検討」-----東北電力の以下のリリースより

 今後、例えばGoogleのパワーメーターが日本に電力会社と提携するような時代が来るとしたら、なかなか現実には想像できないのだが、そうした段階にどこまで日本の電力会社とユーザーが近づくことができるかが、電力革命に日本がどこまで乗る可能性があるのかを推し量る指標にはなりそうです。


グーグル、パワーメーター 計り管理することで、電力の消エネが達成できる! Google、米、印、加の電力8社と提携を発表-----しなやかな技術研究会、2009/05/29


プレスリリース / 東北電力、平成22年10月27日
新型電子メーターによる遠隔検針の実証試験の開始について

Tohokuepcoswhmeter
-----image : (添付資料)「新型電子メーターによる遠隔検針の実証試験」の概要および実施規模等について(PDFファイル/126KB)より

" .....業務の効率化およびお客さまサービスの向上などに向けて、遠隔検針に関する技術や業務ノウハウの獲得とその蓄積を図ることを目的として、新型電子メーターを利用した遠隔検針の実証試験を平成22年度下期から平成24年度末にかけて実施することとしております。今回の実証試験は、当社管内の約2,000戸のお客さまに新型電子メーターを設置し、最適な検針データの収集方法等について検証を行うもので、山間部や都市部など検針環境の違いにより3つのパターン(別紙参照)に分けて順次実施していくこととしております。

(平成22年3月31日お知らせ済み)

 このほど、山間部で冬季間積雪等により検針が困難な箇所を対象とした実証試験(パターン1)について、試験の実施を予定していた10事業所(別紙参照)において、新型電子メーターの設置を開始するとともに、メーターからのデータの収集を開始いたしました。

 パターン1の実証試験では、合計800戸を対象に新型電子メーターを設置することとしており、来年春頃までに完了する予定です。

 なお、市街地でメーターが高い位置にあるなど検針がしにくい箇所等(パターン2)や、都市部の住宅密集地およびマンション等(パターン3)を対象とした実証試験については、平成23年度下期以降、順次開始することとしております。

 当社は、実証試験の結果を踏まえ、検針困難箇所など業務効率化の効果が期待できる箇所を対象に、新型電子メーターの本格導入を検討してまいります。さらに、中長期的には、通信インフラや情報セキュリティ等を考慮しつつ、お客さまの効率的なエネルギー利用支援など低炭素社会実現に寄与する活用方法について検討してまいります。
.......... "

参考
北陸電力 / 2010年10月27日 新型電子式メーターによる実証試験の実施について

新型電子式メータの実証試験の開始およびこれに伴う電気供給約款等の変更について-----東京電力、平成22年9月29日

" .....『2020 ビジョン』において、電力ネットワークをさらにスマート化することを掲げておりますが、その一環として、お客さまの多様なニーズへの対応や低炭素社会における効率的なエネルギー利用の実現を目的に、新たな機能を有する計量器(新型電子式メータ)を、段階的にご家庭に設置する実証試験を行うことと
しております。
 これまで試験開始に向けた準備を進めてまいりましたが、第1段階として、本年10月より、東京都小平市の約4千軒のご家庭のメータを新型電子式メータに取り替え、通信機能などの実証試験を開始いたします。..... "

新型電力量計による遠隔検針の実地試験について-----中部電力、2010年5月28日

電力、ガス共同遠隔検針システムのフィールドテストの実施について-----関西電力、2000年4月24日

四国計測工業 : 遠隔検針装置

グーグル Google PowerMater パワーメーターがほしい!-----しなやかな技術研究会、2010/03/08

コメント続き

続きを読む "東北電力、新型電子メーターによる遠隔検針の実証試験を開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/28

三菱化学、アイ・シー・エルら、太陽光発電を利用したトラック用アイドリングストップクーラーシステム i-Cool ソーラーを開発

 三菱化学、アイ・シー・エル、日本フルハーフは、太陽光発電を利用したトラック用アイドリングストップクーラーシステム i-Cool ソーラーを開発したと発表しました。
 アイ・シー・エルが5月に開発したi-coolは、走行中に充電した車載バッテリーで電動コンプレッサーを稼働させることにより、エンジンを止めた状態でも運転室内の冷房ができるトラック用アイドリングストップクーラーでした。そこに、今回は三菱化学の太陽電池を10tトラックの荷台に取り付けることで、ソーラー駆動のトラック用アイドリングストップクーラーシステム i-Cool ソーラーを開発、1台当たり年間約1,500リットルの軽油消費が可能となるということです。
 三菱化学は、1年前に実証実験を開始。そして、今回一段階実用化への道を上ったようですね。

三菱化学、太陽光発電によるトラック冷房システムを開発、アイドリングストップによる燃費・CO2排出の実証実験を開始-----しなやかな技術研究会、2009/10/28

 高速のPAでエンジンをかけっぱなしで仮眠をとるトラック群の省エネ対策としてはこれまでもいろいろなものが発案されてきました。今回は、すでに実装がはじまっているi-Cool というシステムに太陽電池を組み合わせるということですので、普及のためには、あとは太陽電池の価格が安くなるのを待つばかりなり、というところでしょう。

プレスリリース / 三菱化学、平成22年10月26日
太陽光発電を利用したトラック用アイドリングストップクーラーシステム「i-Cool ソーラー」の開発について

Icoolsolar
-----image : 同リリースより

" 株式会社アイ・シー・エル、三菱化学株式会社、日本フルハーフ株式会社は、3社共同で、太陽光発電を利用したトラック用アイドリングストップクーラーシステム「i-Cool ソーラー」を開発しました。

 アイ・シー・エルが本年5月24日に発売開始したi-Coolは、走行中に充電した車載バッテリーで電動コンプレッサーを稼働させることにより、エンジンを止めた状態でも運転室内の冷房ができるトラック用アイドリングストップクーラーです。
 満充電のバッテリーであれば夏季昼間に5~7時間連続して冷房ができ、運転手の労働環境改善、アイドリングストップによる燃費削減や騒音低減に大きな効果があります。

 アイ・シー・エルのi-Coolと組み合わせて、三菱化学の太陽電池パネルを日本フルハーフの専用架台でトラック荷台上面に実装し、太陽光発電を利用して冷房する「i-Cool ソーラー」により、以下のような効果が期待できます。(10トントラックにおける一般的な走行パターンを想定)

①停車中に、アイドリングをせず「i-Cool ソーラー」で冷房することで、停車時間1時間当たり約1.8リットルの軽油消費を削減できる。
②走行中に、既設エアコンによる冷房と「i-Cool ソーラー」冷房を併用することで、約1パーセントの軽油消費を削減できる。
③ ①②を合わせて、1台当たり年間約1,500リットルの軽油消費を削減できる。
④ ③は、1台当たり年間約3,300キログラムのCO2排出削減に相当する。日本国内のすべての10トンバントラックが「i-Cool ソーラー」を利用すれば、年間約50万トンのCO2排出を削減できることになる。
⑤ バッテリーを常時満充電に近い状態に維持できるため、ウィング開閉やテールゲート昇降等、バッテリー電力による荷役装置の稼動を安定的に行える。また、バッテリーの過放電を低減し、バッテリーを長寿命化できる。

 三菱化学は太陽光発電によるトラック冷房システムを発案し、2台の試作車による実証実験を昨年8月から11月まで実施してきました。このたびの3社の「i-Cool ソーラー」共同開発は、三菱化学の実験による知見をベースに、システム設計や詳細な効果測定を行い、実用化に向け、いっそうの前進を図るものです。

 今後3社は、さらなる実証実験と必要な仕様改善を進め、2012年春を目標に「i-Cool ソーラー」を発売開始する予定です。
.......... "

関連
トラック用品 ICL アイシーエル
/ アイドリングストップクーラー アイクール icool

Icoolbattery
-----image : 上記サイトより
" バッテリーで電動コンプレッサーを稼働させることで、
エンジンを止めた状態で冷房が行える「アイドリングストップクーラー」 "
/ GIGA用アクセサリー / GIGA Functional 機能性
Iclgigafanctional
-----image : 上記サイトより

日本フルハーフ

 今回、トラック用品のICL アイシーエルさんのサイトを見ていたら、上のようにトラックの冷暖房用の興味深い製品を見つけました。「アイドリングストップクーラー i-Cool<アイクール>」の他に、「蓄熱式仮眠マット一休さん」、「蓄熱式仮眠マットひだまりくん」、「畜冷式ベッドクーラー (オートエアコン用)」なんてものもあります。実物を見てみたいですね。

コメント続き

続きを読む "三菱化学、アイ・シー・エルら、太陽光発電を利用したトラック用アイドリングストップクーラーシステム i-Cool ソーラーを開発"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/27

三井造船、次世代の環境対応・低燃費船 66,000重量トン型ばら積み貨物船を開発

 三井造船、次世代の環境対応・低燃費船 66,000重量トン型バルクキャリアー「neo Supramax 66BC」を開発したと発表しました。バルクキャリアーは、調べるとばら積み貨物船のことだとわかりました。全長 200m*幅 36m*深さ18.45mで、これまでの技術で作ったものよりも2割から3割もCO2を削減することができるということです。なんといっても海に囲まれた我が国です。海運技術、造船技術は大事な技術です。さらに、世界にも提供できる技術として注目されます。

 世界では今、洋上風車の開発が急ピッチで進み、そのための作業船も造られ、設計されています。海を舞台にした大規模なエネルギー、産業革命が始まっている兆しがヨーロッパで、そして中国などで起きています。日本の船も活躍の舞台を広げていけるといいと思います。

プレスリリース / 三井造船、2010年10月22日
次世代の環境対応・低燃費船 66,000重量トン型バルクキャリアー開発完了、市場投入へ「neo Supramax 66BC」-CO2排出量を約30%削減

20101022_ph01
-----image : 同リリースより

" .....CO2排出量を30%削減する船舶の開発を進めてきましたが、その第一弾である次世代の66,000重量トン型バルクキャリアー「neo Supramax 66BC」の開発を完了し、市場投入を開始します。

本船は、150隻を超える受注を達成した当社のベストセラーであるハンディマックス型バルクキャリアー(56BC)の使い勝手を踏襲しながら大型化を図っています。
開発にあたり多くの顧客ヒアリング、国内外合わせて600以上の港湾調査を行い、また、2014年に完成予定のパナマ運河の拡張、現状の航路選定(トレードパターン)等を勘案し、オーバーパナマックス幅(36m)の幅広浅喫水を基調とした船型です。
56BCに比べて大型化したにも関わらず、新開発の省エネ船型を採用することで、燃料消費量は従来型のハンディマックスと同等以下を達成しています。
省エネ関連の仕様については、2種類の仕様「PREMIUM仕様」「STANDARD仕様」を用意しており、トンマイルあたりのCO2排出量は「PREMIUM仕様」で約21%削減しています。さらに「PREMIUM仕様」にオプションで準備するハード・ソフトウェアを装備することによりCO2排出量を約30%削減します。
このほか、今後規制が厳しくなるSOx/NOxの排出量低減への対応や昨今話題となっているバラスト水処理装置などの開発を進め、こうした環境対応製品を今後順次投入していくことにより、厳しい環境下での受注を進めていきます。

-主要目
全長 200m
幅 36m
深さ 18.45m
満載喫水 12.9m
載貨重量トン数 66,000メトリックトン
航海速力 14.5ノット(常用出力)

-特長
・船上クレーンを備えている汎用のバルクキャリアーであり、当社のベストセラー56BCの使い勝手を踏襲して大型化を図っている。
・大型化したにもかかわらず、新開発の省エネ仕様により燃料消費量は従来型ハンディマックスバルカーと同等以下を達成した。
・幅広浅喫水を基調とした船型で、載荷重量66,000トンを確保できるほか、キャパシティーも充分に確保し、石炭、鉄鉱石、小麦、大麦、大豆をはじめとした多様なばら積み貨物に対応できる。
・長尺物やホットコイル等の半製品輸送にも対応できる。
・ハッチ開口部は既存の港湾荷役設備が利用できるように最適化している。
.......... "

参考
Wikipedia : ばら積み貨物船

[ カテゴリー : エコ船 ]

続きを読む "三井造船、次世代の環境対応・低燃費船 66,000重量トン型ばら積み貨物船を開発"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/26

経済産業省、第5回日中省エネルギー・環境総合フォーラムにて44件の協力事項に調印。その内容を公表

 日中の関係が尖閣諸島やレアアースの問題でぎくしゃくしている中で、こんな出来事があり、目にとまりその内容をみていずれも日本にとって、もちろん中国にとって重要な省エネ、エネルギーマネージメント、そしてスマートグリッドやスマートシティ(コミュニティ)といった世界が注目する技術44件で過去最多となる協力事項が調印されたということです。
 
 その内容に目を通してみました。

プレスリリース / 経済産業省、平成22年10月25日
第5回日中省エネルギー・環境総合フォーラムについて(結果概要)

" 本件の概要
平成22年10月24日(日)に都内にて、「第5回日中省エネルギー・環境総合フォーラム」が開催されました。
日本側は大畠経済産業大臣、池田経済産業副大臣、近藤環境副大臣他、張富士夫(財)日中経済協会会長等、中国側は、張暁強(ちょう ぎょうきょう)国家発展改革委員会副主任、蒋耀平(しょう ようへい)商務部副部長、程永華(てい えいか)在京中国大使他が参加しました。
官民関係者合わせて1,100名(日本側:約700名、中国側:約400名)を超える参加を得て、過去最多となる44件の協力事項に調印されました。
..........
発表資料名

第5回日中省エネルギー・環境総合フォーラムについて(結果概要)(PDF形式:143KB)
(別紙)第5回日中省エネ・環境総合フォーラム プログラム(PDF形式:95KB)
【関連リンク】第5回日中省エネルギー・環境総合フォーラムにおける省エネルギー・環境分野における日中間の協力案件及び過去の調印案件の優秀事例の選定について(平成22年10月24日)
.......... "

関連
第5回日中省エネルギー・環境総合フォーラムにおける省エネルギー・環境分野における日中間の協力案件及び過去の調印案件の優秀事例の選定について-----経済産業省、平成22年10月25日

" ..........
(4)新交通情報システム技術実証事業
 日本側:日産自動車株式会社
 中国側:北京市交通委員会
・テレマティクスによる通信技術を活用したサービスシステム(最速ルート、エコ運転アドバイス)と、その効果検証システムを組み合わせることにより、省エネ・CO2の総合マネジメントを行う「新交通情報システム」を導入する。

(5)天津市環境都市プロジェクト
日本側:株式会社東芝、株式会社みずほコーポレート銀行
中国側:天津経済技術開発区管理委員会
・天津市が計画する環境都市プロジェクトに対して、低炭素社会?現に向けたスマートコミュニティ技術を導入することを前提に、小規模エリアにおける環境都市構築の事業可能性の検討を行う。

(6)瀋陽市レストラン厨芥メタン発酵・発電モデルプロジェクト
日本側:JFE エンジニアリング株式会社
中国側:瀋陽市城市管理局
・市内のホテルやレストランから収集された厨芥ごみを破砕、選別処理等により無害化した後、消化槽内でメタン発酵させ、発生したメタンでガスエンジンによる発電を行うことでエネルギー回収を行うプロジェクトを?施する。

.....

(8)MACH-30Gガスエンジンを利用した炭鉱メタンガス発電プラント普及協力覚書
日本側:三菱重工業株式会社
中国側:煤炭科学研究総院重慶研究院
・三菱重工業のガスエンジン(MACH-30G)と煤炭科学研究総院重慶研究院が有する高度な炭鉱ガス抽出・輸送技術を組合せ、炭鉱ガス発電プラントの総合提案による中国炭鉱への普及を目指す。

.....

(13)火力発電所からの燃焼後二酸化炭素回収技術の研究
日本側:株式会社東芝
中国側:清華大学
・火力発電所の燃焼排ガスにより,多量の二酸化炭素が大気に排出されており,地球温暖化の要因となっている。本研究では,当社が進めている火力発電所排ガスからの二酸化炭素回収システムの開発において,その一部を,清華大学と共同で実施する。

.......... "


-----「第5回日中省エネルギー・環境総合フォーラムにおける省エネルギー・環境分野における日中間の協力案件及び過去の調印案件の優秀事例の選定について(PDF形式:357KB)」より

コメント続き

続きを読む "経済産業省、第5回日中省エネルギー・環境総合フォーラムにて44件の協力事項に調印。その内容を公表"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/25

ヤマト運輸、三菱自動車、i-MiEVのシステムを組み込んだミニキャブバンベースの電気自動車のテスト開始

 ヤマト運輸と三菱自動車は、東京都大田区のヤマト運輸の事業所で、実際の業務に活用しながら電気自動車のテスト開始すると発表しました。試作車は、三菱自動車のミニキャブバンをベースに、同社のi-MiEVに搭載しているEV専用コンポーネント(駆動用バッテリー・モーターなど)を組み込んだものだということです。

 ヤマト運輸は、ハイブリッド車や天然ガス車、さらには自転車、電動アシスト自転車、リヤカーまでさまざまなタイプの”エコ”配荷手段によってその業務に工夫を加えていることが知られています。道でそうした担当者や人の動きを見るのを楽しみにしている人が結構おられるぐらいです。そして今回、ついに軽のワンボックスカーによる集配業務の現場でのテストが開始されるということです。郵便事業社では、すでに実際の現場でのテスト運用を初めています。宅配、郵便などの業務で電気自動車がどのように評価され、導入がどうなるのか、大きく注目される課題です。

プレスリリース / ヤマト運輸、平成22年10月14日
軽商用電気自動車の集配実証走行試験の開始について

H22_30_02news
-----image(”「実証走行試験車」”) : 同リリースより

" ヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区・代表取締役社長 木川 眞、以下ヤマト運輸)と三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区・取締役社長 益子 修、以下三菱自動車)は、三菱自動車が試作した軽商用電気自動車(以下軽商用EV)を活用し、共同で集配実証走行試験を開始することをお知らせいたします。


1.背景
ヤマト運輸は、..........約45,000台の車両を有しており、環境に配慮した次世代車両を積極的に導入することによって、低炭素社会の実現に貢献したいと考えております(2010年3月末現在の低公害車数 11,538台、内ハイブリッド車数 4,659台)。
  一方、量産電気自動車(EV)の先駆である三菱自動車は、昨年7月から電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』を市場投入し、本年4月からは個人向け販売も開始しています。EVは、走行中のCO2排出がゼロであるため、「大気汚染」「地球温暖化」「脱石油」のすべてに対応可能な究極のエコカーです。今後、乗用車と比べて1台あたりのライフトータルでの走行距離が長い商用車をEVラインナップに加えることで、低炭素社会の早期実現を目指します。
  このたび、次世代自動車の中でも低炭素社会実現への期待の大きい商用EVの採用を検討していたヤマト運輸と、商用EVの開発を進めている三菱自動車が協力し、軽商用EV試験車を集配で使用する実証を行う運びとなりました。

2.実証実験の内容
三菱自動車の軽商用ガソリンバン「ミニキャブバン」をベースに、『i-MiEV』に搭載しているEV専用コンポーネント(駆動用バッテリー・モーターなど)を組み込んだ試験車を、実際の集配業務用車に使用。さまざまな走行データを収集・分析することで、実用性を確認します。
【実証走行試験開始日】平成22年10月15日
【導入地域】東京都大田区(ヤマト運輸 東糀谷1丁目センター)

3.今後の展望
ヤマト運輸は、今回の軽商用EVの実証試験開始が、運送業界全体における商用自動車の次世代化が普及するための大きな一歩であると考えております。すでに、安全・エコドライブ指導の際に使用する車に『i-MiEV』10台を導入しており、.......... "

関連
軽商用電気自動車の集配実証走行試験の開始について-----三菱自動車、2010年10月14日

参考エントリー
ゼロスポーツ、太陽電池搭載の集配業務用エネルギー代替車両を郵便事業社宛に納車、7月1日より実証実験を開始-----しなやかな技術研究会、2009/07/10

日本郵政、配達業務などに電動アシスト自転車導入、電動カーのテストも開始-----しなやかな技術研究会、2008/12/02

コメント続き

続きを読む "ヤマト運輸、三菱自動車、i-MiEVのシステムを組み込んだミニキャブバンベースの電気自動車のテスト開始"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/10/22

東芝ライテック、光束効率 110[lm/W] - 100超えを実現した新形E-COREシリーズLEDベースライトを来年より発売

 東芝ライテック、光束効率(固有エネルギー消費効率) 110[lm/W] - 100超えを実現した新形E-COREシリーズLEDベースライトを来年より発売すると発表しました。Hf蛍光ランプ用器具と比べて約22%の省エネ効果ということで、これまでむずかしかった高効率高周波安定器を利用したHf蛍光ランプを置き換えることができます。

 例
  O社      FL40S      87.3 [lm/W]
       (6550 lm - 75W)

  東芝ライテック LEDT-76021W-LD9 110 [lm/W]
  (7600 lm - 69W) セミオーダー 2011年2月上旬W

 5月に発表されたパナソニック電工のベースライトが100[lm/W]ということでしたので、今回の110[lm/W]は、さらに光束効率が向上したということです。これがローコストタイプにまでその性能が波及してくると白熱灯系の電球、そして蛍光灯をも置き換えられるシーンが爆発的に増えそうです。発売予定は2011年1月7日より、LEDベースライトを含む全18機種を順次発売するということでうす。

 ところで、[lm/s](ルーメン/ワット)という単位ですが、今回のリリースでは固有エネルギー消費効率となっています。他のメーカーでは違う言い方をしているところもあります。これまでは、光束効率というのがグリーン・ポストではわかりやすくて使ってきたのですが。総合効率という言い方をする人もいます。専門家は、固有エネルギー消費効率という言い方をするので、これに固まるのでしょうか? できれば人に説明したときに、照明の効率だと一度聞いたらわかるような、わかりやすい言い方にしてほしいのですが。

プレスリリース / 東芝ライテック、2010年10月20日
業界最高の固有エネルギー消費効率(110 lm/W)を実現した 新形LEDベースライトの発売について

Ledr76021wld9
-----image["LEDベースライト(LEDR-76021W-LD9)"] : 同リリースより

" 東芝ライテックは、「E-CORE」(イー・コア)シリーズに、Hf蛍光ランプ用器具の後継に相当する新形LEDベースライトをラインアップ。業界最高(注1)の固有エネルギー消費効率(注2)110 lm/Wを実現した新形のLEDベースライトを含む全18機種を2011年1月7日から順次発売します。
 LED照明は、省エネ・長寿命などの優れた特性から高い注目を集めています。しかし、学校やオフィスなどで広く普及している高効率なHf蛍光ランプ用器具と比較した場合は省エネ効果が得にくいため、LED照明器具への代替えは難しいとされていました。
 このたび発売する新形LEDベースライトの固有エネルギー消費効率(注2)は、業界最高の110 lm/W(注1)を達成しています。Hf蛍光ランプ用器具と比べて約22%の省エネ効果が得られる(注3)高い性能を実現したことにより、Hf蛍光ランプ用器具からの代替えを可能にしました。
注1: 対象機種:LEDT-38021W-LD9 ,LEDT-56021W-LD9 ,LEDT-76021W-LD9 ,LEDR-76021W-LD9。
32形Hf蛍光ランプ用器具相当のLEDベースライトにおいて。2010年10月20日現在、当社調べ。
注2: 日本照明器具工業会JIL5006に規定される定格光束(器具光束)を定格消費電力にて除した値。
注3: 新LEDベースライト(LEDR-76021W-LD9)と当社32形Hf蛍光ランプ×2灯用器具(FHR-42930K-PH9)の比較

..........

Fig_hikaku_1

-----image(”新形LEDベースライト 諸特性 および ランニングコスト比較 32形Hf蛍光ランプ×2灯用(高出力点灯)器具相当の明るさで、約22%の省エネ”) : 同リリースより "

コメント続き

続きを読む "東芝ライテック、光束効率 110[lm/W] - 100超えを実現した新形E-COREシリーズLEDベースライトを来年より発売"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/21

10/29日まで開催される生物多様性条約第10回締約国会議COP10に注目しよう!

 名古屋で開催されている生物多様性条約第10回締約国会議、略称のCOP10は、Conference of the Partiesという意味だそうです。気候変動の締約国会議は12月にCOP16がメキシコで開催されます。国連をまとめ役とする場で、各国間の利害を調整し、さまざまな議論を行い、国際間の枠組み合意をつくろうとする場ということのようですね。
 この会議の直前まで、一応チェックぐらいのつもりでCOP10情報をクリッピングしてきましたが、数からするとそれほど多くありません。これまでは強くは、意識してこなかったということです。この会議が、生活や仕事にどのような関連をもつのかという具体的な意識の組み立てができてなかったからです。
 
 しかし、先週から行われていた予備的な会合(COP10の会期は、18日*月 - 29日*金。閣僚級会合が27日*水 - 29日*金)の最中に、生物多様性とエネルギーと気候変動問題を一つの大きな問題として日本人につきつける大きな事件が起きました。

 耳目が名古屋に集まる中、まるでその隙を狙うかのように中国電力の上関原子力発電所の埋め立て関連の工事と思われる動きがありました。15日の報道です。

中電、上関原発予定地に台船<動画あり>-----中国新聞、'10/10/15

 そして、巨大な台船といわれる作業船が現れ、さまざまな動きがありました
 それらの動きは、さまざまな人の動きによって、上関原発建設計画に人々の耳目を集める結果となりました。昨日、下の記事が出ましたので、ココログユーザーのみなさんも気づかれたかもしれませんね。

中国電力、COP10会期中に原発工事強行図る-----地球のココロ:@nifty、10.10.20

 上関原発問題が、より広い人々に知られるようになる機会になり、生物多様性、気候変動、そしてエネルギー問題に対する選択と行動が今後の世界と私たちの生活に大きな影響を与えることになるという点に注目が集まることになるといいですね。

 会議自体は、最終日の29日に予定されている採択に向けて、先進国と途上国、そしてさまざまな意見が政治的、そして合意に向けてのさまざまな動きをみせています。

 生物多様性と自分たちの生活の接点については、あまりに広範な問題なので、どう具体的に理解したらいいのか迷うところも多々ありますが、資源の利用、そして保護。生物資源、ひいては環境の価値をどう評価し、それぞれの利害をどう守るのか? という深く重要な問題を含んでいます。

関連ブックマーク
International Year of Biodiversity.2010 日本語

環境省「生物多様性ホーム」

環境省生物多様性センター : 生物多様性条約

COP10支援実行委員会 公式ウェブサイト

WWFジャパンスタッフブログ : COP10関連

Convention on Biological Diversity(CBD)
 / COP10
 / List of Parties

参考
瀬戸内海原発建設を阻止せよ 参院議員会館での集会参加報告-----JanJan blog,2010年 10月 14日

・Twitter greenpost:お! Googleえらい。上関原子力発電所建設強行予定地の地図がアップされている Google Map http://bit.ly/cOZseh この海をみよ! #nuclearkaminoseki #cop10 #nuclear

コメント続き
 COP10に参加した世界の人々の意見を聞くのに良いサイトがオープンされています。今回の会議について、情報を集める上で役に立ちました。結局、人の肉声のもつ力は大きいのですね。

Tom B.K.Goldsmith / U.S.A

(greentvjapan,2010年10月19日)

参考

続きを読む "10/29日まで開催される生物多様性条約第10回締約国会議COP10に注目しよう!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/20

smart スマートのコンセプト電動アシスト自転車 ebike 。いい!

 つい先日までパリで開催されていたパリモーターショー2010にメルセデス・ベンツのスマート smart ブランドから電動アシスト自転車 ebikeと電動スクーター e-scooter が正式にデビューした電気自動車とともに、お披露目されたそうです。ebikeとe-scooterはコンセプト車ということで、市販の時期などは未定とのことです。安全で快適で、かつ小さくて軽い車こそがより完璧に近いエコカーだということでその姿をネットで追い求めています。その意味では電動自動車 smartにも興味があるのですが、今回はよは、電動アシスト自転車について、まずはみていきたいと思います。

 smart スマート - eバイク ebike
-250Wのホイールハブ電動モーターを搭載。
-時速25kmまで段階的にアシスト。
-バッテリーは、36V - 9.6 Ah
-時速25km以下であれば、100%電動モードでも走行可能
-また、電動OFFモードでも快適なスポーツ自転車として走行可能
-車体重量は、22kg。
-車体を印象づけるアルミのボディとアルミホィール(スポークなし)
-スマートフォンを取り付けて、ナビと走行記録やトレーニングの記録を取ることができる。
-車体は完全にリサイクル可能

 となれば、当然メルセデス・ベンツのスマートブランドの自転車ということなので、発売されたとしても、お値段は相当お高いでしょう。廉価版をだすはずもなく、手はとどかないかな、、、

 それでもオモシロイ。

プレスリリース / smart,29.09.2010
Paris Motor Show / smart ebike -  Versatile high-tech bike with 4-level electric boost

Smart_ebike
-----image : 同リリースより : Movie-----
smart ebike: a new urban movement.

(smart,2010年09月27日)

" With the new ebike, smart is presenting its second idea for locally emission-free electric mobility on two wheels. The trend-setting electric bicycle study, which will be premiered at the Paris Motor Show 2010 together with the highly regarded smart escooter is suited for both effortless city biking and sporty use. Unlike the scooter, the ebike´s drive is not controlled via the throttle grip. Instead, it delivers extra power when the rider pedals. The muscle power-electric hybrid drive offers four power levels. The high-tech bike also sets standards in terms of appearance and concept, starting with the futuristic look and the discretely designed lightweight wheels to the technical features in detail. Characteristics that the ebike and the escooter have in common are typical smart design features, simple handling and the integration of smartphones: the smart drive kit app that has been further developed also performs numerous functions for the ebike, for example those of a speedometer and a navigation system. .......... "

関連
smart escooter - Electric smart on two wheels-----smart,22.09.2010

Smart_escooter
-----image : 同リリースより:movie-----
smart escooter: decide for yourself.

(smart,2010年09月27日)

smart ~open your mind.~ - メルセデス・ベンツ日本 / smart electric drive(smart電気自動車)ついに発表! 10/12-2010年10月12日 スマート電気自動車 日本に上陸!

【パリモーターショー10】スマートから電動アシスト自転車-----Response.jp,2010年10月5日

Smart eScooter オフィシャル-----Eurocarfans.jp,2010年9月22日

参考
www.mbblog.de: smart ebike und e-scooter

続きを読む "smart スマートのコンセプト電動アシスト自転車 ebike 。いい!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/19

三洋電機のHIT太陽電池とパナソニック電工のリチウムイオン蓄電池を組み合わせたソーラー街路灯が発売

 三洋電機のHIT太陽電池とパナソニック電工のリチウムイオン蓄電池を組み合わせたソーラー街路灯が2011年1月より発売されるそうです。発売されるのは、LED24Wタイプ(パネル2枚) /LED10Wタイプ(パネル1枚)。毎日15時間の終夜点灯が可能ということです。鉛蓄電池からリチウムイオンに変えたことで大幅な軽量化を達成している。LEDライトの採用で見た目もすっきりとしたデザインになり、公園や街路、集合住宅周辺や公共施設周りなどの外構、学校などへの販売を見込んでいるということです。

プレスリリース / 三洋電機、
三洋電機製「HIT(R)※1太陽電池」と「リチウムイオン電池」を一体化させたクリーンで明るい 「リチウムイオンソーラー街路灯」 2011年 新発売

Sanyo101014_solarlights_1sSanyo101014_solarlights_3s
-----image : 同リリスーより

" 製品名 [エバーレッズ]リチウムイオンソーラー街路灯
品種 LED24Wタイプ(パネル2枚) /LED10Wタイプ(パネル1枚)
点灯時間・電池期待寿命 約15時間 ※3 ・10年以上
希望小売価格(税込) スペシャルオーダー
発売日 2011年1月(予定)
..........
パナソニック電工株式会社と三洋電機株式会社は、「太陽電池」と「リチウムイオン電池」を一体化させたデザイン性に優れたソーラー街路灯を商品化し、 [エバーレッズ]「リチウムイオンソーラー街路灯」 として、2011年1月(予定)よりパナソニック電工から2タイプを発売します。
 同製品は、三洋電機製の世界最高水準※2の変換効率を誇る単結晶系ハイブリッド型太陽電池モジュール「HITR太陽電池」と、三洋電機製のリチウムイオン電池を一体化した薄型の「太陽電池一体型蓄電ユニット」を搭載しています。太陽光エネルギーから高効率太陽電池で発電、パネル裏のリチウムイオン電池に蓄え、夜間には高効率なLED照明で終夜(約15時間※3 )明るく照らします。
従来のような大型の鉛蓄電池を別途設置する必要がなく、省スペースで洗練されたデザイン、かつ鉛レスで環境負荷も低減できます。公園や街路、集合住宅周辺や公共施設周りなどの外構、学校などにおすすめで、万一の災害時にもしっかり地域を見守ります
..........
1.「HITR太陽電池」と「リチウムイオン電池」を一体化した洗練デザイン
太陽電池とリチウムイオン電池を一体化した「太陽電池一体型蓄電ユニット」を搭載しており、薄型で洗練されたデザインのソーラー街路灯です。太陽電池の裏面にリチウムイオン電池を内蔵し、鉛電池を搭載した従来品に比べて、電池重量は2分の1近くに軽量化(29.5kg→16.2kg) ※5し、厚みも40mmという「薄さ」を実現。
..........
3.太陽電池・リチウムイオン電池・LED全てが長寿命設計で、省メンテナンス
電源となるリチウムイオン電池の期待寿命は10年以上※4となり、電池交換などのメンテナンスコストの削減が可能です。太陽電池の期待寿命も10年以上※4であり 、LED照明(消費電力10W/24W)の寿命は、約4万時間(定格100%10時間の点灯パターンで約4,000日の寿命=約10年)です。

※4 使用状況・環境によって、異なります。
【仕様】
本体部高さ: 4,194mm(地上より)
質量:本体 約164kg(LED24Wタイプ) 約120kg(LED10Wタイプ)
.......... "

関連
パナソニック電工 / 2010年10月14日「リチウムイオンソーラー街路灯」 2011年 新発売(PDF/178KB)

パナソニック電工 : エバーレッズ / LEDソーラーライト(旧型)

コメント続き

続きを読む "三洋電機のHIT太陽電池とパナソニック電工のリチウムイオン蓄電池を組み合わせたソーラー街路灯が発売"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/10/18

イベント 10/23-24 第6回 代々木クラフトフェア

-----イベント案内より-----

" アースガーデン”秋” 第6回代々木クラフトフェア?
代々木公園の秋のエコフェス開催します!

日程:2010年10月23日(土)、24日(日)
時間:10時-17時
場所:代々木公園イベント広場&ケヤキ並木
入場無料・雨天決行

自然の恵みと人の温かみを詰め込んだクラフトが、美しく紅葉した秋の代々木公園に大集合します。
6年目の代々木クラフトフェアに加えて、キッズエリアやワークショップ、愛犬企画などますます、、、

充実したコンテンツをご用意してお待ちしています。家族や仲間たちを誘って秋のエコフェスに参加しませんか。

企画一覧
(今後、各出店者を企画ごとに掲載します。お楽しみに!)
代々木クラフトフェア
クラフト長屋
エコロジーガーデン(NGO/NPO出店)
オーガニックライフ・マーケット
フェアトレード・ビレッジ(企画:ぐらするーつ)
アジアンマーケット
エコ雑貨倶楽部(企画:エコ雑貨倶楽部)
ファーマーズガーデン(企画:NPO法人ポラン広場東京)
オーガニックライフ・カフェ
ライブステージ”Natural High!”
ラジオフリーダム
プランツステージ(企画:プランツ)
グリーンエナジーステージ(企画:グリーン・エナジー・アドベンチャー)
ハンモックガーデン(企画:hammock2000)
ディッシュ・リユース・システム(企画:A SEED JAPAN)
キッズグリーン
ごみゼロステーション
フリーマーケット“楽市楽座”
エコロジカルドッグライフ学校(企画:わんのはな)
パルシステム生活協同組合連合会(協賛出展)
.......... "

アースガーデン / 10.23-24 出店募集してます! フリーマーケット楽市楽座 inアースガーデン秋@代々木公園

・Twitter : e_garden

 詳細、お問い合わせは、イベント案内をご覧ください。

続きを読む "イベント 10/23-24 第6回 代々木クラフトフェア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/15

本日はブログ・アクションデイ Blog Action Day 2010 「テーマ : Water - 水 -」

 本日10/15日は先日もお伝えしたとおり、世界中のブロガーがその年のテーマで記事を書く事で、世界が直面する問題を認識しようというブログ・アクションデイ Blog Action Day 2010です。今年のテーマは、Water 水 です。

Bad2010water

-----Blog Action Day 2010

And the Winner is… Blog Action Day 2010: Water-----the Change.org blog,September 29th, 2010

Twitter : Blog Action Day 2010 (blogactionday)

 水について考えると日本で暮らすありがたさをいつも感じます。世界には、飲料水や農業用水、生活用水などの確保が本当に大変な地域があります。

 いくつかの地図をみながら、世界の水について考えてみましょう。

Waterusestress
-----Map : Water use stress(WWF/TNC2008)より

 淡水のうち表層水の状況です。日本は、薄いグリーンで降雨量が多く農業や畜産においても不足していない状況がわかります。一方、赤い赤道直下や乾燥地帯などは、水不足の状況にあります。貧しくインフラの整備もままならない国や地域への影響は、ますます深刻化する傾向にあります。気候変動との関係では、各地域への悪影響、ストレスの増大が懸念されています。

Ar4wg2chapter3p178
-----Map : IPCC Fourth Assessment Report: Climate Change 2007 -P178 "Figure 3.2. Examples of current vulnerabilities of freshwater resources and their management; in the background, a water stress map based on
Alcamo et al. (2003a). See text for relation to climate change."より

 2007年のIPCCのAR4リポートには、人口割りの表層水のストレス状況が、気候変動により悪化が懸念される事例と合わせて掲載されています。人口割りにすると、九州と四国の一部が、中ぐらいのストレス(Mid stress)の地域となり、水不足が懸念されます。とはいえ、深刻なオレンジ色の地域の広がりをみると、日本の急峻な地形と海洋性気候であることでもたらせられる、水循環の状況がいかにありがたいかがわかります。日本の風土や世界でも、まさにいい意味でガラパゴスなのです!
(参考 : UNEP - Climate Change - Science - Impacts of Climate Change

Groundwater_recharge_1961_1990_per_
-----Map : BGR Additional global maps : Map "Groundwater Recharge (1961 - 1990) per Capita (2000)" (TIFF, 442 KB)より
/ Groundwater resources of the world

 そして、地下水に目を向けると人口割りでは、意外な日本の地下水の状況がわかります。大陸の地下水と比べれば、浅く量も少ないのです。また、ある程度の深度になると塩や鉱物がまじり飲料に適さなくなります。日本の地下水源は乏しいとさえいえる状況です。表層水に乏しくとも、豊富な地下水を誇る地域もあり、そういった地域においては、井戸が有効です。

 利用できる表層水と地下水の状況の地図をみるだけで、その国や地域のかかえる水資源の問題がわかりやすく理解できると思います。アフリカやアジアの水不足に対して、どんな対策が今後有効であるのか? 世界が知恵を集める必要のある、大きな課題です。
(参考:ユネスコ、「帯水層」の世界地図を初めて作成 / クリッピング AFP BB News-----しなやかな技術研究会、2008/10/30)

Change.org|Start Petition

コメント続き

続きを読む "本日はブログ・アクションデイ Blog Action Day 2010 「テーマ : Water - 水 -」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/14

ソーラー電動アシスト自転車でユーラシア大陸横断。仏サイクリストのフロリアン・バイリーさん東京に到着

 フランス人のサイクリスト、フロリアン・バイリー Florian Bailly さんが9月にフランスを発ってから約4ヶ月で大阪に上陸した。フロリアン・バイリーさんの自転車は、以前、しな研でも紹介したことがあるような自転車用のトレイラーに比較的大型の太陽電池を取り付けた電動アシスト車です。フロリアン・バイリーさんは、「Sur la Route du Soleil levant(日出ずる国への道)」と題した大冒険を、今無事にユーラシア大陸、約1万キロの旅として完結させました。日本での旅の様子は、ホームページで紹介され、大阪富士山、そして、フロリアン・バイリーさんが旅の終着として選んだ東京でのエピソードが綴られています。

florianbailly.com / 08/10/2010 Tokyo : tout le monde descend de velo !

Florianbailly_comsite
Le_p_rototyp_e_so_lei_l_levant_11-----image : 同サイトより

 しな研として気になるのは、自転車と太陽電池、バッテリー、モーターなどの仕様です。プレゼンテーション用の資料にデーターがありました。詳しくみてみましょう。

ur la Route du Soleil Levant: 3. Le projet en bref / Dossier presentation(pdf)
-----image : 上記資料より

関連
Francezul Florian Bailly, pe bicicleta electric? solara, la Pitesti

(alphapitesti,2010年06月23日)

florianbailly.typepad.com

dailymotion.com : Route-du-Soleil-Levant(動画)

flickr : Sur la route du soleil levant / Japon

twitter : FlorianBailly

ユーラシア大陸1万キロ、ソーラー自転車で走破-----YOMIURI ONLINE,2010年10月8日

Frenchman rides solar bike to Japan------AFP(YouTube),2010年10月12日

サヴォアから富士山へ!太陽エネルギー自転車の旅-----フランス生活情報 フランスニュースダイジェスト、20 Septembre 2010

コメント続き

続きを読む "ソーラー電動アシスト自転車でユーラシア大陸横断。仏サイクリストのフロリアン・バイリーさん東京に到着"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/13

世界資源研究所 WRI 、インドの貧しい地域において再生可能エネルギー関連技術の普及に関するリポート「Power to the People」を公開

 世界資源研究所 World Resources Institute は、The Centre for Development Finance(CDF-IMFR)と共同でインドの貧しい地域におけるクリーンエネルギー関連技術の普及に関するリポート「Power to the People」を公開。" Investing in Clean Energy for the Base of the Pyramid in India "という副題の通り、社会の底辺の貧しい人々に、健康被害の少ないクッキングストーブや太陽電池ランタンなどのクリーンエネルギーに関する技術が普及している様、今後こうした市場はますます、未電化地域における重要な産業として拡大するということを報告しています。
 
BoP(= Base of the Pyramid )層の人々を対象としたクリーンエネルギーに関する市場規模は、年間20億USドル以上の成長も見込め、インドにおける対象人口はインドの総人口の60%にものぼる巨大な市場を形成しつつあるとうことです。 

プレスリリース / World Resources Institute,September 27, 2010
The Clean Energy Market Expands to India’s Rural Poor

"The market for clean energy products and services is increasing among India’s rural poor, and according to a new analysis, could potentially grow to more than USD 2 billion per year.

Demand for clean energy products is rising among India’s rural communities, according to the Power to the People analysis released today by Centre for Development Finance at the Institute for Financial Management and Research (CDF-IFMR) and the World Resources Institute(WRI). The study focuses on the energy needs of India’s rural poor, or those living at the Base of the Pyramid (BoP) in rural areas, which make up more than 114 million households and nearly 60 percent of India’s total population. The analysis finds that companies supplying clean energy products?including solar lanterns and energy efficient cooking stoves?to the rural BoP market, have seen annual gross revenue grow by an average of 36 percent per year since 2004.

“Clean energy firms in India can capture the market that serves the BoP by providing environmentally and user-friendly energy solutions that will reduce health problems through lower air pollution, and lower fuel costs, while generating additional public benefits, such as lower greenhouse gas emissions,” said Kirsty Jenkinson, director of the Markets and Enterprise Program at WRI. “This report will help investors recognize the tremendous market opportunities in this nascent, but fast-growing sector.”

To estimate the current state of India’s clean energy market and potential for growth, CDF-IFMR and WRI conducted field research among rural BoP consumers in 26 small towns and villages in India and across four other countries. The teams also collected financial data from 15 Indian companies across four sectors?small decentralized renewable electricity producers, home-scale solar electricity providers, solar-powered lantern manufacturers, and energy-efficient cooking stove producers.
.......... "

関連
World Resources Institute : Power to the People: Investing in Clean Energy for the Base of the Pyramid in India
Power_to_the_people
-----image : リポート「Power to the People」表紙

The Centre for Development Finance

クリーンエネルギー市場がインド農村貧困層で拡大、と世界資源研究所らが分析-----EIC Net News,2010.09.27

続きを読む "世界資源研究所 WRI 、インドの貧しい地域において再生可能エネルギー関連技術の普及に関するリポート「Power to the People」を公開"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/12

三菱自動車、電気自動車i-MiEVの欧州仕様(プジョー・ブランド iOn、シトロエン・ブランド C-ZEROなど )車5000台の生産を開始

 三菱自動車は、Kカーベースの電気自動車i-MiEVの欧州仕様(プジョー・ブランド iOn、シトロエン・ブランド C-ZEROなど )車5000台の生産を開始したと発表しました。電気自動車の本格普及に向けては、蓄電池やインフラ整備などまだまだ問題が多く、今後の課題を多く抱えています。それでも世界の流れは、電気自動車 EV の開発普及へと向かい、各社の競争も激しさを増しています。
 そんな中で、究極のエコカーとしては、小型軽量が大きな開発の視点となります。いくら高性能でも大型で重量のある車は、日常使いでは無理、無駄となり結局エコではありえません。さらに、小型軽量だけでは車は成立しえません。重量のある高速でハイパワーなガソリン車と共存し、かつ安全で快適なドライブが確保される必要があるからです。

 その意味で、三菱自動車のi-MiEVは、世界の電気自動車の世界において、小型軽量で、十分な安全を含めた性能を”開発当初から担保された車”として評価するのに値すると思います。ただ、目標とされつつも、世界はこれを上回る価格と性能を狙って電気自動車の開発を進めているわけですから安閑とはしておられないのは、企業として大変なことですね。
 三菱自動車は、欧州市場においてPSA・プジョーシトロエン PSA Peugeot Citroenと良好な関係を確立し、普通車格の電気自動車( PEUGEOT PARTNER TEPEECitroen Berlingo)の開発を共同で行うということです。
 
プレスリリース / 三菱自動車、2010年10月06日
欧州向け電気自動車の生産開始

4402_1par43937file
-----image(i-MiEV 欧州仕様) : 同リリースより

" 三菱自動車(所在地:東京都港区 社長:益子修 以下、MMC)は6日、水島製作所において、MMCの新世代電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』の欧州仕様車、およびPSAプジョー・シトロエン社(以下、PSA)向けプジョー・ブランド『iOn』、シトロエン・ブランド『C-ZERO』の生産を開始したと発表した。

MMCは、昨年より日本国内仕様の『アイ・ミーブ』を生産・販売している。欧州仕様の電気自動車はこれに続くものであり、『アイ・ミーブ』の本格輸出を開始する。本年度はPSA社向けも合わせ5,000台の欧州向け車両を生産する計画。

益子社長は水島製作所での式典で、「内燃機関のクルマの大量生産が始まって約100年。昨年、私たちは、『アイ・ミーブ』で、その次の第一歩を踏み出すことができました。そして、本日は、第二歩目として、電気自動車のグローバル展開を図るため、欧州に向けて量産を開始します。これは、自動車業界にとって大きなステップであると同時に、欧州での新しい電気自動車社会が始まることを意味します。」と語った。

『アイ・ミーブ』欧州仕様車は、日本仕様に比べ、外観では前後バンパーのデザインを変更し、安全性と安定感を高めたほか、内装ではインストルメントパネル中央部を変更し、居住性を改良している。

*1: 販売予定国 :
アイルランド、イギリス、イタリア、オランダ、オーストリア、スイス、スウェーデン、
スペイン、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、フランス、ベルギー、ポルトガル
.......... "

関連
Peugeot iOn - English

(CarNewsTVChannel,2010年09月16日)

Citroen C-Zero en direct du Mondial de Paris 2010

(AutoPlusMagazine,2010年10月06日)

PSA Peugeot Citroen and Mitsubishi Motors Corporation signed a new cooperative agreement to develop electric version of Peugeot Partner and Citroen Berlingo-----PSA Peugeot Citroen,09/29/2010

New cooperative project for electric powertrains between PSA Peugeot Citroen and Mitsubishi Motors Corporation
-----PSA Peugeot Citroen,06/30/2010

PSAプジョー・シトロエン社と三菱自動車、新たにプジョー『Partner』及びシトロエン『Berlingo』のEV開発で合意-----三菱自動車、2010年09月29日

i MiEV Life is Beautiful White

続きを読む "三菱自動車、電気自動車i-MiEVの欧州仕様(プジョー・ブランド iOn、シトロエン・ブランド C-ZEROなど )車5000台の生産を開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/08

Google TVがテレビを変え、テレビを救う、、、?

 別に高尚な人間ではないが、昨今のテレビ番組はオモロクない。情報は、ネットで得て、映画はレンタルで。あとテレビに期待するものはなんだ?

 Googleがネット上の動画やテレビ番組の配信(有料も含めて)などが便利にできるGoogle TVを開始するということです。今月中にはソニーがそのサービスに対応した液晶テレビを発売するということで、だいぶ具体的に情報がなってきました。クイックツアーも公開されています。Google以外でもApple TVなど、別の会社のサービスもはじまるらしい。情報いろいろ以外に、これらのインターネットを経由した動画や画像などが、私たちの暮らしにどんな影響を与えていくのか、、、、

Quick Tour - Google TV

Googletvsite
-----image : 上記サイトより

関連
Google TV Blog

Apps for Google TV

(GoogleTV,2010年10月03日)

ソニー、ついに「Google TV」を採用した世界初の革新的なテレビを正式発表へ-----2010年09月27日,GIGAZINE

コメント続き

続きを読む "Google TVがテレビを変え、テレビを救う、、、?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/07

CEATEC2010で、EVが絡んだ未来の暮らし -スマートシティ - を提案する日産自動車

 エレクトロニクスとIT関連のイベントであるCEATECに日産自動車が、EV、HEV、PHV、FCVとまさに次代の車をひっさげて乗り込んだということです。電気製品としての車、日産リーフの販売を間近に控えて日産自動車が移動の手段にとどまらない、あたらしい電力網やエネルギーマネージメントシステムとの融合を提案したようです。実際、CEATEC2010には行かなかったのですが、ネットで以下の動画を見つけて、日産自動車の目指すところの具体性を知り、感銘を受けました。まずは、動画のクリップをみてください。2010年の世界、2020年の世界、2030年の世界、、、

CEATEC2010は2010 年10 月5 日(火)~ 9 日(土)。土曜日は無料公開日(入場無料。18 才以上は入場登録が必要。オンライン登録可)

CEATEC2010スマートグリッド3Dシアター説明

(NissanNewsroom,2010年10月04日)
-下の image : 上記動画より -----
Nissanev2030

"2030年、道路に非接触給電レーン.....風力発電、メガソーラー....."

関連
日産自動車、「CEATEC JAPAN 2010」出展概要を発表-電気自動車が創り出す未来を提案------日産自動車、2010年9月29日

CEATEC JAPAN 2010 : 日産自動車(株) (スマートグリッドイノベーション2010)

「CEATEC 2010」で、三菱と日産がEVについて講演 三菱自動車工業の益子社長と、日産自動車の山下光彦副社長-----car.watch,2010年 10月 6日

参考

続きを読む "CEATEC2010で、EVが絡んだ未来の暮らし -スマートシティ - を提案する日産自動車"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/10/06

スズキ、電動スクーター「e-Let's」の公道走行調査を開始

 スズキが、電動スクーターの試作モデル「e-Let's」を公表。今後電動バイクの商品化を向けて、公道走行調査を開始すると発表しました。車体は、50CCのスクーターのLet's4バスケットをベースにした試作車だということです。バッテリー装着時の車両重量は74kg、1回4時間の充電でおおよそ30kmを走行可能あということっです。

 電動バイクでは、ヤマハ発動機は、電動バイク EC-03 を10月から全国で発売。ホンダも12月より、配達業務などの事業者向けに電動バイク EV-neo をリース販売を開始するということです。スズキは、電動車専用のデザインですらなく、試作車としていることから、市販までの動きがまだわかりませんが、これにより国内の大手三社が電動バイクのより本格的な市場投入への動きは加速すると思われます。
 海外、特に欧州ではスポーツやレース仕様のさまざまな電動バイクが造られています。タイミング的には、日本のメーカーが後を追っている感じもしますが、量産モデルの開発にはバッテリーのよりいっそうの価格と性能の向上が必要ということですので、本格的な普及への道のりはまだちょっと見えてきません。それでも、安価なタイプの電動バイクの広告などを見かけるようになってきました。せいぜい30-40kmの運転距離を走るための下駄替わりとしては、充電コストがガソリン代の数分の一から十分の一程度になるとすれば、普及していきそうです。
 
プレスリリース / スズキ、2010年9月24日
スズキ、電動スクーター「e-Let's」を開発 製品化に向けて公道走行調査を開始

100924
-----image : 同リリースより

"スズキ株式会社が開発を進めてきた電動スクーターの試作車「e-Let's」が完成し、公道走行調査を開始する。9月21日に第一種原付自転車の届出を行い、ナンバーを取得したことで公道走行が可能となった。今後、様々な走行データを収集し製品化に向けた開発を進める。
「e-Let's」は、第一種原付自転車「Let's4バスケット」をベースに開発した試作車である。小型・軽量な車体に、回生充電が可能な高性能インホイールモーターとリチウムイオン電池、充電器システムを搭載しながらも、ガソリンエンジン搭載車と同等の車両重量とした。電動スクーターならではの滑らかな加速と軽快な走りに加え、低騒音、低振動、排出ガスゼロの高い環境性能を実現している。充電は家庭用の100Vを使用し、1回の充電(約4時間)で約30kmの走行(30km/h定地走行時)を可能としている。
なお、スズキは今秋より、独自に行う公道走行調査に加え、静岡県浜松市が中心となり地域の産学官で構成された「はままつ次世代環境車社会実験協議会」の走行実証実験に「e-Let's」で参加する。

電動スクーターの試作車「e-Let's」の概要
全長×全幅×全高 1,665mm×600mm×983mm
車両重量 74kg(バッテリー装着時)
乗車定員 1人
モーター 交流同期電動機
定格出力 0.6kW未満
航続距離 30km(30km/h定地走行時)
充電所要時間 約4時間/100V
バッテリー種類 リチウムイオン電池
......... "

関連
電動バイク人気 環境志向が追い風-----オルタナ、9月29日

電動2輪車販売が本格スタート メリット生かし普及を狙う-----ECO JAPAN,2010年10月5日

ヤマハの電動バイク再挑戦は実るか、実績では海外メーカーが先行 -----nikkei BPnet ,2010年9月22日

参考エントリー
ホンダ、電動二輪車 EV-neo を発表。2010年12月に発売-----しなやかな技術研究会、2010/04/15

ヤマハ発動機、一充電当たりの走行距離43kmの電動バイク EC-03(原付1種)を発売開始-----しなやかな技術研究会、2010/07/15

コメント続き

続きを読む "スズキ、電動スクーター「e-Let's」の公道走行調査を開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/05

イベント10/15 Blog Action Day 2010 「テーマ : Water - 水 -」

本日はブログ・アクションデイ Blog Action Day 2010 「テーマ : Water - 水 -」-----しなやかな技術研究会、2010/10/15


2010/10/05の記事は以下


 毎年10/15日に世界中のブロガーがその年のテーマで記事を書く事で、世界が直面する問題を認識しようというブログ・アクションデイ Blog Action Day 2010 が今年も行われます。今年のテーマは、Water 水 です。
 地球上に存在する水の97%弱が海水で残りの水のうち地下水で塩水、氷河水など飲料に利用できない水を除いた、飲料水に利用できる淡水と河川水を合わせても1%に満たないということです。[Assessment of Water Resources and Water Availability in the World(WMO;1996)]

 水資源に恵まれている我が国においても、厳しい水不足に見舞われることもあります。ましてや、乾燥地帯や赤道付近の水道や井戸などのインフラの整備ができていない国の水事情を考えると非常に深刻な国や地域がたくさん存在しています。9月にストックホルムで開催されたWorld Water Week関連のイベントでは、水と政治、水とビジネス、水と気候変動などのテーマで議論が進んだそうです。特に、貧困と気候変動の問題は、早期に対処することで、問題の解決に必要とされる対策や資金の大きさを縮小できるとされています。現実の水資源の問題を、10/15日、ブログアクション・デイを機会に考えてみたいと思います。

Blog Action Day 2010: Water from Blog Action Day on Vimeo.

Blog Action Day 2010

 上のサイトにアクセスし、登録ページ(Register your Blog)でURLなどの必要事項を入力、登録後に開示されるバナーを10月15日の水をテーマにした内容のエントリー内に貼り込めば、世界のブロガーと同じ日に同じテーマで語るというこのブログアクション・デイに参加することができます。また、連帯署名をすれば、その時点の連帯署名者数がバナーに表示されます。また、オンラインの献金活動も行われています。

関連
And the Winner is… Blog Action Day 2010: Water-----the Change.org blog,September 29th, 2010
Bad2010water-----image : 上記サイトより

Twitter : Blog Action Day 2010 (blogactionday)

続きを読む "イベント10/15 Blog Action Day 2010 「テーマ : Water - 水 -」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/04

プラネットソーラー PLANETSOLAR、太陽光発電による世界一周航海の旅に発進

追加情報
プラネットソーラー PLANETSOLAR、COP16開催中のメキシコ、カンクンに到着-----しなやかな技術研究会、2010/12/10

プラネットソーラー PLANETSOLAR、バージン諸島の西600km付近を航行中-----自然エネルギー、2010/11/16

-----[ twilog greenpost : #PLANETSOLAR ]-----

2010/10/04のエントリーは、以下です


 太陽電池駆動のプラネットソーラー号 PLANETSOLAR による世界一周航海の旅が、開始されました。5万キロにもおよぶ壮大な冒険の旅の起点として選ばれたのはモナコ港、9月27日に出航しジブタル海峡に向けて航行中です。

PlanetSolar - First Around The World With Solar Energy / LOGBOOK : 27TH OF SEPTEMBER 2010

Planetsolar1009
-----image : 同サイトより

" The time has finally come and we are travelling westward. 50,000 kilometers straight across the oceans exclusively with solar power. It was a unique one of kind moment, the departure from Monaco - a city where great expeditions have a long tradition, for example, Alain Bombard and the Cousteau team. While I am writing this to you we are on the latitude of Marseille, the batteries are fully loaded and we will also be able to travel throughout the night with the power of the sun/solar power. Many thanks to all, our sponsors and the media, without which all of this would not have been possible.

Patrick and Raphael "


/ 20100927 The Expedition begins

関連
Twitter : PlanetSolarTeam

PlanetSolar : tour du monde en bateau solaire

(BFMTV,2010年09月29日)

スイス製ソーラーボートついに世界一周の旅に出港 !-----swissinfo,2010-09-28

コメント続き

続きを読む "プラネットソーラー PLANETSOLAR、太陽光発電による世界一周航海の旅に発進"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/01

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」 鎌仲ひとみ監督作品

 鎌仲ひとみ監督の映画「ミツバチの羽音と地球の回転」を先月に国立で開催されたピースウィーク映画祭で見ることができました。山口県の熊毛郡上関町にある人口500人の小さな、祝島とその正面に建設の話がもちあがった中国電力上関原子力発電所を巡る島民の暮らしとその心のかっとうを中心に描くドキュメンタリー映画です。反対運動は、すでに28年にもおよび、この戦いを鎌仲ひとみ監督は、島民の生活に焦点を当てることで描いています。島の自然の中での力強い暮らしは、魅力的な世界です。平和で豊かな島の暮らし、そしてわずか数キロのところに建設されようとする原子力発電所は、巨大な企業とそれを是認する国家の殺伐とした姿を浮かび上がらせます。

 この映画は、全国で上映されています。いろいろな人に観てもらいたいです。いろいろ書きましたが、これからの日本の暮らしを模索するすべての人にみてもらいたいです。オススメです!

888earth_netsite
-----image : 映画『ミツバチの羽音と地球の回転』オフィシャルサイトより
/ 上映スケジュール
/ http://888earth.net/news/

Twitter : ミツバチの羽音と地球の回転 (888earth)

参考
祝島-Yahoo Map

祝島ホームページ

上関原発を建てさせない祝島島民の会ホームページ

Wikipedia : 祝島

コメント続き

続きを読む "映画「ミツバチの羽音と地球の回転」 鎌仲ひとみ監督作品"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »