« イベント10/15 Blog Action Day 2010 「テーマ : Water - 水 -」 | トップページ | CEATEC2010で、EVが絡んだ未来の暮らし -スマートシティ - を提案する日産自動車 »

2010/10/06

スズキ、電動スクーター「e-Let's」の公道走行調査を開始

 スズキが、電動スクーターの試作モデル「e-Let's」を公表。今後電動バイクの商品化を向けて、公道走行調査を開始すると発表しました。車体は、50CCのスクーターのLet's4バスケットをベースにした試作車だということです。バッテリー装着時の車両重量は74kg、1回4時間の充電でおおよそ30kmを走行可能あということっです。

 電動バイクでは、ヤマハ発動機は、電動バイク EC-03 を10月から全国で発売。ホンダも12月より、配達業務などの事業者向けに電動バイク EV-neo をリース販売を開始するということです。スズキは、電動車専用のデザインですらなく、試作車としていることから、市販までの動きがまだわかりませんが、これにより国内の大手三社が電動バイクのより本格的な市場投入への動きは加速すると思われます。
 海外、特に欧州ではスポーツやレース仕様のさまざまな電動バイクが造られています。タイミング的には、日本のメーカーが後を追っている感じもしますが、量産モデルの開発にはバッテリーのよりいっそうの価格と性能の向上が必要ということですので、本格的な普及への道のりはまだちょっと見えてきません。それでも、安価なタイプの電動バイクの広告などを見かけるようになってきました。せいぜい30-40kmの運転距離を走るための下駄替わりとしては、充電コストがガソリン代の数分の一から十分の一程度になるとすれば、普及していきそうです。
 
プレスリリース / スズキ、2010年9月24日
スズキ、電動スクーター「e-Let's」を開発 製品化に向けて公道走行調査を開始

100924
-----image : 同リリースより

"スズキ株式会社が開発を進めてきた電動スクーターの試作車「e-Let's」が完成し、公道走行調査を開始する。9月21日に第一種原付自転車の届出を行い、ナンバーを取得したことで公道走行が可能となった。今後、様々な走行データを収集し製品化に向けた開発を進める。
「e-Let's」は、第一種原付自転車「Let's4バスケット」をベースに開発した試作車である。小型・軽量な車体に、回生充電が可能な高性能インホイールモーターとリチウムイオン電池、充電器システムを搭載しながらも、ガソリンエンジン搭載車と同等の車両重量とした。電動スクーターならではの滑らかな加速と軽快な走りに加え、低騒音、低振動、排出ガスゼロの高い環境性能を実現している。充電は家庭用の100Vを使用し、1回の充電(約4時間)で約30kmの走行(30km/h定地走行時)を可能としている。
なお、スズキは今秋より、独自に行う公道走行調査に加え、静岡県浜松市が中心となり地域の産学官で構成された「はままつ次世代環境車社会実験協議会」の走行実証実験に「e-Let's」で参加する。

電動スクーターの試作車「e-Let's」の概要
全長×全幅×全高 1,665mm×600mm×983mm
車両重量 74kg(バッテリー装着時)
乗車定員 1人
モーター 交流同期電動機
定格出力 0.6kW未満
航続距離 30km(30km/h定地走行時)
充電所要時間 約4時間/100V
バッテリー種類 リチウムイオン電池
......... "

関連
電動バイク人気 環境志向が追い風-----オルタナ、9月29日

電動2輪車販売が本格スタート メリット生かし普及を狙う-----ECO JAPAN,2010年10月5日

ヤマハの電動バイク再挑戦は実るか、実績では海外メーカーが先行 -----nikkei BPnet ,2010年9月22日

参考エントリー
ホンダ、電動二輪車 EV-neo を発表。2010年12月に発売-----しなやかな技術研究会、2010/04/15

ヤマハ発動機、一充電当たりの走行距離43kmの電動バイク EC-03(原付1種)を発売開始-----しなやかな技術研究会、2010/07/15

コメント続き

 ヤマハのEC-03が車両重量(バッテリー装着) 56kg-定格出力 0.58kW。ホンダのEV-neoは、業務用ということでこれよりかなり車重が重いと考えられます。詳しいスペックは、販売される12月まで発表されないようです。
 そして、今回のスズキのe-Let'sが、車両重量(バッテリー装着)74kg - 0.6kW未満とのことです。出揃ったら、是非走り比べてみたいですね。

 世界では、びっくりするくらい様々な電動バイクが販売されています。二輪車王国としてどんな形と性能をもった電動バイクを開発していくのか? やはり期待したいです。(t_t)

関連
ホンダ EV-neo 試乗…あらゆる場面で低重心を実感-----レスポンス、2010年4月16日

ヤマハがEC-03を発売開始-----mr-bike.jp-----新車プロファイル : EC-03
 
[ カテゴリー : エコバイク ]




ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
--- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク----------掲示板


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« イベント10/15 Blog Action Day 2010 「テーマ : Water - 水 -」 | トップページ | CEATEC2010で、EVが絡んだ未来の暮らし -スマートシティ - を提案する日産自動車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/49657672

この記事へのトラックバック一覧です: スズキ、電動スクーター「e-Let's」の公道走行調査を開始:

« イベント10/15 Blog Action Day 2010 「テーマ : Water - 水 -」 | トップページ | CEATEC2010で、EVが絡んだ未来の暮らし -スマートシティ - を提案する日産自動車 »