« GSユアサ、ハイブリッド電気自動車向けリン酸バナジウムリチウムを正極材料に用いたリチウムイオン電池を開発 | トップページ | Google マップナビが Android 搭載ケータイで使えるようになったそうだ。iPhone対応はいつ? »

2010/09/16

英Intelligent Energy リリース:ロータス Lotus の燃料電池タクシー Fuel Cell Taxi 、2012年のオリンピックに向けて開発中

 イギリスの英Intelligent Energy リリース社が、同社のエネルギーユニットを搭載したロータス Lotus の燃料電池タクシー Fuel Cell Taxi がお披露目されたことを伝えるニュースを見つけました。、2012年のオリンピックに向けて開発中で、リリースによれば、7月にロンドンで公開され伝統の黒塗りのタクシー London black cab の変わらぬカラーとボディイメージのデザインと先進のゼロエミッションカーとしての性能を披露したということです。
 最高時速は、時速128km。5分で水素の補給が可能で、巡航距離は400km。燃料電池で水素から電気を作り、バッテリーにより前後2個のモーターにより駆動。モーターのスペックは公開されていないようなのだが、車重は2.6トンということなので、かなりの容量と予想されます。ユニークなのは、バッテリーと水素タンクのそれぞれの残量計が当然のごとく装備されている点です。水素タンクは前のボンネット部分にあるということです。バッテリーは、車体半ばにおかれていて、ミッドシップの車のような走行安定性を確保しているようです。
 2012年のロンドンオリンピックまでに、タクシーに加え、バスなどにも燃料電池車の導入を決めている。さらに、電気自動車の導入も進め新しいロンドンの交通網における自動車の利用の姿を世界に提案することを狙っているようです。

プレスリリース / Intelligent Energy,7th June, 2010
Zero Emissions Fuel Cell Hybrid taxi unveiled at London's City Hall

Zeroemissionscab_web
-----image : 同リリースより

" Black cabs go green; vehicles being readied for 2012
City Hall, London, UK, 7th June, 2010
Intelligent Energy, Lotus Engineering, LTI Vehicles and TRW Conekt, with funding from the UK Government’s Technology Strategy Board, today unveiled a full performance, zero-emissions Fuel Cell Hybrid London taxi.

While the taxi looks and drives like an iconic London black cab, the Fuel Cell Black Cab is powered by an Intelligent Energy hydrogen fuel cell system hybridised with lithium polymer batteries; allowing the vehicle to operate for a full day without the need for refuelling. Capable of achieving a top speed of over 80 mph, it has a range of more than 250 miles on a full tank of hydrogen, refuels in about 5 minutes and produces no emissions other than water vapour.
.......... "

関連
Lotus fuel cell taxi prototype demonstration

(v,2010年08月06日)

Lotus : Intelligent Energy / Fuel Cell Taxi

London.gov.uk : London Hydrogen Partnership-----London’s ‘hydrogen network’ plans unveiled 26 MARCH 2010

Lotus builds hydrogen fuel cell taxi for London 2012-----BBC News,3 August 2010

コメント続き

 ロンドンの黒塗りのタクシーは、”アイコン”なのだそうです。ロンドンでタクシーといえば、背の高い独特なフォルムのブラックタクシーというわけなのでしょう。自動車の歴史とともに歩んできたロンドンのこだわりが、このド重い燃料電池&電気自動車というスタイルを可能にしたと考えるとなかなか面白いです。都市が育て、都市の顔となった車が先進の技術を取り込んで、新しい車の歴史をも刻む。ちょっと羨ましい技術の発展の姿ではあります。(t_t)

Fuel Cell Black Cab Launch - CNN International footage

(intellenergy,2010年06月08日)

Wikipedia : ロンドンタクシー


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク----------掲示板

[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« GSユアサ、ハイブリッド電気自動車向けリン酸バナジウムリチウムを正極材料に用いたリチウムイオン電池を開発 | トップページ | Google マップナビが Android 搭載ケータイで使えるようになったそうだ。iPhone対応はいつ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/49460399

この記事へのトラックバック一覧です: 英Intelligent Energy リリース:ロータス Lotus の燃料電池タクシー Fuel Cell Taxi 、2012年のオリンピックに向けて開発中:

« GSユアサ、ハイブリッド電気自動車向けリン酸バナジウムリチウムを正極材料に用いたリチウムイオン電池を開発 | トップページ | Google マップナビが Android 搭載ケータイで使えるようになったそうだ。iPhone対応はいつ? »