« 世界資源研究所 World Resources Institute、メキシコ湾原油流出による生態系サービスにより膨大な経済的損失を警告 | トップページ | 本「Self-Sufficient City - Envisioning the habitat of the future Edited by:Vicente Guallart , Lucas Capelli 」-自給自足都市 »

2010/07/29

WWFスペイン、伝説のソーラーボート WWF Solarで再生可能エネルギーと海洋環境の保護をアピール

 オンライン翻訳の使い方に慣れてきたので、ドイツ語、フランス語の再生可能エネルギーの情報も少しづつ読むようになってきました。まさに、インターネットの恩恵です。いながらにして、即日現地のリリースなどを知り、動画でより詳しい状況もわかるのですから。

 今回の話題はスペインから、スペイン語からは英語に翻訳して意味を掴むのがいいようですね。さて、スペインのWWFが、大西洋を温暖したスイスのソーラーボート、sun21号を改修して、再生可能エネルギーと海洋環境の保護をアピールを行うという記事を見つけました。ソーラーボートは、WWF Solarと命名され、実際に地中海で海洋調査に利用されるということです。

スイスのソーラーボート”sun21”が大西洋横断に挑戦-----しなやかな技術研究会、2006/11/24

 文字よりも動画、YouTubeの動画をご覧ください。

El WWF Solar se lanza al mar

(wwftv,2010年07月18日)

 スペイン語のリリースは下。スペイン語が読める人はどうぞ、でも英語という人は関連にあげたソースのcleantechnica.comの記事を読んでください。

El barco solar de WWF despide la campana 2010 en el mar Menor-----WWF Spain,26 julio 2010

関連
WWF Solar Boat Promoting Renewable Energy and Marine Conservation [VIDEO]-----cleantechnica.com,July 26th, 2010

Solar-Powered Boat Sails Across The Atlantic-----MetaEfficient Reviews,JUNE 18, 2007

 そして、このソーラーボートについて、ちょっと調べてみました。湖や瀬戸内海などには、十分つかえそうです。

コメント続き

 正直、このスイスのソーラーボート”sun21”が大西洋横断に成功した時には、結構あっけなかったので、天候が良かったのかな? 運かななどと考えるほど報道上で見た限りはあっけない成功でした。その時の記録は以下のサイトに詳しいです。

transatlantic21: The world's first crossing of the Atlantic on a solar boat
2006sun21
-----image : 同サイトより

 今回のWWFスペインの試みにより公開された”WWF Solar”と改名された船のスペックです。この船のエピソードも綴られています。

Conoce el WWF Solar [Meet the Solar WWF ]-----WWF Spain

" What is the WWF Solar?
Type: Catamaran advanced Aquabus C60.
Materials: Fiberglass and polyester resin and aluminum.
Content:
3-Kitchen-Shower Cabins
Dimensions:
Length-14 m
Beam: 6.6 m
Central platform: 3.15 x 10 m
Capacity: 6 people-12 people sleeping on field trips
Solar panels: monocrystalline silicon. MW electric motor EE2-Line: 2 x 8 kW. Batteries: Lead dryfit, 2 x 800 kg Battery Voltage: 48 V. Cover 65m2 solar panels. Solar power: 10 Kw
Autonomy: A sunless cruising speed (5 knots) 2 nights or 18 hours / 90 nautical miles (166 km).
Speed: Average 5 knots = 10 km / h. "

 船体は、grove-boats.comのAquabus C60 電動カタマラン(双胴船)を改造したもので、長さ14mのグラスファイバー製で、6-12人のり。搭載された太陽電池は、単結晶10kWp、モーターは8kWが双胴船の片方部分1台づつ、合計2台で、巡航速度は10km/h(5ノット)。バッテリーだけで18時間、最大約160kmを航行する能力があります。なかなか本格的につかえるボートだと思いませんか。その性能は、あっっさり大西洋横断を成し遂げたことでも明らかです。

 さて、”伝統ある”スイスの電動ボートメーカーGrove Boats社のラインナップには、Grove-boats-Sightseeing boat (solar electric) AQUABUS 850T 8.5mというなかなか雰囲気のある電動ボートがあります。下のニュースの写真をご覧ください。

SOLAR-POWERED VEHICLES Ride into the Sun-----businessweek.com,May 17, 2007

AQUABUS 850T、なかなかかっこいいです。価格は、$107,000で12人乗りのソーラーボートです。製造社名はMV LINEとなっていますが、これは現Grove Boats SAのことです。記事ではベニスでの使用が報じられています。(t_t)

参考
Grove Boats SA(スイスの電動ボートメーカー)
/ Aquabus 850T
Aquabus_850t-----image : 上記サイトより
/ Motor EE-2 4Q - The electric propulsion for boats


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク----------掲示板

[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 世界資源研究所 World Resources Institute、メキシコ湾原油流出による生態系サービスにより膨大な経済的損失を警告 | トップページ | 本「Self-Sufficient City - Envisioning the habitat of the future Edited by:Vicente Guallart , Lucas Capelli 」-自給自足都市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/48997849

この記事へのトラックバック一覧です: WWFスペイン、伝説のソーラーボート WWF Solarで再生可能エネルギーと海洋環境の保護をアピール:

« 世界資源研究所 World Resources Institute、メキシコ湾原油流出による生態系サービスにより膨大な経済的損失を警告 | トップページ | 本「Self-Sufficient City - Envisioning the habitat of the future Edited by:Vicente Guallart , Lucas Capelli 」-自給自足都市 »