« 日本EVクラブ、ミラEV1充電航続距離1003.184km。1充電航続距離(途中無充電)の世界新記録、ギネス申請中 | トップページ | ヤマハ発動機、一充電当たりの走行距離43kmの電動バイク EC-03(原付1種)を発売開始 »

2010/07/14

ゴードン・マレイ氏 Gordon Murray - F1 マクラーレンの自動車デザイナー - 世界でもっとも効率のいい電気自動車、T27開発中

 F1のマクラーレンの自動車デザイナー、ゴードン・マレイ氏 Gordon Murray によって製造工程全体がデザインされ作製される電気自動車 T27 の細部が公開されました。昨年の秋に報道陣に公開されたT27は、構造だけのものでしたが、このほど「F1デザイナーによる世界でもっとも効率のいい車」としての性能が明らかになりました。

 T27は最終的なデザインの絞り込みが行われている段階で、最高時速は105km、一回の充電による航続走行距離は最大で160km。搭乗人員は、三人。そして、バッテリーを込でも車重は、680Kgです。今後製造されたいくつかのプロトタイプから最終デザインを少し時間をかけて絞りこむということです。

 一方、一足早く開発が進んでいるガソリン車のT25も最近お披露目されコンパクト・シティコミューターとしてその斬新なデザインをアピールしています。外観は、T25の写真を流用しているようですので、同じようなデザインになると思われます。

プレスリリース / Gordon Murray Design,5/19
T.27 The World's Most Efficient Electric Vehicle

T27thumb-----image : 同リリースより

" Gordon Murray Design announce the Specification and Performance Targets for the T.27 City Car, a pure electric drive vehicle designed to fully optimise packaging, weight and performance. The announcement marks an exciting leap forward in efficiency for electric vehicles and working closely with their powertrain partner, Zytek Automotive, a brand new, innovative, lightweight and fully integrated electric motor, control system and battery will be designed to ensure that maximum efficiency is achieved.

Projected emissions, using a UK energy mix, are 48g/km CO2 for the combined cycle and 28g/km CO2 for the urban cycle alone, with zero emissions at the point of use. Full lifecycle CO2 damage will be 42% less than the average UK car.

Vehicle Specification
eMotor: 25kW Height: 1.60m
Battery Type: Li-ion Weight: 680Kg (incl. battery)
Battery Spec. 12kWh Wheel Base: 1.78m
Length: 2.50m Turning Circle: 6.0m
Width 1.30m

Performance Targets
Top Speed: 105kph
0-100kph: Less than 15 seconds
Range: 80 - 100 miles

The T.27 vehicle concept closely follows the layout and geometry of Gordon Murray Design’s innovative T.25 city car, an MPV with 6 possible internal layouts.

The efficiency in cost, weight and performance comes in part from the ‘clean sheet of paper’ approach, part from the full integration of the powertrain and also from the low energy manufacturing system developed by Gordon Murray Design called iStreamR.

iStreamR massively reduces the capital investment required to produce the vehicle and also the energy required for manufacture plus the flexibility of the iStreamR process would also allow the petrol powered T.25 and the T.27 to be manufactured at the same plant.

The 16 month programme started in November 2009 with a running prototype scheduled for completion in April 2011 and is supported with a 50% investment from the Technology Strategy Board. The next phase in the programme will include a push to secure partners and funding for UK manufacture. A UK partner or consortium to produce the city cars in the UK would keep the technology at home and could create 6,000 jobs.
.......... "

関連
T.25 Debuts At Smith School's World Forum-----Gordon Murray Design,06/10
T25drivingth
-----image : 同リリースより("T25")

関連
Gordon Murray Design releases specification for T.27 electric city car-----independent.co.uk,1 June 2010

Answers From Gordon Murray, Engineer Extraordinaire-----Wheels Blog - NYTimes.com,2008/9/9

T27 Most Efficient Electric Car from F1 Designer Gordon Murray

(MEADinfo,2009年11月10日)-----MEADinfo 11/2009: T27 - Most Efficient Electric Car On Earth from a F1 Designer

コメント続き

 T27の価格はどれくらいなのでしょうか? まあ生産数も量産を目指すということですが、それでもそれほど多いとは思えないので、結構な価格になると予想されます。

 生産は、Zytek Automotiveとの間で契約がなされているようです。同社な以下のようなアナウンスを行っています。電気自動車、今後数年にわたりさまざまな量産、またはそれを目指すモデルが世界中で生産されそうです。(t_t)

New, highly integrated EV powertrain simplifies the development of next-generation electric vehicles-----Zytek Automotive, 12 May 2010

参考
・GORDON MURRAY DESIGN & ZYTEK AUTOMOTIVEANNOUNCE ELECTRIC CITY CAR PROGRAMME
[ www.zytekgroup.co.uk/Portals/0/GMD_ZYTEK_T_27_Announcement_FINAL.pdf ]

" Gordon Murray Design and Zytek Automotive announce an all-electric three-seater
city car, made possible through a £4.5m investment from the government-backed
Technology Strategy Board. With a total cost of £9m, the new research and
development project will allow the consortium to develop four prototypes by February
2011. "

追加情報
ゴードン・マレー、全長2.5mの小型EV発表----green carview,2011年6月30日

" ゴードン・マレー・デザインは、小型かつ実用十分な航続距離を確保したT27を、約2年後の販売を目指すとしている。価格は、1万4000ポンドから1万5000ポンド(182万円から195万円)ほどを想定しているという。 "


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク----------掲示板

[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 日本EVクラブ、ミラEV1充電航続距離1003.184km。1充電航続距離(途中無充電)の世界新記録、ギネス申請中 | トップページ | ヤマハ発動機、一充電当たりの走行距離43kmの電動バイク EC-03(原付1種)を発売開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/48871548

この記事へのトラックバック一覧です: ゴードン・マレイ氏 Gordon Murray - F1 マクラーレンの自動車デザイナー - 世界でもっとも効率のいい電気自動車、T27開発中:

« 日本EVクラブ、ミラEV1充電航続距離1003.184km。1充電航続距離(途中無充電)の世界新記録、ギネス申請中 | トップページ | ヤマハ発動機、一充電当たりの走行距離43kmの電動バイク EC-03(原付1種)を発売開始 »