« ソーラーシップのソーラー・セイラー Solar Sailor、上海万博を機に中国へ | トップページ | マイクロソフト、アメリカの家庭の省エネ診断、ランキング機能付きのMicrosoft Hohm Scoreを発表。手軽に比較し、情報交換できるソーシャル機能あり »

2010/06/18

国土交通省、環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験地を選定。電動バス、電気自動車の充電場、小型モビリティ車両の実証実験を夏より開始

 国土交通省が、環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験地を公募し、応募したプロジェクトの中から選び、各地で電動バス、電気自動車の充電場、小型モビリティ車両の実証実験を夏より開始します。

 具体的に実施されるのは、以下。

①電動バス運行に関する実証実験
②駐車場等への充電施設の適切な設置・配置に関する実証実験
③超小型モビリティの利活用に関する実証実験

 ①では、電動バスにおいて実際の充電サイクルが運行にどのように実施されうるのか、問題点などをさぐる。非接触給電タイプの充電施設の実用試験もおこなう。
 ②では、電気自動車を利用した観光レンタカー、カーシェアリングの実証運用がさまざまなコインパーキング等の時間貸し駐車場における充電施設設置などのような実際の利用に即した形でテストされる。
 ③では、ミニカー-1人乗り原動機付自転車(主に4輪)の車両を利用して、中心市街地において専用ルートや専用レーンの設定と運用試験が歩行者(歩道)、車(車道)との交通上での取り合いが実証試験されるということです。

国土交通省 : 街路・連立・新交通 / 平成22年度環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験地域について / 実証実験地域について(PDF)より

" 1.概要
 環境対応車(電動バス、電気自動車、超小型モビリティ)を活用したまちづくりを推進するために、平成21年度に「環境対応車を活用したまちづくり研究会」を設立し、国の関係機関と地方公共団体との協働により、環境対応車の導入に向けた課題の改善や、どのような走行空間、駐車空間、充電施設等を整備するかについての検討を進めてきたところです。
 そこで、平成22年度に国が環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験を実施するにあたり、協働で実証実験を行う地域について、平成 22 年 3 月 12 日から 26 日まで

①電動バス運行に関する実証実験
②駐車場等への充電施設の適切な設置・配置に関する実証実験
③超小型モビリティの利活用に関する実証実験
の3つのテーマについて公募を行い、
 申請のあった応募団体の中から選考作業を行ってまいりましたが、下記のとおり選定地域と主な検証予定内容をとりまとめました。
2.応募状況と実施地域について
 公募に対して申請のあった27都府県市区町のうち、下記のとおり16都府県市区につい
て平成22年度実証実験を実施することとなりました。実施地域の選定にあたっては、公募時に提示した募集条件を満足しているか、検証できる内容が充実しているか、協議会などの実施体制や関係機関との協議調整が進んでいるか等を総合的に評価し、選定を行いました。
3.今後の予定
今後は、必要な手続きを進め、今夏頃から実験を実施する予定です。 "

コメント続き
 具体的な地域と内容は同発表によると以下です。

"① 電動バス運行に関する実証実験 青森県・青森市 ・青森駅を含めた青森市中心街を経由する路線で電動バスを運行 ・積雪寒冷地域におけるプラグインタイプの走行等を検証 東京都 ・東京駅から晴海埠頭を経由する路線において電動バスを運行 ・非接触給電タイプを用い、バス停での充電を検証 京都市 ・京都市役所を循環する路線において電動バスを運行 ・プラグインタイプを用い、バス停での充電を検証 奈良県 ・奈良公園、中心市街地を循環する路線において電動バスを運行 ・非接触給電タイプを用い、バス停でのバスと充電施設の正着性を検証

② 駐車場等への充電施設の適切な設置・配置に関する実証実験
青森県・青森市
・青森市内等に充電施設を配置し、電気自動車の観光レンタカー利用等により有効性を検証
・積雪寒冷地域における、電気自動車の適合性の検証
・観光利用等の比較的長距離を移動する場合の充電等の検証
さいたま市 ・さいたま市内に充電施設を配置し、電気自動車の個人・事業者ユーザー利用、カーシェアリング利用により有効性を検証
・大規模ショッピングモールの立体駐車場における充電施設設置の検証
神奈川県
・神奈川県内に充電施設を配置し、電気自動車の個人・事業者ユーザー利用、カーシェアリング利用により有効性を検証
・時間貸し駐車場の立体駐車場における充電施設設置の検証
京都市
・京都市内に充電施設を配置し、電気自動車の個人・事業者ユーザー利用、カーシェアリング利用により有効性を検証
・公共の時間貸し地下駐車場における充電施設設置の検証
大阪府
・大阪市内または阪神エリアに充電施設を配置し、電気自動車の個人・事業者ユーザー利用、タクシー利用、カーシェアリング利用により有効性を検証
・コンビニ等の駐車場における充電施設設置の検証
北九州市
・北九州市内に充電施設を配置し、電気自動車の個人・事業者ユーザー利用、カーシェアリング利用により有効性を検証
・コインパーキング等の時間貸し駐車場における充電施設設置の検証

③ 超小型モビリティの利活用に関する実証実験
桐生市
・ミニカーを含むいくつかの車両についてモニター利用
・桐生市内の中心市街地において専用ルートを設置し、検証
千代田区
・ミニカーの貨物車両等を小口配送に利用
・大丸有、神田地区において市街地での物流効率化等を検証
豊田市
・ミニカーを含むいくつかの車両についてモニター利用
・豊田市内の中心市街地、歩道と一体的な空間等で使い方使われ方等を検証
京都府
・ミニカーを含むいくつかの車両について、学研都市精華台、木津川台地区
のニュータウンでカーシェア利用
・住宅地から駅、商業施設間等に優先レーンを設置し、検証
福岡市
・ミニカーを含むいくつかの車両について、環境モデル街区として整備した
複合開発(商業、住宅、学校等)エリアでのカーシェア利用
・住宅地から中心市街地間で、使い方使われ方等を検証
宗像市
・ミニカーを用い、宗像市内の周辺集落地域を中心にモニター利用
・主に、高齢者の日常生活における使い方使われ方等を検証"

 日本は、電動バス、電気自動車、そしてミニカーの活用を少子高齢化社会の仕事や暮らし方の中で、さらには低炭素社会の実現という文脈の中で具体化していく必要があり、世界に向けてその成果と事業を紹介していくことができます。そのためには長期にわたる具体的な内容の中で、成功例を積み上げていく必要があります。今回のプロジェクトは短期のものですが、これらを踏まえて、具体的な成功例を作ることにつなげていくのか? 大いに工夫していただきたいし、見させていただきたいと思います。(t_t)


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク----------掲示板

[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« ソーラーシップのソーラー・セイラー Solar Sailor、上海万博を機に中国へ | トップページ | マイクロソフト、アメリカの家庭の省エネ診断、ランキング機能付きのMicrosoft Hohm Scoreを発表。手軽に比較し、情報交換できるソーシャル機能あり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/48654370

この記事へのトラックバック一覧です: 国土交通省、環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験地を選定。電動バス、電気自動車の充電場、小型モビリティ車両の実証実験を夏より開始:

« ソーラーシップのソーラー・セイラー Solar Sailor、上海万博を機に中国へ | トップページ | マイクロソフト、アメリカの家庭の省エネ診断、ランキング機能付きのMicrosoft Hohm Scoreを発表。手軽に比較し、情報交換できるソーシャル機能あり »