« 国土交通省、環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験地を選定。電動バス、電気自動車の充電場、小型モビリティ車両の実証実験を夏より開始 | トップページ | 欧州気候基金 European Climate Foundationは、2050年の低炭素社会についてのロードマップ Roadmap 2050 をまとめた »

2010/06/21

マイクロソフト、アメリカの家庭の省エネ診断、ランキング機能付きのMicrosoft Hohm Scoreを発表。手軽に比較し、情報交換できるソーシャル機能あり

 日本も計測器の開発技術はトップクラス、しかし、GoogleがPowerMaterで考えることやマイクロソフトがMicrosoft Hohmで展開しようとしている内容を考えると、日本の電力、IT家電メーカーは安閑とはしていられない。日本抜きで、世界の電力、エネルギー業界で起こるかもしれない”エレクトリック・グローバリゼーション”は、よくも悪くも進化していきそうです。

Microsoft Hohm マイクロソフトが家庭用エネルギーマネージメントツール"ホーム Hohm”を開発中-----しなやかな技術研究会、2009/06/26

 今回マイクロソフトが、アメリカの家庭の省エネ診断、ランキング機能付きのMicrosoft Hohm Scoreを発表。これにより手軽に比較し、情報交換できるソーシャル機能を屈指して楽しみながら、具体的に省エネや合理的な電力の”選択”に向けてのインフラ整備へ知らず知らずに参加できるシステムを発表したそうです。Microsoftは、Hohmでフォードと共同で電気自動車の充電管理の実験も進めるようです。個人宅のエネルギー管理は、地域のエネルギーの管理に結びついていく展開もありそうです。

Hohm Score

(MicrosoftHohm, 2010年05月25日)

プレスリリース / Microsoft,May 26, 2010

Microsoft Announces Availability of Hohm Scores for 60 Million Homes in the United States
" Hohm Scores help everyone answer the question, ‘Am I an energy hog or an energy miser?’
Starting today, more than 60 million homeowners will be able to answer one simple question: “Am I an energy hog or an energy miser?” Microsoft Corp. today announced the availability of the Hohm Score, an estimate of a home’s energy efficiency, offered as part of the company’s free online home energy management tool, Microsoft Hohm. By simply typing in an address at http://www.microsoft-hohm.com, anyone can see the Hohm Score for almost any home in the United States.

“The Hohm Score provides an easy way for anyone to measure their home energy efficiency, and compare it with others. It’s important to note that the average Hohm Score here in the U.S. is a failing grade,” said Troy Batterberry, product unit manager of Microsoft Hohm. “Fortunately, by making some simple changes to your household, consumers can easily achieve a passing mark, and save an estimated tens of billions of dollars each and every year.”
.......... "------ With new tools and information, homeowners can easily compare their household’s energy use with other homes nationwide ? and see how much they could be saving.

関連
Microsoft Hohm / Your Hohm Energy Report
Microsoft_hohm
-----image : 上記サイト

Microsoft Hohm Working With Ford to Pave Way For Future Smart Grid: Collaboration among automakers, utilities and Microsoft will help give future electric vehicle owners information to make smart energy decisions.-----Microsoft,March 31, 2010

Troy Hohm score

MicrosoftHohm,2010年05月25日)

Microsoft、米国家庭の省エネ効率を評価するサービスを発表-----ITpro,2010/05/27

MS、家庭の省エネ達成度を点数化する新サービス「Hohm Score」をリリース-----CNET Japan,2010年5月27日-----twitter : Greenpost

コメント続き

 まずは、アメリカでこうしたサービスが始まり問題点があるていど出てくれるのはありがたいし、実際にどんな具合なのか知ることができるのは都合がいい。この技術、確かに電力契約が選べたり、節約の方法を具体的に数値で確認しながら、ダイナミックかつ計画的に行う方法としてすごく期待できる技術であることは間違いがない。
 しかし、この技術はかねてから平等で民主的で安全な社会においては有意義な面もあるだろうが、あまり技術が進みすぎると、ハッキングや破壊行為、政府や企業による個人情報の逸脱した管理やマーケッティングへの悪用、など問題がありそうです。単なる、見える化の技術として発展したものが、管理の技術となり、管理しているつもりが管理されているという笑えない状況になる可能性があります。
 とりあえず、自分の電力料金の把握とマネージメントの技術として個人があるていど使い方を学んでいく段階は有意意義、しかし、いきすぎたネット依存型の電力網の管理、そこにガス、水道のメーター業務が重なり、個人の消費情報がのっかりでもしたら、、、、。あなたの生活のすべての”見える化”が進んでしまいそうですぜ。(t_t)

Hohm and Ford's Share Vision

(MicrosoftHohm,2010年04月06日)

Interview on Ford's Electric Car Partnership with Microsoft-----leftlanenews(YouTube),2010年04月05日




ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
--- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク----------掲示板


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 国土交通省、環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験地を選定。電動バス、電気自動車の充電場、小型モビリティ車両の実証実験を夏より開始 | トップページ | 欧州気候基金 European Climate Foundationは、2050年の低炭素社会についてのロードマップ Roadmap 2050 をまとめた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/48682154

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロソフト、アメリカの家庭の省エネ診断、ランキング機能付きのMicrosoft Hohm Scoreを発表。手軽に比較し、情報交換できるソーシャル機能あり:

« 国土交通省、環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験地を選定。電動バス、電気自動車の充電場、小型モビリティ車両の実証実験を夏より開始 | トップページ | 欧州気候基金 European Climate Foundationは、2050年の低炭素社会についてのロードマップ Roadmap 2050 をまとめた »