« LEGO、水力、太陽電池、風力など再生可能エネルギーの計測し学ぶ「レゴ エネルギーセット」を発売 | トップページ | 日産自動車、12月発売の「日産リーフ」予約、2010年度目標の6,000台を2ヵ月で達成。車両接近通報装置搭載車両も公開 »

2010/06/11

イギリスの省エネモニター、カレントコスト Current Cost、グーグルパワーメーター Google PowerMaterを採用

 Google Power Materは、Googleが進めるエネルギーモニターのソフトウェアです。これまでに10社の電力会社(*)と今回のカレントコスト Current Costを加えて、AlertMeThe Energy Detective (TED)など3社のエネルギーモニターメーカーが採用を決めています。TEDについては、下のように昨年の10月に記事をアップし、省エネモニター関連の仕事をされている方に大変刺激になった、と記事の評価をいただきました。

Googleが選んだパワーメーター対応の最初の電力測定器は、TED 5000。アンドロイド携帯で電力の見える化、そして管理へ-----しなやかな技術研究会、2009/10/21

 今回のイギリスの省エネモニター、カレントコスト Current Costも基本的には他社のものと同じ機能です。分電盤内にクランプ式の電力センサーを取り付け、データーを無線でメーター部まで送る。メーター部は、電力消費量の推移を、リアルタイムに表示するとともに、1日、月というふうにデーターを蓄積していきます。そして、そのデーターを解析し、わかりやすく整理するソフトが付属するわけです。そして、今回さらにGoogle Power MaterというGoogleが作った解析、およびモニターソフトの採用を決めたというわけです。Google Power Materを使うためには、パソコンとインターネット環境が必要、またそれを使うことで、世界中どこからでも、自宅の電力消費量や電力料金を把握できます。電力会社が、グリーン電力、夜間電力などの選択肢を用意していればしているほど、どの契約が有利か判断する材料を提供してくれるツールとしての価値が上がります。カレントコスト社は、アメリカへの上陸を決め、家庭用電力モニター機器メーカーとして躍進するチャンスを得ようとしています。
 日本の企業が、Google Power Materについて、非常な関心をもっていることは知っています。しかし、電力業界、そして固定的な電力料金の形態やそれをめぐる制度が、電力の見える化とユーザーの制御という分野における、日本の進歩を世界から取り残しつつあるように感じるのは、錯覚でしょうか、、、、

Largest supplier of energy monitors now compatible with Google PowerMeter-----google.org blog,5/24/2010

" Today we are excited to offer a new way for many more people to access Google PowerMeter: our new Featured Device partner Current Cost - the largest global supplier of real time displays for monitoring energy use. Having already sold one million energy monitoring devices, Current Cost will now offer devices that are compatible with Google PowerMeter. They will also offer upgrades to existing customers so that they too can monitor their energy consumption anywhere online with our software.
.......... "

関連
Google PowerMeter - Save Energy. Save Money. Make a Difference

Exciting times face Current Cost and their one million users, as Google announce Current Cost as their latest featured device partner.-----Current Cost Blog,May 24, 2010

Current Cost / If you have...
...either of the monitors below and a Current Cost Data Cable you can activate Google PowerMeter NOW!

Currentcostsite1
-----image : 上記サイトより

" Google Power Mater
Thanks to a major new initiative launched by Google and Current Cost, the leading global
manufacturer of real-time displays (RTDs), UK householders will now be able to sign-up to
Google PowerMeter, a free online tool that connects to Current Cost devices, enabling users to receive real-time energy information on their customised Google homepage,.......... "

Current Cost energy monitor

(CurrentCost、2008年01月23日)

参考記事
グーグルPowerMeterの可能性-----
ナショナルジオグラフィック ニュース、April 12, 2010


コメント続き

それでも、単に家庭の電力をリアルタイムにただ見せてくれる「無線式の電力モニター」が安価に手に入るだけで、Google Power Materのようなユニバーサルな機能がなくても、省エネの現場では大きな力になります。エアコンのスイッチを1度さげるだけで、待機電力を可能な限り少なくするだけで、照明をコンパクト蛍光灯やLEDに変えるだけで、私たちの消費電力は見る間に減っていきます。その減るようすを、リアルタイムにその場で見ることができるだけで、省エネの効果があります。ぞんな使いやすい家庭用の無線式の電力モニターを必要としています。
 家電やIT機器の先進国であった日本で、こんな歯がゆい思いをする理由は、どこにあるのか? その原因をどこに求めるのか? 重要なポイントです。
 Google Power Materを日本で使いたいとつぶやいてみるだけで、そのポイントが突けます。
 下のサイトに日本の電力会社、日本のGoogle Power Mater採用の家庭用電力計が登場するのは、いつ。なぜ登場しないの?(t_t)

Start saving energy and money now with Google PowerMeter.

参考エントリー
-----Google GreenPostサイト横断検索 : google power mater-----


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク----------掲示板

[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« LEGO、水力、太陽電池、風力など再生可能エネルギーの計測し学ぶ「レゴ エネルギーセット」を発売 | トップページ | 日産自動車、12月発売の「日産リーフ」予約、2010年度目標の6,000台を2ヵ月で達成。車両接近通報装置搭載車両も公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/48594266

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスの省エネモニター、カレントコスト Current Cost、グーグルパワーメーター Google PowerMaterを採用:

« LEGO、水力、太陽電池、風力など再生可能エネルギーの計測し学ぶ「レゴ エネルギーセット」を発売 | トップページ | 日産自動車、12月発売の「日産リーフ」予約、2010年度目標の6,000台を2ヵ月で達成。車両接近通報装置搭載車両も公開 »