« ソーラーインパルス Solar Impulse、試作機を今月予定されているテスト飛行のためにスイスのペイエルン Payernenに移送 | トップページ | プラネットソーラー PLANETSOLAR、世界初の大型ソーラー船を2月25日に公開。2011年4月から世界一周の旅へ »

2010/03/03

新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDO、海水や排水などを高度処理し効率利用する水循環に関するプロジェクトと情報拠点、ウォータープラザを北九州市に開設

 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDO、省エネで高品質な水処理を目指す最新の水循環技術に具体的なプロジェクトとそれらの情報を国内外に発信し、技術普及を行う「ウォータープラザ」を北九州に開設すると発表しました。NEDOは、北九州市との間で「省水型・環境調和型水循環プロジェクト/水資源管理技術研究開発/水資源管理技術の国内外への展開に向けた実証研究」の実施において、相互協力を進めるため覚書を締結。具体的には、海水淡水化と下水再利用の統合による造水プラントを建設し、水処理技術の開発及び管理運営ノウハウの蓄積し、かつ同時に開設するウォータープラザにより国内のみならず海外にも情報を発信し、水・エネルギー問題の解決を目指すということです。関係する企業とプロジェクトも発表されています。

プレスリリース / 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、平成22年2月26日
北九州で国内初の「ウォータープラザ」を開設

Img01
-----image(”「ウォータープラザ」全体システム概念図”) : 同リリースより

" NEDOは、国内初となる先進の水循環システムの開発から、管理・運営ノウハウの実証・蓄積、さらには国内外に情報発信して技術普及を進めることを目的とした「ウォータープラザ」を開設することで合意し、覚書を締結しました。
 「ウォータープラザ」は、下水および海水から、省エネルギーかつ低コストで高品質な再生水の造水、ユーザーへの供給等、自治体、国、民間企業がそれぞれの特長を活かして連携する水ビジネスの運営ノウハウを研究開発するモデルケースになることが期待されます。
..........
2.事業概要

(1)プロジェクト名及び事業名
プロジェクト名:省水型・環境調和型水循環プロジェクト
事業名:水資源管理技術研究開発/水資源管理技術の国内外への展開に向けた実証研究

(2)事業実施者(NEDOからの委託先)
(株)日立プラントテクノロジー、東レ(株)

(3)実証場所
北九州市「日明浄化センター」内(敷地面積:約5,000m2)

(4)実証期間
2009年10月~2014年3月(予定)

(5)実証概要
 対象となる浄化センターに、海水淡水化と下水再利用を統合することによる国内最大規模の省エネルギー型造水プラントの運営実証を行う「デモプラント」と、多様な水処理要素機器の試験が行える「テストベッド」を設置します。これは運営実証と機器試験の両方を備えた国内初の施設となり、また、見学者を受け入れることで国内外に情報発信します。
 「デモプラント」では、下水をMBR(*2)とRO膜(*3)で処理することで再生水を製造するとともに、この際に発生するRO膜の濃縮水を海水淡水化プロセスに投入することで塩分濃度が希釈され、システム全体のエネルギー消費量の従来と比較して約30%削減を図ります。
造水能力:約1,4000m3/日[下水からの造水量:約1,000m3/日、海水からの造水量:約400m3/日]
利用先:九州電力株式会社にて工業用水として利用予定。
 また、「テストベッド」では、日本の企業・グループがポンプや膜といった装置・機器を盛り込み、様々な水処理要素技術の開発・実証を行うための共用スペースとなります。

(6)実証研究の特長
海水淡水化と下水再利用の統合による国内最大規模の省エネルギー型造水プラントを建設し、実証運転を行います。
下水および海水から、省エネルギーかつ低コストで高品質な再生水の造水、ユーザーへの供給等、自治体、国、民間企業がそれぞれの特長を活用して連携する水ビジネスの運営ノウハウを研究開発するモデルケースになります。
.......... "

関連
北九州市と環境にやさしい水処理を推進-----NEDO,平成22年3月1日

北九州市に先進の水循環システムの技術開発・運営実証・情報発信拠点「ウォータープラザ」を開設-----東レ、2010年2月26日

水循環、100兆円市場開拓へ技術底上げ NEDO、北九州市に総合拠点-----SankeiBiz,2010.3.1

コメント続き

 日本の水処理、特に膜面技術は世界に冠たるものがあると聞きます。是非、素材技術だけでなく、応用やシステムプラントにおいても、世界にリード貢献していってほしいと思います。
 つい先日も、ノルウェーで世界初の浸透膜発電(osmotic power)の実証プラントが稼働しました。水処理だけでなく、水をめぐるさまざまな技術において、水資源に恵まれた、海洋国日本としての展開を期待しています。(t_t)

ノルウェーで世界初の浸透膜発電(osmotic power)の実証プラントが稼働-----ソフトエネルギー、2009/11/30


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2しなやかな技術研究会のタイムライン3しなやかな技術研究会のタイムライン4 ]--



[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« ソーラーインパルス Solar Impulse、試作機を今月予定されているテスト飛行のためにスイスのペイエルン Payernenに移送 | トップページ | プラネットソーラー PLANETSOLAR、世界初の大型ソーラー船を2月25日に公開。2011年4月から世界一周の旅へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/47705984

この記事へのトラックバック一覧です: 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDO、海水や排水などを高度処理し効率利用する水循環に関するプロジェクトと情報拠点、ウォータープラザを北九州市に開設:

« ソーラーインパルス Solar Impulse、試作機を今月予定されているテスト飛行のためにスイスのペイエルン Payernenに移送 | トップページ | プラネットソーラー PLANETSOLAR、世界初の大型ソーラー船を2月25日に公開。2011年4月から世界一周の旅へ »