« プラネットソーラー PLANETSOLAR、世界初の大型ソーラー船を2月25日に公開。2011年4月から世界一周の旅へ | トップページ | グーグル Google PowerMater パワーメーターがほしい! »

2010/03/05

イベント 3/20-21 生物多様性EXPO2010in 大阪

-----イベント案内(環境省)より-----

" 「生物多様性EXPO2010 in 大阪」の開催について(お知らせ)
環境省は、生物多様性に関する総合展示会「生物多様性EXPO2010in 大阪」を、3月20日(土)~21日(日)に大阪市で開催します。
 この展示会は、
[1]
生物多様性に配慮した事業活動を行っている企業等の情報交換や、新たな連携を推進するための場を提供することにより、生物多様性の保全と持続可能な利用に寄与する事業活動等の活性化を促進すること
[2]
生物多様性に配慮した商品やサービスについて紹介することにより、来場者に対して生物多様性の重要性について普及啓発を図ること
を目的としています。3月20日(土)には、地球いきもの応援団のさかなクンによる生物多様性についての楽しいトークショーを予定しています。
 なお、入場料は無料です。多くの皆様の御来場をお待ちしております。

◆事業概要
日時:平成22年3月20日(土)~21日(日)10:00~17:00
開会式:平成22年3月20日(土)9:45~10:00
会場:グランキューブ大阪(大阪国際会議場 大阪市北区中之島5-3-51)
出展数:企業、地方公共団体、NPO法人等136団体(213小間)
主催:環境省
後援:文部科学省、農林水産省、経済産業省
協力:COP10支援実行委員会、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、京都市、大阪市、堺市、神戸市、(社)関西経済連合会、(財)日本生態系協会、(財)日本自然保護協会、(財)世界自然保護基金ジャパン、(財)日本野鳥の会、日本経団連自然保護協議会、コンサベーション・インターナショナル・ジャパン
入場料:無料

◆展示会の構成
..........  "

 詳細、お問い合わせは、イベント案内(環境省)をご覧ください。

関連
生物多様性EXPO 2010

環境省 : 生物多様性 -Biodiversity

Convention on Biological Diversity(国際生物多様性年 : IYB:International Year of Biodiversity 担当窓口)

UN : the International Year of Biodiversity

Countdown 2010 - Save Biodiversity

コメント続き

 2010年は、国連の定める生物多様性の年(IYB:International Year of Biodiversity)です。世界各地でさまざまなイベントやプロジェクトが進む中で、2010年10月11日から29日日まで名古屋国際会議場で開催される、生物多様性条約第10回締約国会議(Conference of the Parties 10 : COP10)において、どんな議題で討議がされるのか、気候変動問題とのからみということで注目しています。気候変動問題も、国際的な枠組みとなると国の利害が対立します。生物多用性も、資源と開発、そして国々の利害の対立の場でもあるのでしょう。開催まで、少しづつ情報を集めようと考えています。(t_t)

プレスリリース / 環境省、平成22年3月1日
生物多様性国家戦略2010の策定に関する中央環境審議会の答申について

" 本日、3月1日に開催された平成21年度中央環境審議会自然環境・野生生物合同部会(第3回)において、生物多様性基本法に基づく最初の生物多様性国家戦略である「生物多様性国家戦略2010」の策定に関する答申案が取りまとめられ、同日付けで中央環境審議会会長から答申がなされました。  答申書は、本日、熊谷洋一自然環境・野生生物合同部会長より、小沢環境大臣に手交されます。

1.経緯
..........
2.答申のポイント(別添資料参照) 
(1)中長期目標(2050年)と短期目標(2020年)を新たに設定
○中長期目標(2050年)
生物多様性の状態を現状以上に豊かなものとする
○短期目標(2020年)
生物多様性の損失を止めるために、2020年までに、
・生物多様性の状況の分析・把握、保全活動の拡大、維持・回復
・生物多様性を減少させない方法の構築、持続可能な利用
・生物多様性の社会における主流化、新たな活動の実践

(2)COP10の日本開催を踏まえた国際的な取組の推進を充実
○COP10の成功
○SATOYAMAイニシアティブの推進
○科学的な基盤の強化
○科学と政策のインターフェース(接点)の強化
○生物多様性における経済的視点の導入
○途上国の支援

(3)COP10を契機とした国内施策の充実・強化を実施
○生物多様性の社会における「主流化」の促進
○地域レベルの取組の促進・支援
○絶滅のおそれのある野生動植物の保全施策の充実
○海洋の保全・再生の強化
○自然共生社会、循環型社会、低炭素社会の統合的な取組の推進
3.答申の手交
..........
4.今後の予定
 本答申を踏まえ、本年3月中旬に生物多様性基本法に基づく初めての生物多様性国家戦略となる「生物多様性国家戦略2010」を閣議決定する予定です。

添付資料
答申(生物多様性国家戦略2010)[PDF 1,438KB]
生物多様性国家戦略2010のポイント[PDF 236KB]

2010pointjapanyear_of_biodiversity

-----image : "生物多様性国家戦略2010のポイント"より
.......... "

関連
COP10支援実行委員会 公式ウェブサイト

環境省 生物多様性センター / 生物多様性条約


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2しなやかな技術研究会のタイムライン3しなやかな技術研究会のタイムライン4 ]--



[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« プラネットソーラー PLANETSOLAR、世界初の大型ソーラー船を2月25日に公開。2011年4月から世界一周の旅へ | トップページ | グーグル Google PowerMater パワーメーターがほしい! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/47723660

この記事へのトラックバック一覧です: イベント 3/20-21 生物多様性EXPO2010in 大阪:

« プラネットソーラー PLANETSOLAR、世界初の大型ソーラー船を2月25日に公開。2011年4月から世界一周の旅へ | トップページ | グーグル Google PowerMater パワーメーターがほしい! »