« 環境省、チャレンジ25キャンペーン(チーム・マイナス6%改)を本格スタート | トップページ | イベント 1/31 いのち×ローカルな農業プロジェクト国際シンポジウム「有機認証ラベルで農業をグリーンジョブにしよう!」 »

2010/01/14

トヨタ、デトロイトのNorth American International Auto Showでコンセプト・ハイブリッドカー FT-CHを発表

 デトロイトで開催中のNorth American International Auto Show(NAIAS)でトヨタが公開したのは、プリウスより小型なコンセプト・ハイブリッドカー FT-CH。そして、今後のトヨタの
未来を担うさまざまな技術も公開されたということです。FT-CHの詳細は明らかにされていませんが、2012年に電気自動車とプラグイン・ハイブリッド、2015年に燃料電池車を世界市場に投入したいというタイムテーブルが発表されました。地味ですが、プリウスにとどまることなく、世界市場を牽引する意志を感じさせるものだったようです。

プレスリリース / Toyota,January 11, 2010
Toyota Unveils Compact Dedicated Hybrid Concept, Reveals Future Plan for 'Prius Family' North American Marketing Strategy

Ftchstudio2prvFtchstudio4prv
-----image(”2010 NAIAS - Toyota FT-CH Concept 013 January 11, 2010”) : 同リリースPhotoより

" Advanced Battery R&D and Manufacturing Capacity will Rise with Scheduled Roll-out of Plug-in Hybrids, Fuel Cells and Battery Electric Vehicles

Toyota Motor Sales (TMS), U.S.A, Inc., today unveiled the FT-CH dedicated hybrid concept at the North American International Auto Show (NAIAS) in Detroit. The FT-CH is a concept that would address Toyota’s stated strategy to offer a wider variety of conventional hybrid choices to its customers, as it begins to introduce plug-in hybrids (PHVs) and battery electrics (BEVs) in model year 2012, and hydrogen fuel cell vehicles (FCHVs) in 2015 in global markets.

“Within the next 10 to 20 years, we will not only reach peak oil we will enter a period where demand for all liquid fuels will exceed supply,” said Jim Lentz, TMS president. “A century after the invention of the automobile, we must re-invent it with powertrains that significantly reduce or eliminate the use of conventional petroleum fuels. One of many alternatives is through what is commonly called the electrification of the automobile. By far, the single most successful example of this has been the gas-electric hybrid.”

The CH stands for compact hybrid as in compact class and it’s a concept that can best be defined by comparing it with the mid-size class Prius. The FT-CH captures the spirit and functionality of a car that thrives in the inner-city environment; sized right to be nimble, responsive and maneuverable.
.......... "

関連
Toyota FT-CH Compact Hybrid Concept Car

(ToyotaUSA, January 11, 2010)-----ToyotaUSA's Channel : Auto Shows & Events-----2010 Detroit Auto Show: Toyota unveils FT-CH Hybrid Concept

Medialink : Cars of the Future -Today

Toyota Fuel Cell Vehicle Demonstration Program Expands-----Toyota,January 11, 2010

コメント続き

 トヨタアメリカの代表の言葉、

“Within the next 10 to 20 years, we will not only reach peak oil we will enter a period where demand for all liquid fuels will exceed supply,” said Jim Lentz, TMS president.

 

「次の10年から20年の間に、私達はピークオイルに到達するだけでなく、すべての燃料の需要が供給を上回る時期を迎えます」

 枯渇ではなく、安く質のいい燃料で繁栄した時代の終わりを口にしたわけです。すでにこの認識は、世界の企業のトップの間、そして指導者の間では共通の認識となっています。

 問題は、私たちと新しく生まれた現政権がどこまで、それらを認識し、今後のエネルギー、気候変動問題の解決という課題に最優先事項として国を挙げて取り組むことができるのか? です。高く質の悪い燃料のもとで、気候変動や環境破壊により農業、水、森林などを適切に計画的に政治に盛り込むことが、まさに今必要です。

 ところで、電気自動車では中国やアメリカのメーカーが結構な投資を集めて、本格稼動しそうですね。そのあたりも興味深い展開のあったデトロイトだったようです。(t_t)

参考
2010 Detroit Auto Show: The Confusing Wrongness of Electric Avenue-----Green Car Reports,January 12th, 2010


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2しなやかな技術研究会のタイムライン3しなやかな技術研究会のタイムライン4 ]--



[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 環境省、チャレンジ25キャンペーン(チーム・マイナス6%改)を本格スタート | トップページ | イベント 1/31 いのち×ローカルな農業プロジェクト国際シンポジウム「有機認証ラベルで農業をグリーンジョブにしよう!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/47284542

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ、デトロイトのNorth American International Auto Showでコンセプト・ハイブリッドカー FT-CHを発表:

« 環境省、チャレンジ25キャンペーン(チーム・マイナス6%改)を本格スタート | トップページ | イベント 1/31 いのち×ローカルな農業プロジェクト国際シンポジウム「有機認証ラベルで農業をグリーンジョブにしよう!」 »