« マツダ、『プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド』を山口県に納車 | トップページ | COP15への道。21世紀の世界に影響を与える大きなイベント、国連気候変動枠組条約締約国会議をウォッチしよう! »

2009/12/04

イギリス、2020年までに全戸に電力用スマートメーター導入を完了する大規模なスマートグリッド化計画を発表

 イギリス政府は、2020年までに全土で全戸にスマートメーターの導入を完了する大規模なスマートグリッド化計画を発表しました。スマートメーターとは、さまざまな通信手段により電力の消費の見える化、そして将来的には制御を可能にする電力計の進化した形の計量器とそのシステムのことです。それにより、省エネ、節約、そして温暖化効果ガスの削減が可能になります。また、電力網も発電から一般家庭や工場などの施設までが高効率化、さらに最新のIT技術を屈指してダイナミックでかつさまざまな危機管理にも対応できるようになることが期待されています。
 イギリスのエネルギー&気候変動省は、Smarter Grids:The Opportunityというパンフレットの公開を行いました。国の電力、さらにはガス用のスマートメーターも開発し、エネルギー全体の有効な管理を模索する動きは、国民にも納得がいく形で進んでいる点がなにより印象的でした。2020年という近未来を政府がより具体的な形で国民に描こうとしている点が非常に印象的です。
 以前から販売されていてるGoogleのパワーメーター用のフリーウェアである”Google Power Meter”対応のイギリス製のスマートメーターも、この発表を受けてさらに販売がのびそうです。

プレスリリース / UK Department of Energy and Climate Change,02 December 2009
UK energy system gets smart

" ・All homes will have smart meters from their supplier by end of 2020
・Smart energy use will save consumers money, make electricity use more efficient and cut carbon emissions
・The case for developing smart grids in the UK is also being published

£6 million to develop smart technology

Smart meters will be rolled out through energy suppliers to every home by the end of 2020 under final plans published today by Energy and Climate Change Minister Lord Hunt. A paper setting out the case for developing smart grids in the UK is also being published.

Lord Hunt said:

“A global climate deal in Copenhagen needs all countries to make the most ambitious commitments possible, but it will also require all of us to change how we lead our lives and how we generate our energy.

“Smart meters will put the power in people’s hands, enabling us all to control how much energy we use, cut emissions and cut bills.

“Smart grids will help manage the massive shift to low carbon electricity such as wind, nuclear and clean fossil fuels.
.......... "

関連
Department of Energy and Climate Change : Developing a UK Smart Grid
Smarggridukcover2009
-----image : "Developing a UK Smart Grid"カバー(A4,p35,pdf)、下: いずれも同書より。関心のある方は是非ダウンロードしてください。-----
Smarggridukcover2009p5
Smarggridukcover2009p8

Department of Energy and Climate Change : Smart electricity and gas meters

Empowering the UK with Google PowerMeter-----Official google.org Blog,10/27/2009


追加情報
KEY MILESTONE FOR SMART METERS ROLLOUT-----Department of Energy & Climate Change(イギリス エネルギー・気候変動省)、12 DECEMBER 2012


コメント続き


 Official google.org Blogの記事で紹介されているように、Google パワーメーターは、first:utility社にライセンス供与され、さらにいくつかのスマートメーターに対応する形ですでに利用可能なようです。
 同じ記事中で紹介されていたAlertMeは、こんなビデオクリップで紹介されています。

Save energy and money by connecting to your home with AlertMe Energy

(alertmedotcom,2009年10月19日)

 この無線式のスマートメーター、AlertMeという商品名で挟み込んで磁界の強さから電流値を計測し、消費電力量をリアルタイムに表示するenergy基本セットが69英ポンドということですから、1万円。もともとセキュリティシステムだったものをこの機会にエネルギーモニター機能を追加できるようにしたようですね。

Alertmecompo
-----image : AlertMe Products Smart Energy and Monitoring Solutions(AlertMe : Google Power Meter)より

 使い方はとてもシンプル。日本でも需要はあると思います。イギリスは、スマートグリッドの本格利用に動きだしました。この技術は、自由で民主主義が十分に成熟した国でないと管理社会になる可能性があると警告されている技術です。ただ、日本においても節電の合理的な見える化と自動制御はすでにシステムとしては必然だと思います。都会においては、強省エネ社会を、そして地方には、水と動植物や森林の保全、農業、林業による国土保全。それにより、都会と田舎のそれぞれの気候変動とエネルギー問題への解決策が風土の中で見えてくることが望ましいと考えています。日本の都会の人口とサービスの手中度は、うまく発展させれば、最小のエネルギーで人間が最大の恩恵を受けることができる豊かな極省エネ社会の実験上になります。また田舎は、小規模分散型電源に象徴されるような自治、自律といった文脈の中で、国土の環境と保全をになうと同時に都会のオアシスにもなるという豊かな国土の利用計画も夢ではないと思います。(t_t)


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

|

« マツダ、『プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド』を山口県に納車 | トップページ | COP15への道。21世紀の世界に影響を与える大きなイベント、国連気候変動枠組条約締約国会議をウォッチしよう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/46930475

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス、2020年までに全戸に電力用スマートメーター導入を完了する大規模なスマートグリッド化計画を発表:

« マツダ、『プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド』を山口県に納車 | トップページ | COP15への道。21世紀の世界に影響を与える大きなイベント、国連気候変動枠組条約締約国会議をウォッチしよう! »