« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/30

東海大、豪ソーラーカーレースを制す! Tokai Challenger号優勝

 東海大学のTokai Challenger号チームは、オーストラリアで開催された第10回グローバル・グリーン・チャレンジのチャレンジクラスで他を大きく突き放し優勝を果たしました。すごいスピードでオーストラリアの褐色の大地を駆け抜けました。

2009 GGC - Day4 Adelaide

" グローバル・グリーン・チャレンジ(Global Green Challenge: GGC)、大会4日目。東海大のTokai Challengerは、ダーウィン次官14:09に、アデレード郊外の計時点に到着 。Nuonの大会5連覇を阻止し、初優勝を決めた。 "
(TVZDP,2009年10月28日)

関連
Zero to Darwin Project : 2009GGC2

世界最大級のソーラーカーレースで東海大学チームが優勝-----シャープ、2009年10月29日
091029a
-----image(”ゴール後の東海大学チームと「Tokai Challenger」”) : 上記リリースより

シャープ : グローバル・グリーン・チャレンジ参戦レポート

Wikipedia : ワールド・ソーラー・チャレンジ

太陽味方に 東海大V 豪ソーラーカーレース-----東京新聞、2009年10月29日

Eco-Cars Race Across The Outback

(cnyyk1,2009年10月27日)

コメント続き

続きを読む "東海大、豪ソーラーカーレースを制す! Tokai Challenger号優勝"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/10/29

安曇野パーマカルチャー塾 2009 twitterの記録 Sun, Oct 25-26

 この前の土日は、3回目となる自然エネルギーの講師として参加させていただいている安曇野パーマカルチャー塾に行ってきました。40年間近く進化しつづける宿、シャロムが新しく開いたゲストハウス シャンティクティで開催されてきた安曇野パーマカルチャー塾の体験は、私にとってもとても勉強になる素敵な内容です。。
 1年に1度のペースで訪れさせていただいているだけなのですが、毎年どんどん場所が整備され、今年は立派な畑も西側の斜面に6畝ほど広がり、計画の全貌が見えてきました。場所も落ち着き、いるだけで癒されます。将来自分も構築したいとかんがえているライフスタイルが、浮かんできて、つい興奮してしまうほどでした。

2009azuminopermacultureschool2
-----image : 2009 安曇野パーマカルチャー塾

 パーマカルチャーという言葉を始めて聞く方は、パーマカルチャー安曇野塾
レポートの過去の記録
をご覧いただき、さらに詳しくという方は、自然食通信社から発行されているパーマカルチャーしよう!をお読みいだけると詳しくわかります。しな研でも、勉強させていただきたいと考えている、暮らし方です。
 さて、今回はiPhone初心者がtwitterを使い始めて初というイベントでのつぶやきもしてみました。断片ですがお試しということで、こんなところで勘弁してください。以下に掲載してみました。


Sun, Oct 25


  • 05:47  安曇野パーマカルチャーツァー アースオーブン

  • 05:55  パーマカルチャー塾の朝は早い

  • 06:16  大峰高原大カエデの朝

  • 06:17  御来光は?

  • 07:02  ストローベイル Cobハウス

  • 07:03  ストローベイル Cobハウス 写真

  • 07:50  安曇野パーマカルチャー塾 農業実習

  • 07:55  ノマド バックパッカーのあこがれ

  • 08:06  安住野パーマカルチャー塾 熱心な参加者たち

  • 09:05  安曇野パーマカルチャー塾 自然エネルギー講座

  • 10:45  安曇野パーマカルチャー学校 ブランチ


Powered by twtr2src.


Mon, Oct 26



  • 13:29  昨晩、長野から中央道で国立に戻ろうとしたが、あまりの混雑に、がまんできずに大月で下り、ひさしぶりの道志道。高速道路料金の千円効果ってなんなんだ? 帰りが一番疲れました。

  • 16:17  この週末、長野にいたのに、そういえば、温泉もそばもなし。もうすこしゆっくりできればよかったなぁ。

  • 16:38  安曇野パーカルチャー塾でお世話になったゲストハウス シャンティクティ。オルターナティブなヴィジョンで進化する宿 http://www.ultraman.gr.jp/~shantikuthi/ ;; もう写真がアップされていた! http://bit.ly/2jdVjt


Powered by twtr2src.

関連

続きを読む "安曇野パーマカルチャー塾 2009 twitterの記録 Sun, Oct 25-26"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/28

三菱化学、太陽光発電によるトラック冷房システムを開発、アイドリングストップによる燃費・CO2排出の実証実験を開始

 三菱化学が、10t大型トラック2台の屋根に同社が開発したアモルファスシリコン900Wpを取り付け、冷房用の電源として利用する実証試験を開始したそうです。
 一般家庭用の太陽光発電冷房装置は、600Wp程度から可能という話を聞いたことがありますので、大型トラックの運転室内の冷房用とであれば十分な容量に思えます。太陽電池も軽量なアモルファスを利用しているということも、メリットであり、車への太陽電池の用途開発の実証実験としても興味深いです。

プレスリリース / 三菱化学、平成21年10月22日
太陽光発電によるトラック冷房システムを開発、試作車での実証実験を開始

102202
-----image : 同リリースより

" アイドリングストップによる燃費改善、CO2排出削減が可能に
太陽光発電によるトラック運転室内の冷房システムを開発
三菱化学株式会社 (本社: 東京都港区、社長: 小林 喜光、以下「当社」) は、太陽光発電によるトラック運転室内の冷房システムを開発いたしました。
.....
開発中の有機太陽電池は「究極の薄膜・軽量」――トラック冷房は極めて有望な用途
当社は有機太陽電池 (※1) の2015年の量産開始を目指し研究開発に注力しておりますが、それと並行して、有機太陽電池の「究極の薄膜・軽量」という特長を活かせる新規用途の開発にも努めております。
今般の太陽光発電によるトラック冷房システムは、軽量のため走行に支障を来たさないアモルファスシリコン系薄膜太陽電池 (※2) の採用により初めて実現できた極めてユニークな用途であり、当社の有機太陽電池が実用化されたあかつきには、製造コスト低減や取扱いの簡便さ、さらなる薄膜・軽量化が相まって、よりいっそうの普及が期待されます。
当社は、発電効率に優れた結晶シリコン系太陽電池、現在既に実用可能となっているアモルファスシリコン系薄膜太陽電池、究極の薄膜・軽量化を達成できる有機太陽電池を、それぞれの特長を最大限に活かすべく最適に組み合わせながら、トラック冷房システム・建材一体型太陽電池・植物工場等、太陽電池の多様な用途可能性を引き続き追求してまいります。

トラック運送業界のCO2排出削減は喫緊の課題――国土交通省も当社の取組みを支援
.....
102201
102202_2
102203
102204
-----image : 同リリースより(上から、【試作車】(全体像)-(ウィングを上げた状態)-(走行中の試作車を斜め上から撮影)-【冷房室内機と実験データ記録装置】
.....
システムの目的
● 太陽光発電で冷房機を運転することにより、停車中の運転室内の快適性を向上させ、軽油消費を削減し、CO2の排出量を削減する。
.......... "

コメント続き

続きを読む "三菱化学、太陽光発電によるトラック冷房システムを開発、アイドリングストップによる燃費・CO2排出の実証実験を開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/27

東芝、モバイル燃料電池「DynarioTM(ディナリオ)」を3000台限定発売を開始

 東芝が、モバイル機器のバッテリー切れに対応するためのモバイル機器用メタノール燃料電池を開発、10月29日から3,000台の限定販売を開始すると派発表しました。価格は、本体29,800円、東芝燃料カートリッジ5本セッが3,150円だそうです。

 まあ、モバイル機器の電源としては高価だけど、サンプルと考えて買う人も結構いるんでしょうね。

プレスリリース / TOSHIBA,2009年10月22日
モバイル燃料電池「DynarioTM(ディナリオ)」の発売について

Dynario
-----image : 同リリースより

" ダイレクトメタノール方式を採用した燃料電池を商品化
.....ダイレクトメタノール方式を採用した、携帯電話などのモバイル機器注1向けの燃料電池「DynarioTM(ディナリオ)」を商品化し、当社直販ウェブサイト「Shop1048注2(ショップトウシバ)」(http://shop1048.jp/)において、本日から受付を開始し、10月29日から3,000台限定で順次発送します。また、モバイル燃料電池本体の発売と同時に、専用の燃料カートリッジも同時に発売します。
.....1回燃料を注入すると携帯電話を約2回充電することが可能です。注4
当社は燃料に高濃度メタノールを使用する技術を開発し、燃料電池、燃料カートリッジの小型・軽量化を実現しました。さらに、メタノールを少ない液量で発電できる独自のセル技術とともに、燃料をより均一に、かつ安定して発電部へ供給する機構の採用および自社開発の内蔵マイコンによるきめ細かな制御を行い、出力の安定化、信頼性の向上を図っています。
また、モバイル燃料電池「DynarioTM」及び東芝燃料カートリッジは、IEC(国際電気標準会議)の安全性規格(暫定版)に準拠しています。東芝燃料カートリッジは、東洋製罐株式会社と共同開発したものです。
注1
充電可能な機器については、動作確認後ホームページに掲載しますので、ご覧ください。(http://www3.toshiba.co.jp/ddc/dynario/)
注2
Shop1048とは、当社のデジタルAV商品・パソコン・周辺機器・オプション品や、ダウンロードソフトなどの商品を販売する、オンラインショッピングサイトです。インターネットを通じて商品を購入したいというユーザーニーズに対応し、今後も販売商品を拡充していきます。
注3
注入時間は使用状況によって異なります。
注4
充電回数、充電時間は充電対象製品および使用状況によって異なります。
新商品の概要

商品名 モバイル燃料電池 DynarioTM(ディナリオ)
型式 PF60A000001
価格 29,800円(税・送料込み)
発売日 10月29日


東芝燃料カートリッジ MC050A00001 3,150円(5本セット、税・送料込み)
.....
新商品の主な仕様
モバイル燃料電池「DynarioTM(ディナリオ)」
.....
使用燃料 高濃度メタノール(東芝燃料カートリッジ)
出力 DC 5V 400mA
.....
外形寸法約150mm(幅)×74.5mm(高さ)×21mm(奥行)(スタンド収納時)
質量(重さ)約280g(燃料(メタノール)を除く)
燃料タンク容量 14ml
.......... "

Cartridge2-----image : 上記リリースより

関連
東芝 : モバイル燃料電池Dynario

コメント続き

続きを読む "東芝、モバイル燃料電池「DynarioTM(ディナリオ)」を3000台限定発売を開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/23

TOYOTA、2.4L小型ハイブリッドセダン「SAI」を発売

 東京モーターショー開催に合わせて、多くの車が発表されています。トヨタは、2.4L小型ハイブリッドセダン「SAI」の発売を発表、12月7日から早々と販売を開始するそうです。

プレスリリース / トヨタ、2009/10/20
TOYOTA、新型車「SAI」を発売

Nt09_078
-----image(SAI G“ASパッケージ”<オプション装着車>) : 同リリースより

" TOYOTAは、新型車SAI(サイ)を開発し、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて、12月7日より発売する。

 SAIは、その名の由来である「才」と「彩」をコンセプトとして開発、「才に満ちた先進性」と「彩を放つ上質感」を兼ね備えた、ハイブリッド専用セダンである。

 具体的には、2.4Lハイブリッドシステムの搭載などによる優れた燃費性能に加え、植物資源が原料のエコプラスチックを、圧倒的な使用量となる室内表面積の約60%に採用することで、環境への配慮を徹底。また、取り回しの良さと居住性、洗練された品格のあるセダンスタイルと空力性能を高次元でバランスさせた高効率パッケージを採用。さらに、プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)の設定をはじめとした先進装備による高い安全性能に加え、高級車にふさわしい走りと上質な乗り心地を実現するなど、お客様のライフスタイルを豊かにする「才」と「彩」を併せ持つ、これからの時代の「小さな高級車」である。
.....
【車両概要】

《才に満ちた先進性》

1.優れた燃費・環境性能


2.4Lアトキンソンサイクルエンジンとモーター、リダクションギヤを組み合わせたハイブリッドシステム「リダクション機構付のTHS II」を搭載。ゆとりの動力性能を確保しながら、コンパクトカーに相当する23.0km/L【JC08モード走行燃費:19.8km/L。国土交通省審査値】の低燃費を実現
.......... "

関連
TOYOTA SAI

新型車インフォメーション : SAI

TOYOTA : 東京モーターショースペシャルサイト / 出展車紹介

TOYOTA : SAI ウェルキャブ(福祉車両)

トヨタ モデリスタ : SAI カスタマイズパーツ “MODELLISTA ver.(モデリスタ バージョン)”

Toyota Announces Luxury Hybrid SAI : DigInfo

(Diginfonews,2009年10月20日)

TOYOTA、東京モーターショーに 小型FRスポーツ、プラグインハイブリッド車、都市型EVの新たなコンセプトカーを出展-----TOYOTA,2009/10/06

" .....3.「FT-EV II」(世界初出展)
モビリティの用途・使用するエネルギーの特性・供給インフラの整備状況に応じて、最適なモビリティを賢く使い分け、EVが普及する未来のモビリティ社会を想定した、都市生活において使い勝手の良いパッケージを特徴とする近距離移動用の小型EVコンセプトモデル..... "

Nt09_070_3
-----image(”FT-EV II”) : 上記リリースより

コメント続き

続きを読む "TOYOTA、2.4L小型ハイブリッドセダン「SAI」を発売 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/22

イベント 11/5 研究成果発表会「地球温暖化と農林水産業」 農業環境技術研究所

-----イベント案内より-----(要事前申込)

091021011pdf
-----image : 添付資料(pdf)より

" 研究成果発表会「地球温暖化と農林水産業」の開催について
農林水産省では農業環境技術研究所、農業・食品産業技術総合研究機構、森林総合研究所、水産総合研究センター、(開催事務局代表:農業環境技術研究所)との共催で研究成果発表会「地球温暖化と農林水産業」(環境・食卓の現在と未来)を11月5日(木曜日)13時から東京国際フォーラム(ホールD7、ホールD5)にて開催いたします。多数の参加をお待ちしています。なお、研究成果発表会は公開です。また、カメラ撮りは可能です。

研究成果発表会の開催

地球規模で進む温暖化は、産業活動に伴う二酸化炭素など温室効果ガスの増加が主な要因であり、我が国では、水稲の高温障害、果実の着色不良などの影響が現われてきています。
このため、農林水産省では、平成18年度より、(1)農林水産生態系からの温室効果ガスの排出削減と炭素吸収源機能の向上を図るための技術開発、(2)地球温暖化が将来の農林水産業に与える影響評価、(3)高温障害等に適応する技術開発を行うプロジェクト研究「地球温暖化が農林水産業に及ぼす影響評価と緩和及び適応技術の開発」を実施しています。
本研究成果発表会では、プロジェクト研究の成果を中心に、温暖化対策のための最新の研究成果を講演会とポスターで分かりやすく紹介します。

開催日・場所
日時:平成21年11月5日(木曜日)13時~17時
場所:東京国際フォーラム:ホールD7〈講演会〉、ホールD5〈ポスター会場〉(東京都千代田区丸の内3丁目5番1号)
スケジュール

1.講演13時~16時(ホールD7)
2.ポスター発表16時~17時(ホールD5)
研究発表会の内容

1.(全体講演)地球温暖化現象と農林水産業
2.農業における温暖化影響の現状・予測と適応技術
3.農業における温室効果ガス排出削減対策
4.林業における影響予測と温暖化防止技術
5.水産業における温暖化影響予測と適応技術
6.ポスター発表(66件)
その他の事項

1.参加費は無料です。
2.参加の申し込みは、下記のURLから、必要事項を記載の上、登録をお願いいたします。
注)上記の参加者に関する情報は、本研究成果発表会の連絡以外には一切使用しません。
〈参加登録申し込み〉
URL www.ondanka-aff.com
〈電話による問い合わせ〉略

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)
研究成果発表会リーフレット(案内図付)(PDF:1,162KB)
0910210122pdf
-----image : 添付資料(pdf)より "

 詳細、お問い合わせは、イベント案内をご覧ください。

関連
地球温暖化と農林水産業-環境・食卓の現在と未来

続きを読む "イベント 11/5 研究成果発表会「地球温暖化と農林水産業」 農業環境技術研究所"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/21

Googleが選んだパワーメーター対応の最初の電力測定器は、TED 5000。アンドロイド携帯で電力の見える化、そして管理へ

追加情報
 Google PowerMeter サービス終了となります。

グーグル、Google Power Meterのサービス打ち切りを発表-----しなやかな技術研究会、2011/06/30

An update on Google Health and Google PowerMeter-----Google Blog,
6/24/2011

 以下、2009/10/21の記事となります。


 以前お伝えしたように、Googleが進めるパワーメータープロジェクトに参加する電力会社が増えてきています。新しい電力網というエネルギーにおけるキーテクノロジーに対するGoogleの取り組みは大きな注目を集めています。
 そのGoogleがパワーメータープロジェクト初のパートナーとして選んだのは、TED (The Energy Detective)社のTED 5000。TED 5000は、インテリジェンスな電力量計だ。電力の見える化により、電力を管理するツールだと同社は、このメーターを説明しています。要は、電力消費を把握する人は、管理もできるということです。

 

" How exactly does TED help? It's really a simple concept - If you can measure it, you can manage it. "

 仕様は、欧米で普及しつつあるプログラム内蔵の無線式(無線LANも含む)ハンディ電力量計です。測定部分は、電力の分電盤内部にクランプ式の電流計を取り付け、それを離れた場所にある測定部まで無線で飛ばしています。消費電力の見える化が電気を使っている場所で一目でわかります。そして、このモニターは、TEDのものでなくとも携帯でもいいというところで、Google Phoneが登場するわけです。日本でも夏ごろから普及しはじめたGoogleのアンドロイドという携帯用OSを搭載したモバイルフォーン。iPhoneと同じようにさまざまなアプリをインストールして利用できます。そのアプリの一つとして、Google PowerMeterがリリースされるということです。Google PowerMeterを利用するには、Googleが電力会社と提携している必要があります。現時点で、米、印、加、独などの10社あまりと提携契約を結んでいるようです。Googleの進めるエネルギー革命は、家庭という電力消費の現場で、ダイナミックに動き初めました。

Google PowerMeter's first device partner-----Official Google Blog,10/05/2009

関連
About Google PowerMeter / Google PowerMeter

TED (The Energy Detective)
/ TED 5000 Series
Google_power_meter
-----image : 同社のサイトより

参考動画
UNBOXING: TED 5000 - Whole House Energy Monitor

(mavromatic,2009年08月15日)

関連エントリー
グーグル、パワーメーター 計り管理することで、電力の消エネが達成できる! Google、米、印、加の電力8社と提携を発表-----しなやかな技術研究会、2009/05/29

コメント続き
 TED 5000は、よくできた”省エネナビ”です。日本では、同種の製品は省エネナビと検索するとヒットします。

続きを読む "Googleが選んだパワーメーター対応の最初の電力測定器は、TED 5000。アンドロイド携帯で電力の見える化、そして管理へ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/10/20

イベント 10/24-25 アースガーデン"秋" 代々木クラフトフェア

-----イベント案内のサイトより-----
Craft_fair_autumn
-----image : 同サイトより

" アースガーデン“秋”第5回代々木クラフトフェア
日程:2009年10月24日(土)、25日(日)
会場:代々木公園イベント広場&ケヤキ並木
時間:10:00 - 17:00
入場無料・雨天開催
詳細情報はホームページにて随時更新中です。
『アースガーデン WEBサイト』 "

イベントのお知らせより

関連
ブログ

 詳細、お問い合わせは、イベント案内のサイトをご覧ください。

コメント続き
 こんなにたくさんの団体やお店が出展(店)します。晴れるといいですね。(t_t)

続きを読む "イベント 10/24-25 アースガーデン"秋" 代々木クラフトフェア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/19

新「エネループ」は、出荷時の充電に太陽エネルギーを活用。サイクル寿命は、1500回に。iPhone用に買うかも、、

 人気のある三洋電機のニッケル水素充電池シリーズ、エネループが11月に出荷される分から、サイクル寿命が1000回から1500回になり、さらに出荷時の充電には、グリーン電力証書を活用することで、太陽光で発電した電力で充電するということです。商品としてもプレゼンとしても徹底していますね。

プレスリリース / 三洋電機、2009年10月06日
業界No.1※2の「約1500回※3」くり返し使える、新「エネループ」を発売
09100600
-----image : 同リリースより

" 「グリーン電力証書」取得により、出荷時の充電に太陽エネルギーを活用
..........
 三洋電機株式会社は、“くり返し使うライフスタイル”を提案する充電池「eneloop(エネループ)」の単3形・単4形において、業界No.1※2のくり返し使用回数「約1500回※3」を実現した新商品を、発売5年目となる11月14日に発売します。
 「eneloop」は、2005年11月14日の発売以来、「約1000回※3くり返し使える」、あらかじめ充電済なので「買ってすぐ使える」利便性に対して高い評価を頂いています。この度、新開発の技術を投入し、業界No.1※2のくり返し使用回数 約1500回※3を実現しました。さらに、工場からの出荷時の充電に「グリーン電力証書」による太陽エネルギーを利用※1し、“energy(エネルギー)”の“loop(循環)”というコンセプトも進化させています。また、「eneloop」ブランドの充電器および充電器セットも同時にリニューアルし、発売します。
.......... "

関連
三洋電機 : エネループ

コメント続き
 数週間前にiPhoneに乗り換えたのですが、外出時のバッテリーのあがりが早く携帯用のバックアップ電源の購入を検討しています。ニッケル水素電池の単三型を中心にPDAやデジカメのバックアップ体制を作ってきたので、単三電池2本でiPhoneを充電できる市販の充電パック用ケースを購入しようと考えています。エネループの単三2個もついてくる、を使うUSB出力付充電器セット「KBC-E1AS」や「KBC-L3AS」も候補の製品です。

続きを読む "新「エネループ」は、出荷時の充電に太陽エネルギーを活用。サイクル寿命は、1500回に。iPhone用に買うかも、、"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/16

三菱ふそう、海外から「キャンター エコ ハイブリッド」を初受注

 三菱ふそうが、小型トラック「キャンター エコ ハイブリッド」の海外への初の輸出に取り組むということです。出先は、英国に新規のアイルランド、そしてオーストラリアを加え、今後はさらに本格的な輸出へと動くということです。
 
 働く車、商用車の分野でのエコ化が世界規模で進んでいます。毎日の仕事の中で、電気自動車、ハイブリッド車のどちらが向いているのか、またその他の選択肢をどのように工夫していくか、各国、各企業がしのぎを削っています。将来、日本の自動車メーカーが商用車の分野で、現地の工場を稼動させることができるような時代にどの段階でなるのか? ますます注目される分野です。

プレスリリース / 三菱ふそう、2009年10月14日
海外から「キャンター エコ ハイブリッド」を初受注

091014a
-----image(キャンター エコ ハイブリッド(英国実証試験仕様車)) : 同リリースより

" 三菱ふそうトラック・バス株式会社(以下:MFTBC)は、アイルランドおよびオーストラリアの企業から小型トラック「キャンター エコ ハイブリッド」の正式受注により、年内には輸出を開始します。

「キャンター エコ ハイブリッド」は既に2008年1月より、英国で現地企業5社に合計10台納入し、実証試験を実施しています。今回この実証試験を踏まえ、海外への輸出を年内より開始することとしました。

今回のアイルランドとオーストラリアからの新規受注は、「キャンター エコ ハイブリッド」としては初の海外輸出になります。このトラックを利用する企業は、エネルギー会社・食品パッケージ・速達貨物輸送・飲料配達業等と多岐に渡っています。
なお顧客の一つには、アイルランドのダブリンに拠点を置くアイルランド電力公社 (ESB) があります。
ESBは、アイルランドの主要電力供給公共事業で、同社はこの車両を顧客サービスやインフラ整備等に活用する予定です。
..........
2010年には、ハイブリッドトラックの販売を、海外市場へさらに拡大していく予定です。」と述べています。

「将来の輸送のあり方を形成する(Shaping Future Transportation)」構想
今回の海外初のハイブリッド受注は、新型キャンター エコハイブリッドの発売、グローバルハイブリッドセンター (GHC)の設立1周年と並んで、2009年の新たな節目となります。
MFTBCのハイブリッド開発における努力は、ダイムラー・トラック・バス部門の「将来の輸送のあり方を形成する(Shaping Future Transportation)」構想の一部です。
このコンセプトは、商用車の燃費と排出ガスの大幅低減を達成する現在の努力を倍加させることを目指しています。ハイブリッド技術は、ディーゼル燃料の消費を30%抑えることができ、商用車においてCO2削減の主要な役割を果たしています。
.......... "

関連
三菱ふそう : キャンター エコ ハイブリッド

コメント続き

続きを読む "三菱ふそう、海外から「キャンター エコ ハイブリッド」を初受注"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/15

気象庁「日本の気候変動とその影響」を読み、考える気候変動時代の暮らし方

 今日は、世界中のブロガーが今回のテーマ「気候変動」というテーマをブログでアピールする日です。気象庁がまったくタイムリーな報告書をだしたので、今日この日にあわせて読むことにしました。関心のある人、必読と人に勧められたが、なにせ、データー満載で69ページの大冊。読むのにも気合がいります。温暖化懐疑論関連の本も書店では売れているようですが、それらを読むなら”併読”をおすすめします。
 分析は結構という人は、P.58ページからの「4.2 将来の気候変動に対する適応-どのような適応策が必要となるか?」以下数ページをお読みください。あなたと、あなたの家族の気候変動時代の暮らし方にとって大切な情報です。

プレスリリース / 気象庁、平成21年10月9日
温暖化の観測・予測及び影響評価統合レポート「日本の気候変動とその影響」の作成について
Jma200910climatechange
-----image : 「日本の気候変動とその影響」表紙

" 概要
文部科学省・環境省・気象庁は、日本を対象とした温暖化の観測・予測・影響評価に関する知見をとりまとめた統合レポート「日本の気候変動とその影響」を作成しました。

本文
・本報告書は、日本を対象とした地球温暖化の観測・予測及び影響評価分野の知見を簡潔に統合・要約したものです。観測~予測~影響評価の流れが一貫したストーリーとして理解できるような構成と内容とし、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第4次評価報告書(2007年)等の既存の成果に加え、最新の観測データや研究成果等を活用しました。

・本報告書は、一般国民に対する地球温暖化に関する体系だった情報の提供及び省庁や地方自治体が地球温暖化の適応策を立案するための科学的根拠の提供を目的とし、コラム等も活用して解説しています。

・日本の平均気温は1898年以降100年あたり約1.1℃の割合で上昇しています。全世界で追加的な対策をとらない場合、21世紀末までの日本の平均気温の上昇は世界平均の予測値を0.3~0.6℃上回ると予測され、国民生活に関係する広範な分野で一層大きな温暖化の影響が予測されます。洪水、土砂災害、ブナ林の適域の喪失、砂浜の喪失、西日本の高潮被害、熱ストレスによる死亡リスクの被害額の合計は、年あたり約17兆円(現在価値)と試算されます。
 一方、温室効果ガス排出の大幅な削減により、産業革命時から21世紀末までの気温上昇を約2℃に抑えた場合、被害も相当程度に減少すると見込まれますが、一定の被害が生じることは避けられず、その影響に対処するためには、温室効果ガス排出削減と併せて、適応策の実施が不可欠です。

・レポート作成にあたっては、西岡秀三 国立環境研究所特別客員研究員を委員長とする専門家委員会を設置し、レポートの構成等の検討や査読等を実施しました。

・今回公表するレポート(和文)のほか、レポートの英訳版、及び概要パンフレットも作成予定(11月末)です。いずれもホームページに掲載して公開します。
..........
資料全文

温暖化の観測・予測及び影響評価統合レポート「日本の気候変動とその影響」の作成について [PDF形式: 1.3MB]

温暖化の観測・予測及び影響評価統合レポート「日本の気候変動とその影響」 [PDF形式: 6.8MB] "

関連
温暖化の観測・予測及び影響評価統合レポート「日本の気候変動とその影響」の作成について-----環境省、平成21年10月9日

日本の気候変動による影響、被害額は年17兆円-気象庁など公表-----IBTimes,2009年10月13日

コメント続き

続きを読む "気象庁「日本の気候変動とその影響」を読み、考える気候変動時代の暮らし方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/14

シャープ、LEDキャノピー照明<DL-EG001>を発売。9500[lm]/160[W]=約60[lm/W]の施設用LED照明の登場

 シャープが、体育館や施設用の照明として、400Wの水銀灯と同じ直下照度を実現し、全光束9500[lm]で諸費電力160[W]で約60[lm/W]の高い効率のLEDキャノピー照明<DL-EG001>を発売するということです。
 LED灯具、次々に出ます。この発表をみて知り合いの建築家は、外はオレンジ色のナトリウム灯(200[lm/W])、施設内の廊下は、このLEDの照明が使えないかと検討していました。価格は、598,500円ということです。400W形水銀灯の約5倍の長寿命60,000時間で、紫外線をほとんど出さないため、虫が集まりにくく長期間清掃が不要というメリットも検討材料になります。

プレスリリース / シャープ、2009年10月13日
業界トップクラスの明るさ※1と優れた省エネ性能を実現 LEDキャノピー※2照明<DL-EG001>を発売
091013a
-----image : 同リリースより

" シャープは、軒下取付け用として業界トップクラスの明るさ(器具光束9,500ルーメン)を実現するLEDキャノピー照明<DL-EG001>を10月16日に発売します。

<DL-EG001>は、優れた放熱設計により、一般的な400W形水銀灯の寿命12,000時間に比べて、約5倍の長寿命60,000時間※3を実現しました。
 さらに、器具の直下を効率的に照らす器具形状により、400W形水銀灯とほぼ同等の直下照度※4で、消費電力が約4割と優れた省エネ性能を達成しました。

当社は、高い照度、美観が求められるサービスステーション(ガソリンスタンド)をはじめとして、環境配慮と省エネ性能が求められる物流倉庫、商業施設や商店街のアーケードなどへ本機を提案してまいります。

品名 LEDキャノピー照明
形名 DL-EG001
希望小売価格 ( )内は税抜価格 598,500円 (570,000円)
発売日 10月16日
年産台数 6,000台

■ 主な特長
1. 軒下取付け用LED照明として業界トップクラスの明るさ(器具光束9,500ルーメン)を実現
2. 400W形水銀灯の約5倍の長寿命60,000時間でメンテナンスを大幅に削減
3. 400W形水銀灯とほぼ同等の直下照度で、消費電力が約4割と優れた省エネ性能を達成
4. 紫外線をほとんど出さないため、虫が集まりにくく長期間清掃が不要
5. 電源一体型設計で、定格電圧100V/200Vのどちらにも対応

※1 消費電力160W以下の軒下取付け用LED照明器具において(2009年10月現在)。
※2 キャノピー:建築物のひさし。
※3 初期の明るさから70%に減衰するまでの時間。設計寿命であり、製品の寿命を保証するものではありません。
※4 軒下取付け用照明(下方光束比35~45%)で400W形水銀灯(定格22,000 lm)を使用した場合との対比において。

.....
4. 紫外線をほとんど出さないため、虫が集まりにくく長期間清掃が不要
昆虫は紫外線の波長領域350nm付近に集まりやすい習性(すう光性)を持っています。
紫外線をほとんど出さないLEDを採用したLEDキャノピー照明は、虫が集まりにくいので灯具の清掃頻度が削減でき、長期間美観を保つことができます。
.......... "

コメント続き

続きを読む "シャープ、LEDキャノピー照明<DL-EG001>を発売。9500[lm]/160[W]=約60[lm/W]の施設用LED照明の登場"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/10/13

岩谷産業、純水素型小型燃料電池を搭載の水素自転車を開発

岩谷産業が純水素型小型燃料電池を搭載の水素自転車を開発したということです。水素吸蔵合金方式のカートリッジを独自開発し、関西国際空港での実証試験を行うということです。
 ”カートリッジの接続にはワンタッチ式カプラを用い、取り付け/取り外しが容易”という、その素吸蔵合金方式のカートリッジの詳細を是非みてみたいですねぇ。

プレスリリース / 岩谷産業、2009年10月08日
“水素が、動力源!”純水素型小型燃料電池を搭載の水素自転車 完成
091008h2bicycle
-----image : 同リリースより

" 10月13日より、関西国際空港で実証試験を開始
岩谷産業株式会社(本社:東京・大阪、社長:牧野明次、資本金:200億円)は、燃料電池の新しい利用分野の開拓を目標に様々な取り組みを行っていますが、この度、純水素型燃料電池を搭載したアシスト自転車「水素自転車」を開発しました。
当社は、経済産業省が実施する「水素・燃料電池実証プロジェクト(JHFC)」の一環として、平成18年~平成20年度まで3年間、燃料電池アシスト自転車の実証試験を行いました。今年度は、この実証研究の成果をベースに、一般の方による実証機モニター評価を行うために独自の改良を行い、「誰でも、安全に、簡単に、快適に乗ることができる水素自転車」をコンセプトに開発を進め、この度完成したものです。今後は関西国際空港における試験的運用を10月13日から行なうと共に、様々なイベント等で試乗を通じて、水素エネルギーを身近に感じていただくべく活用していきます。
..........
■「水素カートリッジの利用により、バッテリーの充電が不要」
水素自転車は純水素型60W(ワット)級燃料電池を搭載しており、水素ガスの供給のために当社が独自に開発した「水素カートリッジ」を搭載しています。バッテリーの残量が少なくなると自動的に水素カートリッジから燃料電池に水素を供給して発電を行い、バッテリーに充電します。これにより充電器によるバッテリーの充電が不要になります。
バッテリーの電力でモーターを駆動し、自転車の走行をアシストする仕組みです。充電しながらのアシスト走行が可能で、バッテリーのみでの走行と比較して、約1.5倍の走行距離を可能にしました。
本車両はバッテリー電力残量を常時モニターしますので、一度運転スイッチをONにすればバッテリー電力が少なくなると自動的に発電・充電が行われます。

■「水素吸蔵合金方式のカートリッジを独自開発、安全で実用的、取扱いが簡単・便利に」
水素自転車の開発に伴い、「水素カートリッジ」を使用した水素供給システムも併せて開発しました。この水素カートリッジは当社が開発したオリジナル品です。内部に水素吸蔵合金を装填しており、多量の水素を低圧で貯蔵することができます。水素吸蔵/放出時の熱交換がスムーズに行えるよう、熱交換特性を向上させた構造とし、同等の従来品より多い水素放出流量を維持することができます。また、カートリッジの接続にはワンタッチ式カプラを用い、取り付け/取り外しが容易です。

■「関西国際空港での実証試験」
.....
■ 水素自転車の主な特徴
①燃料電池の発電により、バッテリーへの充電作業が不要
②航続距離の増大を実現
③水素カートリッジから燃料電池に水素を自動供給
④カートリッジの接続にはワンタッチ式カプラを用い、取り付け/取り外しが容易
⑤バッテリーが少なくなると燃料電池が自動的に発電を開始

「水素自転車の概要」
.....
走行距離 約45.0㎞
連続発電可能時間 3時間
..........  "

コメント続き

続きを読む "岩谷産業、純水素型小型燃料電池を搭載の水素自転車を開発"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/09

IEA、World Energy Outlook 2009の先行梗概判をリリース。金融危機のエネルギーセクターへの影響と中国の”ようす”

 International Energy Agency (IEA) の11月に発表されるIEAのWorld Energy Outlook 2009の梗概判が公開されました。皮肉なことに、現在の財政および金融危機は、産業界が受けた深刻な影響により、二酸化炭素の排出量が3%減り、このままの傾向が続くならば、1年前の2020年の予想値よりも5%も下方修正させることになるそうです。しかし、IEAはこの機会を気候変動およびエネルギー問題において、国際的な枠組みおよび産業構造の変革にとって好機であるとし、かねてから主張する「CO2排出量がピークに達する時期を2020年と推定。450ppm安定化の目標を達成するためには、エネルギー消費によるCO2排出を2012年以降減少させなければならない.....エネルギー効率を高め、化石燃料からの脱却を図る必要があるとの見解を示している。」という内容を継続的に打ち出しています。

プレスリリース / 06 October 2009
From financial crisis to 450 ppm: the IEA maps out the energy sector transformation
and its financial consequences under a global climate agreement

Iea_world_energy_outlook_2009_2
-----image : 「HOW THE ENERGY SECTOR CAN DELIVER ON A CLIMATE AGREEMENT IN COPENHAGEN
- Special early excerpt of the World Energy Outlook 2009 for the Bangkok UNFCCC meeting -
」カバー

" The financial and economic crisis has had a considerable impact on the energy sector worldwide. Investment in polluting technologies has been deferred and CO2 emissions could fall in 2009 by as much as 3% - steeper than at any time in the last 40 years, finds the International Energy Agency (IEA) in its new study, a special early excerpt of the World Energy Outlook (WEO) 2009. This would lead to emissions in 2020 being 5% lower ? even in the absence of additional policies -- than the IEA estimated just twelve months ago. The economic downturn has thereby created an opportunity to put the global energy system on a trajectory to stabilise greenhouse gas emissions at 450 parts per million (ppm) of CO2-equivalent, in line with an increase in global temperature of around 2 degrees Celsius. Presenting the excerpt at the UNFCCC climate change talks in Bangkok, IEA Executive Director Nobuo Tanaka said, “This gives us a chance to make real progress towards a clean-energy future, but only if the right policies are put in place promptly. The success of the UNFCCC process is crucial in this regard.”
“The message is simple and stark: if the world continues on the basis of today's energy and climate policies, the consequences of climate change will be severe. Energy is at the heart of the problem ? and so must form the core of the solution. For this very reason, following discussions with IEA member governments and the UNFCCC Secretariat, I took the unprecedented decision to present an exceptional early release today of the climate change work of our flagship publication WEO 2009 to provide a timely contribution towards a landmark agreement in Copenhagen,” said Mr. Tanaka.

The IEA 450 ppm Scenario sees the use of fossil fuels peak before 2020, and energy-related CO2 emissions just 6% higher in 2020 than in 2007. Relative to a Reference Scenario of current policies, emissions in 2020 would need to be reduced by 3.8 gigatonnes (Gt) worldwide to achieve the 450 Scenario. 1.6 Gt of this reduction occurs in OECD countries, while policies and measures in China ? already being considered by the Chinese government ? account for 1 Gt of emissions reductions, more than anywhere else. This underlines the leading role China will play in the global combat against climate change.
.......... "

関連
World Energy Outlook(予約など)

コメント続き

続きを読む "IEA、World Energy Outlook 2009の先行梗概判をリリース。金融危機のエネルギーセクターへの影響と中国の”ようす”"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/08

台風第18号 (メーロー)の気になる進路

Tyhoon182009
-----Google Earthキャプチャー画像

台風18号、未明に近畿上陸へ…過去10年で最大級-----YOMIURI ONLINE,2009年10月7日

 23時45分現在で、中心気圧 945hPa、中心付近の最大風速 45m/s(85kt)、最大瞬間風速 60m/s(120kt)は地要です。上陸付近の被害が最小限になりますように! 久々に、台風セットをアップしました。必要な情報に、出先からアクセスするための備えです。

MELOR-------------------- 気象庁台風情報 ・台風第18号 (メーロー)

" 平成21年10月07日23時45分 発表
<07日23時の実況>
大きさ -
強さ 非常に強い
存在地域 潮岬の南南西 約110km
中心位置 北緯 32度40分(32.7度)
東経 135度10分(135.2度)
進行方向、速さ 北東 45km/h(25kt)
中心気圧 945hPa
中心付近の最大風速 45m/s(85kt)
最大瞬間風速 60m/s(120kt)
25m/s以上の暴風域 南東側 260km(140NM)
北西側 220km(120NM)
15m/s以上の強風域 東側 560km(300NM)
西側 430km(230NM) "

国立情報学研究所 : デジタル台風/ 台風200918号 (MELOR)

(台風の目サイトへのTB

---------------------------MELOR

参考サイト
気象庁 : 天気図
気象庁 : 週間天気予報 

国土交通省 : 防災情報提供センター / リアルタイムレーダー

JAXA : 世界の雨分布速報

海上保安庁 : 海洋速報 & 海流推測図

WMO:Severe Weather Information Center / Western North Pacific Ocean and South China Sea

Weather Underground : Tropical Storm Tracking Map

コメント続き

続きを読む "台風第18号 (メーロー)の気になる進路"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/07

三菱重工、ハイブリッドフォークリフト GRENDiA EX Hybrid を発売。豊田自動織機製もまもなく登場

 三菱重工は、ディーゼルエンジンとモーターを組み合わせた、世界初のハイブリッドフォークリフト GRENDiA EX Hybrid を発売した。今夏に発売した荷役性能3.5~5.5トンのエンジン式フォークリフト「GRENDiA EX」シリーズをハイブリッド化、燃費削減率は、39%に達するということです。
 世界中で、事業用の働く車のエコ化が急速に進んでいます。エンジンとモーターのハイブリッドは、重要な技術になってきました。電動フォークリフトよりもヘビーな使い方ができるようですね。

プレスリリース / 三菱重工、2009年10月5日
世界初のエンジン式ハイブリッドフォークリフトを発売 リチウムイオン電池を搭載して燃費を4割削減

1_4860
-----image(”GRENDiA EX Hybrid”) : 同リリースより

" 三菱重工業は、エンジン式で世界初※1となる、荷役性能4.0~5.0トンのディーゼルエンジン式ハイブリッドフォークリフト「GRENDiA EX Hybrid(グリンディア イーエックス ハイブリッド)」を開発、5日から国内向けに販売を開始した。当社独自のリチウムイオン電池と高効率モーター、新排ガス規制をクリアしたクリーンな小型ディーゼルエンジンを組み合わせたハイブリッドシステムにより、優れた環境・燃費性能を実現したのが特長。燃費削減率は従来比39%に達する。

 世界に先駆けて投入するリチウムイオン電池搭載のハイブリッドシステムは、走行系にシリーズ・パラレル方式※2、荷役系にパラレル方式※3をそれぞれ採用し、リチウムイオン電池のほか、ディーゼルエンジン、2台の誘導モーター、インバーターなどにより構成される。
 シリーズ・パラレル方式と高出力のリチウムイオン電池を採用することで、同等の性能を確保しつつエンジンを小型化、大幅な燃費低減を実現しただけでなく、排気量も従来比3分の2に抑制してCO2削減にも大きく貢献する。
 なお、当社はリチウムイオン電池の本格量産に向け現在準備を進めているが、今回のハイブリッド車は、この当社製電池を搭載した初の製品となる。
新モデルは、今夏に発売した荷役性能3.5~5.5トンのエンジン式フォークリフト「GRENDiA EX」シリーズをハイブリッド化したもの。
..........
新モデルの車両概要
商 品 FD40N Hybrid FD45N Hybrid FD50N Hybrid
ハイブリッド方式(走行) シリーズ・パラレル方式
.....
エンジン ディーゼルエンジン 3.3L
モーター 誘導電動機 10kW×2
バッテリー リチウムイオン二次電池
.......... "

関連
三菱重工 : フォークリフトラインアップ一覧

三菱重工 : ニチユバッテリーフォークリフト

コメント続き
 異なる方式のハイブリッドフォークリフトは、トヨタ(豊田自動織機)からもまもなく登場します。しくみのプレゼンで機能を見ることができます。

続きを読む "三菱重工、ハイブリッドフォークリフト GRENDiA EX Hybrid を発売。豊田自動織機製もまもなく登場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/06

Google Earthの気候変動 climate change 3Dマップ

 Google Earthに読み込むと(kmzファイル)、さまざまな気候変動をテーマとした世界を舞台としたさまざまなプレゼンテーションを見ることができます。アル・ゴアさんが動画で内容を解説してくれる、Google Earth Climate Introductory Tourなど三種類のプレゼンテーションが用意されています。

Climate change in Google Earth

Google Earth Climate Introductory Tour

(EarthOutreach,2009年09月22日)

Googleclimatechange1
-----image : Google Earth "Google Earth Climate Introductory Tour"より-----
Googleclimatechange2ws

 これ以外には、Conservation InternationalYouTube : Madagascar- Forging a New Economic Path Through REDD ProjectsGreenpeace InternationalYouTube : Greenpeace- Stopping Amazon DeforestationWWFYouTube : WWF- Peatland Swamps of Borneoなどで概要を見ることができるGoogle Earth用のkmzファイルがClimate change in Google Earthのサイトから読み込むことができます。

関連
UN's climate conference in Copenhagen in December (COP15)

Google Earth climate change 3D map unveiled-----Sydney Morning Herald,September 28, 2009

コメント続き

続きを読む "Google Earthの気候変動 climate change 3Dマップ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/10/05

マツダ、次世代エンジン、超低燃費「清」を東京モーターショーで日本初公開

 10月24日からの幕張、東京モーターショーで、マツダがヨーロッパでは結構前に発表している超低燃費「清」や次世代エンジンを日本初公開。低燃費といえば、ハイブリッドという時代の中で、独自の視点で次世代車を提案する姿勢、面白いです。
 32km/Lという超低燃費コンパクトカーコンセプト「清」。”きよら”と読むのだそうですが、燃費の数字、すごいです。電気自動車にしろ、ハイブリッド車にしろ、次世代エコカーに求められるのは、結局小型で高性能で軽量かつ安全というより高く複雑な要求です。この要求に電気でもハイブリッドでもなく、エンジンという明確なコンセプトを打ち出す姿勢が、新鮮な印象を与えてくれます。

プレスリリース / マツダ、2009年09月29日
マツダ、第41回東京モーターショーで環境・出力性能を飛躍的に高めた次世代エンジン『マツダ SKY-G』と『マツダ SKY-D』を世界初公開

090929a
-----image(”コンパクトカーコンセプト『マツダ 清(きよら)』”) :

" 32km/Lの超低燃費を実現するコンセプトカー『マツダ 清(きよら)』も日本初公開
マツダ株式会社(以下、マツダ)は、10月24日(土)から11月4日(水)まで千葉県「幕張メッセ」にて一般公開される第41回東京モーターショーで、次世代直噴ガソリンエンジン『マツダ SKY-G(スカイ・ジー)』、次世代クリーンディーゼルエンジン『マツダ SKY-D(スカイ・ディー)』、次世代高効率オートマチックトランスミッション『マツダ SKY-Drive(スカイ・ドライブ)』を世界初公開します。また、日本初公開となる次世代の環境技術を搭載したコンセプトカー『マツダ 清(きよら)』や、最新の環境・安全技術なども出展します。

 今回、マツダは「マツダ・スカイコンセプト~すべてのお客様に『走る歓び』と『環境安全性能』を提供!~」を出展テーマとしました。技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言」のもと、2015年までにグローバルで販売するマツダ車の平均燃費を2008年比で30%向上させるための先進技術を「今日」、「明日」、「将来」という時系列で展示します。
..........

090929aa090929ab
-----image[”(左)次世代直噴ガソリンエンジン『マツダ SKY-G(スカイ・ジー)』(2.0L)
(右)次世代クリーンディーゼルエンジン『マツダ SKY-D(スカイ・ディー)』(2.2L)”] : 同リリースより
..........
<主な出品物の概要>
■『マツダ 清(きよら)』
 『マツダ 清』は、次世代直噴ガソリンエンジン『マツダ SKY-G 1.3』と、コンパクトで軽量な新開発の6速オートマチックトランスミッション『マツダ SKY-Drive』を組み合わせ、優れた環境性能と力強い走りを両立させたコンパクトコンセプトカーです。独自のアイドリングストップ技術「i-stop」や、減速時のエネルギーを回生してバッテリーを充電するシステム、そして100kgの軽量化を達成するコンパクトで空力性能に優れたボディなどにより、32km/Lという超低燃費(10・15モード燃費)を実現します。

■『マツダ プレマシー ハイドロジェンRE ハイブリッド』
 2009年3月から、国内で官公庁やエネルギー関連企業へのリース販売を開始した『マツダ プレマシー ハイドロジェンRE ハイブリッド』は、水素ロータリーエンジンをジェネレータと組み合わせて発電のみに使用し、独自技術を採用したモーターを駆動して走行する、シリーズ・ハイブリッド方式を採用し、水素での航続距離200kmを達成しています。また、脱石油資源やCO2排出削減に向けた取り組みとして、植物由来の「マツダバイオテックマテリアル」*2を採用しています。

■次世代直噴ガソリンエンジン『マツダ SKY-G』
 『マツダ SKY-G』は、熱効率を改善して燃費性能と出力性能を大幅に高めた次世代の直噴ガソリンエンジンです。エンジン本体を新設計し、機械抵抗を低減し最適な混合気の形成を図った上で、直噴システムが持つ噴霧形成の自由度を活用して、極限まで膨張比を高めます。次世代直噴インジェクター、高機能吸排気可変バルブタイミングシステムなどの技術を採用し、現行2.0Lエンジン比で燃費・出力(トルク)を約15%改善。アクセラクラスの車両に搭載した場合で、現行デミオ並みの低燃費を実現します。

■次世代ディーゼルエンジン『マツダ SKY-D』
 『マツダ SKY-D』は、低燃費・高出力と低エミッションを両立させた次世代のクリーンディーゼルエンジンです。エンジン本体を新設計して機械抵抗をガソリンエンジン並みに低減、シリンダー内の圧力や温度、燃焼室形状、燃料噴射率を最適化し、熱効率が最も良いタイミングで燃焼を開始します。具体的には、直噴ピエゾインジェクター、2ステージターボチャージャー等の技術を採用し、現行2.2Lエンジン比で燃費を約20%改善。アテンザクラスの車両に搭載した場合で、現行デミオ並みの低燃費を実現します。

■次世代オートマチックトランスミッション『マツダ SKY-Drive』
 『マツダ SKY-Drive』は、従来型に比べ、燃費性能とダイレクト感を大幅に向上させた次世代の高効率オートマチックトランスミッションです。本体を新設計して機械抵抗を大幅に低減、またトルクコンバーターやクラッチの滑りを最小限にし、ロックアップ領域を最大化することで約5%の燃費改善を実現しています。更に、作動油量・油圧制御の最適化による素早い変速応答性と併せて、デュアルクラッチトランスミッション並みのダイレクト感を実現しています。
......... "

関連
マツダ、パリモーターショーにコンセプトカー「マツダ清(きよら)」を出品-----マツダ、2008年09月04日
" 2008年パリモーターショー 出展車一覧
参考出品車 コンセプトカー マツダ清(きよら)(ワールドプレミア)
市販予定車 Mazda MX-5 マイナーチェンジ(ワールドプレミア) 欧州仕様
Mazda6 MZR-CD2.2(ワールドプレミア) 欧州仕様
Mazda2 MZ-CD1.6(ワールドプレミア) 欧州仕様
市販車 Mazda2、Mazda3、Mazda5、Mazda6、Mazda CX-7、Mazda BT-50 "

Mazda Design / Mazuda Kiyora

Mazda Kiyora Concept @ 2008 Paris Auto Show

(InsideLineVideo,2008年10月03日)

コメント続き

続きを読む "マツダ、次世代エンジン、超低燃費「清」を東京モーターショーで日本初公開"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/02

東芝ライテック、93 lumens/Wの効率のLED電球を9,135円で10月16日から発売

 29日に以下の記事を上掲しました。そしたら、30日に東芝(東芝ライテック)さんが、93 lumens/Wの非常に高い効率のLED電球を9,135円で10月16日から発売すると発表しました。他社の追従を受ける立場となり、新しい参入が増えるなかで、さらに攻勢を強め、一般電球型LED電球という分野での地歩を確かなものにしていこうという力強いアナウンスです。

LED電球がそろってきました。NECライティング、日立ライティング、パナソニックが参入-----しなやかな技術研究会、2009/09/29

プレスリリース / 東芝ライテック、2009年9月30日
一般電球形で業界No.1の明るさと効率を実現したLED電球「一般電球形8.7W」の発売について

Ledlamp_ippan87w
-----image(”「E-CORE」LED電球シリーズ「一般電球形8.7W」”) : 同リリースより

" 東芝ライテック株式会社は、「E-CORE」(イー・コア)LED電球シリーズに、業界No.1(注1)の効率と明るさを実現した「一般電球形8.7W」2機種をラインアップし、10月16日から発売します。
 このたび発売するLED電球「一般電球形8.7W」は、1枚の基板に集中的にLEDを実装した新開発のLEDモジュールを搭載しています。これにより外径60mm、全長119mmのコンパクトサイズで、当社従来品(注2)に比べて、昼白色相当は約1.4倍の810 lm、電球色相当は約1.6倍の600 lmの明るさ(全光束)を実現。昼白色相当については、明るさ、効率(93 lm/W)ともに業界No.1(注1)を達成しています。
 高出力タイプのラインアップ追加により、省エネ性の高いLED電球の用途がさらに広がりました。
注1: 2009年9月30日現在、E26口金のLED電球において、「一般電球形8.7W」昼白色相当の場合(当社調べ)。
注2: 「一般電球形6.9W」LEL-AW6N/2(昼白色相当)、LEL-AW6L/2(電球色相当)との比較。
..........
新開発のLEDモジュール
 「一般電球形8.7W」は、高密度実装した新開発の専用LEDモジュールを搭載しています。専用のモジュールとしたことで、部材の配置や放熱構造の最適化が可能となり、総合効率を改善し、明るさとコンパクトさを実現しました。
「一般電球形8.7W」昼白色相当は、全光束810 lm、効率93 lm/Wと、明るさ・省エネ性ともに業界No.1(注1)を達成しています。

Led_module
-----image : 上(”新開発のLEDモジュール”)、下とも、同リリースより-----
Size_and_shape

(2)一般白熱電球に近いサイズ・カタチ
 「一般電球形8.7W」は、外径60mm、全長119mmと一般白熱電球に近い(注3)サイズを実現しています。口金付近を一般白熱電球の形状に近づけたことで、従来の白熱電球器具との適合率を考慮しています。

注3: 一般白熱電球60W形(LW100V54W55)は外径55mm、全長98mm。
一般白熱電球100W形(LW100V90W)は外径60mm、 全長109mm。

(3)その他の特長
◆40,000時間の長寿命で、取替えの手間を軽減できます
.......... "

関連
東芝LED照明 報道発表会-----TOSHIBA,2009年09月30

家庭用LED電球の競争激化 先駆者東芝「明るさナンバーワン」で攻勢-----ITmedia News,2009年10月01日

コメント続き

続きを読む "東芝ライテック、93 lumens/Wの効率のLED電球を9,135円で10月16日から発売"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/01

イベント 毎土日、国連大学前広場「ファーマーズマーケット」

 10月のいずれかの土日に国連大学前広場で開催されているファーマーズマーケットに行ってみたいと思っています。
 昨晩、電話があり”面白いし楽しいから是非是非行きましょう”とおさそいを受けました。野菜を買いに、都内へ! 新しいかもしれませんね。

ファーマーズマーケット@国連大学前広場
Farmarsmarkettokyo
-----image : 上記サイトより

プレスリリース / マインドシェア、2009/09/04
「ファーマーズマーケット」 オープンのお知らせ

" 株式会社マインドシェアは農林水産省「マルシェ・ジャポン・プロジェクト」(仮説型直売システム普及事業)において事業者として選定され、2009年9月5日より、毎週土日に青山 国連大学前広場にてファーマーズマーケットを開催します。

ファーマーズマーケット@国連大学前広場の特徴
●農林水産省による全国事業「マルシェ・ジャポン」
全国の政令指定都市で生活者と生産者を直接結びつけることにより、生産者の所得と意欲を向上させ、都市に新たな文化と潤いの場を創造し、地域コミュニティを活性化させる都市型の市場がスタートします。

●最先端の情報発信地青山からマルシェ文化を発信
日本屈指の情報発信地青山で高感度の人々に産直ならではのコミュニケーションや食材を購入する楽しみを提供することで、都市部におけるマルシェ文化の確立を目指します。

●出店者の中心は20~30代の若い生産者
農薬不使用、有機栽培やこだわりの野菜・果物を日本の農業を担う若い生産者が直接販売いたします。

●想定される来場者数  来場者目標数: 600,000名(2010年3月末まで)

コンセプト
『culture(文化)』の語源が『cultivate(耕作する)』にあるように、いくらモノがたくさんあろうとも、農のない都市文化は不毛なものになってしまいます。
ファーマーズマーケット@国連大学前広場では、都市と農をつなげるコミュニケーションをつくることで、豊かでクリエイティブで、持続可能なライフスタイルを生み出すこと、そして、これからの農業のカタチを、生産者の方々と一緒に創っていきたいと考えています。

開催地について
青山エリアは、日本屈指の高い情報発信力を持ち、上質な生活者が住み・集うことから、本当に良いものに対する理解も高く、マルシェを文化として根付かせるには最適のエリアです。
さらに国連大学という国際的な環境の研究機関で開催することで、ファーマーズマーケットから本当の豊かさ、日本の農業、さらに世界が抱える自然環境の問題へと大きな視点を持って「農」を考えていきます。

ファーマーズマーケット@国連大学前広場概要
■日時 : 2009年9月5日(土)・6日(日)~ 毎週土日
■開催時間 : 11:00~16:00
■会場 : 国連大学前広場 (東京都渋谷区神宮前5-53-70)
■主催 : 株式会社マインドシェア (ファーマーズマーケットアソシエーション)
www.mindshare.co.jp
■協力 : メディアサーフコミュニケーションズ株式会社
■出店予定数 : 毎回30~40ブース
■出店予定者 : 関東近郊を中心とした全国の生産者、加工品製造者、キッチンカー販売者他
■出店品目 : こだわりの農薬不使用・有機野菜・果物、伝統野菜、加工品他

■ファーマーズマーケット@国連大学前広場WEB
www.farmersmarkets.jp (開設準備中)

■マルシェ・ジャポン全国版WEB
www.marche-japon.org
.......... "

関連記事
国連大学前で「ファーマーズマーケット」-生産者らが有機野菜などを販売-----シブヤ経済新聞、2009年09月24日

続きを読む "イベント 毎土日、国連大学前広場「ファーマーズマーケット」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »