« 台風第18号 (メーロー)の気になる進路 | トップページ | 岩谷産業、純水素型小型燃料電池を搭載の水素自転車を開発 »

2009/10/09

IEA、World Energy Outlook 2009の先行梗概判をリリース。金融危機のエネルギーセクターへの影響と中国の”ようす”

 International Energy Agency (IEA) の11月に発表されるIEAのWorld Energy Outlook 2009の梗概判が公開されました。皮肉なことに、現在の財政および金融危機は、産業界が受けた深刻な影響により、二酸化炭素の排出量が3%減り、このままの傾向が続くならば、1年前の2020年の予想値よりも5%も下方修正させることになるそうです。しかし、IEAはこの機会を気候変動およびエネルギー問題において、国際的な枠組みおよび産業構造の変革にとって好機であるとし、かねてから主張する「CO2排出量がピークに達する時期を2020年と推定。450ppm安定化の目標を達成するためには、エネルギー消費によるCO2排出を2012年以降減少させなければならない.....エネルギー効率を高め、化石燃料からの脱却を図る必要があるとの見解を示している。」という内容を継続的に打ち出しています。

プレスリリース / 06 October 2009
From financial crisis to 450 ppm: the IEA maps out the energy sector transformation
and its financial consequences under a global climate agreement

Iea_world_energy_outlook_2009_2
-----image : 「HOW THE ENERGY SECTOR CAN DELIVER ON A CLIMATE AGREEMENT IN COPENHAGEN
- Special early excerpt of the World Energy Outlook 2009 for the Bangkok UNFCCC meeting -
」カバー

" The financial and economic crisis has had a considerable impact on the energy sector worldwide. Investment in polluting technologies has been deferred and CO2 emissions could fall in 2009 by as much as 3% - steeper than at any time in the last 40 years, finds the International Energy Agency (IEA) in its new study, a special early excerpt of the World Energy Outlook (WEO) 2009. This would lead to emissions in 2020 being 5% lower ? even in the absence of additional policies -- than the IEA estimated just twelve months ago. The economic downturn has thereby created an opportunity to put the global energy system on a trajectory to stabilise greenhouse gas emissions at 450 parts per million (ppm) of CO2-equivalent, in line with an increase in global temperature of around 2 degrees Celsius. Presenting the excerpt at the UNFCCC climate change talks in Bangkok, IEA Executive Director Nobuo Tanaka said, “This gives us a chance to make real progress towards a clean-energy future, but only if the right policies are put in place promptly. The success of the UNFCCC process is crucial in this regard.”
“The message is simple and stark: if the world continues on the basis of today's energy and climate policies, the consequences of climate change will be severe. Energy is at the heart of the problem ? and so must form the core of the solution. For this very reason, following discussions with IEA member governments and the UNFCCC Secretariat, I took the unprecedented decision to present an exceptional early release today of the climate change work of our flagship publication WEO 2009 to provide a timely contribution towards a landmark agreement in Copenhagen,” said Mr. Tanaka.

The IEA 450 ppm Scenario sees the use of fossil fuels peak before 2020, and energy-related CO2 emissions just 6% higher in 2020 than in 2007. Relative to a Reference Scenario of current policies, emissions in 2020 would need to be reduced by 3.8 gigatonnes (Gt) worldwide to achieve the 450 Scenario. 1.6 Gt of this reduction occurs in OECD countries, while policies and measures in China ? already being considered by the Chinese government ? account for 1 Gt of emissions reductions, more than anywhere else. This underlines the leading role China will play in the global combat against climate change.
.......... "

関連
World Energy Outlook(予約など)

コメント続き

 このWorld Energy Outlook 2009、梗概判でも62ページあります。ぜんぶは読めませんや。
 ということで斜め読みの感想。The 450 Scenarioが国際的な産業界の二酸化炭素の安定化目標値だとすれば、2050年57%削減は”世界の最低限度の常識”といってもいい数字と考えていいのだと思います。NGOやNPOが主張するのは、300ppmとか360ppmといった数字です。つまり、今後の中長期的な現実において、経済的な発展というものが幻想であることが明白になり(明白になってからでは遅のだが)、これまでとは別の文脈で生活や経済を語らざるおえない状況になった場合には、もっと極端な削減、または数値的な削減が実際に意図するオルターナティブなライフスタイルという文脈においては、可能であり必要であるという話も強烈な時代の香りとして存在するということです。
 お、この記事良い。重要な中国、そして温暖化効果ガス削減に向けての各国の動向がまとまっています。中国のあたりじっくりと読みたいと思います。(t_t)

中国の二酸化炭素排出、07年には6.1ギガトンで世界1位-----サーチナ、2009/10/7

参考エントリー
IEAが発表、温室効果ガスは2030年までに57%増加-----GreenPost -Heuristic Life -,2007/12/7

環境省「温室効果ガス2050年80%削減のためのビジョン」で2050年に太陽光発電140倍などを構想-----ソフトエネルギー、2009/08/17

スターン・レビュー「気候変動の経済学」の日本語版作成について / プレスリリース 国立環境研究所-----ソフトエネルギー、2007/02/17


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


しなやかな技術研究会のタイムライン4Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2しなやかな技術研究会のタイムライン3]--




[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 台風第18号 (メーロー)の気になる進路 | トップページ | 岩谷産業、純水素型小型燃料電池を搭載の水素自転車を開発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/46434708

この記事へのトラックバック一覧です: IEA、World Energy Outlook 2009の先行梗概判をリリース。金融危機のエネルギーセクターへの影響と中国の”ようす”:

« 台風第18号 (メーロー)の気になる進路 | トップページ | 岩谷産業、純水素型小型燃料電池を搭載の水素自転車を開発 »