« 洞爺湖有珠山、糸魚川、島原半島がジオパーク Global Geoparks 、「地質の世界遺産地区」に認定 | トップページ | 経済産業省、初のカーボンフットプリントの商品種別算定基準登録(試行)案件を公開 »

2009/09/08

ドイツの第三世代ソーラーカー、BOcruiserが豪Global Green Challengeに参加

 オーストラリアで開催される、ソーラーカーとエコカーの大陸縦断レースであるGlobal Green Challengeに、ドイツから実用を強く意識した一台のソーラーカーが参加します。
 その一台とは、ドイツのボーフム(Bochum)技術専門大学、Bochum UniversityのBOcruiser号です。この車は、レースに勝つためだけでなく、実際の道路での実用車両としての可能性の追求にむけての一歩を評価するために、オーストラリアに向かいます。ボディのあらゆる面に太陽電池が張られたその姿は、実際に車道を走る車としての先進のシェープを具体化しています。その走りに注目です。レースは、10月24日にダーウィンでスタートです。

プレスリリース / Bochum University,15.05.09
Bochum University of Applied Sciences builds third solar powered vehicle

Pi_bocruiser
-----image(”Closer to everyday-life on 4 wheels: This is how BOcruiser will be driving through Australia”) : 同リリースより

" All good things come in threes: Following "Hans Go!" in 2003 and "SolarWorld No.1" four years later, Bochum University of Applied Sciences is working on a new solar car. A team of 30 engineering students is continuing the tradition and also introducing an all new concept at the same time. The most eye-catching modern design: The latest solar car will have four wheels. The body is perfectly streamlined with energy efficiency being the top priority in development. A wind tunnel appointment with Ingolstadt's automaker Audi has been made in order to determine the actual drag coefficient.
.....
BOcruiser must be ready and running in July. This is the deadline for SolarWorld No.1 and Bochum's engineering students´ new vehicle to board the container for the voyage to Australia. In October this year, the 3000 kilometer World Solar Challenge race through the outback of Australia will begin. Project manager Prof. Friedbert Pautzke says about the challenge: "We are not building the vehicle to win first place. In our series of solar cars, BOcruiser is the next innovative step leading towards an everyday use suitable vehicle. For the first time, the car will prove its roadworthiness in down under."
However, this will not be the end of the road for the Bochum's pioneers of electric mobility after the race in Australia. The "Sustainable Individual Mobility Car" (short: SIMCar) is the name of the project for an everyday electric car. The planning phase for this three-seater has been completed and the car will be built in 2010. "

Pmbocruiserheck
-----image(”Rear view of the new solar vehicle”) : 同リリースより(写真はいずれも合成画像です。)

関連
Hochschule Bochum : SolarCar / SolarCar News
/ Testfahrten Fliegerhorst Norvenich, Mitte Juli 2009
/ BOcruiser

ソーラーカー「BOcruiser」、世界大会へ ドイツ-----AFP BB News,2009年09月04日

Solar Cells Provide Electric Power to Project Car of Bochum University of Applied Sciences-----ATZ Online,2009-07-27

The Global Green Challenge

コメント続き

 日本からもThe Global Green Challengeには、いくつかのチームが参加するということです。御健闘をお祈りしております。(t_t)

関連
呉港高ソーラーカー豪縦断へ-----中国新聞、2009/9/4

今秋の豪ソーラーカーレースに電池を提供 パナソニックとシャープ-----MSN産経ニュース、2009.9.4

Global Green Challenge 豪ソーラーカーレースに参加の東海大のチームにシャープが太陽電池を提供-----ソフトエネルギー、2009/06/29

参考動画
Solar Motions - World Solar Challenge Documentary

(hkoebler,2008年11月24日)


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


しなやかな技術研究会のタイムライン4Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2しなやかな技術研究会のタイムライン3]--




[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 洞爺湖有珠山、糸魚川、島原半島がジオパーク Global Geoparks 、「地質の世界遺産地区」に認定 | トップページ | 経済産業省、初のカーボンフットプリントの商品種別算定基準登録(試行)案件を公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/46147441

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツの第三世代ソーラーカー、BOcruiserが豪Global Green Challengeに参加:

« 洞爺湖有珠山、糸魚川、島原半島がジオパーク Global Geoparks 、「地質の世界遺産地区」に認定 | トップページ | 経済産業省、初のカーボンフットプリントの商品種別算定基準登録(試行)案件を公開 »