« 三洋電機、独自のオゾン処理技術で雨水の浄化・除菌するシステムを開発。雨水利用の拡大に期待 | トップページ | 防災科学技術研究所が、全国地震動予測地図、新型地震ハザードステーション(J-SHIS)を公開 »

2009/07/27

三洋電機、電動ハイブリッド自転車「エネループ バイク」に高級スポーツ車と折りたたみ式の二種を追加

 三洋電機がカーボンフレームの627,900円の前輪アシストの両輪動輪型の高級スポーツタイプと折りたたみ式の二種の電動ハイブリッド自転車を発売しました。スポーツタイプは、かなりの高額ですが、三洋独自の走行中でも蓄電できるシステムや新道路交通法にも対応していてアシスト力が強化され、まさに”電動自転車”というジャンルをゆるぎないものにしそうなモデルです。折りたたみ式のほうは、車に載せて移動するほか、いい輪行バックがあれば、電車とチャリの新しい旅の形も演出できそうなモデルになっています。

プレスリリース / 三洋電機、2009年07月24日
電動ハイブリッド自転車「エネループ バイク」に2車種追加
0907241a
-----image : 同リリースより-----
0907241b

"

Eneloopbiketable
-----image : 同リリースよりキャプチャー画像

 世界初!※1カーボンフレーム採用のスポーツタイプ車と、小径折りたたみタイプ車を発売
三洋電機株式会社は、乗ったまま発電・充電する回生充電機能「ループチャージ」と、前輪と後輪の両方で駆動する「両輪駆動方式」を採用した電動ハイブリッド自転車を、「eneloop bike(エネループ バイク)」として、2009年2月に発売しました。この度、世界初※1のカーボンフレームを採用したスポーツタイプの電動ハイブリッド自転車「CY-SPK227」と、スタイリッシュでコンパクトに収納できる小径折りたたみタイプの電動ハイブリッド自転車「CY-SPJ220」を発売し、「エネループ バイク」のラインナップを拡充します。
 「エネループ バイク」のラインナップ拡充で、エネルギーを創り出す“創エネ”から、蓄える“蓄エネ”、そしてそれを活用する“活エネ”におよぶ、当社の特長あるエネルギー循環型商品のブランドである「eneloop(エネループ)」の世界をさらに拡大してまいります。
.........
2.業界初 20型の折りたたみタイプ車で「両輪駆動方式」を採用(CY-SPJ220)
.........


090724103
-----image : 同リリースより
.........
Ⅲ.仕様
CY-SPK227
.....
質量 19.5Kg
1回の充電で走行できる距離 パターン走行テスト条件
①標準モード市街地走行:約32Km
②標準モード(業界統一パターン):約57Km
③オートモード:約100Km
.....
モーター 形式:直流ブラシレスモーター  定格出力:250W
.....
バッテリー 品番 CY-EB60K 種類:リチウムイオン 定格電圧:25.2V 定格容量:5.7Ah
..........
CY-SPJ220
.....
質量 18.5kg
1回の充電で走行できる距離 パターン走行テスト条件
①標準モード市街地走行:約16Km
②標準モード(業界統一パターン):約28Km
③オートモード:約46Km
.....
モーター 形式:直流ブラシレス式  定格出力:250W
.....
バッテリー 品番 CY-PH31 種類:ニッケル水素(円筒密閉形)  容量:DC24V-3.1Ah
.......... "

関連
カーボンフレームを採用したエネループ バイク:CY-SPK227(K)のご購入相談受付を開始しました。(2009/9/8追加)

道交法の改正も追い風、「電チャリ」時代が幕開け-----東洋経済、09/07/23

コメント続き

 上の東洋経済の記事の見出し、”電チャリ”。なかなかぴったりの言い方ですが、一般的なものですか? 売れ始めているようですし、性能もアップして魅力的な商品になってきたようですね。いままでの、電動アシスト自転車という表現より、電動自転車、電チャリのほうがイメージがいいです。

 今回のCY-SPK227のスポーツタイプのほう、結構重量もあります。高価な電チャリとなると、パナソニックのチタンフラットロードEBがあります。そちらの重量は15.7kgで、発売当時の価格は585,000円でした。走行モノですから、乗ってみないとなんとも比較できませんが、電チャリのバリエーションはかなり増えてきました。雑誌の比較記事とかで選ぶしかなさそうですね。といってもちょっと私の財布には高級タイプは重すぎます。ヤマハ発動機のPAS Brace-Lなら4台買えておつりがきますから。(t_t)

-----カテゴリー : 自転車-----


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--




[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 三洋電機、独自のオゾン処理技術で雨水の浄化・除菌するシステムを開発。雨水利用の拡大に期待 | トップページ | 防災科学技術研究所が、全国地震動予測地図、新型地震ハザードステーション(J-SHIS)を公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/45746053

この記事へのトラックバック一覧です: 三洋電機、電動ハイブリッド自転車「エネループ バイク」に高級スポーツ車と折りたたみ式の二種を追加:

» increasing new atmosphere [increasing new atmosphere]
africa caused forward population century main [続きを読む]

受信: 2009/08/04 11:33

» パワーショベルのハイブリッド [ユンボの中古・重機]
最新ユンボ情報をお伝えします。外部から電気を取り込んで電気エネルギーで油圧ポンプを駆動させるタイプの油圧ショベルが活発化しているのです。コマツや三菱などの一流メーカーがその開発に挑んでいるのです。トヨタのプリウス同様の「エンジン、バッテリー、モーター」による動力の発生をするハイブリッド開発も盛んに行われています。もうユンボなどの機械も黒煙を吐きながら走ったりしない時代が到来するのですね。鉱山などで使われるユンボは機体質量100トン以上するので、これくらい大きいユンボの場合はデ...... [続きを読む]

受信: 2009/08/05 16:54

« 三洋電機、独自のオゾン処理技術で雨水の浄化・除菌するシステムを開発。雨水利用の拡大に期待 | トップページ | 防災科学技術研究所が、全国地震動予測地図、新型地震ハザードステーション(J-SHIS)を公開 »