« Google 未来を選ぼう2009が始まった。 選挙の季節だ! | トップページ | イギリス、温暖化効果ガス削減中期2020年目標1990年比34%を明記し、再生可能エネルギーの推進など、意欲的な低炭素経済への包括的改革案を発表 »

2009/07/15

ドイツの燃料電池モーターグライダー Antares DLR-H2

 ドイツのGerman Aerospace Center (Deutsches Zentrum fur Luft- und Raumfahrt; DLR)が、燃料電池で駆動するモーターグライダーを開発し、試験飛行を行ったということです。ベースとなったモーターグライダーは、Lange Aviation社のANTARES 20Eで、翼長さは、20m、重量は660kgということです。ヨーロッパでは、これまでも燃料電池で動くモータープレーンが作られ、テストされています。エコな飛行機の試みが盛んです。

Antares_luft_7846_380
-----image(”The Antares DLR-H2 during its technical flight trial in June 2009 at Zweibrucken. The fuel cell is slung under the left wing and the hydrogen tank under the right wing ? with a capacity of either 2 or 4.9 kilograms. The fuel cell system used to power the Antares delivers up to 25 kilowatts of electrical power, and when flying in a straight line, the aircraft only requires about ten kilowatts of power. In this situation, the fuel cell is operating at an efficiency level of approximately 52 percent. Credit: DLR.”) & text : DLR motor glider Antares takes off in Hamburg ? powered by a fuel cell-----German Aerospace Center (Deutsches Zentrum fur Luft- und Raumfahrt; DLR),7 July 2009

" Flying test laboratory will further the development of fuel cells for aerospace applications

Antares DLR-H2, the world's first piloted aircraft capable of taking off using only power from fuel cells, demonstrated this capability at Hamburg Airport. Antares DLR-H2 has been developed by the German Aerospace Center (Deutsches Zentrum fur Luft- und Raumfahrt; DLR). The Antares flies with zero CO2 emissions and has a much lower noise footprint than other, comparable, motor gliders.
.......... "

関連
Antares DLR-H2 fuel cell aircraft presented at Stuttgart Airport-----German Aerospace Center(DLR),30 September 2008
Antares_skizze2_380
-----image(”Sketches of the Antares DLR-H2 : On Tuesday 30 September 2008, DLR presented the world’s first self-launching piloted aircraft with fuel cell propulsion at Stuttgart Airport, in the presence of Prime Minister Gunther H. Oettinger of Baden-Wurttemberg: the Antares DLR-H2. Credit: DLR.”) : 上記リリースより

Lange Aviation GmbH

燃料電池飛行機、ドイツの空を舞う-----AFP BB News,2009年07月08日

コメント続き
 狭く人口が密集した日本では、グライダー、飛行機に気軽に乗れるという状況にはないためか、軽飛行機の分野での開発はあまり行われていないのでしょうか? 国内の状況も知りたいですね。(t_t)

関連エントリー
ボーイング社が燃料電池駆動型の小型飛行機を開発-----しなやかな技術研究会、2008/04/08

[カテゴリー : エコ飛行機]


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--




[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« Google 未来を選ぼう2009が始まった。 選挙の季節だ! | トップページ | イギリス、温暖化効果ガス削減中期2020年目標1990年比34%を明記し、再生可能エネルギーの推進など、意欲的な低炭素経済への包括的改革案を発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/45599983

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツの燃料電池モーターグライダー Antares DLR-H2:

« Google 未来を選ぼう2009が始まった。 選挙の季節だ! | トップページ | イギリス、温暖化効果ガス削減中期2020年目標1990年比34%を明記し、再生可能エネルギーの推進など、意欲的な低炭素経済への包括的改革案を発表 »