« エンパイヤステートビルディングで省エネ化プログラムがスタート | トップページ | 気候変動枠組み条約6月原案提示へ 国連作業部会閉幕 / クリッピング asahi.com »

2009/04/09

セグウェイとGMが共同開発した天蓋付き二人乗り二輪車P.U.M.A

 セグウェイがGMと共同開発した天蓋付き二人乗り二輪車の開発名はP.U.M.A - Personal Urban Mobility & Accessibility。直訳すれば、都会用パーソナル車となり味気ない。和製英語的には、パーソナル・コミューターのほうがわかりやすい。動きは、下の短いビデオクリップをみるとよくわかります。実際の動きは、プレスカンファレンスのものが公開されてます。

Project P.U.M.A. Movement

(SegwayVideos,2009年04月07日)

プレスリリース / Segway,2009/4/6
Introducing Project P.U.M.A.
Segwaypuma
-----image : 上記サイトキャプチャー画像

" Every once in awhile we have some exciting news to share and we’re happy to do so right here on The Last Mile.

We’re pleased to introduce you to the Project P.U.M.A. (Personal Urban Mobility & Accessibility) prototype. It’s a working concept of what’s possible when you put together smart minds with the goal of setting a new vision for the future of urban transportation. We’re making this announcement today in collaboration with General Motors Corp. in New York City in advance of the New York Auto Show.
.......... "

関連
Project PUMA: Press Conference

(ProjectPUMAVehicle,2009年04月07日)

GM And Segway Join Forces To Reinvent Urban Transportation-----GM,2009-04-07

" ..........
Built to carry two or more passengers, it can travel at speeds up to 35 miles per hour (56 kph), with a range up to 35 miles (56 km) between recharges.

Since the introduction of the Segway Personal Transporter (PT), Segway has established itself as the leader in the small electric vehicle space. Its approach to congestion and environmental challenges is balanced with a strong understanding of the functional needs of its customers, enabling them to do more with less. Segway has delivered more than 60,000 lithium-ion batteries to the market.

GM has been a leader in "connected vehicle" technologies since it introduced OnStar in 1996. Today, this on-board communications package connects six million subscribers in North America to OnStar safety and security services. GM has also pioneered vehicle-to-vehicle (V2V) communications systems and transponder technology. These and additional connected vehicle technologies could ultimately enable vehicles that don't crash and drive themselves.
.......... "

コメント続き

 この車の動きをみて、面白いと感じました。しかし、最高速度が結構速いようなので日本の公道では許可されないんだろうな、せいぜい許可されたとしても時速15kmまでのシニアカーレベルのものになってしまい、このダイナミックな動きを生かせないなんて考えていたら、GMと共同開発の意味がわかりました。下のビデオでは専用の走行区画を指定方向にのみ動くようすが描かれています。また、P.U.M.Aには、安全や交通の流れをモニターし、相互に通信したり、路上の障害物などを検知し対応する能力が計画されているようです。
 それなりに面白そうな車ですが、実際ニューヨークで採用されるとしても、かなりの時間がかかりそうです。とりあえずの狙いは、マスダールや上海の未来都市計画なのかもしれません。となれば、実際の都市を走行する姿をP.U.M.Aが見せる日は意外とはやいのかもしれません。(t_t)

GM/Segway Project P.U.M.A. Autonomous Operation
Segwaypuma2
-----image : ビデオの1シーンキャプチャー画像

(SegwayVideos,2009年04月07日)



ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--




[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« エンパイヤステートビルディングで省エネ化プログラムがスタート | トップページ | 気候変動枠組み条約6月原案提示へ 国連作業部会閉幕 / クリッピング asahi.com »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/44608933

この記事へのトラックバック一覧です: セグウェイとGMが共同開発した天蓋付き二人乗り二輪車P.U.M.A:

« エンパイヤステートビルディングで省エネ化プログラムがスタート | トップページ | 気候変動枠組み条約6月原案提示へ 国連作業部会閉幕 / クリッピング asahi.com »