« 追加経済対策は、グリーンか? レッドか? | トップページ | Moto-X電動バイクZeromotorcycles製Zero vs スズキDRZ125 »

2009/04/15

世界60社、32人の”賢人”が参加し低炭素経済に関する作業部会 Low Carbon Prosperity Task Forceが始動

 世界経済フォーラム2009で、さまざまな機会を通じて低炭素経済に関する具体的な内容を討議する世界60社、32人の”賢人”が集う低炭素経済に関する作業部会が設立され、COP15までにさまざまな議論を展開するということです。リリースには、当初52社となっていますが、現在60社となっています。

Building the Low-Carbon Economy-----forumblog.org,March 31, 2009

" 52 companies team up with 32 experts and organizations to create a low-carbon prosperity Task Force. The task force is a response to an invitation made at the World Economic Forum Annual Meeting 2009 in Davos by UK Prime Minister Gordon Brown.

The Task Force will work with government and UN officials to develop a set of practical projects and policy proposals around the world, which will significantly stimulate the low-carbon economy from 2010 onward. An open letter was sent to Prime Minister Brown, setting out the Task Force’s suggested agenda for the coming months.

The main focus for the Task Force is to identify exactly how to create millions of green jobs in the short run and deflect economic growth onto a more sustainable, low-carbon path for the longer term.
.......... "

関連記事(ソース)
世界経済フォーラム 低炭素経済に関する作業部会を設立-----EICネット海外ニュース、2009.03.31

Business Ready to Work on Building the Low-Carbon Economy-----UNEP,31 March 2009
Global_green_newdeal-----image : 「UNEP Global Green New Deal Policy Brief 」(pdf)上記サイトよりダウンロードできます。

" Table of contents

1. Executive Summary 2. A Backdrop of Multiple Crises 3. A Global Green New Deal 3.1. Rationale 3.2. Objectives 3.3. Elements 3.4. Fiscal Stimulus for 2009 and 2010 3.4.1. Energy Efficient Buildings 3.4.2. Sustainable Transport 3.4.3. Sustainable Energy 3.4.4. Agriculture and Freshwater 3.5. Domestic Policy Initiatives 3.5.1. Perverse Subsidies 3.5.2. Incentives and Taxes 3.5.3. Land Use and Urban Policy 3.5.4. Integrated Management of Freshwater 3.5.5. Environmental Legislation 3.5.6. Monitoring and Accountability 3.6. International Policy Architecture 3.6.1. International Trade 3.6.2. International Aid 3.6.3. Global Carbon Market 3.6.4. Global Markets for Ecosystems Services 3.6.5. Development and Transfer of Technology 3.6.6. GGND International Coordination 4. Next Steps ANNEX “Green Economy” Sectoral Analysis A. Energy Efficient Buildings B. Sustainable Energy C. Sustainable Transport D. Freshwater E. Ecological Infrastructure F. Sustainable Agriculture G. Other Sectors "

コメント続き
 さて、この60社に何社の日本の企業が参加しているかとみてみると、現時点ではMitsubishi Chemical1社だけでした。何人のエキスパートが参加しているのかみると、日本人らしき名前は見当たりません。決してマイナーな動きでないだけに、気になります。(t_t)



ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--




[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 追加経済対策は、グリーンか? レッドか? | トップページ | Moto-X電動バイクZeromotorcycles製Zero vs スズキDRZ125 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/44668774

この記事へのトラックバック一覧です: 世界60社、32人の”賢人”が参加し低炭素経済に関する作業部会 Low Carbon Prosperity Task Forceが始動:

« 追加経済対策は、グリーンか? レッドか? | トップページ | Moto-X電動バイクZeromotorcycles製Zero vs スズキDRZ125 »