« マツダ、欧州向けディーゼルMazda CX-7に日本メーカー初の尿素噴射NOxの処理SCRシステムを開発 | トップページ | カーボンフットプリント制度の基本ルール、経済産業省が表示方法等を発表 »

2009/03/24

グリーン・ニューディールで、スパマーもグリーン化?

 オバマ大統領の環境、エネルギー分野での景気浮揚・刺激策がアメリカ経済を実施にいい方向に向かわせることができるかについては、ぼちぼちその効果にも疑問を投げかける意見もネットに目立つようになってきた。ちょっと気が早くねー? アメリカ人という気もするのだが、実際に経済の状況を考えるといい方向への変化のスピード感こそアメリカ人、そして世界の人がオバマさんに期待していたことだと思えばいたしかたないか? 自国の政治の閉塞感からの脱出をも、他国の大統領に期待する日本人もおられるので、まあいたしかたないか?

 ところで、シマンテックのスパムリポートをネタにすることが多いブログに、こんな話題が掲載されました。Spammers Go Green、スパマーもグリーン化ということらしい。

Spammers Go Green----- Security Response Blog,03-13-2009(STN Peer-to-Peer Discussion Forums :

 想像されるシーンはこんな感じ、太陽光発電に関するお徳な情報が掲載されたメールが届く、ついリンクを開くと、太陽光発電システムの便利そう、またはお徳な情報が掲載されている。なにげなく、設定されたフォームに情報を打ち込む。ところが待てど暮らせど、資料や特典のクーポンなどは届かない。実は、そのサイトは私たちの個人情報を収集するための罠だったということになる。このビジネスがその情報でどんな具合に利益を上げていくのかについては、結局融資やポルノや株といったサイトや情報に誘導していく程度の知識と想像力しかもっていないが、膨大なスパムメールが氾濫しているこのネット世界の実情を考えれば恐ろしい話だ。個人情報の扱いについては、慎重を期したい。(t_t)

参考記事
シマンテック月例スパムレポート[2009年3月] - グリーン化するスパマーなど-----マイコミジャーナル、2009/03/23

「ブログ執筆で謝礼金」スパムに注意、シマンテック月例レポート-----INTERNET Watch,2009/03/23

ソースポッド、「スパムメール実情レポート」2009年2月版 ~不景気に付け入る融資を装ったスパムが増加~-----CNET Japan,2009/03/10


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--




[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« マツダ、欧州向けディーゼルMazda CX-7に日本メーカー初の尿素噴射NOxの処理SCRシステムを開発 | トップページ | カーボンフットプリント制度の基本ルール、経済産業省が表示方法等を発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/44448856

この記事へのトラックバック一覧です: グリーン・ニューディールで、スパマーもグリーン化?:

« マツダ、欧州向けディーゼルMazda CX-7に日本メーカー初の尿素噴射NOxの処理SCRシステムを開発 | トップページ | カーボンフットプリント制度の基本ルール、経済産業省が表示方法等を発表 »