« イベント 4/24-26 第3回エコビレッジ国際会議TOKYO | トップページ | マツダ、欧州向けディーゼルMazda CX-7に日本メーカー初の尿素噴射NOxの処理SCRシステムを開発 »

2009/03/19

もっとも省エネの32インチ液晶テレビは? 消費電力約60Wの新製品も登場!

 省エネルギーセンターの省エネ性能カタログ・2008年冬版 家庭用によれば、32インチの液晶テレビの中では、ソニーブラビア液晶テレビKDL-32JE1が定格消費電力(W)89Wとダントツの性能で目をひきました。
 そして、2009年春各社から新製品も登場してきました。ソニーの同じ32インチの最新モデルKDL-32F5では、省エネ以外の性能に力点がおかれているようで消費電力(待機時)が140W(0.15W)となっていて、同じメーカーの製品でもこんなに仕様によっては消費電力がことなるので、製品選びの際には注意が必要です。

 そして、今回の春の新製品ではシャープが32型で約60Wの消費電力の製品を発売しました。

プレスリリース / シャープ、2009年2月2日
32V・26V・20V型 液晶テレビAQUOS Dシリーズ 9機種を発売
090202a
-----image : 同リリースより

" 省エネ達成率303%※1・業界No.1の省エネ性能を実現
..... 電源回路の高効率化やバックライトの効率化など独自の省エネ技術により、32V型<LC-32DE5>では、年間消費電力量66kWh/年(消費電力約60W)、省エネ達成率303%を実現しました。..... "

プレスリリース / TOSHIBA,2009年03月04日
倍速対応の液晶テレビとして業界トップの低消費電力量を実現した高画質「レグザ C8000シリーズ」の発売について
Regza42c8000
-----image : 同リリースより

" .....新商品の主な特長
1.バックライトを効率化した省エネ液晶パネルを採用
.....32C8000 消費電力 100W..... "

コメント続き

 価格.comの32型クラスの液晶テレビランキングを見ると、価格差、性能差も選択にもちろん繁栄してテレビが売れていることがわかります。注目の液晶テレビは、REGZA 32C7000 (32)ということです。消費電力は、133Wと省エネ性能はイマイチのモデルですが、価格が安いですねぇ。この春のモデルで100Wの消費電力の32C8000の半値近いです。
 さらにシャープのAQUOS LC-32DE5は、すでにかなり値段がこなれてきています。機能も画像も選択に関係しますが、まずはこのモデルをお店でチェックしようと考えています。(t_t)



ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--




[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« イベント 4/24-26 第3回エコビレッジ国際会議TOKYO | トップページ | マツダ、欧州向けディーゼルMazda CX-7に日本メーカー初の尿素噴射NOxの処理SCRシステムを開発 »

コメント

追加情報
ソニー40型が実質7万円台──エコポイント特需、薄型テレビが“激安”-----ITmedia News,2009年06月12日
" シャープの32型液晶テレビが実質4万円台相当、ソニーの40型液晶も実質7万円台相当という激安ぶりだ。 "

投稿: 追加情報 ソニー40型が実質7万円台 | 2009/06/14 07:16

投稿: 追加情報 エコポイント効果、32インチの液晶テレビが実質3万円台に | 2009/08/02 10:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/44389523

この記事へのトラックバック一覧です: もっとも省エネの32インチ液晶テレビは? 消費電力約60Wの新製品も登場!:

« イベント 4/24-26 第3回エコビレッジ国際会議TOKYO | トップページ | マツダ、欧州向けディーゼルMazda CX-7に日本メーカー初の尿素噴射NOxの処理SCRシステムを開発 »