« Census of Marine Life 海の生き物調査、両極の旺盛な生物の世界と温暖化する海についての調査を発表 | トップページ | 東芝ライテックが「E-CORE」2000クラス、総合効率80 lm/WのLEDダウンライトを発表 »

2009/02/18

カーボン・フリーな南極観測基地、ベルギーのPrincess Elisabeth station。風力発電と太陽電池で駆動!

 COP15 COPENHAGENのサイトに現れたSFドラマ「宇宙家族」に登場しそうな建物に目を奪われました。この建物は、南極に設置されたベルギーのプリンセス・エリザベス基地( Princess Elisabeth station)で、南極において太陽電池と風力エネルギーを利用し、化石燃料に一切頼らないで科学的な調査を行うということです。

First carbon-free polar research station-----COP15 COPENHAGEN,16/02/2009
Cop15090213news-----image : 上記サイトキャプチャー画像

" Belgium's Princess Elisabeth station in East Antarctica is the world’s first polar research station which relies entirely on wind and solar power.
.....
The world's first zero-emission polar research station opened in Antarctica on Sunday and was welcomed by scientists as proof that alternative energy is viable even in the coldest regions.

Pioneers of Belgium's Princess Elisabeth station in East Antarctica said if a station could rely on wind and solar power in Antarctica ? mostly a vast, icy emptiness ? it would undercut arguments by sceptics that green power is not reliable.
..... "

プレスリリース / International Polar Foundation,13 Feb. 2009
INAUGURATION OF PRINCESS ELISABETH ANTARCTICA
Polarstation0carbonfreebase
-----image : 上記サイトキャプチャー画像


関連情報
Contest: Draw your Own "Zero Emission" Station and Send your Drawing to Antarctica-----International Polar Foundation,10 DEC. 2008

Princess Elisabeth Antarctic Station

(lonckelph,2007年09月05日)

コメント続き

 中はどんな風になっているのだろうか? 上のYouTube動画でも紹介されている、作っている途中のバーチャルツアーを見つけました。材料や広さ内部の様子を把握することができます。

Virtual visit of international Princess Elisabeth Polar Station

Virtual Tour Polar Station

(lfrisee,2007年09月05日)

 しな研として大いに関心のある、太陽光発電や風力については、PRINCESS ELISABETH ANTARCTICA: LAST STAGE TO THE FIRST "ZERO EMISSION" RESEARCH STATIONより資料がダウンロードできます。

 資料によると利用される水のすべてが再処理されその75%が再度利用される。再生可能エネルギーは、太陽電池、太陽熱パネル、風力発電。太陽電池は、124Wpの太陽電池が408枚、合計約50kWpが屋根や壁に取り付けられています。太陽熱パネルは、合計24平方メートルあり、熱交換器を経て温水となり、台所、シャワー、その他の熱源となる。風力発電機は、1基6kW定格の風車がすでに7基、あと2基を加え9基が稼動予定。
 さらに、建物全体が60センチの厚さにもなる断熱材や構造材で覆われ、過酷な南極の寒さから建物を守るとともに、太陽熱のパッシブ、アクティブな利用も可能なように、ベンチレーションや内部の電気エネルギーの高度な管理などのシステムを備える。

 この建物は、単に南極を意識しているだけではない。この過酷な環境でカーボンフリーな施設を運用することで、世界のあらゆる場所で、再生可能エネルギーや建物の工夫により人類が気候変動とエネルギー問題を克服するための暮らしができるという証明であり、全人類に対する提案でもあります。(t_t)

関連エントリー
Countdown To Copenhagen COP15 コペンハーゲンへの道 / おすすめサイト-----しなやかな技術研究会、2009/01/09

-----Google GreenPostサイト横断検索 : COP15-----

[国連気候変動枠組条約締約国会議 United Nations Climate Change Conference / ブックマーク]


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--




[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« Census of Marine Life 海の生き物調査、両極の旺盛な生物の世界と温暖化する海についての調査を発表 | トップページ | 東芝ライテックが「E-CORE」2000クラス、総合効率80 lm/WのLEDダウンライトを発表 »

コメント

見ているだけで楽しくなります。行った気分で満喫!また、遊びに来ます!

投稿: うつ病 | 2009/02/18 16:54

うつ病さん

 ソフトエネルギーにもまったく同じコメントをされていました。リンク先が営業サイトであり、本エントリーの内容ともまったく関係性を見つけることができなかったので、リンク先を削除しました。

 しな研 t_t

投稿: t_t | 2009/02/19 10:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/44093602

この記事へのトラックバック一覧です: カーボン・フリーな南極観測基地、ベルギーのPrincess Elisabeth station。風力発電と太陽電池で駆動!:

« Census of Marine Life 海の生き物調査、両極の旺盛な生物の世界と温暖化する海についての調査を発表 | トップページ | 東芝ライテックが「E-CORE」2000クラス、総合効率80 lm/WのLEDダウンライトを発表 »