« NEDOが自動運転・隊列走行のITS(Intelligent Transport Systems)研究開発を開始 | トップページ | OurPlanet-TV 映像制作ワークショップ実践編『D.I.Yビデオのアトリエ』4月開講 »

2009/01/23

米国気候行動パートナーシップ 地球温暖化対策の法的枠組を提言 / クリッピング EICネット

" 米国気候行動パートナーシップ(USCAP)は、1月15日、地球温暖化対策の法的な枠組を示す提言「立法活動のための青写真」を公表した。 .......... 今回の提言では、拘束力のある、経済全体をカバーする地球温暖化防止プログラムが必要だとして、2005年を基準年とし、温室効果ガス排出量を2012年までにその97~102%、2020年までに80~86%、2030年までに58%、2050年までに20%とする目標を盛り込むよう訴えた。 .......... "
-----EICニュース、2009.01.15より

関連
プレスリリース / United States Climate Action Partnership
http://www.us-cap.org/ / January 15, 2009 Business and Environmental Leaders Release Landmark Blueprint for Climate Protection Legislation(pdf)

" .........
Highlights from the Blueprint include:
. Requiring an 80 percent emissions reduction below 2005 levels by 2050: National
climate legislation should include aggressive emission reduction targets that can be
achieved at manageable costs to the economy. The targets and timetables in the
Blueprint are consistent with the schedule proposed by President-elect Obama.
. Allowing the ample use of offsets to manage program costs: Offsets should be used
to help meet compliance obligations and should be environmentally additional, verifiable,
permanent, measurable, and enforceable. Other cost containment measures to limit
price spikes and volatility are detailed in the Blueprint.
. Using the value of emissions allowances to protect consumers and businesses
while advancing climate program goals: USCAP believes the distribution of
allowance value should facilitate the transition to a low-carbon economy for consumers
and businesses, provide capital to support new low- and zero-GHG-emitting
technologies, and address the need for humans and the environment to adapt to climate
change. A significant portion of allowances should be initially distributed to capped
entities and particularly disadvantaged economic sectors. The Blueprint identifies
principles to guide the fair and equitable allocation of allowance value to mitigate costs
to consumers and impacted sectors of the economy.
. Creating incentives for technology development and deployment: In addition to
outlining the design and function of a cap-and-trade system, the Blueprint details
complementary measures for coal, technology transformation, transportation, and
buildings and energy efficiency that are needed to facilitate rapid technology
transformation and to ensure that actual reductions in emissions occur across the
economy. These measures are presented as necessary components of the cap-andtrade
recommendations.
.......... "

/ USCAP Blueprint for Legislative Action
Uscapblueprint-----image : USCAP Blueprint for Legislative Action(pdf-970K)表紙

The USCAP Blueprint for Legislative Action-----World Resources Institute,January 15, 2009

コメント
 アメリカが気候変動枠組み条約の舞台に戻ってくる? まあ、そのあたりは今年のなかばから後半にかけて本格化する国際会議をみればわかるので、今はよしとして。大統領が変わりこうまで雰囲気が変わってしまうアメリカという国の可能性と怖さを目の当たりにした大統領の交代劇という現時点の様子について、若干みていきたいと思います。

 ちょうど1年前に、USCAPがブッシュ前大統領に出した要望書をご覧ください。

United States Climate Action Partnership : Background Materials / Letter to the President(January 22, 2007) / Our Solutions-Based Report: A Call for Action (PDF - 1.18 MB)

 内容は、二酸化炭素削減枠として2050年に60-80%の削減をあげ、それまでの指標年までの具体的なターゲットと解決案を提案しています。結局、人気最後の年もブッシュ政権は、小指ひとつ動かさずそのままスルーした形でオバマ政権に振った形です。後世歴史かブッシュさんの伝記でこのあたりの政策的な欠落の事情を是非知りたいものです。
 そして、今オバマさんに同様の要望書が出されたわけです。すでに、積極的に情報を分析し、今後の国際会議に備えているでしょう。(t_t)

関連エントリー

Countdown To Copenhagen COP15 コペンハーゲンへの道 / おすすめサイト-----しなやかな技術研究会、2009/01/09

COP14 気候変動枠組み条約第14回締約国会議がはじまった-----しなやかな技術研究会、2008/12/01

12月のポーランド、COP14にむけての日本案-----しなやかな技術研究会、2008/10/02

-----Google GreenPostサイト横断検索 : COP15-----

-----Google GreenPostサイト横断検索 : COP14-----



ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--




[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]


|

« NEDOが自動運転・隊列走行のITS(Intelligent Transport Systems)研究開発を開始 | トップページ | OurPlanet-TV 映像制作ワークショップ実践編『D.I.Yビデオのアトリエ』4月開講 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/43819686

この記事へのトラックバック一覧です: 米国気候行動パートナーシップ 地球温暖化対策の法的枠組を提言 / クリッピング EICネット:

« NEDOが自動運転・隊列走行のITS(Intelligent Transport Systems)研究開発を開始 | トップページ | OurPlanet-TV 映像制作ワークショップ実践編『D.I.Yビデオのアトリエ』4月開講 »