« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008/12/26

しなやかな技術研究会のタイムライン 2008

2008年、お世話になりました。2009年もよろしくお願いいたします。

 グリーン・ポスト つねとうとうじ

 新年は、2009年1月5日より営業を開始します。


 今年のタイムラインは、結構ブログを活用しようとした足跡がみられて、自身にとっても興味深い足跡をたどることができます。来年は、自然エネルギー関連のネットワークの連携を強めていこうと考えております。今後ともよろしくお願いいたします。

 しなやかな技術研究会 3は、現在進行中です。しかし、いろいろなことがありました、2008年。

しなやかな技術研究会 3(2008/7-進行中)

 過去のタイムライン

続きを読む "しなやかな技術研究会のタイムライン 2008"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/25

2008年の気象情報をWMOが総括、観測史上10番目に暖かい年。グリーンランドの状況は、まさに薄氷!

 2008年は、ここ数年よりは暖かくはなかった!? しかし、それでも世界の気象観測網が地上の気温を測定しはじめた1850年以来、10番目に暖かい年だったとのことです。温暖化という傾向は、いまだ続いているようです。
 気候変動は、地域によっては、寒冷化したりより変化の乏しい気象へと変化する場所もあるようですが、地球全体としては、温暖化傾向はますます深刻な影響を与える地域の面積的な拡大が進んでいます。

081224pm1844captured
-----image : Google Earthキャプチャー画像。[2008/12/24pm18:44収録。上 : 雲のレイヤーを読みこんで。下 : NASAが公開している直近の衛星合成画像のレイヤー]-----081224pm1844capturednasa

プレスリリース / WMO,16 December 2008
2008 AMONG THE TEN WARMEST YEARS; MARKED BY WEATHER EXTREMES AND SECOND-LOWEST LEVEL OF ARCTIC ICE COVER

" The year 2008 is likely to rank as the 10th warmest year on record since the beginning of the instrumental climate records in 1850, according to data sources compiled by the World Meteorological Organization (WMO). The global combined sea-surface and land-surface air temperature for 2008 is currently estimated at 0.31°C/0.56°F above the 1961-1990 annual average of 14.00°C/57.2°F. The global average temperature in 2008 was slightly lower than that for the previous years of the 21st century due in particular, to the moderate to strong La Nina that developed in the latter half of 2007.

The Arctic Sea ice extent dropped to its second-lowest level during the melt season since satellite measurements began in 1979. Climate extremes, including devastating floods, severe and persistent droughts, snow storms, heatwaves and cold waves, were recorded in many parts of the world.

This preliminary information for 2008 is based on climate data from networks of land-based weather stations, ships and buoys, as well as satellites. The data are continuously collected and disseminated by the National Meteorological and Hydrological Services (NMHSs) of WMO’s 188 Members and several collaborating research institutions. Final updates and figures for 2008 will be published in March 2009 in the annual WMO Statement on the Status of the Global Climate.
.......... "(Press Release No.835 For use of the information media Not an official record)
-----

関連記事
08年の気温は過去12年で最低、長期的には温暖化傾向 WMO----AFP BB News,2008年12月17日

コメント続き
 12月のなかばに伝えられたグリーンランドの状況は、まさに危機的なものでした。

続きを読む "2008年の気象情報をWMOが総括、観測史上10番目に暖かい年。グリーンランドの状況は、まさに薄氷!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/24

[PR] CIS太陽電池モジュール BX60 / BX65 の年末・年始販売セールのご案内

Cisbx6065fronts

2009/3/3 お知らせ
BX60の販売は終了しました。
BX65のセールはしばらく続けます。


 自然エネルギー、ソフトエネルギーのグリーン・ポストからのお知らせです。
 (しなやかな技術研究会は、グリーン・ポストが運営しています。)

続きを読む "[PR] CIS太陽電池モジュール BX60 / BX65 の年末・年始販売セールのご案内"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東芝、福岡県の火力発電所において二酸化炭素分離・回収技術のパイロットプラントを建設

 東芝が福岡県の火力発電所において二酸化炭素分離・回収技術のパイロットプラントを建設し、日量10トンのCO2を燃焼ガスより分離、化学的に貯留する過程を実証すべく来年に試験プラントを建設するそうです。

プレスリリース / 東芝、2008年12月03日
二酸化炭素分離・回収技術のパイロットプラント建設についてより
Plant
-----image(pop up ; ”パイロットプラント構成図”) : 同リリースより

" 10トンCO2/日規模の実証試験により実用化に向けて研究開発を加速
 当社は、火力発電所などから排出される二酸化炭素(CO2)を分離・回収し、地中等に貯留する技術「CCS(Carbon dioxide Capture and Storage)技術」の実用化を加速するため、福岡県大牟田市にある株式会社シグマパワー有明 三川発電所内にCO2分離・回収パイロットプラントを設置します。パイロットプラント建設は、来年春に着工、同年8月頃から実排出ガスを使った実証試験を開始する予定です。
..........
パイロットプラント設置の背景と狙い
 火力発電は世界の全発電量のおよそ3分の2を占め、将来にわたって電力の安定供給に重要な役割を果たしていくものと見込まれます。一方で、火力発電の過半が埋蔵量の豊富な石炭を燃料としておりますが、石炭は天然ガスなどの他の化石燃料と比較して、発電量あたりのCO2排出量が大きいため、環境対策が強く望まれています。また現在、特に欧州を中心に、地球温暖化防止の観点から、新設火力発電所のCO2排出上限値の規制化が検討されており、火力発電所にCCSを併設する動きが今後加速していくことが予想されます。現在、世界中でCCSの実用化に向けた研究開発が進められており、当社もこれまで研究所での要素開発を行ってきました。10月1日にはCCS開発と事業推進の専門組織をそれぞれ設置して事業化に向けた本格的な活動を開始しており、今回のパイロットプラント建設により、一層の加速を目指します。
.......... "

関連記事
東芝,火力発電所にCO2の分離・回収技術の実証プラントを建設,回収量は10トン/日-----日経BPネット ITpro,2008/12/08

コメント
 CCS技術とは、二酸化炭素回収貯留(Carbon Dioxide Capture and Storage)という技術の略だそうです。システム的には、記事の上っ面を読む程度のことしかわかりませんが、こうした技術により、温暖化効果ガスの排出量を減らしていく治術は、東芝さんのプレス発表にあるとおり、”火力発電は世界の全発電量のおよそ3分の2を占め”る現状を考えると、不可欠の技術となってくることが理解できます。

 しかし、しらべてみると世界には二酸化炭素の分離・貯留のためのさまざまな技術があるようです。燃焼ガスから分離された二酸化炭素は化学的に吸着などされ形を変え、液体やゲル、固体にされ、その後、鉱山などを利用したり、地下の石灰岩などを利用して地下へと、また海底に貯留され得るということです。
 さらに、回収した二酸化炭素を使ってプラスチックを作ることもできるようです。さまざまな方法が開発、検討されているようですね。(t_t)

参考

続きを読む "東芝、福岡県の火力発電所において二酸化炭素分離・回収技術のパイロットプラントを建設"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/22

人間家族編集長、大築準さんがおなくなりになりました。心からご冥福をお祈りいたします

Ningenkazoku2
 南伊豆からオルターナティブな情報を発信し続ける、ミニコミ誌「人間家族」の編集長・大築準さんがお亡くなりになりました。21日午前に病院で永眠されたということです。心からご冥福をお祈りいたします。自然エネルギーにも理解が深く、浜岡原子力発電所の危険性を一貫して指摘、地元、地域で活動され、そして日本中にミニコミ誌「人間家族」を通じて訴えられてきました。人間家族編集室が国立にあった時から、いろいろとお話を伺い、オルターナティブなメディアとしてのミニコミ誌の可能性について、多くのアドバイスとなによりも、たゆまず発行しつづけるその人間家族の紙面の現実のパワーに勇気づけられてきました。そして伊豆に移住され、自宅をつくり、編集室を建て、なお続く定期刊行の荒行に挑まれました。紙の山に埋もれるようにして記事を執筆、編集されるさまには、なみなみならない決意を、そして、紙の山のむこうからこちらを見る目に、やさしさを感じさせる稀有なミニコミ人でした。
 おりしも、浜岡原子力発電所1号機、2号機の廃炉が決まったそうです。国全体が地震の巣のような国にあって、原子力をエネルギー政策の根幹にすえることには、あまりにも無理があります。しかし、現実はそうなのです。また、人間の生き方も脱原子力とはなっていません。政策、生き方のオルターナティブを常にムーブメントと個人の暮らしというゆるぎない大小の視点にすえたミニコミ誌人間家族の功績は、そのまま大築さんの力の反映でした。

スタジオリーフ 人間家族編集室

浜岡原発1・2号機廃炉、6号機設置を正式決定…中部電力-----YOMIURI ONLINE,2008年12月22日

 人間家族というミニコミのはじまりの物語をお聞きしたことがあります。それは、ホームページの下のページにも記載されていた言葉に集約されています。

スタジオリーフ・人間家族ホームページ
" 月刊「人間家族」とは
 7世代先を考える、マスコミに載らないポジティブでオルタナティブな情報交流誌の老舗、1973年創刊、通算330号を超える。国内外の草の根派をつなぐエコロジー、ネイティブとカウンターカルチャーを柱にした、もうひとつのグリーン&リトルマガジン。1973年創刊、通算330号を超える。

■A5判60P、1部\500、年間定期購読料\6,000、見本誌進呈
■3代目編集発行人・大築準 "

 
 大築さん、ご苦労さまでした。お疲れ様です。インターネット全盛の時代に、ミニコミというメディア、そして直接的で、人間的なアプローチにこだわったその姿勢を忘れません。本当にありがとうございました。

 グリーン・ポスト 一同
 代表 つねとうとうじ
Ningenkazokujpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タカラトミーが、太陽電池で動くエコソーラーシリーズ、縁起物の招き猫とだるまさんを発売

 太陽電池で、動く招き猫とだるまさん。なんとも、、、かわいい。12月末発売予定だそうです。売りはなんといっても縁起ものということで、実際に有名な神社の神職さんによってご祈祷、後祈願が行われて出荷される点。なるほど! 縁起がいいです。価格は、税込み1575円で全国の玩具店などで販売されるということです。

タカラ トミー : 縁起もの
Takaratomy_solarcat
-----image : 上記サイトキャプチャー画像

続きを読む "タカラトミーが、太陽電池で動くエコソーラーシリーズ、縁起物の招き猫とだるまさんを発売"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/19

イベント 12/21 100万人のキャンドルナイト

-----イベント案内のサイトより-----
Mainvisual
-----image : 上記サイト素材より

" でんきを消して、スローな夜を

私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2008年の冬至の日、12月21日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。
ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。
2008年、12月21日、冬至の日。よる8時から10時。
でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト。
..........
よくあるご質問
.......... "

 詳細、お問い合わせは、イベント案内のサイトをごらんください。

コメント
 キャンドルナイト、2004年の夏至から始まったのですね。東京タワーのライトダウンをその日見ました。明るい都会でのライトダウン、下からの景色だけでなく、いつか国際宇宙ステーションから眺めて、あの日あの時に東京の夜は、2時間だけ暗くなった、、、なんて宇宙飛行士に言われたらすごいね、などと話している方がおりました。
 日本の現状は、経済的に暗いニュースが多く沈みがちです。こんなときにこそ、家族や親しい友人とともに、キャンドルナイト。そうですねぇ。だれにみられることもなく、ただスローな時間を楽しむ、そんな歴史のあるムーブメントになってきたのようですね。(t_t)

続きを読む "イベント 12/21 100万人のキャンドルナイト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/18

電動草刈機という製品があるらしい。富士重工業が出展、、、

 エコプロダクツ2008で富士重工の電動草刈機が展示されていたという話を聞き、興味をもったので紹介します。

プレスリリース / 富士重工業、2008/12/10
プレスリリース / 富士重工業、環境総合展示会「エコプロダクツ2008」に出展(pdf発表)より

" .....【主な出展について】
..........
「スバル プラグイン ステラ コンセプト」(実車展示、同乗試乗会).....「スバル ボクサーディーゼル」(カットモデル展示).....
「e カッターPRO」(実物展示)
独自開発した草刈に最適な高性能ブラシレスモータと、1 時間で充電が可能な大容量マンガンリチウムイオン電池を装着した充電式草刈機。
電動式であることから、エンジン式と比べて、使用中に排ガスをまったく排出しない高い環境性能を持ち、使用場所・時間を選ばない高い静粛性を実現できるとともに、振動が少なく作業者への負担が軽いこと、ランニングコストが低いことなど、優れた作業効率を実現している。
.....
「SUBARU 80/2.0 ダウンウィンド型風力発電システム」(模型展示)..... "

プレスリリース / 富士重工業、2007/1/24
富士重工業 スバル充電式草刈機 「 eカッターPRO(イーカッタープロ) 」を新発売

07_01_24
-----image(pop up ; ”eカッターPRO
”) : 同リリースより

" 富士重工業は、スバル充電式草刈機 「 eカッターPRO 」を開発、富士重工産機販売*を通じて2月1日より国内で販売を開始する。

「 eカッターPRO 」は、富士重工業が独自開発した草刈に最適な高性能ブラシレスモータと、1時間で急速充電が可能な大容量マンガンリチウムイオン電池を装着した充電式草刈機。満充電時には一般的なエンジン式刈払機の燃料タンク容量に応じた1回あたりの稼働時間と同等の45分間の連続運転が可能である。
電動式であることから、エンジン式と比べて、使用中に排ガスをまったく排出しない高い環境性能を持ち、使用場所・時間を選ばない高い静粛性を実現できるとともに、振動が少なく作業者への負担が軽いこと、ランニングコストが低く経済性が高いこと、オイル注入などが不要で汚れが少なくメンテナンスの負担も少ないことなどから、優れた作業効率を実現している。
高齢者が作業する際の負担の軽減、都市部のマンションや公園などにおける作業時の騒音対策など草刈機を使用する環境での要求が変化してきており、この充電式草刈機が満たす潜在需要は大きく、今後の市場創出を図っていく。

富士重工業の産業機器カンパニーは、ロビンブランドで汎用エンジンを展開。世界中から高い信頼を獲得しているエンジンは、豊富なラインアップにより社会基盤を作る小型の建機や農機、生活を彩るレジャー機器など様々な用途の動力源として活用されている。今回、新たに電動機の分野にも進出することで、さらなる事業の拡大、発展をめざす。
..........
【eカッターPRO 主要諸元】
モデル名 充電式草刈機 SCB25UT
草刈刃 9インチ(10インチも装着可能)
電源 マンガンリチウムイオン電池SLi001A(直流26V‐3.8Ah)
充電時間 60分
1充電あたりの連続運転時間 約45分 ※
..... 113.400円..... "

コメント
 価格や使用時間を考えると農業や林業、造園、草刈作業といったプロ用としては非力だが、電動草刈機というあらたな商品を求める現場というのもまた結構あるように思います。電池のパックを複数用意すれば、長い作業も可能でしょう。問題は、お値段か、、、。
 とはいえ、排気ガスがなく、音も振動も少ないというメリットは、非常に高いと思いクリップしておきます。(t_t)

続きを読む "電動草刈機という製品があるらしい。富士重工業が出展、、、"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/17

オバマさんがエネルギーと気候変動への閣僚人事を発表。スティーブン・チュー氏がエネルギー長官

 オバマ次期米大統領は、エネルギー省長官にスティーブン・チューさん、そして新設のエネルギー・気候変動政策調整官には、クリントン政権で環境保護局長を務めたキャロル・ブラウナーさんを選び、気候変動・エネルギー問題への積極的な姿勢を前面に出した人事を発表しました。

Obama Picks Berkeley Lab Director Steve Chu for Energy Secretary-----Lawrence Berkeley National Laboratory,2008/12/15

" .....President-elect Barack Obama has nominated Steve Chu, Director of the Lawrence Berkeley National Laboratory (Berkeley Lab), to be Secretary of Energy.

Chu, 60, is a Nobel laureate physicist and a Professor of Physics and Molecular and Cell Biology at the University of California (UC), Berkeley. He is also one of the nation’s foremost and outspoken advocates for scientific solutions to the twin problems of global warming and the need for carbon-neutral renewable sources of energy. He has called these problems “the greatest challenge facing science” and has rallied many of the world’s top scientists to address it.
.......... "

関連記事
Dr. Steven Chu at the National Energy Summit

(climatebrad,2008年12月05日)

オバマ米次期大統領:エネルギー長官にチュー氏 気候変動担当ポスト新設-----毎日jp,2008/12/11

Obama Names Energy and Environment Leaders-----Greentech Media,December 16, 2008

Obama's Choices for Energy-Environment Signal New Direction-----Environment News Service,December 15, 2008

 オバマ大統領がエネルギー長官という重要なポストに、気候変動ならびにエネルギー問題で積極的に研究開発を指揮してきたチューさんを据え、さらにEPA(Environmental Protection Agency)のトップにも”The former head of the New Jersey Department of Environmental Protection and transition team member ”というキャリヤーをもつ環境問題の行政実務のプロ、そして黒人女性のリサ・ジャクソン(Lisa Jackson)さん、さらに気候変動・エネルギー問題を専門に扱う調整役ポストを新設、キャロル・ブラウナー(Carol Browner)さんという女性を据えた。
 チューさん以外は初耳のお名前だが、経歴からするとかなり強力な人事だと思います。いずれも、それぞれの分野のプロといえます。

続きを読む "オバマさんがエネルギーと気候変動への閣僚人事を発表。スティーブン・チュー氏がエネルギー長官"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/12/16

東京の賃貸駐車場で Careco のカーシェアリングサービスが開始されます

 東京の賃貸し駐車場をベースにカーシェアリングサービスが、来年の1月から開始されるそうです。事業を展開するのは、三井物産関連の各社で、サービスは、まずは代官山地区のコインパーキングで開始され、順次、恵比寿・中目黒・代官山地区ののコインパーキングへと拡大されていく予定だそうです。

プレスリリース / Carecoカーシェアリングクラブ、2008年12月10日
『カレコ・カーシェアリングクラブ』 はじまります
----------

プレスリリース / 三井物産、2008/12/5
カーシェアリング事業への参画

" 三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:槍田松瑩)は、会員が同一の車を共同利用するカーシェアリングのサービス事業を開始するため、カーシェアリング・ジャパン株式会社(以下CSJ、本社:東京都渋谷区)を設立しました。
CSJは、2009年1月より会員募集、並びに東京都内でのサービスを開始し、順次、事業規模を拡大していく予定です。

国内では、新車販売台数の減少に加え、昨今の環境意識の高まり等もあり、今後の自動車の利用形態は、「所有」から「利用」へとニーズが変化するトレンドがみられます。カーシェアリングは、既に欧米では地域に根付いた次世代のモビリティー(移動)サービスとなっており、今後、日本でも急速な普及が見込まれます。

個人や法人が、自家用車や社有車を持たずに、24時間いつでも好きな時にマイカー感覚で利用できる身近なカーシェアリングサービスの実現を通じ、当社は、新しい形態の車社会の実現をリードし、生活の豊かさに貢献することを目指します。また、CSJは、ハイブリッドーカーや低燃費車を使用することで、環境にも配慮した事業を展開してまいります。 "

----------

関連
三井のリパーク

コメント
 カーシェアリングという耳慣れない、そしていまだ使ったことがないシステムですが、Carecoカーシェアリングクラブのサイトには”週末だけの利用、週20時間以内の利用なら、、、、、断然おトク!”と書かれています。我が家にもオトクなシステムということになります。残念ながら、対象の地域は近くではありませんが、将来の車社会においては、その所有という形態も変わっていくのかもしれませんね。最低の月額基本料が非常に安い点も魅力です。本当に近くにこんなサービスがあったなら利用も検討したいと思います。

 さらに、世界で2010年ころから本格化する電気自動車とその充電ステーションネットワーク、さらには太陽光発電や風力発電といった、再生可能エネルギーによる運用などダイナミックな、移動、運輸も含めたエネルギーの利用方法の革命とも相性がよさそうです。(t_t)

参考エントリー

続きを読む "東京の賃貸駐車場で Careco のカーシェアリングサービスが開始されます"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/15

欧州のメガソーラーにNAS電池を初納入 / プレスリリース 日本ガイシ

1210_02
-----image(pop up ; ”NAS電池(日本国内設置 1500kWシステム)”) & text : 日本ガイシ、2008年12月10日発表より

" 日本ガイシ株式会社(社長:松下 雋、本社:名古屋市)は、ドイツの太陽光発電装置大手ユニコス(Younicos)社(旧ソロン(Solon)社、本社:ベルリン)に、欧州の大規模太陽光発電(メガソーラー)向けとして初めて、NAS(ナトリウム硫黄)電池(定格出力1000kW)を納入しました。今後、海外のメガソーラー市場にNAS電池を拡販していきます。

受注概要
設置場所
ドイツ ベルリン郊外 ユニコス本社新社屋敷地内
定格出力
1000kW
用途
太陽光発電の出力平滑化、系統接続評価
稼動時期
2009年3月(予定)
ユニコス社は1996年に創業し、これまで440MWの太陽電池システムを世界に供給しているメガソーラー発電装置の大手事業者です。 同社はメガソーラーの大量導入により懸念される出力の不安定性、系統接続の問題を解決するNAS電池に着目し、メガソーラーに併設して実証・評価することを決定。太陽光発電の先進国ドイツで初の大規模電力貯蔵デモプロジェクトにNAS電池が採用されました。同社は実証試験後、NAS電池併設のメガソーラーや再生可能エネルギーによる独立系統(スタンドアローン・システム)をドイツ内外で事業展開していく計画です。

ドイツを含めた多くのEU諸国では、2004年の再生可能エネルギー法施行により電力の固定買取価格制度を導入し、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを火力などで発電された電力より高い価格で買い取る仕組みが法制化されています。2020年には再生可能エネルギー導入量の目標を総電力量の20%に設定、各国で固定買取制度を導入し再生可能エネルギーの使用を義務化するなど、政府主導で取り組んでいます。一方、自然エネルギーの活用が進むと、その出力変動を吸収し、周波数を安定化することが必要になるため、その解決策として蓄電技術が注目されています。

当社はNAS電池を国内外に既に200カ所、270MW納入した実績を持ち、国内では、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と北海道電力による稚内メガソーラープロジェクトに定格出力1500kWのNAS電池を納入済みです。

添付資料
太陽光発電とNAS電池の出力パターン
太陽光発電は天候により左右され、不安定になりがちだが(=赤線)、それを補う形でNAS電池を使用することで(=青線)、出力を安定化することができる(=黒線)。

1210_01
-----image(pop up;”太陽光発電とNAS電池の出力パターン”) : 同リリースより
”太陽光発電は天候により左右され、不安定になりがちだが(=赤線)、それを補う形でNAS電池を使用することで(=青線)、出力を安定化することができる(=黒線)。 ” "

コメント
 大型蓄電池を利用して太陽光発電や風力発電の変動する発電量を平準化する技術をもつ日本ガイシが海外に初めてNAS(ナトリウム硫黄)電池(定格出力1000kW)を納品したそうです。

続きを読む "欧州のメガソーラーにNAS電池を初納入 / プレスリリース 日本ガイシ"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008/12/12

GreenPost関連サイト横断検索

コメント

続きを読む "GreenPost関連サイト横断検索"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イベント 1/19 エコセンシンポジウム「エコツーリズムで 地域を元気にした10の事例」

-----イベント案内より-----要事前申込

" 「エコツーリズムで 地域を元気にしよう!」というテーマで、今年1月に開催して大反響をいただいたエコセンシンポジウム。来年も1月開催を決定しました。

今回のテーマは前回のテーマをより具体的に検証する「エコツーリズムで地域を元気にした10の事例」。基調講演のパネラーは、地域エコツーリズムの「いま」を最もよく知る御三方が登場します。
岩手県・葛巻町は人口8000人の町。そこに年間50万人の人々が訪れることになる持続可能な地域拠点をつくり、文部科学省「廃校リニューアル50選」、毎日新聞社「地方自治大賞奨励賞」(葛巻町)に選出された「森と風のがっこう」代表の吉成信夫氏。

“元気な地域”を日本全国訪ね歩き、そのいきいきとした取り組みをジャーナリスト視点で書いた『葉っぱで2億円稼ぐおばあちゃんたち』を上梓し、今年各界から注目を集めたフリーライターの鹿熊勤氏。
そして、まさに“地域を元気にする”ための処方箋づくりで自治体からの依頼がやまない東京農工大学客員教授の福井隆氏です。
第二部には、3名のパネラーとエコセン世話人、そして参加された皆さんを交えた、エコツーリズムを実践するためのアイデアや課題をディープに探ります。
エコツーリズムに関わる大勢の人たちが全国から集まるエコセンシンポジウムは、新たなネットワークをつくる絶好の機会。ぜひ皆さまのご参加をお待ちしております。なお、席に限りがあり、満席となる可能性もありますのでお早めにご予約願います。

日本エコツーリズムセンター主催
エコセンシンポジウム
「エコツーリズムで地域を元気にした10の事例」
第一部◎事例発表型基調提案
吉成信夫氏
森と風のがっこう代表
..........
鹿熊 勤氏
フリーランスライター(ビーパル地域活性化総合研究所主任研究員)
..........
福井 隆氏
東京農工大学客員教授
..........
第二部◎エコセン世話人と語る! 参加型ディスカッション
第一部3名のパネラーとエコセン世話人、そしてシンポジウムに参加したあなたとともに、日本の地域を元気にしていくためのディスカッションを実施します。
【エコセン世話人】
大西かおり 大杉谷自然学校 校長
川嶋 直 立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科客員教授
国安俊夫 小田急電鉄(株)CSR・広報部課長
小林 毅 岐阜県立森林文化アカデミー教授/
日本インタープリテーション協会代表
嵯峨創平 環境文化のための対話研究所代表
佐藤初雄 国際自然大学校代表
三好直子 環境教育指導者
山中俊幸 日本エコツーリズムセンター理事・事務局長/クールインク代表
【コーディネーター】
広瀬敏通 日本エコツーリズムセンター代表理事/ホールアース自然学校代表
【日時】 2009年1月19日(月)13:30~18:00
..........
【場所】 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟402号室
..........
【参加費】エコセン会員:1,000円、一般:1,500円、学生:500円
【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター
..........
【お申込み】 ....フォームよりお申込みください。 "

 詳細、お問い合わせは、イベント案内をごらんください。

続きを読む "イベント 1/19 エコセンシンポジウム「エコツーリズムで 地域を元気にした10の事例」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/11

環境省、電気自動車等に係る実証試験に『i MiEV』を使用 / プレスリリース 三菱自動車

081209ajs_par_86815_file
-----image(”『i MiEV』”) & text : 三菱自動車、2008年12月09日発表より

" 三菱自動車の新世代電気自動車『i MiEV(アイミーブ)』5台が、環境省が実施する電気自動車等に係る実証試験に使用されることになった。

環境省では、「次世代自動車について、2020年までに新車販売のうち2台に1台の割合で導入する」(「低炭素社会づくり行動計画」平成20年7月閣議決定)という目標の実現のための施策の一環として、電気自動車等に係る実証試験を行う。スケジュールは、環境省が2009年1月中旬以降、順次、『i MiEV』などの試作車両を調達し、地方公共団体(神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、横浜市、北九州市<予定>)等に貸出。地方公共団体等は、公用車として利用するなどの実証利用を行い、以降2009年3月末まで実証試験を行う。

三菱自動車は、地球温暖化・石油エネルギー代替への対応として、大容量リチウムイオン電池と小型・高性能モーターを搭載した新世代電気自動車『i MiEV』を開発中であり、2009年夏までに市場投入を予定している。 "

関連情報、記事

プレスリリース / 環境省、平成20年12月5日
電気自動車等に係る実証試験事業のキックオフについて(お知らせ)

プレスリリース / 環境省、平成20年11月18日
吉野環境副大臣の電気自動車視察について(お知らせ)

日本郵政、配達業務などに電動アシスト自転車導入、電動カーのテストも開始-----しなやかな技術研究会、2008/12/02

コメント
 環境省の計画、「次世代自動車について、2020年までに新車販売のうち2台に1台の割合で導入する」を目当てを記録したくてクリッピングしておきます。不況の気配の中で、次代は電気自動車を待ちきれないかのように、いろいろな出来事、ニュースが起きています。

 アメリカでも電気自動車のプランが盛んに取りざたされてきました。カリフォルニアでの電気自動車用スタンド網を整備するとBettrer Place社は、ハワイで同じようなプランを実施するようです。

Hawaii to be 1st state with electric car stations-----Huffingtonpost,December 3, 2008

 2020年までというスパンで考えると、電気自動車のある暮らしというものが具体的に見えてきたのかもしれません。(t_t)

参考情報、記事

続きを読む "環境省、電気自動車等に係る実証試験に『i MiEV』を使用 / プレスリリース 三菱自動車"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/10

それはまさに電動のオート三輪! TraiacとZAP!

 オート三輪知ってますか? 昭和の風景を背景にする映画で活躍したりして知っている人は、多いと思いますが、リアルタイムでそれをしっている世代としては、思い出の中では、結構でかい存在感のある車だったおのです。ところが、実際にはかなり小さいということを大人になってから知り軽いショックを受けました。
 そんなオート三輪、三輪だから高速でカーブを切るとこけてしまいそう。実際にそうした事故も荷物が軽いと実際に傾いたのを見たことがあります。事故にはいたらないのですが、なんとなく頼りない。
 しかし、そのデザイン軽く小さな車のデザインとしてはよくできたものだったようです。
 今年2万ドルあまりで、電動車のTriacをリリースしたGreen Vehicles社のトラック、Buckshotは走っている感じがまさにオート三輪です。

Buckshot

(GreenVehicles,2008年10月19日)

Greenvccar
-----image : Green Vehiclesサイトキャプチャー画像

 さらに、以前から販売されているZAP!のエレクトリック・カーのラインナップには、三輪トラックがあります。

ZAP World : Xebra Electric Truck
Xebra_electric_truck-----image(pop up) : Xebra Electric Truck flyer キャプチャー画像

UPS using Electric Car, the Xebra.

(petalumaNews,2007年11月29日)

 そして、最後にオート三輪! オート三輪というイメージで幼少のころ強く印象に残っているのは、形からダイハツミゼットMP4のようです。知人の家が商売をしていて、所有していたので、よく荷台に座った記憶があります。トヨタ博物館に収蔵されていました。

続きを読む "それはまさに電動のオート三輪! TraiacとZAP!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/09

お金かけずにできるエコライフのポイントは? エコハウスへの道

 日ごろから省エネについては、なにかと考えています。まず自分でできることとしては、こまめな消灯、スイッチオフです。気をつけていますが、月に数回消し忘れ、すごくくやしい思いをします。そんな経験から、自動化なんて考えますが、結局お金がかかります。さて、みなさんの省エネの方策は? みなさんのアイディアをぜひ聞いてみたい。
 そんなことを考えていて、以下の記事を見つけました。この記事では、冷蔵庫と窓際の断熱がまず大切だということ。さっそく冷蔵庫周りをチェック!

クリッピング / 日経 Ecolomy,2008/12/8
エコハウス10年の小林光さんが指南!エコライフのススメ お金かけずにできるエコライフ・冷蔵庫周りを片付けて電力使用量カット<初級編>

"..........
<初級編 POINT!>
・冷蔵庫の周りを片付けて消費電力ダウン
・厚手のカーテンを床までたらし、外気をシャットアウト
・結露は拭いて、カビ防止と窓掃除の一石二鳥を狙おう。ヤカンの火の元に注意
・白熱電球を電球型白熱蛍光灯を換えて消費電力カット
・夏を涼しく過ごすグリーンカーテン、冬のうちから準備を "

コメント続き
 白熱電球を電球型蛍光灯に変える対策は、ほぼできています。ただ、周りには環境コンシャスな人ゆえに、蛍光灯は嫌いだおという方が結構おられます。電磁波と目ではとらえられないようなちらつきを気にされています。さらに、音という方もいます。そんな方には、LEDをお勧めしていますが、値段が高くなる傾向にあり、こまることがあります。
 グリーンなカーテン。ちょっとあこがれていますが、まだ東京ではやったことはありません。田舎では、自然にグリーンだったので、きゅうりや瓜類、さらにはさつまいもを窓辺にという発想はないのですが、都会では必要で有効かもしれませんね。
 ところで、この記事でインタビューを受けておられるエコハウスの小林さん、ためしにサイト内検索をかけてみると、やはりありました。

日本のエコハウス・環境省のCO2削減を呼びかけるホームページ”環のくらし”でみる-----しなやかな技術研究会、2004/08/23

 小林さんのエコハウスは、こんなに素敵なお宅でした! すばらしい。
 このシリーズぜひ、継続してください。中級、上級へと、、、すごく参考になりそうです。(t_t)

環のくらし : 小林さんのエコハウス紹介
Kobayasiecohouse
-----image : 上記サイトキャプチャー画像

関連エントリー
-----Googleサイト内検索 : エコハウス エコライフ-----

続きを読む "お金かけずにできるエコライフのポイントは? エコハウスへの道"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/08

イベント 12/11-13 エコプロダクツ2008

-----イベント案内のサイト-----より

" 開催主旨
 今年は、7月の洞爺湖サミットで主要8か国(G8)が温室効果ガス削減の長期目標で合意したことなど、世界全体で2050年に排出量を半減する長期目標について、全国民をあげて考え、解決の方向に向けて改めて動き出す年になっています。
 エコプロダクツの普及と環境型社会の実現をめざし、1999年を初回に開催して参りました本展も、今回で10周年の区切りを迎えます。この間、社会や産業界の環境への意識や取り組み、製品やサービス提供の手法は大きく変化してきました。ご出展の規模や業種も多岐にわたり拡大し、企業に留まらず政府・自治体、NPO・NGO、教育機関など様々なステークホルダーが本展を通じて「つながり」、問題解決の新しい取り組みと実例を紹介することで、社会ムーブメントを生み出す機会として活用されています。
 10周年の記念テーマは、「もうできる!CO2 -(マイナス)50%のエコライフ」です。750を越える出展者がこぞって、すでに実現可能なCO2-50%削減の生活スタイルと、未来の低炭素社会へのビジョンを具体的に一堂に披露します。最も先端的な次の社会をいち早く皆様もご覧になりませんか?小さなお子様から、ご家族連れ、学生さん、多くの関係するビジネス関係者の多数のご来場をお待ちしております。
(社)産業環境管理協会、日本経済新聞社

開催概要
名称 エコプロダクツ2008[第10回]
会期 2008年12月11日[木]~13日[土] 10:00~18:00 (13日[土]は10:00~17:00)
会場 東京ビッグサイト[東展示場 1~6ホール]
主催 (社)産業環境管理協会、日本経済新聞社
後援 経済産業省、環境省、文部科学省、国土交通省、農林水産省、厚生労働省、(社)日本経済団体連合会、(社)経済同友会、日本商工会議所、東京商工会議所、
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、日本貿易振興機構、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県[順不同]
協賛 (社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会、グリーン購入ネットワーク、(財)日本環境協会、全国連合小学校長会、全日本中学校長会、全国高等学校長協会、全国小中学校環境教育研究会[順不同]
特別協力 日本経済新聞デジタルメディア
協力 日経Ecolomy、日経BP環境経営フォーラム、日経エコロジー、ecomom、環境goo、ソトコト、everblue、リンカラン、環境新聞、教育新聞、日本教育新聞
入場料 無料
来場対象 ・企業経営者、企業の購買部門、環境管理部門、製品・商品開発部門、経営戦略部門、
 社会貢献部門 など
・自治体・官公庁の地域振興部門、購買部門、環境部門 など
・各業界団体、地域産業・商工団体 など
・一般消費者(ファミリー層、主婦、学生、小・中・高生)
・環境NPO・NGO団体、市民グループ、環境に関心のある方
出展規模 750社・団体/1,700小間[予定] (前回出展実績:632社・団体/1,405小間)
来場者見込 170,000人(前回実績:164,903人)
同時開催
バイオマス総合展2008(主催:バイオマス総合展実行委員会、共催:日本経済新聞社)
超電導EXPO2008
地域食とものづくり総合展2008(順不同)
..........  "

 詳細、お問い合わせは、イベント案内のサイトをご覧ください。

コメント
 今年は、うっかり出遅れ! メインのシンポジゥム・セミナーはすでにいっぱいでした。
 エコプロダクツ2008は、すでに10年目とか、、、、。
 COP14の開催されているポーランドでも、エコモノの展示会が行われているようですが、あまり情報は伝わってきません。日本からの参加も少ないのではないでしょうか、、、、。エコプロダクツ、金融危機を乗り切る事業、商材とも言われますが、はたして、このビックウェーブをどう乗り切るか? 各社腕のみせどころという意味では、見所満載かもしれません。時間を作って見に行きたいと思います。(t_t)

続きを読む "イベント 12/11-13 エコプロダクツ2008"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/05

電動ハイブリッド自転車「エネループ バイク」を発売 / プレスリリース

081201a
-----image & text : 三洋電機、2008年12月01日より

" ~eneloop universe products 新商品~
「新基準※1対応、アシスト比率最大1:2※1」 乗ったままで発電して充電
品名 電動ハイブリッド自転車
品番 CY-SPA226(W)/(L)/(G)/(K)
カラー (W)ホワイト (L)ダークブルー (G)ダークグリーン (K)ブラック
愛称 08120101
-----image : 同リリースより
メーカー希望小売価格(税込) 136,290円(税抜129,800円)
発売日 2009年2月上旬
月産台数 1,000台

 三洋電機株式会社は、電動アシスト自転車の新基準※1アシスト比率最大1:2※1に対応し、走りながら発電して充電できる回生充電機能搭載の電動ハイブリッド自転車「eneloop bike(エネループ バイク)」を2009年2月より発売します。
 今回、当社が2006年より展開している“暮らしを変える”電池「eneloop(エネループ)」のコンセプトが広がる商品群「eneloop universe products(エネループ ユニバース プロダクツ)」に、電動ハイブリッド自転車が仲間入りしました。「eneloop bike(エネループ バイク)」は、エネルギーの有効活用をコンセプトに、走行中の運動エネルギーの取り込みに着目して、「下り坂や減速時にモーターを発電機に切り替えて、発電・充電する」という創エネルギーサイクルを取り入れることで、軽量化と走行距離の延長を実現しています。「eneloop bike(エネループ バイク)」の登場により、「eneloop universe products(エネループ ユニバース プロダクツ)」は、エネルギーを効率的に創りだす“創エネ”から、蓄える“蓄エネ”、そして省エネにおよぶ、当社の特長あるエネルギー循環型商品のブランドとしてその世界をさらに拡大してまいります。

特長
業界初※2!新基準※1対応、アシスト比率最大1:2※1の「パワーアップモード」で、更に快適に
自転車におまかせで効率的・快適に、乗ったままで発電して充電する「ループチャージ※3」搭載
安定感のある乗り心地、「両輪駆動方式」

※1: 2008年12月1日付で施行される道路交通法施行規則の駆動補助機つき自転車の駆動補助率の割合を改正する内閣府令。
10㎞/h未満の低速域において、人力に対するモーターの力の比率(アシスト比率)が最大1:2となります。
※2: 2009年2月上旬発売予定、日本国内電動アシスト自転車において。
※3: 「ループチャージ機能」とは、下り坂などで減速する際の後ブレーキレバー操作により、モーターが発電機に切り替わり、バッテリーが補充電される「ブレーキ充電」と、「オートモード」で下り坂を慣性走行中に自動的にモーターブレーキが働いてバッテリーに補充電する機能の総称です。
「ループチャージ」を使用した場合でも、日常の専用充電器によるバッテリーの充電は必要です。
..........
乗ったままで発電して充電する回生充電機能「ループチャージ※3」は、下り坂や減速時などに生まれるエネルギーを無駄にせず新しい駆動力として活用するために、電気を創り出しバッテリーに充電することができます。
 「ループチャージ※3」は、ブレーキ操作による「ブレーキ充電システム」と、快適で長距離走行を可能にする「オートモード」の二つのシステムで実現しています。
 「ブレーキ充電システム」は、下り坂や減速時に後ブレーキレバーを操作するのにあわせ、モーターを発電機に切り替えて発電し、バッテリーに補充電します。走りながら、後ブレーキレバー操作の度に補充電できます。
..........
走行距離
当社標準パターン走行
*下記走行条件参照
57km (充電走行なし)
75km (下り坂ブレーキ充電走行時)
100km (オートモード時) 
.......... "

関連サイト
eneloop bike(エネループ バイク)

コメント
 なにそれ、両輪駆動! ブレーキを操作すると回生、モーターが発電機となり充電できる画期的な機能をもった三洋電機の電動アシスト自転車が、なんと両輪駆動になりました。しかもアシスト比率は最大二分の一! 電動アシスト自転車には、古いタイプしか乗ったことがないモノにとって、生唾モノの電動自転車に思えます。

続きを読む "電動ハイブリッド自転車「エネループ バイク」を発売 / プレスリリース"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/12/04

みんなの地球地図プロジェクト / おすすめサイト

 国土交通省がポーランドで開催中のCOP14・気候変動枠組み条約第14回締約国会議の開催にも合わせて準備をしたというみんなの地球プロジェクトのサイトが公開されています。

みんなの地球プロジェクト / ダウンロードするには
Minnanoerathmapkokudokoutuusyou
-----image : 上記サイトキャプチャー画像

プレスリリース / 国土交通省、平成20年12月1日
気候変動枠組条約第14回締約国会議(COP14)における「地球地図(第1版)」完成発表について
Bessi
-----image : 添付資料別紙2 地球地図・全球土地被覆図ポスター(イメージ) より

" 国土交通省は、全球陸域を対象にしたデジタル地理情報である地球地図の整備を提唱・主導しています。各国の協力のもとに整備を進めてきた結果、本年、全球の地球地図(第1版)が完成しました。
 地球地図は、土地被覆、樹木被覆率など、地球環境の現状を表す項目から構成される地図であり、地球環境問題の解明等への利活用が期待されます。
 このたび、気候変動対策の議論における基礎資料としての利活用を促進するため、標記会議に参加し、地球地図(第1版)の完成及び気候変動対策への利活用について発表することとしましたのでお知らせ致します。
-----以下は、添付資料別紙1 地球地図プロジェクトの概要【PDF】 より
別紙1
地球地図プロジェクトの概要
○地球地図プロジェクトについて
地球地図プロジェクトは、地球環境問題の分析等に必要な基盤的な地理情報データベース(地球地図データ)を世界各国の地図作成機関の自発的協力の下で整備するプロジェクト。日本国の国土交通省(当時は建設省)が平成4 年に本プロジェクトを提唱し開始(現在、180 カ国・地域がプロジェクトに参加)。
本年、地球の全陸域をカバーする地球地図第一版が完成し、インターネットを通じて一般提供開始。
プロジェクトの進行管理は地球地図国際運営委員会(事務局:国土地理院)が担当。
○地球地図データの特徴
・地球の全陸域を統一仕様でカバー
・1kmの解像度(縮尺100万分の1の地図に相当)
・8つのデータ項目(標高、土地被覆、土地利用、植生(樹木被覆率)、交通網、境界、水系、人口集中域)
・5年ごとに更新
○地球地図の気候変動対策への利活用
地球地図は客観的かつ信頼性のあるデータとして、各種統計情報(人口、気象、経済等)などと組み合わせ、国連における気候変動対策の衡平な議論への活用が可能。
(例)
適応策立案のための各種シミュレーション
:海面上昇、洪水、旱魃、水資源分布の変化、食料生産性の変化、生態系の変化
温室効果ガスの排出・吸収の算定
森林分布や総面積の把握、時系列データとの比較による森林減少の把握
○関連ホームページ
・「みんなの地球地図プロジェクト」ホームページ
http://www.globalmap.org/
※地球地図の体験ページの運用開始(植生(樹木被覆率)、土地被覆の閲覧)。利活用事例などの情報を提供。
・地球地図国際運営委員会(英語のみ)のページ
http://www.iscgm.org/
※地球地図データの入手が可能。 "

関連
国土交通省 地球地図

地球地図ブログ

International Steering Committee for Global Mapping (ISCGM)

インターネット自然研究所

コメント続き

続きを読む "みんなの地球地図プロジェクト / おすすめサイト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/03

Better Place、カリフォルニア州に電気自動車向け充電スタンド網の建設を発表

 電気自動車を中心にした都市、交通網を提案するベンチャー企業、ベタープレイス Better Placeがカリフォルニア州での電気自動車向け充電スタンド網の建設にむけてのタイムテーブルを発表しました。ベタープレイスとえいば、ルノー-日産車を前面にだした展開で注目されています。今回も電動カーのeRogueのテスト走行などがアピール、仕上がりをアピールしています。

プレスリリース / Better Place,Thursday, 20 Nov 2008
21st Century Initiative in California Defines Roadmap for Sustainable Transportation, Green Job Growth and Opportunity to Reinvigorate Region’s Competitive Advantage
/ better place and california bring electric vehicles to the united states

Betterplace_2
-----image : 上記サイトキャプチャー画像
/ VIDEO : California Joins the Network - Press Conference 11/20/08

関連記事
カリフォルニア州ベイエリアに電気自動車向け充電スタンド網構築へ-----ITmedia News,2008/11/25

Better Place eRogue starts trials-----CNET.co.uk,21 November 2008

Better Place Press Room Videos Detail Better Place Rogue.flv

(oups2007,2008年11月20日)

Renault-Nissan and Project Better Place Sign MoU for Mass Marketed EVs in Israel; Implementing New Ownership Model-----Green Car Congress,21 January 2008

コメント続き
 今回、Better Place社がカリフォルニアのエレクトリックカー市場での展開は、今後他の地域の展開にも影響を与えそうです。さらに、イスラエル、デンマーク、オーストラリアでの展開が計画されています。
 日本では、日産と提携するNECのリチウムイオンバッテリーも仕上がってきているようですし、神奈川県と日産の動きもあります。電動車と太陽電池や風力発電などの再生可能エネルギーなども含めた付帯インフラ全体で地域ごとに展開するというBetter Place社の営業戦略は、日本での日産の動きにも影響を与える可能性もあります。
 新たな可能性を開くことに成功するか、他社の動向も含めて気になります。(t_t)

参考エントリー

続きを読む "Better Place、カリフォルニア州に電気自動車向け充電スタンド網の建設を発表"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/12/02

日本郵政、配達業務などに電動アシスト自転車導入、電動カーのテストも開始

 かねてから話題になっていた、日本郵政グループの配達事業への電動自動車(プラグイン・ハイブリッド車も)の導入にむけて、実証試験が開始されます。さらに、リヤカー付きの電動アシスト自転車などの導入も開始、披露されるということです。

プレスリリース / 日本郵政グループ 郵便事業、平成20年11月25日
環境対応車両の試行配備と実証実験 / 環境対応車両の試行配備と実証実験(PDF481kバイト)
Yuuseievcar
-----image : 上記リリースより[上 : 電動車各種、下 : リヤカー付き電動アシスト自転車-----
Yuuseielecyclewithreacar

-12/9追加

プレスリリース / 三菱自動車、2008年11月25日
郵便事業株式会社が新世代電気自動車『i MiEV』を試行配備

プラスリリース / 富士重工業、2008/11/25
富士重工業、郵便事業株式会社の環境対応車両実証実験へ協力

"  富士重工業は、12月2日から約1年間の期間で予定されている郵便事業株式会社の環境対応車両実証実験に協力し、富士重工業が開発中の電気自動車「スバル プラグイン ステラ コンセプト」を一台、提供することとなりましたので、お知らせいたします。 "

-12/9追加,ここまで

関連記事
電動自転車で郵便配達、年内に80台投入-----YOMIURI ONLINE,2008年11月25日

コメント
 郵便局のさまざまな業務、集配、営業、取集の現場に供されるエレクトリックカーの試験車は、3種で当初は8台ということで、銀座や横浜港の業務にテスト利用されるということです。同時に発表されたロゴが車にはつけられるということです。この台数、規模では、実車に遭遇することは近々はなさそうですが、将来的には、テストを経てより大きな規模の展開を予定しているようなので、きっといつかどこかでお目にかかることができるでしょう。楽しみです。
 リヤカー付き電動アシスト自転車は、実際に運転してみたいですよね。この感じだと車道の左側を走行するのでしょうから、日本の交通状況の中で、どんなふうに既存の交通システムと共存できるのかが、もっとも大きな課題ということになりそうです。こちらは80台ということですから、是非西多摩でも運用してください!(t_t)

関連エントリー

続きを読む "日本郵政、配達業務などに電動アシスト自転車導入、電動カーのテストも開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/01

COP14 気候変動枠組み条約第14回締約国会議がはじまった

京都議定書以降の2013年からの気候変動に関する国際間の枠組みを話し合う国連の「気候変動枠組み条約第14回締約国会議(COP14)」が12月1日より2週間の日程で、ポーランドのポズナニで開幕する。読み方すらしらなかったポーランドのポズナニに世界の注目が集まります。

COP14、来月1日開幕 ポスト京都の合意案が焦点-----京都新聞、2008年11月29日

温暖化対策 COP14でも重要議題 日本提案「セクター別」に注目-----Fuji Sankei Business i,2008/11/28

Poznan
-----image("Poznan, EPPO, PL") : Explore this location with Daily Planet, NASA + METAR (Airport) Weather information on interactive mapのキャプチャー画像

UNFCCC Executive Secretary on Climate Change Conference in Poznan

(climateconference,November 18, 2008)

UN Climate Change Conference Pozna? Poland 2008 TV advert 1

(Mati90,November 15, 2008)

 ”オバマさんのオブザーバー”参加が結構話題になるぐらい、次期アメリカの体制には期待値が高い。ポスト京都の最終期限といわれる2009年末、COP15にむけての重要な前哨戦としてのポズナニ会議、どのような2週間になるのでしょうか? 注目されます。さらに、再生可能エネルギーや省エネといった気候変動、エネルギー問題への基本的な取り組みに関する情報がさまざまな形でみられ、少なくともヨーロッパではある程度の関心の喚起に成功しているようです。

参考サイト
The United Nations Climate Change Conference 1-12 December 2008, Poznan, Poland : Press Kit / Information for journalists

COP14 : Econcern Sustainable Energy Event

全国地球温暖化防止活動推進センター : COP14の特設ページ

Wikipedia : ポズナン

WWF : Resources WWF Positions - CITES CoP14

京都議定書の次のステップは何だろう : セクター別アプローチの資料-----ポズナニCOP14の事前情報、2008-11-28

Wikipedia : セクター別アプローチ

Source Watch : COP14

関連エントリー

続きを読む "COP14 気候変動枠組み条約第14回締約国会議がはじまった"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »