« Sustainable Zone -永続地帯 / おすすめサイト | トップページ | 産業技術総合開発機構が二酸化炭素から作るプラスチックの飛躍的改質に成功 »

2008/11/20

A New Chapter on Climate Change / クリッピング ChangeDotGov(オバマ新大統領の気候変動対策への演説)


(ChangeDotGov,2008年11月17日

 オバマ次期大統領が、選挙戦で放ったYouTubeのビデオクリップは、1823に上った。マケインさんの330よりかなり多い。そして、大統領が決まってからは、ChangeDotGovには今日現在で6本のクリップがアップされていました。
 気候変動問題に、そして再生可能エネルギーに積極的に取り組む姿勢を示したことは、期待されていたことです。今後の展開にいい影響を与えてくれるといいですね。

Change.gov
プレスリリース / Change.gov,November 18, 2008
President-elect Obama promises “new chapter” on climate change

" More than 600 climate change leaders from across the country and around the world convened in Los Angeles today for the opening sessions of the Global Climate Summit, a 2-day event arranged by California Governor Arnold Schwarzenegger to break gridlock on the issue ahead of next month's United Nations Climate Change Conference in Poznan, Poland.

In a short video addressed to the Summit's attendees, President-elect Obama emphasized his enthusiasm for the Poznan Conference and promised that his administration would mark a "new chapter in American leadership on climate change."

"Few challenges facing America -- and the world -- are more urgent than combating climate change," he said. "Many of you are working to confront this challenge....but too often, Washington has failed to show the same kind of leadership. That will change when I take office."

President-elect Obama is committed to engaging vigorously with the international community to find solutions and help lead the world toward a new era of global cooperation on climate change.

”Let me also say a special word to the delegates from around the world who will gather in Poland next month: your work is vital to the planet," he said. "While I won’t be President at the time of your meeting and while the United States has only one President at a time, I’ve asked Members of Congress who are attending the conference as observers to report back to me on what they learn there.” "

関連サイト
Global Climate Summit home page(CA州)

Barackobama.com : New Energy for America

プレスリリース / Change.gov,November 18, 2008
Inside the Transition: Meet members of the Energy & Environment Policy Transition Team

Inside the Transition: Energy & Environment Policy Team

(ChangeDotGov,2008年11月18日)
----------

関連記事
温暖化対策で国際協調=ガス削減へ年次目標策定-米オバマ氏-----時事ドットコム、2008/11/19

Obama vows climate 'engagement' -----BBC News,18 November 2008

" US President-elect Barack Obama has pledged to "engage vigorously" on climate change, ahead of next month's UN summit on the issue.
Mr Obama will not be at the talks in Poland but said the US would "help lead the world" once he has taken office.
His comments came in a video message to a gathering of US state governors.
.......... "

Obama promises leadership on climate change-----Associated Press,18 Nov 2008

コメント
 オバマ次期大統領は、ポーランドには出席せず、おそらくG20と同じようにオブザーバーを派遣するということにとどめるのだろう。しかし、その存在感は大きい。G20に関しての以下のニュースと同様なことが、COP14の開催されるポーランドのポズニン会議のあとでも語られるに違いないです。

期待が降りてきて地に足をつけた G20が終わって――フィナンシャル・タイムズ-----gooニュース、2008年11月18日
" .....大半のアメリカ人にとって、そしておそらく多くのサミット参加者にとって、今回の会議に大した意味はなかったのだろう。理由は簡単。次期米大統領がそこにいなかったからだ。バラク・オバマは代理人を出席させて、..... "

G20と気候変動は問題が違う? かもしれません。アメリカにそこまでの期待は集まらないかもしれません。しかし、交渉が本格化する来年という文脈がすでに語られ、すでに正念場と言われるスェーデンのCOP15へと話が進んでいるのが現実のような気がします。いまさらながらに、アメリカの影響力とオバマさんへの期待の大きさがわかります。

OBAMA NOT VISITNG CLIMATE TALKS IN POLAND-----COP15.dk,November 18, 2008

 それにしても、オバマさんのメディア対策は、力が入ってます。困難な課題に対して、その問題的と大きさを米国民、そして注視する世界の市民に向かって、共にという姿勢が感じられるような気がします。とはいえ、本当に課題は大きい、期待度をあまりあげないことも大切かもしれません。というのも、自国の首相の対応に対しては、ほとんど選挙以外の関心をもてなくなってきているからということもあります。まったく期待できない自国の現状と、期待できるかもしれない米大統領。となると、結局、日本への影響力に期待するというお門違いの方向にも期待が、またしても膨らみそうです。いかん、いかん!(t_t)

関連
Obama: Climate Change and Coal Country-----WSJ.com Blog,February 13, 2008

12月のポーランド、COP14にむけての日本案-----しなやかな技術研究会、2008/10/02

<08米大統領選挙>オバマ氏勝利、初のアフリカ系大統領が誕生-----GreenPost -Heuristic Life -,2008/11/5



ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--




[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« Sustainable Zone -永続地帯 / おすすめサイト | トップページ | 産業技術総合開発機構が二酸化炭素から作るプラスチックの飛躍的改質に成功 »

コメント

こんにちは、
ソーラーハイブリッドボートは注目のボートだと思いますよ。

先月、マリン関係のデマショーがオーランドで開催されましたが、多分そこにも出展されていたのでは、と思います。
http://www.demashow.com/

島にいる米国人と大統領選の少し前に話していて、
あの京都議定書に反発した時から現大統領の存在はイヤだった、と云ったところ、
君も憶えてるんだね、そうだよ、あれから始まっているんだ!
と盛り上がっておりました。もちろん彼はオバマ派です。民主党支持者、という訳ではなく、ですが。

同世代のオバマさん、多くのヒトからの期待にどう応えてくれるのか、今から気になりますね。ただし国務長官選びは慎重にして欲しいかも。think

投稿: saipan-sky | 2008/11/20 10:19

saipan-skyさん

 あのボートいいけど、高そうですね。
 国務長官、クリントンさんは日本にとってあまりいい状況ではないでしょうね。アメリカにとっては、まだよくわかりませんが。オバマ、クリントンのラインは、かなり強烈な印象です。オバマさんがそんな強烈さを就年1年目に求めるとしたら、いろいろな意味で強さも加味されそうですね。

 まあ、日本からだと他の国務長官候補についてはまったくわかりません。サイパンの空、今日は済んでますか?

投稿: t_t | 2008/11/20 10:32

本日、マリアナブルー全開です!

確かに高そうですよね、あのボート。
償却にどれだけ時間が掛かるのか…、なぁんて考えた時点で、余裕の無さとエコは反比例ですね。

民主党が米国議会で力を持ち始めてから、こちらの島の連邦化が急速に早まりました。でも、彼女だと暴走が気になる様な。それを上手くコントロール出来るのでしょうか。

投稿: saipan-sky | 2008/11/21 07:49

追加情報
オバマ氏温暖化対策、「中期目標」で先進国の足並みに乱れも-----NIKKEI NET,2008/11/21
" オバマ次期米大統領は2020年の温暖化ガス排出量を1990年と同量とする新目標を打ち出した。 "

投稿: 追加情報 オバマ氏温暖化対策、「中期目標」で先進国の足並みに乱れも | 2008/11/26 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/43165871

この記事へのトラックバック一覧です: A New Chapter on Climate Change / クリッピング ChangeDotGov(オバマ新大統領の気候変動対策への演説):

« Sustainable Zone -永続地帯 / おすすめサイト | トップページ | 産業技術総合開発機構が二酸化炭素から作るプラスチックの飛躍的改質に成功 »