« 太陽光発電を利用した電動オートリキシャ、インドで開発中! | トップページ | Blog Action Day 2008 「テーマ : poverty - 貧困 -」 »

2008/10/14

気候変動は、金融危機の世界でもメジャーな議論です

 景気後退、もちろん嫌な話題だ。だが、そもそもグローバリズムによる世界の経済的な発展がより多くの人々と地域の開発にとってこのましい変化のみをもたらしてきたとはいいがたいです。もちろん!
 となれば、振り返ってただすべきところは正すというのが、頭で考えれば正論に思えます。しかし、そのようには、世界は動いていない。また、人間は戦争や騒乱を現在ものりこえてはいない。
 そんな中で、気候変動とエネルギー問題の解決方法を考えることは、世界のこれまでのあり方を問い直す貴重な機会であると考えることもできます。実際、ごく最近までは、世界の当為として、そのアプローチは支持されてきたと考えてきました。しかし、アメリカ発の金融危機の影響が世界的に注目されるようになり、現実に市民生活に影響をきたすようになってくると、気候変動とエネルギーという、これだけ大きな問題も、”かすんでしまうような出来事”がおきてきたと思う事件がいくつかありました。具体的なそらの事件ついては、別の機会に、たぶん触れさせてもらうつもりですが、金融危機がアメリカ大統領選挙という、このタイミングで起こっていることに、なんらかの作為を感じているもので、全体に確信がもてないので、もう少し時間をかけてみていきたいと考えています。

 ここでは、気候変動とエネルギー問題という大きな出来事をかすませるようなできごとは、実は人心をまどわせ、金融危機の責任の所在をごまかすためのしかけが動いているのではということで、今こそおちついて、日本も重大な選挙をひかえているわけで、パニックを押さえ、冷静に次代を考える必要が、いまだからこそあるということだけを書いておきたいと考えています。

 ヨーロッパで、気候変動の適応策についてまとめたリポート「Impacts of Europe's changing climate」がEuropean Environment Agency (EEA)によって発行されました。欧州では、気候変動問題には、早期の適切に対処することで、将来のコストと損害を少なくすることができるという”まっとうな考え方”が通用していると考えてますが、実際に対策が有効にとられるかについては、予断を許さないという厳しい現実もあるようです。経済発展と環境問題が対比され、やがてGreenが各国で失速した経緯もありますので、こうした適応策が各国でどこまで具体的になるのか、参考にしていく必要があります。

プレスリリース / European Environment Agency (EEA),29 Sep 2008
Europe needs to intensify actions to adapt to climate change impacts

" Increasing temperatures, changing precipitation, rising sea level, more intense and frequent extreme weather events and melting glaciers, ice sheets and Arctic sea ice are some of the challenges for Europe already triggered by global climate change, says a report released today by the European Environment Agency, the World Health Organisation Regional Office for Europe and the Joint Research Centre of the European Commission.
The report 'Impacts of Europe’s changing climate', based on 40 key indicators, stresses the consequences of both observed and projected changes, including an increased risk of floods and droughts, losses of biodiversity, threats to human health and damage to economic sectors such as energy, transport, forestry, agriculture, and tourism.
..........
”This report makes strikingly clear that many regions and sectors across Europe are vulnerable to climate change impacts. Implementation of adaptation actions has only just started. We need to intensify such actions and improve information exchange on data, effectiveness and costs.”-Prof. Jacqueline McGlade, Executive Director of the EEA
.......... "

Cc2008
-----image : Impacts of Europe's changing climate - 2008 indicator-based assessmentカバー
" The report presents past and projected climate change and impacts in Europe by means of about 40 indicators and identifies sectors and regions most vulnerable with a high need for adaptation. The report covers the following indicator categories: atmosphere and climate, cryosphere, marine biodiversity and ecosystems, water quantity (including river floods and droughts), freshwater quality and biodiversity, terrestrial ecosystems and biodiversity, soil, agriculture and forestry, human health. Furthermore the report shows the need for adaptation actions at EU, national and regional level and the need for enhanced monitoring, data collection and exchange and reducing uncertainties in projections. The report is a joined effort of the European Environment Agency (EEA), the European Commission's Joint Research Centre (JRC-IES) and the World Health Organisation Europe (WHO). "
----------

関連記事
研究報告:欧州、気候変動適応策の強化が不可欠-----日刊 温暖化新聞、2008年10月11日

コメント続き
 とはいえ、できごとをひとつクリップしておきます。

デンマーク気候変動・エネルギー相、英BBC「ハード・トーク」で守勢に-----Web-Tab,2008-10-09


 実際の放送では、必ずしも守勢という印象をもちませんでしたが、、、、。化石燃料と原子力という二大エネルギー源への依存を防ぐには、現状極省エネ生活ぐらいしか思いつきません。極省エネ生活は、経済発展という見地からすると、企業や国家にとって好ましいことではないし、現状からの力強い転換がさまざまな分野で必要となります。実際、グローバリズを乗り越える具体的なシナリオが国連や国といった規範の中にない以上、未だ世界の用意ができているとはいいがたい状況です。実際のデンマークのエネルギー相の出演した番組は、現在ネットでも見ることができます。政治家の腹がいずこでも大切ですね。(t_t)

BBC Hardtalk : Connie Hedegaard(6 October 2008)

" In a HARDtalk programme broadcast on 6 October, Stephen Sackur talks to the Danish minister for climate and energy, Connie Hedegaard.
Click here to watch the full interview[23'20"]

With the world economy faltering and fears of a global recession growing, do politicians have the stomach for action on global warming? "




ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--




[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 太陽光発電を利用した電動オートリキシャ、インドで開発中! | トップページ | Blog Action Day 2008 「テーマ : poverty - 貧困 -」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/42774204

この記事へのトラックバック一覧です: 気候変動は、金融危機の世界でもメジャーな議論です:

« 太陽光発電を利用した電動オートリキシャ、インドで開発中! | トップページ | Blog Action Day 2008 「テーマ : poverty - 貧困 -」 »