« 2008 9月23日は、Earth Overshoot Day ”地球”を使い果たし、赤字となる日 | トップページ | Google プロジェクト 10^100 世界を変えるアイディア、ワールドワイドに募集中 »

2008/09/26

バッテリーとキャパシターのハイブリッド型鉛電池、古川電池のウルトラバッテリーが世界市場に!

 鉛蓄電池の100年にもおよぶ技術、商品における膨大な蓄積を生かしながら、短時間に大容量の電力を蓄えることができるキャパシター、その両方のメリットを生かしているとされる古河電池のハイブリッド型鉛電池、ウルトラバッテリーがアメリカのイーストペン社にライセンス供与され、世界市場へと展開することになりました。

プレスリリース / 古河電池、平成20年9月24日

先進鉛電池「ウルトラバッテリー」ライセンスを米国イーストペン社へ供与

Ultra_img01
-----image(”アイドルストップ車、マイルドハイブリッド車、瞬時大電力負荷など次世代車用のキャパシタハイブリッド型鉛蓄電池 プロトタイプウルトラバッテリー FTZ12-HEV(二輪サイズ) 12V、8.5Ah@5HR 鉛蓄電池の負極にウルトラキャパシタを電極レベルで組み込んだハイブリッドバッテリー”) : topics「新技術:ウルトラバッテリーを開発しました。 2007.3.6より

" 古河電池株式会社(本社:横浜市 社長:内海勝彦)は、米国の大手鉛電池メーカーであるイーストペン社(East Penn Manufacturing Co., Inc.)と、北米地域(米国、カナダ、メキシコ)において、先進鉛電池であるキャパシタハイブリッド型鉛電池「ウルトラバッテリー」 に関するライセンス供与契約を締結しました。 ウルトラバッテリーは、CSIRO(オーストラリアの政府研究機関)で発明され、古河電池で実用化と量産化に向けた準備を行っているところです。 この電池の特長のひとつに、高い充電受け入れ性能を有していることが挙げられます。従来は、スーパーキャパシタと鉛電池を複雑な回路で接続することでこれを達成してきましたが、ウルトラバッテリーではこれらを一体化することで複雑な回路を不要としました。  また、ハイブリッド車用電池では、車両加速時のモーターへの電力供給やブレーキを掛けた時に発生する回生電流の受け入れに加えて、PSOC(部分充電状態)と呼ばれる充電不足状態での継続使用が要求されていますが、ウルトラバッテリーはこれらに応える性能を有しているため、ハイブリッドタイプへの適用が期待されます。 更に、現在ハイブリッド車用電池として使用されているニッケル水素電池やリチウムイオン電池と比較した場合、寿命ではニッケル水素電池と比べて同等かそれ以上であり、価格とリサイクルの容易さに関してもニッケル水素電池やリチウムイオン電池と比べて非常に優れています。  これらに加えて、鉛電池関連企業の世界的組織であるALABC(先進的鉛電池組合)では、ホンダインサイトに標準装備されたニッケル水素電池をウルトラバッテリーに交換し、耐久走行試験を実施した結果、走行試験中に電池の回復充電などすることなく、従来の鉛電池では不可能であった16万キロ走行を達成しました。この結果から、今後、鉛電池の技術が他の新しい電池と互角に競争できることを確信しました。 イーストペン社は、米国ペンシルベニア州に本社を置く歴史のある有力な鉛電池メーカーとして広く知られており、主要製品は自動車、電動車及び産業用の鉛電池とその関連用品です。 当社は、ウルトラバッテリーのライセンスをイーストペン社に供与することにより、日本はもとより、北米地域においてもウルトラバッテリーが製品化されることで、全世界的に普及していく事を期待しています。 "

コメント続き

 古河電池のウルトラバッテリーのサイクル寿命は1200サイクル。一般MFクラスバッテリーの4倍、ディープサイクルの2倍です。すぐれた耐久性と充放電特性により、ハイブリッド車などの次世代自動車用途や風力発電システムなどの蓄電用としての普及が期待できます。
 今回の提携により、量産化されれば、価格的にも競争力をもった蓄電池の登場ということになりそうです。(t_t)

追加情報
FBテクニカルニュースNo.64 2008.11 / ウルトラバッテリーの開発 第3報(PDF,1,090KB)


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--




[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 2008 9月23日は、Earth Overshoot Day ”地球”を使い果たし、赤字となる日 | トップページ | Google プロジェクト 10^100 世界を変えるアイディア、ワールドワイドに募集中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/42593768

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリーとキャパシターのハイブリッド型鉛電池、古川電池のウルトラバッテリーが世界市場に!:

« 2008 9月23日は、Earth Overshoot Day ”地球”を使い果たし、赤字となる日 | トップページ | Google プロジェクト 10^100 世界を変えるアイディア、ワールドワイドに募集中 »