« 第3回サステナブル住宅賞作品募集開始 / ニュース 建築環境・省エネルギー機構 | トップページ | ”ゆきだるま君をすくえ”Save the snow man / おすすめサイト(豪の気候変動適応策 水資源) »

2008/08/28

日本郵船、新日本石油共同プロジェクト太陽光エネルギーの船舶推進動力化の開発に着手 / プレスリリース

Photopvship
-----image(pop up ; ”6. 船舶への搭載イメージ 就航イメージ図”) & text : 日本郵船、2008年8月26日発表より

" 2008年12月19日竣工予定の自動車運搬船に搭載
日本郵船株式会社(本社:東京都千代田区、社長:宮原 耕治)と新日本石油株式会社(本社:東京都港区、社長:西尾 進路)は共同で、海上輸送におけるCO2削減の一環として、船舶の推進動力用電力の一部を太陽光エネルギーにより賄うシステムの開発を進めることで合意しましたので、お知らせいたします。船舶推進動力への給電を視野に入れ、総発電量40キロワットとなる本格的な太陽光発電システムの開発は、大型船舶では世界初の試みとなります。
..........
 船舶への太陽光発電システム設置は、塩害や振動など設置環境が過酷なことから、これまで乗組員の居住区での生活用途に限られていましたが、本プロジェクトでは、総発電量40キロワットの太陽光発電システムを搭載し、船内系統(440V)に連系させて、実証実験を開始いたします。

 なお、トヨタ自動車株式会社殿からは、自動車のライフサイクルにおける環境負荷の軽減の一環として、完成車輸送におけるCO2排出の削減を目的とした本プロジェクトに、荷主としてご支援頂く予定です。

【共同プロジェクトの概要】
1. 実験内容:
(1) 海上を航行する船舶という塩害、風圧、振動にさらされる過酷な条件下での、太陽電池モジュールの耐久性検討、耐振動性能の検討
(2) 太陽光発電、船内電力系統のデータ収集による大容量の太陽光発電搭載に向けた最適なシステムの検討
(3) CO2削減効果の実証
2. 搭載船舶:2008年12月19日三菱重工業株式会社神戸造船所にて竣工予定の自動車運搬船
3. 設備規模:40キロワット(モジュール枚数:328枚)
4. 電力系統連系:将来的に推進動力系となることを視野に440V船内系統に連系
5. システムイメージ
Imagesystem-----image(pop up ; ”5. システムイメージ ”) : 同リリースより  "

コメント

 新車を運ぶ大型運搬船に、40kWの太陽電池、-約10軒分の一般住宅用太陽光発電システムに相当-、により、なんと推進動力用電力を賄うという実証実験が開始されるそうです。実施すると発表したのは、日本郵船、新日本石油で、共同プロジェクトとして、2008年12月中に竣工予定の船舶において実施されるそうです。もうすぐですね。とはいえ、エンジン船ですから、船の運用に必要な電気の一部を太陽電池で賄うということなのでしょう。

 これだけの大型船、実験がうまくいったら、甲板の取り付け可能な部分をすべて太陽電池で被うことで、いったいどれほどの”エネルギー”が生まれるのでしょうか? 就航イメージの船の絵では、まだまだ太陽電池が乗りそうです。400kwぐらいのりそうな感じです。それでも船の大きさからすれば、数パーセントの省エネという程度でしょうが、原油高でこの数パーセントが大きなコスト差になる可能性があります。バッテリーは積んでいないようですね。いつも、発電量以上の消費を抱えているシステムが運行中は動いているわけですから、いらないんでしょうね。バッテリーがないことで不要なコストもいらない。成功例となれば、いろいろな船に応用できそうですね。
 いよいよ、こんなところまでと思う分野に太陽電池が取り付けられる時代になってきたようです。(t_t)

追加情報
日本郵船、新日本石油共同プロジェクト 太陽光パネル搭載船「アウリガ・リーダー」実証実験中間報告-----日本郵船、2009年9月2日


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--




[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 第3回サステナブル住宅賞作品募集開始 / ニュース 建築環境・省エネルギー機構 | トップページ | ”ゆきだるま君をすくえ”Save the snow man / おすすめサイト(豪の気候変動適応策 水資源) »

コメント

ご無沙汰しております。
度重なる強制停電により、自分の更新で
いっぱい一杯な日々を送っています。

それにしても船舶向けだなんて、
こちらの島でも十分活用出来そうな
凄いヤツですね。

さて、以前頂いたコメントへの返事ですが、
例えば自宅だと月に1,200kw程です。
何故そんなに?と思われるかもしれませんが、
ウチにはモンスターがいるんですよ。
はめ込み型の冷房機です。
それ1つが電気をガンガン食っちゃう訳です。
それで、純粋な電気料金が$60弱なのに
サーチャージが$450程…

現在の電気料金は以下URLからご覧頂けます。
http://www.mvarietynews.com/index.php?option=com_content&view=article&id=9694:cuc-to-lower-rates&catid=1:local-news&Itemid=2
信じられます? 笑

投稿: dswith | 2008/08/28 10:57

dswithさん

 サイパンの電気には、サーチャージがつくんですね! 1200kWh/月で日本なら24000円ぐらい。純粋な電気料金$60。サーチャージが$450ですか! 500ドル以上とはすごいですね。

 ところで、サーチャージが0となるときの原油価格を知りたいのですが、また質問ですが、、、わかったら教えてください。

 情報ありがとうございました。

 しな研 t_t

投稿: t_t | 2008/08/28 14:36

省略していた部分が少々ありました。
強制停電が長く続くと使用電気量も
もちろん変わります。
$60は1,000kw程の時でした。

以前、サーチャージが付かなかった時は
請求額が$120を切る程でしたが、
多分、原油価格は1バレル$70〜80程度
だったのではないでしょうか。

グアム島は発電所の民営化後、
長時間の停電から解放されたそうです。
取り敢えずサイパン島の停電は
少なくとも9月下旬まで続きそうです。
発電機8基のうち7基が故障しており、
新しい発電機1基がもう直ぐ到着予定。
あ、まだ無理そうですね。<号泣

投稿: dswith | 2008/08/30 20:17

追加情報
太陽光発電:世界初の船舶を公開 神戸 / クリッピング 毎日jp-----自然エネルギー、2008/12/19


コメント
 コメント欄に追加情報という形で関連記事を参照するようにこれまでしてきましたが、検索エンジンかからないか、またはかかりずらいので、別のブログに参照先を移させていただきます。これからもよろしくお願いいたします。(しな研 つねとうとうじ t_t)

投稿: 追加情報 太陽光発電 世界初の船舶を公開 | 2008/12/19 16:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/42295757

この記事へのトラックバック一覧です: 日本郵船、新日本石油共同プロジェクト太陽光エネルギーの船舶推進動力化の開発に着手 / プレスリリース:

« 第3回サステナブル住宅賞作品募集開始 / ニュース 建築環境・省エネルギー機構 | トップページ | ”ゆきだるま君をすくえ”Save the snow man / おすすめサイト(豪の気候変動適応策 水資源) »