« 環境省が気候変動問題について、多くの図版を使いわかりやすく解説する「STOP THE 温暖化2008」を公開 | トップページ | 「ENEOS わが家で創エネ」プロジェクトの発足について / プレスリリース 新日本石油 »

2008/07/18

Lisa AirplanesのHy-Birdは、世界初の太陽電池&燃料電池搭載のハイブリッドプレーン

 航空機関連のサイトで今年の春ぐらいから話題になっていたLisa Airplanesの太陽電池&燃料電池搭載のHy-Birdは、プレス発表によれば、中国のTrina Solarの太陽電池を搭載する契約を結んだようです。2009年の末までに販売モデルの生産を開始する予定のようです。
 なかなかスマートな飛行機です。

Hibird_airplane
-----image(pop up ; ”Hy-Bird, a Groundbreaking Green Round-the-World Flight
During summer 2008, Hy-Bird will become the first plane to fly around the world using only renewable energies, solar energy and hydrogen. This round-the-world, with stages of over 3000 km, aims to be a technological and ecological challenge, but also a human challenge. ”) : Lisa Airplanes -Hy-Birdより

-----Lisa Airplanes

プレスリリース / Trina Solar,July 14
Trina Solar to Provide Photovoltaic Cells for Hy-Bird: The First Airplane to Fly Around the World Using Only Renewable Energies

" Trina Solar Limited (”Trina Solar” or the ”Company”), a leading integrated manufacturer of photovoltaic products from the production of ingots, wafers and cells to the assembly of PV modules, founded in 1997, today announced a cooperation agreement with LISA Airplanes for the building of the Hy-Bird, a solar and hydrogen powered airplane that is set to be the first to fly around the world using only renewable energies as fuel.

Under this agreement, Trina Solar will supply LISA Airplanes with almost 300 photovoltaic cells for the assembly of this hybrid airplane. The solar PV cells on the wings and horizontal tail of the plane will supply sufficient energy to complete the fuel cell power for takeoff and for on-board power supply. Apart from this, the plane will be propelled by an electric engine, more silent and more effective at high altitude than heat engines.

LISA Airplanes has already produced a scale model and expects to complete assembly of the real plane by the end of 2009. LISA Airplanes expects to make a series of full-scale test runs and introduce the Hy-Bird project, its technologies, its values and its partners in several countries where interest in renewable energies is growing rapidly. The Hy-Bird is expected to take off for its around-the-world flight, from West to East, through various stages of approximately 1500 kilometers.

”We are pleased to have reached this co-operation agreement for the construction of a solar airplane, since it is a pioneering project and represents a unique and innovative photovoltaic application that underscores the high quality and reliability of Trina Solar PV products," remarked Arturo Herrero, Trina Solar's Vice President of Sales & Marketing. "We are very proud to be part of this sustainable energy airplane project as we continue to promote the benefits and use of solar energy worldwide”. "

関連記事
ソーラーパワーで飛ぶ飛行機、フランスで誕生へ-----ITmedia news,2008年07月16日

LISA Airplanes presents its objectives for 2008-----Skycontrol, March 21st, 2008

コメント続き

 航続飛行距離は、1600km程度あるようです。小型機としては用途十分ですね。Hi-BirdのべースモデルのAkoyaも2009年の末からの販売ということですが、前から評判になっていたようでで注目度が高いようです。Akoyaは、100mもあれば離着陸ができ、陸でも水上でも、雪上からでも離着陸ができるということです。翼もコンパクトにたため、格納にも便利な飛行機ということです。(t_t)

Air, land, sea or snow: Lisa’s Akoya microlight leisure plane-----gizmag,September 21, 2007

EVER Monaco 2007 Hi Bird Project

(motornewsitaly,2007年04月07日)

参考エントリー
ボーイング社が燃料電池駆動型の小型飛行機を開発-----しなやかな技術研究会、2008/04/08



ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--




[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 環境省が気候変動問題について、多くの図版を使いわかりやすく解説する「STOP THE 温暖化2008」を公開 | トップページ | 「ENEOS わが家で創エネ」プロジェクトの発足について / プレスリリース 新日本石油 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/41885900

この記事へのトラックバック一覧です: Lisa AirplanesのHy-Birdは、世界初の太陽電池&燃料電池搭載のハイブリッドプレーン:

« 環境省が気候変動問題について、多くの図版を使いわかりやすく解説する「STOP THE 温暖化2008」を公開 | トップページ | 「ENEOS わが家で創エネ」プロジェクトの発足について / プレスリリース 新日本石油 »